880228 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

二代目館長日記

2021.07.05
XML


 梅雨末期ともいわれるこの時期、雨の中で撮影した下部リバーサイドパークに咲
くヒメジョオンの花です。
 何の変哲もない、ありふれた野の花ですが、その自然の姿が大事だな、と想うこ
とがあります。
 野に咲く花に降り注ぐ雨、それも穏やかなうちは慈雨ともいえますが、度を大き
く超すと、しばしばいたましいことが発生します。昨今、熱海市内で発生した大規
模な土石流、たくさんの家屋財産と貴い人命を呑み込み、押し流しました。
 危険が予測されている上流部に人工盛り土があったこと、それが土石流の規模を
加速、増大させた可能性が、後になって問題視されてきています。そうだとしたら
自然災害を引き起こした人災ともなります。
 危険の予知がたいせつだと思われますが、普段から身の回りの自然に気を配り、
どこがノーマルで、どの当たりに異常があるか、留意していく時代になっていると
考えさせられました。
 今回、災害にみまわれた地域の皆さまに、こころよりお見舞いを申し上げます。

(初回投稿:2021年7月5日09時33分 修正投稿:7月5日22時54分)






Last updated  2021.07.05 22:54:20
コメント(2) | コメントを書く
[雑記帳あるいはmemorandum] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:野に咲く花の向こうに・・・(07/05)   hero-AU さん
お疲れさまです。今年も砂金掘り大会の季節が来ました。楽しみにしております。うまく開催できるように期待しています。 (2021.07.06 01:01:28)

コメントありがとうございました。   bnvn05 さん
hero-AUさま、この度はコメントいただき、たいへんありがとうございます。なのに、返信おそくなってごめんなさい。

おっしゃるようにまた暑い夏に恒例の「砂金掘り大会」やって来ます。間もなくです。でも、COVID-19のおかげで、昨年に続きイレギュラーな大会とならざるをえません。十分に対策をとって、安全安心で心にのこる大会にしたく、目下、スタッフ全員で準備を進めているところです。
何かとたいへんな折りではありますが、ご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

     by 湯之奥金山博物館二代目館長
(2021.07.07 11:14:11)

PR

Calendar

Category

Archives

Free Space

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


bnvn05

Comments

bnvn06@ Re:こんな日にはこのヨコヅナサシガメ(05/13) 現在、ログインできないため、更新できな…
bnvn05@ コメントありがとうございました。 hero-AUさま、この度はコメントいただき、…
hero-AU@ Re:野に咲く花の向こうに・・・(07/05) お疲れさまです。今年も砂金掘り大会の季…
bnvn05@ Re:武田氏の歴史を史跡から考えるシンポジウムありました(02/26) 過日のシンポ、遠路ご参加ありがとうござ…
佐藤と申します@ Re:武田氏の歴史を史跡から考えるシンポジウムありました(02/26) この日は埼玉県飯能市より参加させていた…

© Rakuten Group, Inc.