27826469 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

《櫻井ジャーナル》

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

サイド自由欄

バックナンバー

2024.02.20
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 イスラエル軍はガザの住民を虐殺し続け、100万人以上の人びとが避難しているラファへを攻撃する姿勢を見せている。それを支えているのはアメリカやイギリスをはじめとする西側諸国だ。アメリカはイスラエルに基地を保有、武器弾薬を保管しているが、それだけでは足りない。

 地中海の東にあるキプロスにはイギリス空軍のアクロティリ基地があり、そこはイギリス空軍だけでなくアメリカ空軍の偵察航空団も駐留している。

 イスラエルの​ハーレツ紙によると、10月7日からイスラエルへアメリカ軍の大型輸送機が20機、そしてイスラエルと各国がリースした民間輸送機が約50機、物資を輸送していた​。​イギリスのグラスゴー、バーミンガム、サフォークとオックスフォードシャーの空軍基地に来ている​ともいう。アメリカやイギリスがガザでの虐殺を止めようと考えれば、イスラエルは殺戮を続けることができない。

 こうした中、​アメリカの医師イルファン・ガラリアがガザへ入り、医療活動を行い、そこで目的したことをロサンゼルス・タイムズ紙に寄稿した​。そこで彼が目的したのは戦争でなく絶滅だったという。西側の政治家やメディアは嘆いているふりをしながら虐殺を支援している。











お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.02.20 23:22:36



© Rakuten Group, Inc.