254054 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

みんなが幸せになるために・・・・

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

夫について

2021.07.04
XML
カテゴリ:夫について
夫について。もともとひねくれた性格だったが、年をとるにつれひどさが増してきた。
私のすることなすこと全否定。インスタントコーヒーを飲んでいたら「おいしくなさそう」、ゲームをしていたら「ゲームばっかりする馬鹿がいるよね」
もう一緒にいるのが限界です。






最終更新日  2021.07.04 13:03:35
コメント(0) | コメントを書く


2010.01.18
カテゴリ:夫について

しばらくお互いのことに干渉せず、距離をとって『いい感じ』だったのですが・・。

昨日昼、弟から『七草祝いのお返しをしたいから、一家で訪問したい。』、と電話がありました。

弟の長男Tくんは、ちょっと落ち着きのない子。

夫はTくんのことをあまりよく思っていないのはわかっていたのですが・・・。

Tくんは、自閉症のような感じがするね。』

あんた(私のこと)も、写真のように記憶できたり、昔のことをいつまでも覚えてるし、どこか脳が異常なんだよ。』

!!

・・・とても傷つきました。

私のことをあげつらうのに、甥っ子をだしにすることにも、怒りを感じました。

前のように、うつ状態や育児ノイローゼにならないために、感情をためこまないようにと心がけていたので、

とても傷ついたことと、もうすこし考えてからモノを言った方がいい、と夫にいいました。

すると、はじめは『悪かった。』を謝りましたが、

なんでも思ったとおりに言ってしまうオレの性格は変えられない。こんなだったらもう会話はしない方がいいだろう。』

といって、ぷいっ、と出て行ってしまいました・・・・・。はぁ・・・しょんぼり

その後弟一家がやってきて、しばらくは楽しく過ごしましたが、弟たちが帰ってしまうと、一気に虚脱感が・・・。

いつも夕食前に子供たちとWii Fitをするのですが、そんな気にもならず、だらだら横になっていました。

子供たちが『お母さん、どうしたの大丈夫?』と心配してくれ、

こういうときこそ、笑顔大笑い

と、なんとか気力を振り絞って夕飯を作りました。

夫は結局帰宅せず、王子が電話をすると『あさってに帰ってくる。』と言ったそうです。

私の怒りの矛先をかわし、バックれた夫。あ~またまたストレスがたまりそう・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







最終更新日  2010.01.18 13:38:29
コメント(14) | コメントを書く
2009.05.26
カテゴリ:夫について

先日、私の誕生日でしたが、4日違いで夫の誕生日がやってきます。

もう、あさってです。

夫から、プレゼント貰ったからやっぱりお返ししなきゃいけないですよね~!?

前から欲しがっていた「鼻毛カッター」を送ることにします。

今から電気屋さんへ買いに行こう。







最終更新日  2009.05.26 16:37:37
コメント(8) | コメントを書く
2008.05.22
カテゴリ:夫について

昨日、夫から生活費を5万円もらいました

引越しやらお披露目会やら物入りだったから、今回までは5万円渡す。これからは生活費は出さないから。」

と宣言されてしまいました。

引越ししてからいい夫、いい父親を演じていたのは、このためだったのか・・・!

夫のことをあまり信用していなかったので、こうゆう事態も、実は想定ずみ。

子供への養育費だけは前もって(一人5万円ずつ)口座振込みするように手配をしていました。

今までにも、ちょっと気に入らないことがあると生活費をくれないことが多々あったんです。

私が育児休業中でお給料がほとんどなかったときに、そうゆうことがよくありました。

月々の食費は4万円で充分だ。」と言って見たり

今月の家計簿をみせろ。」とレシートと照合し、その結果

これは使いすぎだ。」と生活費をストップしたり。

外食なんて、もってのほか。いくら疲れていても、家で作るか、よほどきついときには惣菜を買っていました。

そんなことをされてまで、夫の経済力に頼るのがイヤで、また仕事が好きだったし、経済的自立をめざし、果たして来ました。

もう生活費をストップされても全然困りません。

養育費については、今後増加する見込みなので、その点について家裁で調停をする予定です。

これから、おそらく別居、そして子供が成長したら離婚ということになるでしょうが、私はそれでよかったと思っています。

この夫と生涯を共にはできないでしょう。

 

 

 

 

 

 







最終更新日  2008.05.22 13:56:24
コメント(12) | コメントを書く
2008.04.14
カテゴリ:夫について

新居に移って以来、何故か夫の機嫌がよく、いろいろ気遣ってくれます。

カーテン屋さんには頼まなかった小窓のロールカーテンやブラインドなどを、家具屋で購入してつけてくれたり、

片付けで疲れるだろう」と週末は外食に連れて行ってくれるし、

新しく買った家具の片付けも手伝ってくれたり、

家具購入などで増加したゴミ(ダンボールやプラスチック)を捨ててきてくれたり。

そういえば、4月2日は13回目の結婚記念日でした。

引越しの後バタバタしていて、お祝いしてなかったな・・・。

このままの夫でいて欲しいな・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 







最終更新日  2008.04.14 13:56:22
コメント(26) | コメントを書く
2008.02.14
カテゴリ:夫について

最近、夫と話をしていません。

なぜなら、話をするとムカつくからです。

多分、お互いそうなんだと思います。

昔から、重箱の隅をつつくような難癖をつけることの多い人でしたが、年月を経ても全く変わりません。

もう我慢できません。

今回のきっかけは、連休中日2月10日にさかのぼります。

卵アレルギーを持っていた王子のために、数年前からグリーンコープの卵を使うようになりました。

おかげで、王子の卵アレルギーもよくなり、今では生卵も食べられるようになりました。

2月10日の朝食にも卵を出しました。

すると、夫、今回の「中国餃子事件」で生協の餃子に毒が入っていたのを指摘し、「生協の品物は信用できん!

と言い出したのです。「生協とグリーンコープは違うんだよ」といっても「どこも一緒よ!」と頑として譲りません。

生協(コープ)とグリーンコープの違いを認識していないのです。

私が安全安心な卵を求めて、いろいろ調べたことも知らないくせに。

まずムカつき一発目でした。

朝食後、最近購入した「リボンの騎士」のDVDを子供たちと一緒に見ていたら、

この(サファイア)王子、頭わるー!こんなの面白い?面白くないがね。オレは見たくない!」と言い出し、せっかく楽しんでみていたのに、その場の空気がしらけてしまいました。

子供向けのアニメを、本気で批判するのです。

これでムカつき2発目。

そんなことをいわれると、テレビを見続けるのもなんだかイヤな気分になり、

「じゃ、どこか公園にでも出かけてみようか?」

と誘うと

「え~~~上向き矢印しょんぼり!!」と露骨にイヤな顔。

そして、私の我慢が限界を越えました。

こいつと一緒の空気なんか吸いたくない。

そう思って、姫を連れて家を出ました。王子は夫と一緒にいるというので、残していきました。

夜まで、イオンの中をめぐりました。

帰ってから、私の買った夫用のマグカップがゴミ箱に捨てられているのを見つけました。

それから、しゃべっていません。

3月末には新居ができるというのに、これから私たちはどうなるのでしょう・・・??

 

 

 

 

 

 







最終更新日  2008.02.15 10:59:44
コメント(27) | コメントを書く
2008.01.21
カテゴリ:夫について

3月末に、引越しすることになりました

以前から度々ブログ上でも書いてきましたが、今住んでいる家(借家)が古くなり、雨漏り・ガス器具の不具合・漏電などが頻発したこと、子供の道具が増えて狭くなったこと、が理由です。

近くに、自己資金とローンで何とかなりそうな建売り住宅家が出ていたので、急きょ買うことにしましたぽっ

夫もさすがに、同意しました。(家の古さに、あきらめもついたようです。)

3月末だと引越しシーズンなので、早めに決めないとと思い、引越し会社に連絡をとり、見積もりをしてもらいました。

前回の引越しでは、0歳児だった王子をかかえて、準備や片付けがとっても大変だったので、今回は全部おまかせにすることにしました。

全部おまかせ(クーラー脱着、不用品処分)でなんと、30万円!!

やっぱりちょっと高いよなぁ。新しいカーテンやエアコンとかも買わないといけないし、税金もかかってくるだろうし・・・・・・。実はあまり余裕のない資金。

でも夫にその話をすると

いいんじゃない。そんなものかもよ。」

よし、引越し費用はあんたにおまかせってことで決定!!

 







最終更新日  2008.01.21 12:54:43
コメント(25) | コメントを書く
2007.11.05
カテゴリ:夫について

夫にはもう、あきれ果ててます。

そろそろボロ借家から引っ越そうという話が出てから数ヶ月。

どうせなら、新しい賃貸住宅を探すか、中古家を買うか、という話になりました。

子供が小学校に入ってしまったから、転校させるよりは今の校区で、探そうということで意見が一致。

中古の売り家や、建売の新築家をとりあえず回ってみました。

その結果、“どうせリフォームとかして、お金がかかるんなら、建売を買おう”ってことに。

ちょうどいいところに、建築条件つきの土地が出ていたので、不動産屋さんにいっていろいろ話を聞いたり資料をもらったりしたら、自己資金とローンで何とかなりそうな価格。

「この物件で話を進めていこうか。」ということになりました。

ところが・・・・・。

夫は義姉にこのことを相談したみたい。

そしたら義姉が、「子供が高校にいくことを考えると、平地がいいよ~。」とか言ったらしく、夫の言動が一変。

「そんなにここが気に入ったの?」

「俺はここに住む気はない。」

とか言い出して・・・。

今まで進めてきた話も、全部おしゃかに。号泣

以前も賃貸アパートを借りる時に同じようなことがありました。

義姉の意見には全て従う夫。

あの長い話し合いはなんだったのでしょう・・・。

もう、怒りを通り越して、むなしくなります。

こんなシスコン夫なんかもうお見限りだ!

ゼッタイ離婚してやる!

 

 







最終更新日  2007.11.05 17:55:43
コメント(26) | コメントを書く
2007.01.29
カテゴリ:夫について

姫の妊娠中にも、1度切迫早産で入院したが、たいしたことなく3~4日くらいで退院した。(5日以上入院だったら、保険が降りたのに・・・ちっしょんぼり。)

その間、王子の面倒は義姉がみてくれた。(多謝ウィンク!!)

不思議なことに、夫は妊婦にはとってもやさしい。王子の妊娠中もそうだったが、時間があるときには掃除、食器洗い、風呂掃除などいわれなくても進んでやってくれてた。

このヒトは、本当は優しいヒトなんだ。

外に出る仕事なんかしないで、家の仕事が好きな女のヒトと結婚していたら、幸せだったのかなぁ。

そう思い、ズキッいなずまと胸が痛んだこともあった。

姫が無事に生まれ、しばらくは家族4人、仲良く暮らしていたが、前回と違って今回はパートタイマー。育児休暇なんか取れない身分なのだ。

正月休みとして2週間加えてもらい、切りのよい4月から仕事に復帰することになった。姫は、保育園に預かってもらえることになった。

産後の肥立ちもよく、前回の教訓から早めにベビーシッターさんとか家事支援を頼んでいたので、仕事と育児と家事の両立は思ったより順調だった。

・・・・・・・王子がおたふく難聴(育児ノイローゼと戦う その1 )を発症するまでは。

結婚生活について考察するために、今までの経過をつらつらと書き綴ってきたが、結局は

結婚生活は山あり、谷あり。

悪い時もあれば、いい時もある。

お互いの思いやりが大切である。

どうしても我慢できないときは、別れるという選択もありかもしれない。そのためには、いつでも離婚できるように心構えをしておかなければならない。

 

あまり、いい結論じゃないなぁ。

この件に関しては、一生、考察しなきゃならないかもね・・・・。

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。励ましのポチっグッドをよろしくぅウィンク

blogランキング人気blogランキングへ







最終更新日  2007.01.29 13:58:09
コメント(28) | コメントを書く
2007.01.28
カテゴリ:夫について

実母、保育園、職場の同僚の助けを借りて、なんとか仕事と育児の両立のリズムが出来てきた。

その間、やつれた私をみて罪悪感にさいなまれたのか知らないが、夫が休日の掃除をやってくれるようになった。

休日に家にいるってことは、どうやら、浮気相手と切れたらしい・・・。

この件に関しては、今でもお互い何も語り合ってはいない。

私は、週3回の出勤、その他は在宅で仕事をした方が自分の健康維持のためにいいようだ、ということを職場に伝え、職場も快く了解してくれた。

しかし、正社員という立場は失ってしまった。パートタイマーとなり、収入は半減、ボーナスもなくなった。国民年金、国民健康保険に移行することになった。

パートタイマーになって一時は、夫の扶養に入っていた方が得だったのでそうしていたが、しばらくして収入が安定してくると、扶養控除を受けられなくなり、扶養からはずれた。

頑張って仕事をして能力給を稼ぎ、なんとか王子の保育料と食費・日用品代をまかない、余りが出るようになった。

大変だったけど、やりがいがあった。

体調も元に戻り、仕事が休みの日には王子と遊びに出かける余裕もでてきた。

夫のことは、気にしないことにした。浮気しようが、生活費を入れてくれまいが、知らんふり。

私は一人ででも、この子を育てて生きていける。

こうして、精神的、経済的に夫から自立したのであった。

こうしてなんとなく平穏な日々を送っていると、もう一人子供が欲しくなってきた。

セックスレスじゃないけど、回数がそう多くなかった夫婦生活。

しかし、もう一人子供が欲しい旨を夫に話すと、嬉々として協力してくれた。

王子はすでに3つ、私ももう30代になっていた。

思い立ったが吉日ということで、不妊外来に通ったが、忙しくて通うのを中断した途端に、自然妊娠した。

・・・・・次回最終回

励みになります。是非、ポチっをよろしくね。

blogランキング人気blogランキングへ

 

 

 

 

 

 

 







最終更新日  2007.01.28 07:34:57
コメント(10) | コメントを書く

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.