000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あれこれ備忘録 ホスピス医のこころを支えるもの

あれこれ備忘録 ホスピス医のこころを支えるもの

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

粗忽のたかびー

粗忽のたかびー

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

2024.03.01
XML
カテゴリ:緩和ケア
喉頭がんで声を失った70代男性Cさん。嚥下機能も失われ、胃瘻から栄養を摂っている

近隣の基幹病院で抗腫瘍効果のある治療を受けながら、月一回、私の外来にも来てくれていた。

栄養剤の注入量は減らしていないのに、ここ2週間でぐっと痩せが進んだことを家族が心配し、昨日、本人と妻で主治医に相談しに行った。
栄養についても緩和ケアで聞いてくださいと言われた、と今日、私の外来を緊急受診された。

なぜ、体重が減るんですか?と筆談で尋ねるCさん。
なぜだとご自身では考えているんですか?と聞き返す私。
がんが進行して、栄養を奪っているんでしょうか?そんな気がするんです。と答えるCさん。

抗がん剤のやめどきてすね。抗がん剤で体力を奪われて、それでも小さくならないがんに栄養を奪われて、このままでは生きる気力も奪われそうです。
抗がん剤をやめて、体力と気力を取り戻そうと思います。
と、自ら答えを出されたCさん。

賢明な判断だと思います、と答えておいた。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.03.01 06:00:10
コメント(0) | コメントを書く
[緩和ケア] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.