1596549 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

マムの素 * 青カバ・ウィリアムはかく語る

PR

Category

Freepage List

Comments

poco-mom@ Re:こんにちは!(02/27) momo、ときどきモモ夫さんへ お元気ですか…
momo、ときどきモモ夫@ こんにちは! おめでとうございます♪♪♪ (*゚▽゚)/゚・:*【祝…
poco-mom@ Re:おめでとう🎉❕❗(01/26) ようこちゃんへ ありがとう。 シコシコト…
ようこ@ おめでとう🎉❕❗ マムちゃん お久しぶり❗ ここは田舎なの…
ポコマム@ Re:こんばんは!(01/26) momo、ときどきモモ夫さんへ ももさ~ん …

Favorite Blog

ごゆっくり。。9月で… New! poco14さん

Google Nest Hubをホ… New! ひでわくさんさん

佐倉・里山の秋 塩… New! himekyonさん

サイの親子の革人形… New! 革人形の夢工房さん

台風15号、チョット… 幸達爺さん

Archives

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

Keyword Search

▼キーワード検索

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

ファミリーあるいは親友のこと

2012.06.30
XML
テーマ:結婚式(343)


ご無沙汰しています。
皆さん、おかわりありませんか?
マム号、お引っ越し先にていたって元気です。




4月下旬に我プリンス、6月初旬には舞姫と
ようやく結婚式を挙げることができました。

プリンスはイカとマムがお式を挙げた
お寺さんにお願いして、
舞姫は学生時代に
旅行して、式を挙げるならここがいいなあと
思っていたという軽井沢の石の教会で、
それぞれ望む通りの結婚式を挙げました。

披露宴はプリンスは生まれたときから
お庭のように遊んでいた井の頭公園に隣接した
レストランにて、
舞姫は教会に隣接したノーワンズレシピにての
会食でした。

どちらもお義理での招待客はなく、
スピーチもなく
余興もなく
お色直しもない
とてもシンプルなものでしたが、
それはそれは和やかで
気持のよい宴でした。

マムはいろんな披露宴に出席してきましたが
こんなに心あたたまる宴ははじめてです。

商業ペースにのらず兄妹揃って、
このような温かいお式を考えて
くれて母親としては嬉しいかぎりでした。

お食事もどちらも
とてもおいしかったんですよ。


曹洞宗仏前結婚式38
曹洞宗仏前結婚式posted by(C)poco


軽井沢石の教会41
軽井沢石の教会posted by(C)poco



お引っ越し先
カバ屋 http://pocomom12.blog.fc2.com/
白マム http://gurekomom.blog.fc2.com/




                        *掲載写真の転載は禁止いたします






Last updated  2012.06.30 10:46:20
コメント(1) | コメントを書く
2012.02.29
テーマ:雪景色(34)

2012年02月29日_P2291080
2012 posted by (C)poco





あっというまに積ってしまい

お客様はこたつで丸くなちゃった

らしくて・・・閑古鳥がなくマム店。







2012年02月29日_P2291091三鷹ジブリバス
2012年02月29日三鷹ジブリバス posted by (C)poco




子どもたちが小さかった頃の東京は

よく雪が降り、積ったものです。


雪が降る夜は若かったイカちゃんとマム、プリンス、

舞姫、一家総出でかまくらを作ったものです。


屈んでひとり入れるくらいのものですが、

中にろうそくをたてると、オレンジ色に近い

黄色の灯りがとてもきれいで、かまくらの中は

キラキラと光り、手足が冷たく痛いのも忘れて

声をあげて楽しんだものです。




2012年02月29日_P2291089
2012 posted by (C)poco




朝起きて寒い中、かまくらがあることを確認して

騒ぎ、学校へ登校するときは振り返り振り返り

名残おしそうにしたものです。




2012年02月29日_P2291093
2012 posted by (C)poco



ところが、暗い中大急ぎで子供たちが学童保育所

からもどると、かまくらはこなごなにこわされて

いました。

子どもたちの落胆、マムの悔しさは大粒の涙に

あらわれました。



でも、大丈夫またも大雪です。

若いイカちゃんと若いマムと幼いプリンスと

舞姫はせっせと雪を集めてまたもかまくらを

つくりました。

かまくらのなかにはリンゴとミカンをいれました。




2012年02月29日_P2291086
posted by (C)poco



今度はあってはならないと、マムはこっそりと窓から

のぞいていました。

でも犯人がそうそうあらわれるでもなし・・・。

忘れた頃に窓の下からカツンカツンとスコップの

音がしました。



さてはっ、







窓からのぞくと






なんと犯人は、


















イカ婆でした。


それはそれはショックでした。




きれい好きなイカ婆は塀が雪で痛むのが

心配でならなかったようです。


それにしてもねえ。


マムが30代前半。

イカ婆が50代前半。

イカ婆にとってマムは頭痛の種だったに

違いありません。




それにしてもねえ。



まっ、


今は笑っていえますけどね。






雪の日の思い出です。







前回の答えは俳優の山崎努です。
2012年02月26日_DSC_0595~1俳優Yのサイン
山崎努のサイン posted by (C)poco



*画像の転載は禁止しています。フォト蔵からの転載の場合は
 クリエイティブ コモンズの条件をお守りください。






Last updated  2012.02.29 22:36:22
コメント(4) | コメントを書く
2012.02.28



2012年02月26日_DSC_0595~1俳優Yのサイン
2012俳優某のサイン posted by (C)poco



「ギョエテとはおれのことかとゲーテいい」

と、

いう川柳があるけれど


この40年以上前のサインを本人も読めなかったりして・・・。



「このサイン俺のことかと俺はいう」







このサインが誰かわかる人はたいしたもんです。

色紙の裏にイカ爺が明記してくれていなかったら

皆目見当つきませんでしたっ。










おまけ

2012年02月26日_DSC_0557
posted by (C)poco


40年前の加賀まりこと田村亮(田村正和の弟)のサイン。







Last updated  2012.03.01 09:00:02
コメント(8) | コメントを書く
前回のお話



夕食の途中というのにイカ婆は寝室へ。

アレレと思う間もなく

イカ婆は紙の束をかかえて戻って来ました。


「片付けものをしていたら芸能人のサインが

いっぱい出て来たのよ。見る?」


玄関にデンと置かれたごっつい傘立てが

淡島千景さんからの贈物だってことでも

びっくりしているのに・・・。

芸能人のサイン!?

我、家ながらいろんなものが出てくるものです。





2012年02月26日_DSC_0589
2012 posted by (C)poco


「キャ~、これは芥川比呂志に岸田今日子に・・・誰だろ?」

と大騒ぎのマム。

「高津住男だわね。真屋順子のご主人よ。時代劇によく出て

たわねえ」とイカ婆も嬉しそうに教えてくれます。



2012年02月26日_DSC_0582
2012 posted by (C)poco


「わっ!これ市川染五郎って・・・

ことは今の松本幸四郎ですかね。

那智わたるって宝塚のトップでしたよね」

と、言えば

イカ婆は

「きっと王様と私の時に書いてもらったのね」と、

打てば響くように答えます。




2012年02月26日_DSC_0556
2012 posted by (C)poco



「きれいな字だわ~・・・、のりこって書いてあるけど?」

「それは、淡谷のりこだわねえ。シャンソンが流行ってたからね。」


調子にのったマムはイカ婆に言います。


「お父さんは三船敏郎とも親しかったってきいてたけど、

サインはないのかなあ?」

するとイカ婆から凄いおこたえ!


「三船敏郎はね、お父さんのことを凄く気にいってくれて

銀座でお揃いのスーツを作ってくれたのよ。

前の奥さまはお料理がとってもお上手でお父さんは随分

お宅にお邪魔して奥さまの手料理でもてなしてもらってたのよ」」

だそうです。



加賀まりこに倍賞千恵子、奈良岡朋子に山崎勉に

大好きな岡田英次・・・。




笑えたのはコレ↓


en51
林家三平 posted by (C)poco


先代 林家三平です。





で、


どれくらいあったかというとっ




















2012年02月26日_DSC_0600
2012 posted by (C)poco



ざっと40枚。



おそるべし イカ爺。







Last updated  2012.02.28 05:52:17
コメント(10) | コメントを書く
2012.02.27

日曜日


イカちゃんとイカ婆と夕食。


テレビ画面には亡くなられた女優の

淡島千景さんの葬儀がながれています。


すると、イカ婆が

「お父さんと仲良かったのよねえ」と

いいます。

「どうして?」と声を出すと、

イカちゃんが、言います。

「麻雀友達だよ」。



なるほどなるほど、イカ爺は某会社で

四天王といわれた人だったからなあ・・・

と、独り納得していると

イカ婆が言いましたっ。



「玄関にある傘立てね」

はいはい、私が嫁いできたときにはすでにあった

ごっつい傘立てね・・・。


「あの傘立てはね、はじめて家を建てた時の

新築祝いに淡島千景さんにもらったの」。


エ~~~ッ!




が、↓コレです。白と茶の部分はアザラシの毛皮です。



2012年02月26日_DSC_0605
posted by (C)poco



そういうと、イカ婆は寝室に入っていった

のですが・・・。                       つづく



*イカ爺交友録はコチラを







Last updated  2012.02.27 14:58:09
コメント(6) | コメントを書く
2012.02.26


大型犬3
大型犬3 posted by (C)こんいろ代官山蔦屋 グリーンドッグにて





舞姫とお婿とお出かけです。












お婿が驚いて何度も何度も聞きかえします。






大型犬2
大型犬2 posted by (C)こんいろ






「お母さん、本当に代官山に行ったことないんですか!?」


「本当にないんですか!?」


「代官山に行ったことないんですか!?」










それが・・・なにかぁ???













そんなことよりグレが飼いたい。


DSCF0191_2ぐれ
ぐれ posted by (C)こんいろ






*画像はすべてこんいろさんの許可を得て転載したものです。
 この日記よりの転載は禁じます。






Last updated  2012.02.26 23:11:25
コメント(8) | コメントを書く
2011.12.25
テーマ:クリスマス(2017)



xms03_5


IMG_NEW
1981年12月 プリンス1才のクリスマス




31年間、我が家にやってきていた

サンタクロースさんですが、

今年は(今年からは)休業です。



子どもたちがサンタさん用に

ジュースやお菓子を用意していたのも

ついこの前のこと。

明け方の寒い中、冷えたジュースを

マムサンタは飲んだものです。


イカちゃんと二人暮らしになったことは

ちっとも淋しくないけれど、サンタさんの

休業にはグッとくるマムです。


なんだかリストラにあったような気分です。



xms_i074











Last updated  2011.12.25 09:49:55
コメント(13) | コメントを書く
2011.10.02



今日はとっても大切なお客様の日。

何をお出しすれば喜んでいただけるかなあ

と、何日も前から考えるマム。



結局、考えあぐねたのにおもいつかず、

ケーキでもだすかなあ・・・と

我芸のなさにがっかりしていました。


が、








閃くある物。



あるかな~、売ってるかな~。


と、行ってみるとありました。














2011年10月02日_DSC_1356アケビ
アケビ




なんと、八百屋さんにいっぱい

並んでいましいた。




前回買った時は1個しか購入しなかった

マムだけど、今回は一人1個のふっとっぱら。




2011年09月26日_DSC_1275



だるまさんに教えていただいたとおり

しっかり冷してお客様にお出ししたら、

食べるのはじめてですと、喜んでいただき

マムはとっても嬉しかったです。




実はその大切なお客様は、マム家のプリンスの

未来のお嫁ちゃま。プリンセスなの。




皆々さまに告白するならばマムは孫がいても

おかしくない年。だから家族がふえるのって

すごく嬉しいの。





から2011年10月02日_DSC_1357
プリンセスからいただいた白鷺宝




イカちゃんが、マムにぼそりと言いました。




良縁だなあ。






Last updated  2011.10.02 22:08:57
コメント(16) | コメントを書く
2011.08.26
火災警報器のピではありません。





ピー。

ザ・タイガースのドラマーだった

瞳みのるです。




タイガースがデビューしたのはマムが中学1年

の時でした。僕のマリーという曲がデビュー曲ですが、

シーサイド バウンドで、

いっきに火がついたといえます。



マムは大ファンというわけではありませんが、

5人のメンバーの中でピーが好きでした。





2011年08月26日_P8260683
週刊文春9月1日号より



いつもの習慣で買った文春。

阿川佐和子さんの対談の相手が

ピーこと瞳みのるでした。


驚きました。彼は解散後、まったく

姿をあらわさなかったのですから。




期せずして中学時代の思い出が

浮かんできました。


マムの学年は史上最大のおバカ学年と

いわれ、そのうえマムがいた4組は

最悪のクラスといわれていました。


半世紀近い前のキリスト教主義の女

ばかりの学校は正直いって先生たちも

坊ちゃんお嬢ちゃんで未熟だったなあと

思えます。


今から思えば大したことないことでも

大目玉をくうし、不良のレッテルをはられちゃう。


ちょっとした学園ドラマが書けちゃいます。


本当はいろんなことを書きたいけれど

かなりプライバシーを露呈することに

なるから、やーめっぴ。








タイガースが解散してピーは完全に雲隠れ

してマスコミにはでてきませんでしたが、

うわさに聞いていたとおり慶応大学の院を

でて、慶応高校の先生となっていました。

めでたく勤めあげて、なんとこのたび

沢田研二と全国ツアーにでるというでは

ありませんか。




2011年08月26日_P8260684




なんだか嬉しくなってしまいます。


やるじぁんか・・・って感じかな。





あ~、いろんな思い出がわいてくる。





まっ、言える思い出は以前もアップしましたが

寄宿舎でこっそりリスを飼って、朝起きたら

マムの背中の下でペシャンコになって天国へ

行っちゃってたってことぐらいかなあ・・・。

迷コメンテーターの、朋ちゃんもこれに

加担しておりました。






Last updated  2011.08.27 22:38:18
コメント(16) | コメントを書く
2011.08.22
テーマ:住宅コラム(1316)



昨夜のお話です。




「今日は早く寝よっと」。

マムは10時にお布団にもぐりこみ

伊藤理佐のマンガ本を

貪り読んでいました。寝るどころか

面白くって。集中。。。。

するとっ、



っという音がどこかで鳴りました。

かん高い金属的な音です。




なんだろ今の音。

初めて聞く音だけど。

なんだったんだろう。

空耳かなあ・・・と、本を読みはじめると、

またも、



なんじゃ!?

どこで鳴っているんだろ。

と、グレズキッチンへ。


「舞姫、変な音してるけど?」と

PCに向かう舞姫に問うと、

「ママの目覚まし時計じゃなかったの?」と

逆に問われる始末。 


 


またまた鳴ります。

耳障りな高い音。


マム舞はじめて聞く音です。

階下におりてイカ婆にも問うと

イカ婆も????です。





わ~、また鳴ってるよ。












廊下に出てやっと犯人判明です。

このお方でした。

火災警報器


2011年08月22日_P8220683
2011年08月21日午後10:00



イカ婆、舞姫とマムでぢっと天井のそれを

にらみます。


 


また鳴るよ~・・・、ってことは

どこかに火のてが。


もう、私ら、狭い家のここかしこに鼻を

うごめかせ、点検。当然、大酒飲んで

大いびきをかいていたイカちゃんも起きて

きて火元を捜します。


結論は火元 無し


でも鳴るの、っとね。


どうやったらこの音はとまるの?

装置の停止ボタンを押しても

紐をひっぱっても





ハリツメタクウキ


「おい、説明書はどこにある」ってイカちゃんの

怒気をはらんだ声。

そんなものありますかいな。家を建てた6年前に

もう天井についてたんだもの。ブチブチ。





あ~、うるさい。


もう天井からとりはずすしかない!

って、

ことで、椅子にのってはずそうとしても

しっかりはりついてるの。

夜じゅう鳴るつもりかよ。





辛抱たまらんイカちゃんが椅子にのりました。

イカちゃんは物凄い力持ちなので天井が

落ちちゃうよ~~~と残る3人は内心オタオタ。





だども、

よがった~、ちゃんとはずれました。

したれども、

それはイカちゃんの手のなかでも





切れる寸前のイカちゃんの手から、それを

奪った舞姫がそれを眺めすがめつした結果、

とてもとても小さい字で、それは「電池が

切れるお知らせ音と判明。御親切に20秒に

1回、それも1週間鳴る」というお節介もの

でした。



2011年08月22日_P8220682



あ~、なんて利口なそれでしょう。

おかげで、マム家は久しぶりに

一致団結して一つのことに向かった

のでした。ファミリーねえ。



メデタシメデタシ

っな

わけないでしょ。






疲れ果ててしまいました。






この項を読んだあなたっ!

あなたは幸いなり。

もしわけわかんなくって

あなたの家のそれが鳴ったら

迷うことなく、すんなりと

電池を取り換えてあげてくださいね。








ic_fi16


あ~、いいことを、みんなに知らせたという達成感!
これが幸せというものか・・・と思ったのもつかの間
マム家のは6年前の代物だから・・・いまどきのは
「デンチキレマシタ」とかしゃべるんだろうことに
気が付き、歯ぎしりしておる次第。






Last updated  2011.08.22 16:27:02
コメント(8) | コメントを書く

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.