1147152 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

いちとれのくらし

PR

Free Space

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


BRAND7

Calendar

Favorite Blog

Comments

BRAND7@ Re:成毛眞のおすすめ本(その2)、瀬地山澪子など(10/11) 岳父と義父について: 自分ら子供の立場か…
BRAND7@ Re:成毛眞のおすすめ本(その2)、瀬地山澪子など(10/11) 酒井順子の都と京 クリストファーパオリー…

Freepage List

Rakuten Ranking

Headline News

November 17, 2015
XML
カテゴリ:おすすめ読書
気になって読み始めた、インテリジェンスの原点 (風のCafe)五木寛之 (著)





書店をぶらついていると


ときどき、


ふと、気になる本に出会うことがある。




五木寛之さんの


インテリジェンスの原点、


数ページほどながめているうちに


これは、いい本だなと思って






「風のCafe」とは??


五木寛之さんが、


緑溢れるカフェで様々なゲストと


風に吹かれて、ひとときのトーク。


ともに語らうのは時代と日常、仕事と人生


はずむような知的好奇心と遊び心で


思い出を辿り、今をわかちあい、これからを想う。




インテリジェンスの原点では、

以下の3人のトップランナーとの対談集。


◎養老孟司/すべては「脳」の中で起こっている

◎藤原正彦/美しいものに、にじり寄っていく情緒

◎半藤一利/歴史は、学ばなければ教えてくれない





五木 寛之

作家
1932年、福岡県に生まれる。戦後、北朝鮮より引揚げ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。
1966年、『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞、
『青春の門』で吉川英治文学賞を受ける。
2002年度第50回菊池寛賞
2010年、NHK放送文化賞、第64回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
小説以外にも幅広い批評活動を続ける。
代表作に『風に吹かれて』『朱鷺の墓』『戒厳令の夜』『蓮如』『風の王国』『大河の一滴』
『TARIKI』『21世紀仏教への旅』『下山の思想』『親鸞』などがある。











Last updated  November 17, 2015 07:55:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
[おすすめ読書] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.