1057953 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

猫のあくび

PR

プロフィール


幸四郎ママ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

お気に入りブログ

映画連続5本(;´∀`) Fugu-chanさん

ハワイ市場 ハワイ市場さん
ぴっこらイタリア Ikukitoさん
みっちぃの至福のひ… みっちぃ0106さん

コメント新着

 鈴木です。@ 出張マッサージに挑戦(02/21) 初めまして、ブログ拝見しております。毎…
 はじめまして@ Re:噂は本当だった・・・(07/20) シンガポール1ヶ月目の新人です。 うちも…
 fire365@ フリーワーク募集 私はやっているフリーワークを紹介しま…

バックナンバー

2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08

フリーページ

2010.07.15
XML
カテゴリ:シンガポール生活
シンガポールの新しいランドマーク、Marina Bay Sandsの屋上庭園も先頃(6月下旬)オープンしましたが、もう既に数ヶ月先までチケットが完売だそうです。(宿泊者は入れるそうです)

さて、その今シンガポールで一番ホットなMarina Bay Sandsですが、まだ完全に完成ではないにしろ、カジノやレストランやショップも既にオープンしていて連日沢山の人で賑わっています。
中国の伝統的な小舟が行き交う水路もあるとか・・・?
残念ながら私が行った頃は、まだ出来てませんでした。

その話題のMarina Bay Sandsに、世界中のセレブが足繁く通うと言われるパリはシャンゼリゼの凱旋門と目と鼻の先、ミシュランの三ツ星フレンチの名店Guy Savoyがオープン、早速行って参りました。

この日は私達の結婚記念日。
普段は幸四郎も交えて自宅で手巻き寿司で静かにお祝い・・・なんですが、幸四郎が日本に帰っていていなかったので久しぶりにお外でセレーブレーションディナーとなりました。

この日はいつもお世話になっている友人夫妻との久しぶりの会食も兼ねてのお食事・・・ということで、とっても楽しみにしていました。
素敵なお店を予約してくれてどうもありとうございました!

(写真1枚目↓:マリーナベイの夜景が美しい席)
(写真2枚目↓:ゴージャスな店内はかなり大人の雰囲気。サービスも超一流な身のこなし)
GuySavoyTop
(写真3枚目↑;バケットも美味しかった~)

お店で使われているお皿やカトラリーは、パリの本店の物と同じ物を使用。
どれもシンプルでありながら、ちょっとひねりを利かせたデザインでとても可愛いのです。
キュイジーヌ・モデルヌ(直訳すると現代的な料理)を得意とするオーナーシェフのGuy Savoy氏のセンスが光ります。

否応にも気分は高まります。

2002年に栄誉あるミシュランの三ツ星に昇格してから、ずっとその星をキープし続けているというから凄いです。

ともすれば奇をてらっただけの料理・・・という印象だけで終わる事の多いキュイジーヌ・モデルヌ。
今日はどんなお料理が出てくるのでしょう。

メニューを見ると、コースメニューは1種類のみ。

さすがミシュラン三ツ星レストランだけのことはあります、とっても充実した内容なんですが、お値段が凄まじく高い!!
一人400ドル超えてます。
これにワインを合わせようものなら・・・・一体おいくらになるのでしょうね。

目玉が飛び出しそうなので、小市民の私達は(平静を装いながら軽い笑みを浮かべて)そっとコースのページを閉じ、アラカルトのページをめくりました。

アラカルトも、案の定1皿1皿がとてもお高いのですが、お手頃価格に見えてしまうあたりはミシュラン三ツ星レストランの魔法とでもいいましょうか。
冷静に考えると、めちゃくちゃ高いんですよ、でもコースのお値段を観た後なので、お手頃価格に見えてしまうんです、怖い事に。

とりあえず、アラカルトメニューのアントレ(前菜)から一品、メインから一品オーダーすることにしました。

本当はメインも二品(ポワソン:お魚とヴィヤンド:お肉)選びたかったんですけれどねえ。。。


***

ところで

公式サイトGuy Savoyのオープニングのショートムービーをご覧になりましたか?

魅惑のGuy Savoy world に誘われる事間違いなし、、、のこの映像は必見です。

大地の恵みを受けた新鮮な野菜達が専用のトラックで運ばれ、シェフの手で芸術的な一品に生まれ変わる様子は見ていてワクワクします。
これは何?!次はどうなるの?って、本当にドキドキします。
このムービーに中に登場したお料理も本日出てきますよ、お楽しみに。

さて、私達が頂いたお料理は・・・

Amuse bouche(アミューズ・ブーシュ)
これは前菜の前にちょこっと出される、いわゆる突き出しの様なもの。

(写真1枚目↓:可愛らしい器に入れられた冷製スープ。ええ・・と何のスープかは忘れてしまいましたが、激しく美味しかったです)
(写真2枚目↓:スープの入った器を持ち上げると、下にも隠れていました。ムール貝だったかな・フリット)
GuySavoy1
(写真3枚目↑:なんとこちらもAmuse bouche ショートムービーにも出てきた一品です。こちらはミニサイズですが。ウズラのポーチドエッグに枝豆の冷製スープ)

枝豆の冷製スープはやや青臭さがありクセがあるものの、すっきりとして清涼感があり、これぞまさに素材の旨味を活かしたSavoy氏のお料理の特徴なんだろうなと感じました。
アミューズでこれだけの充実したお料理なのです、私達の期待はどんどん高まる一方。


文字数制限にひっかかって、一度に載せられなくなったので、続きは次回の日記で!お見逃し無く!




いつも応援ありがとうございます
良かったらクリックお願いしま~す




お手数ですが、良かったらこちらも是非クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
ranking 人気blogランキングへ







最終更新日  2010.07.16 19:34:35
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.