より良い明日をめざして

フリーページ

より良い明日をめざして



 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。(日本国憲法 前文)



この写真は、何年か前に仕事でポルトガルへ行ったときにおみやげに買ったワインです。リスボンのワインショップには、こういうボトルが何十本も陳列されていて、大変珍しく思いました。真っ黒なビンにはコルクを封印するシールが貼られているだけで、ビンの中央の年数がその年に獲れたブドウを使ったことを示すようです。どのワインショップにもこういうデザインのワインしかなくて、不思議に思いました。それから、リスボンの人々は町の名前を「リズボア」と発音しているのが印象的でした。

←アジア系エスニック民芸品&雑貨の専門店です。
←私たちは日本が憲法を改悪して軍隊を持てるようにする策謀に反対です。反対の意思表示を新聞広告にするため、みなさんのカンパを募っています。ご協力をお願いします。(^-^)ノ★
2019年10月20日
XML
テーマ:ニュース
カテゴリ:ニュース
今月発売の月刊「マスコミ市民」は、最終ページの「編集手帳」で昨今の世相を次のように批判している;


▼「嫌韓」よりも「減韓」、「断韓」を考える 厄介な隣人にサヨウナラ 韓国なんて要らない。ご存知の通り、これは『週刊ポスト』9月13日号の特集タイトルである。出版業界では、韓国や中国をバッシングする本や記事を出せば、一定の固定客がいると言われている。後でかたちだけの「お詫び」で済めば「やってしまえ」ということなのだろう。こうした下品で破廉恥な記事に飛びつく読者が増えたことは、社会の頻廃以外の何物でもない。普段はリベラルと言われている朝日系や毎日系さえも、こと韓国との関係になると正確な報道を外れ、歴史修正主義に陥ってしまう。不思議でたまらない。

▼巷では「韓国は国際法を守れ」と言われているが、韓国の大法院が元徴用エヘの賠償を日本企業に命じたことの何か問題なのか。韓国は日本と同じく三権分立を基本とする民主王義の国である。(最近の日本はそこがかなり怪しいが、その点はひとまず脇に置いておこう。)韓国であれ日本であれ、裁判所の判断に対して政府が口を出せるとでも思っているのだろうか。また、すでに訴訟が提起された日本の裁判においても強制労働の違法性は認められており、日本政府も日韓請求権協定により個人の請求権を消滅させたものではないという見解(1991年8月27日衆議院予算委員会外務省条約局長答弁)を示している。日本政府こそ約束を守るべきではないのか。

▼「GSOMIA破棄はけしからん」と言って韓国を批判する人が多いが、国際的な信頼関係を損ねたのは安倍政権の方ではないのか。当初、徴用工判決の報復として半導体材料三品目の輸出規制とホワイト国からの除外を閣議決定したが、「報復」と言われるのを嫌った政府は、「制裁ではなく安全保障上の懸念からだ」と理由を変えてきた。そうだとすれば、安全保障上の信頼関係が崩れた国と軍事機密など共有できるはずがないとしてGSOM-Aを破棄した韓国の理屈は当然ではないのか。経済の問題を安全保障の問題にしたのは、明らかに安倍政権である。

▼それにしても恐ろしいのは、韓国との喧嘩を煽りに煽っている安倍政権の姿勢が、各種世論調査では多くの国民が支持していることだ。内閣支持率も上昇している。今あらためて思うことはメディアと国民の著しい劣化である。日本のメディアは、先の戦争の反省を完全に忘れている。大本営発表が嘘なのを知りながら、戦争を煽って戦意を駆り立てたあの時と同じでことをまた行っている。それに踊らされた国民は、一歩立ち止まって考えようともせすに、無能な総理大臣の言うことを鵜呑みにしている。このリテラシーの無さは何なのか。この国民にしてこの政治なのか。戦争になれば一色に染まってしまうであろう国民性に、とりとめのない怖さを感じる。(石)


月刊「マスコミ市民」 2019年10月号 80ページ 「編集手帳」から引用

 日頃リベラルな記事を掲載する朝日や毎日が、こと韓国バッシングになると正確な報道を外れ、歴史修正主義に陥ってしまうのは不思議だと、この記事は書いているが、私は「不思議」などと言ってないで、はっきり朝日も毎日も「反日」のレッテルを恐れて大衆迎合に陥っているのだとスバリ批判するべきと思います。また、韓国バッシングには道理がなく、国際正義に反する態度と言わざるを得ません。サンフランシスコ平和条約のみならず、65年の日韓請求権協定についても、個人の請求権を消滅させるものではないことを日本政府自ら言明してるのは、この記事が述べている通りであり安倍政権の二枚舌は許されません。さらに、徴用工裁判は民間同士の裁判であって政府が介入したり関与してよい筋合いのものではなく、仮に関与するとしても戦前の日本企業が朝鮮人労働者を不当に酷使する土台を作ったことを謝罪するという方向に限定されるべきです。何よりも、私たちは自らの歴史と向かい合い、史実を正しく理解した上で未来を志向するべきであり、「マスコミ市民」にはそのための環境作りを期待したいと思います。






最終更新日  2019年10月20日 01時00分07秒
コメント(5) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


佐原

お気に入りブログ

我が町のツバメはい… New! Mドングリさん

JAL 世界の美女カレ… New! maki5417さん

マンハッタンで考え… ひまわり娘!さん
外資系経理マンのペ… 呉雅力さん
aaa paintboxさん

コメント新着

 ナナシィ1190@ リテラシーがない奴は他人のリテラシーの有無を判断などできない New! >出版業界では、韓国や中国をバッシング…
 通りすがり@ Re:竹田恒泰みたいな天皇はイヤだ(18日の日記)(10/18) New! 公金は多数派のためだけに使うべきものじ…
 くろがね@ よりによって「マスコミ市民」(笑 New! >こうした下品で破廉恥な記事に飛びつく…
 Pulfield@LogOut@ この(自称ジャーナリスト共の)リテラシーの無さは何なのか New! この「マスコミ市民」ってどんな雑誌かホ…
 捨てハン.@ログアウト@ 安普請の思い上がりは怖いわね New! さて、佐原 >韓国バッシングには道理が…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.