000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

ゑびす顔の百笑さん

ゑびす顔の百笑さん

Calendar

Favorite Blog

● 安心なお米屋さん ●安心なお米屋さん
みさちゃんの絵筆 ♪みさちゃんの絵筆さん

Comments

 masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…
 ゑびす顔の百笑さん@ Re:コメント失礼します☆(02/27) masashi25さん >ブログ覗かせてもらいま…
 masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…
 mkd5569@ Re:健康食品の害って?(11/08) すごい、真っ赤に染まっていますね~

Freepage List

Headline News

2010.05.24
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
足浴とその効果

「頭寒足熱」という言葉がありますが、
足元を温かくする事は身体によい事です。
足浴は足を清潔にし、身体と心を温かく
してくれ、入眠効果も期待できます。

最近は、温泉街に行けば必ず街の外れや
おみやげ物屋さんに足湯がありますよね。

この足湯のように足だけ"湯に浸かる"という事
を「足浴」といい、最近では自宅でできる
足浴もお勧めです。

また、身体が不自由な方なども気軽にできる事
も足浴の利点です。
やっぱり身体が思うように動かせない方って
お風呂に入る事自体が物凄く体力を使う事です。

それを、部屋の中で簡単にできるの
ですからありがたいです。


足浴の効果は?

足は第2の心臓とも呼ばれています。
心臓から一番遠く離れている為に血行が悪く
なりやすく冷えやすいのです。

特に、女性にとっては冷えは大敵で、
冷え性が様々な病気を引き起こす
原因にもなります。

asiyu2



「水素スパ」の足浴の方法

【ステップ1】

容器を用意します。

フットバスなどの足浴専用の商品など
(バケツなどでも代用できます。)
を準備します。

asiyu


【ステップ2】

お湯を入れます。

お湯の温度は38~40℃足首から下が
浸かる程度にアロマオイルを数滴たらすと、
リラクゼーション効果が高まります

【ステップ3】

フットバスにMgコアを入れる。

20~40分時間をおいて下さい。
(水素が発生する時間が必要です。)

【ステップ4】

クエン酸を約3g入れて下さい。
水素が発生しやすくなります。

【ステップ5】

お湯に足を浸します。
(専用の蓋がある場合は蓋をする)

身体を温めたいならば、10~20分浸しますが、
湯温が下がったらさし湯をしましょう。
この時には、お湯が直接皮膚にかからないよう
に注意して下さい。

最近のフットバスは温度調整の付いた商品も
ありますよね。

【ステップ6】

足の裏をマッサージしましょう。

足は第2の心臓と言われるようにツボが
集中しています。

※ 読書をしながら、音楽を聴きながら気軽に
楽しむ事がよいでしょう。

【ステップ7】

タオルで足を拭く。

タオルで包むように押して水分を吸収します。
こすらないで、ていねいに押し拭きをします。

※ 「足浴」は足をお湯につける事から、
足のケアもできるので一石二鳥です。

※ ORP測定するとプラス171です。

asiyu3


足浴の効果【まとめ】

1,身体全体の血行が良くなります。

汗をかきにくい人なども足浴を持続する事に
よって代謝が活発になり汗をかきやすくなります。
つまり身体に蓄積される老廃物を体外に出す
機能が活性化されます。

2,安眠効果を得られます。

人が眠りにつく際には身体が暖まった状態になります。
足浴はお風呂に浸かった時と同様の効果があるので、
睡眠前に足浴を心がけるといつもより眠りに入り易く
なります。お風呂より手軽にできるのが利点です。

3,自己免疫を高める効果もあります。

医学的な臨床実験で20分間足浴を行い
その後採血をした所、癌を殺す作用を持つ
「NK細胞」の活性化してる事が7割の
確率で証明されました。

4,ストレス解消に効果

「足浴」をすると全身が温まり、体全体の
血液循環がよくなり、ストレス解消にも
効果があります。







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2010.10.17 06:12:07
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.