547737 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Ride On U.S

PR

X

Freepage List

レース活動


競走馬配送車


過去の主な戦歴


レース活動


スポンサー活動


メカニック、ヘルパー


2008年型 NSF100改125 TC-MINI仕様


レーシンググッズのうんちく ヘルメット編


レーシンググッズのうんちく ツナギ編


レーシンググッズのうんちく 工具編


レーシンググッズのうんちく トランポ編


2011 耐久茶屋仕様


2014 茶耐 仕様


社会人語学研修


留学費用はいくら?


休職or退職か!


英語力の有無


なぜ今、語学留学?


留学準備編


30代語学留学は恥


ネットで見つけたネタ


MBA取得者の進路


IT企業の社会人留学


留学するべき?


国費留学は無駄?


留学エージェント


国費留学その2


エンジニア


NEのお仕事とは?


本当の経費削減って


E-Mail 文化


NEもサラリーマン


新人NE


上司も人の子


現地到着後の手続き


在留届


SSN


携帯電話


運転免許


銀行口座開設


クレジットカード


車購入


車保険会社選び


車の維持・管理


USアコード


観光ガイド


日本食レストラン


近郊ゴルフ場


近郊観光(カジノ編)


ビリヤードガイド


ショアライン・ビリヤード


カルフォルニア・ビリヤードクラブ


サンタクララ・ビリヤード


サニーベール・ビリヤード


サンマテオ・ビリヤード


ミルピタス・ビリヤード


ミルピタス・ビリヤード2


デイリーシティー・ビリヤード


サンノゼ・ビリヤード


U.S National Park


ヨセミテ国立公園


セコイヤ国立公園


Category

Archives

Aug , 2021
Jul , 2021
Jun , 2021
May , 2021
Apr , 2021

Favorite Blog

ワクワクしちゃう♪・・… ないすミドルさん

「なんか今年は夏バ… Bravo Moriさん

愛国、日本 パボアホイジオタさん
Aug 12, 2014
XML
カテゴリ:レース活動

暫くぶりのログインをしています。

日記の最後を見ると菅生が最後なので1年ぶりですね。
最近はFacebookで開示しているのでほぼ無頓着状態でした。

で菅生の後ですが、例年のレース 耐久茶屋 が11月にありましたが残念ながら勝てずに終わりました。
とはいっても筑波のサイトにはいくつか写真を載せていただいたりして・・・

http://www.jasc.or.jp/race/taikyu_13/

2013耐久茶屋

http://www.jasc.or.jp/race/taikyu_13/2013/index.html

しかも結構ドアップな写真まで^^

決勝レース

手抜きなコピペレポですいません

レース序盤は相方チームのNo.15 MRプロジェクト+MHマツモト須藤政久/東敬太/福田 雄一郎/遠藤 弘一組とNo.32MRF&suns&フリクション江原陽一/蜂屋弘美/青木崇明/矢追和之/富永佑二組が
マッチレースを展開。2台は時折ポジションを入れ替えながらレースを引っ張る。
ここから徐々にNo.15チームが抜け出す一方で、レース全体ではライダー交代のためのピットインが始まった。さらに出走台数が多いため追い越し違反によるペナルティストップが相次ぎ、全体的にポジション変動が激しくなる。
 
レース開始から1時間後、No.15チームが快調にトップを走行していたが、第2グループからスタートしたNo.1Mガレージ岡田義治/中野忠/吉田正組が怒涛の追い上げで2番手に浮上。そのNo.1チームがピットインすると、代わってNo.3ArtyRun+N-PLAN&WAKO’S大谷雅美/山崎敏夫/内山智彦組が2番手へ。
一方で上位の一角を占めていたNo.32チームが第1ヘアピンで転倒を喫し、他方ではNo.3チームがトップへ浮上するなど上位の変動が激しい。 

さらにスタート直後は5番手につけていたNo.63 MRプロジェクト+プライドワン武佐秀典/草薙伸一/中澤孝之組が着実にポジションを上げてきており、No.63チームがトップへ浮上したところで2時間が経過。

そしてNo.63を先頭にNo.3、No.15チームが同一周回でトップ3を形成。

105周でNo.63チームがピットインにより3番手へ後退した後は上位3台にしばらく順位の変動がなかった。

しかしハイペースで周回を重ねてきたNo.1チームが3台に割って入ったところでレース開始から3時間が経過。No.1チームの勢いは止まらず、ほどなくトップを奪還。そしてNo.15チームが後退してから同一周回はNo.1、No.3、No,63の3チームとなり、優勝争いは3台に絞られる。

先頭のNo.1はピットインにより一旦3番手へ後退したものの、コース復帰後に盛り返してトップに返り咲く。

その瞬間、レース開始から4時間が経過。決勝レースその後もNo.1チームは快調に飛ばし、2位以下を徐々に引き離していく。残り30分となった時点でトップを行くNo.1チームと2番手のNo.3チームは約15秒差。しかしコース上には全周に渡りバックマーカーが走行しており、勝負の行方は予断を許さない。

両車はバックマーカーの間を縫うように走りながらゴールを目指し、このままレースフィニッシュかと思われた。しかし耐久レースは甘くない。レース終了まで残り10分を切った時、No.3チームのエンジンが突然悲鳴を上げたのだ。これでNo.3チームはピットインを余儀なくされて万事休すとなった。

そしてレース開始から5時間が経過。ピットが歓喜で沸く中、No.1チームが最初のチェッカーフラッグを受けた。No.3チームはレースに復帰したものの1周遅れの2位。

No.63チームが3位に入り、No.10 POSH東京+江沼+アカオギW小城聡/磯間彰/谷川太一組、

No.51クレバーライトレーシングチーム高橋 孝浩/八木 則久/宝積 剛/利光 哲哉組が続いた。

決勝レース一方、終盤まで6位をキープしていたNo.60ノザワレーシングF&モトα薄井 眞一/片岡 緑/片岡 泰/野澤 秀典組は、ゴール目前で痛恨のペナルティストップにより表彰台を失う。

代わって繰り上がったNo.39 RCR・HANGOUT渡部翔悟/石倉翔/大谷朋之/横井憲組がラッキーな6位を手にした。

 

ということでまた?3位でした。

2010 125クラス 3位

2011 夏 125クラス 1位

2011 冬 100クラス 9位(チェーントラブル)

2012 100クラス 4位(別チームは3位)

2013 100クラス 3位

 

耐久で勝つのは難しいです・・・・ 







Last updated  Aug 12, 2014 07:12:36 PM
コメント(0) | コメントを書く


Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。

© Rakuten Group, Inc.