070810 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

二代目館長日記

戦国時代にさかのぼる金山遺跡の調査研究の成果を展示公開し、体験メニューもあわせ 地域の歴史を豊かに紹介する身延町立の甲斐黄金村・湯之奥金山博物館を中心に、目に映ることをメモ的に記録して参ります。
2018.07.17
XML
カテゴリ:自由研究のタネ


 湯之奥金山博物館の正面玄関の脇に、こんな光景が見られます。そこは、乾いた
砂混じりの土が広がっていて、そこの一面に、大小いくつものすり鉢のような凹み
が見られるのです。



 一番近くのものを近寄って観察しました。すり鉢の中心に行くほど細かな砂になっ
ています。これはいったい何かといいますと、一般に「ありじごく」と呼ばれるも
のです。



 真上から見てみました。

 ※続きの話があります。未完です。後刻更新します。






Last updated  2018.07.17 23:24:13
コメント(0) | コメントを書く

PR

Calendar

Category

Archives

Free Space

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


bnvn05

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

bnvn05@ Re:いつの間にかスズランが・・・(05/18) garimpoさん、コメントありがとうございま…
garimpo@ Re:いつの間にかスズランが・・・(05/18) あ、コバンソウ今年も無事に生えてきたの…
bnvn05@ Re:身延線90周年パネル展のこと朝日新聞に掲載(05/14)  Tenkoroさま、コメントありがと…
Tenkoro@ Re:身延線90周年パネル展のこと朝日新聞に掲載(05/14) いつも情報ありがとうございます。醍醐山…
二代目館長@ Re[1]:恵方鯛焼きパイ(02/05) N村@神戸さんへ コメントもありがとうご…

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.