000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

チャムのひげ へようこそ

チャムのひげ へようこそ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

チャムのひげ

チャムのひげ

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

石田美都ゲスト出演… NYG☆石田美都さん

アウトドア大好き人間 アミーゴ6556さん
ひょうにゃん日和 ひょうにゃん1230さん
yamaneko*の読書空間 yamaneko*さん
喜文治の「自分のあ… 喜文治さん

コメント新着

チャムのひげ@ Re[1]:北横岳(01/09) コウヨさん おひさしぶり!今年もよろしく…
コウヨ@ Re:北横岳(01/09) ご無沙汰してます。今年もよろしくお願い…
チャムのひげ@ Re[1]:北横岳(01/09) たけちPさん ご無沙汰しております。 奥…
チャムのひげ@ Re[1]:北横岳(01/09) pomoさん スキーも雪山ですね(^^) …
たけちP@ Re:北横岳(01/09) チャムさん、こんばんは。 ずいぶんご無…

フリーページ

ニューストピックス

2010年10月13日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

雨池太郎ものがたり

先日、兜巾の岩でばったりお行き会いした、かつての上司より

写真集が送られてきました。

「雨池太郎ものがたり」です。

雨池のほとりにあるダケカンバ「雨池太郎」をテーマに、

四季折々の美しい写真と詩とで綴られています。

この写真集の中綴られていた一節です。

 

生きるということは、

かなしみの基盤の上に、

生の喜びを感じることなのだろうか。

 

 

この日の朝、偶然にも本棚に置いてあった本を手に取りました。

美智子さまのご講演集「橋を架ける」です。

この本の中に出てくる、新美南吉の「でんでんむしのかなしみ」という話の一節を

ちょうど読んだところでした。

でんでんむしはある日、自分の殻の中が悲しみがいっぱいに詰まっていることに

気づいてしまいます。

そして仲間のでんでんむしのところに行き「私の殻の中は悲しみでいっぱいだ」と

話をします。

すると仲間のでんでんむしも「私の殻もかなしみでいっぱいだよ」とこたえる。

他の仲間のところに行き、同じことを告げますが、その仲間も同じように

「私の殻の中もかなしみでいっぱいだよ」とこたえる。

そしてそのでんでんむしは、もう悲しむのをやめた、というお話です。 

吉野弘さんの詩「I was born」も、ふと思い出しました。 

 

自分がじたばたと もがいているのは、この「悲しみ」への抵抗なのかな…

秋の夜長、ちょっと立ち止まって考えてみたいと思います。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2010年10月25日 04時01分58秒
コメント(2) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.