000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ペタンコ道場

PR

全72件 (72件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

物語、童話、詩

2019.10.29
XML
カテゴリ:物語、童話、詩
今日はたけるは塾の自習室に来る子供たちの為に教室を開けなければならなかった。

なぜなら、女の子達は自習するのが楽しいのか、教室を開けなくてもいい日まで自習にくる。

たけるは今日はちょっとストレスが溜まっていて億劫だった。

でもあの子たちの為にと片道1時間半以上かかるが何とかたどり着いた。

そしてその女の子達がやってきた。

たけるはストレスで心が折れそうなくらい疲れていた。

そしてたけるは、

「女の子に今日はあんまし見てあげられないかもしれないけど、ごめんなあ」

っと言って、

事務作業を始めた。

すると女の子の一人が、

「先生、病んでる時は私たちと話すと治るでー」

と言ってくれた。

もう一人の女の子は

「自習やから私達でやるからかまへんで」

とも言ってくれた。

確かにたけるは、最初に言った女の子の喋ったら治るのは知っていた。

そして、その女の子達のお陰で、授業に入る頃にはかなり回復していた。

最近の子は優しいなあと、たけるは嬉しかった。

そして、たけるは男の子や女の子の為に今日も授業をする。

そして、これは経費では出ないんだけど、

その子達の人生が1400円くらいで変わるんなら

惜しまなく参考書を買ったりしている。

みんな誰だって成績を上げたいんだ。

また、ある男の子に

「今度は90点は目指していこうなあ」

っていうと男の子はやる気が失せていた。

どうもたけるが、たける自身の会社に評価されたいと思って

「90点目指そうなあ」

と言ったと男の子は思っていたようだ。

たけるはそんなんじゃなくって、

思わず口にでたのが

「点数とるのは自分自身のためやからなあ」

とその子に向けてちょっと強めに言った。

子供には熱意はすぐ伝わる。

その男の子は直ぐに背筋をピンと伸ばし勉強し始めた。

たけるは昔家電量販店で働いていた。

すると先輩が

「お前は駆け引きで売るタイプじゃないなあ、熱意で売るタイプやなあ」

たけるはあの家電量販店で働いていたころと職種は違えど、昔と変わりなく熱意で授業をしている。

それは間違えてなかったんだと改めて子供達に教えられた。

ありがとう!みんな!

おしまい
人気ブログランキングへお願いします。






最終更新日  2019.10.29 07:43:31
コメント(0) | コメントを書く


2019.09.01
カテゴリ:物語、童話、詩
おさむは、お父さんに

「お年寄りは厄介者なのかなあ」

と言いました。

お父さんは

「もし、おさむが犬の糞を踏んで、一生犬の糞ってあだ名付けられたらどうだい?」

と尋ねました。

「そんなの嫌だ」

とおさむは言いました。

お父さんは、続けて言いました。

「だから、お年寄りも厄介者なんて言っちゃーいけないんなんだ」

お父さんは

「自分たちもいずれはみんな老いていく、

だから自分が老いた時の為にお年寄りをお手本にしないといけないんだ。

お年寄りの方もお手本になろうと思って一生懸命、勉強したり、

子供の為に何か役に立ちたいと思ってボランティアなんかを探してるんだ。

何か社会に役に立てるものはないかってね。

そうやって、身をもって教えたくれているご老人は沢山いるんだ。

だからこんな言葉を使っちゃいけないんだ。

おさむも一生懸命やっていたり、

こんなに痛いのにこんなに苦しいのに我慢して何も言わない、

おじいちゃん、おばあちゃん格好いいと思わないかい?そしてかわいそうだと思わないかい?」

おさむは自分の至らなさに涙しました。

お父さんは

「おさむ、涙をふいて!」

そして、お父さんはおさむの頭をなで、二人仲良く帰って行きました。

人気ブログランキングへお願いします。






最終更新日  2019.09.01 23:57:41
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.01
カテゴリ:物語、童話、詩
先生が塾である女の子を受け持つことになった。

そして先生が

「ここ重要だから赤でアンダーライン引いて」

と言うとその女の子は言うことを聞きません。

でも、いつもその女の子は素直でした。

先生はなぜだろうとずっと思っていました。

先生は

「なぜアンダーライン引いてくれないの?」

と言いました。

終いには、女の子は泣き出してしまいました。

先生は、困って困ってその日の授業はそのことが気になって仕方ありませんでした。

そして授業が終わって先生が教室を出ようとすると

さっきの女の子が

「先生、なんでアンダーライン引かなかったか理由があるの。

それは私の弟が塾に来ようとしているから、

この私の使っているテキストを弟にできるだけ新しい状態で

使わせてあげたいと思った

からアンダーライン引かなかったの」

とはんべそかいて、女の子は言いました。

先生はそれを聞いて涙でいっぱいになりました。

先生は女の子に

「いいんだよ。いいんだよ。なんとかなるから」

と言って女の子を帰らせました。

先生は涙をふいて、次の日、女の子を尚更一生懸命見るようになりました。

先生は授業を全力でみる決意を改めて誓いました。

人気ブログランキングへお願いします。






最終更新日  2019.07.01 06:44:47
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.28
カテゴリ:物語、童話、詩
その歯医者さんは,近鉄学研登美が丘駅からライフの方に歩いて5、6分ほど
でもひろゆきは自転車で行くんだけどね。
そして、池元歯科医院の皆さんは優しい方ばかり
先ずは受付のお姉さんが気持ちよく
「こんにちは」
と言ってくれる。
ひろゆきも受付のお姉さんに
「こんにちは」
と挨拶する。
そして池元歯科医院は患者さんが、おじいちゃんでもおばあちゃんでも優しく接してくれる。
外も内もしっかり掃除が行き届いてるんで、衛生面でもばっちりだ。
ひろゆきが散髪に行ってスポーツ刈りでさっぱりしたことを、池元先生はマスクをしていたものの、目がニコニコしていた。
最近散髪したことで評判が良かった。先生も直ぐ気が付いたようだ。
そして先ず池元先生が
「お変わりないですかあ?」
と、ひろゆきの状態を常に気にしてくれている。
そして、歯科衛生士さんが歯をお掃除してくれた。
カメラで歯の磨けてないところを特に撮ってくれる。
そして、歯科衛生士さんは
ひろゆきが、ちゃんと磨けてるところはほめてくれるし磨けてないところは、カメラで撮った映像を見ながら指摘してくれます。磨き方もちゃんと教えてくれます。
そしてお掃除が終わり、受付の方が
「さよならー」
と挨拶してくれるんで凄く清々しくなります。
「また、行こう」って気になる。
そして、LINEでも予約出来て携帯のメールアドレスを言ったら診察も前の日にメールが飛んでくるので便利だ。虫歯にならないように注意してくれる、かなり良心的だ。
歯のお掃除をしてくれてひろゆきはかなり助かってます。

池元歯科医院は奈良の近鉄学研登美ヶ丘駅からライフの方に歩いて5分か6分くらいにある創業20年にもなる腕のいい歯医者さんです。

人気ブログランキングへお願いします。






最終更新日  2019.06.28 21:21:42
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.19
カテゴリ:物語、童話、詩
真次郎は最近ネコを飼い始めた。ネコの名前はネコ助だ。

ある日、真次郎は用事で出かけなければならなかった。

真次郎は、友達はいなかったけど、ネコ助にも心の病で友達がいなかった。

真次郎は

「あ、そうだこの間買ったソニーの大型テレビー」

と閃いた。

そのテレビ番組にネコ番組があった。

そしてネコ番組をつけっぱなしにしてネコ助がさみしがらないようにと思って

出て行った。

そして、真次郎が慌てて帰って来て

ネコ助を観察していると

テレビの中のネコが

「ミャー」

と言うと

ネコ助も

「ミャー」

という

そしてネコ助がテレビの中のネコを友達のように思っているような感じがした。

しかし、ソニーのテレビは生き物ではない。

真次郎は言った。

「ソニーのテレビにAI機能がついて

ネコ助の真の仲良しの友達を作らせるための練習になったらなあ」

とつぶやいた。ネコ助はそれを聞いて

「真次郎君も真の友達、早くできるといいね」

といいたそうだった。

おしまい。


お題:ソニーのテレビ、ネコ、仲良しでした

人気ブログランキングへお願いします。






最終更新日  2019.05.24 21:57:20
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.09
カテゴリ:物語、童話、詩
源助は、毎日色んなところで仕事している。

最初なんで長時間電車に乗ったり、こんなに長い距離歩かなきゃいけないんだ。

と思っていました。

源助はある日インターネットで、スマートウオッチというのもが売られている事を知りました。

そして買い物かごに入れるを、ポチッとマウスでクリックしました。

次の日、早速スマートウオッチが届きました。

それから、スマートウオッチをつけていろんな場所に働きに行きました。

源助は何気なく買ったスマートウォッチがいろんな機能を持っていることがわかりました。

万歩計はついてるし、心拍数も血圧もわかる、また何キロ歩いたか、そして消費カロリーも

更にアンドロイドの携帯電話や、Iphoneのアプリと連携して使えば寝た時間、起きた時間までわ

かるという代物だ。

昔源助は、会社の近くのワンルームマンションに住んでいた。

ところが上司が

「もっと、会社から離れた所に住め」

と言っていました。ところがどういう意味で言っていたのかわかりませんでした。

そしてその昔上司が言っていた意味がやっとわかりました。

それは電車に座って乗ると本も結構読めるし、勉強もできる。

更に、駅から遠く離れた場所に家や取引先があればグングン万歩計が1万歩、2万歩といいウォーキングになることがわかりました。

ある意味電車の中は源助にとって書斎であり、そして歩く道路は源助にとってジムみたいな感覚になり

満更、通勤時間が長いのもお金にはならないかもしれないけど、お金と違ったものが得れ段々楽しみになってきました。

なぜなら、源助は風呂場の脱衣所で横に向いてお腹のへこみ具合が前よりましになったことがとてもうれしかったのです。

これこそ読書、勉強は 文 であり、ウォーキングは 武らしきものに値するのではないかと源助は毎日楽しく生活している。

人気ブログランキングへお願いします。






最終更新日  2019.06.28 21:25:06
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.23
カテゴリ:物語、童話、詩
くまさんは冬、冬眠するので、最近うとうとしていました。

友達のトナカイさんが

「クリスマスは僕が活躍する日だから、しっかり空を見ていてね」

とくまさんに言いました。

しかし、くまさんは眠くて眠くて仕方ありません。

くまさんは、ついにクリスマスを待たずに冬眠してしまいました。

クリスマスの日、トナカイさんはサンタさんと一生懸命

みんなのプレゼントを運びました。

トナカイさんは

「くまさん、君は冬眠するんだったね。ごめんね。無理な事言っちゃって」

と言って、くまさんにプレゼントをそっと枕元に置きました。

トナカイさんは、くまさんが冬しっかり寝ないといけない事を知りました。

くまさんは春になって冬眠から目を覚ましました。

くまさんは

「しまった。トナカイさんとの約束を破っしまった」

と申し訳なく思いました。

しかし、トナカイさんはくまさんに言いました。

「お互い助け合いだよ、だからくまさんが冬眠しなきゃいけない時は寝てていいんだよ」

くまさんは、お詫びにトナカイさんからもらった工具で

お家を作ってあげました。

トナカイさんは大喜びしました。

くまさんは

「助け合いだね」

と言って、二人はお互い微笑みました。

おしまい人気ブログランキングへお願いします。






最終更新日  2019.02.24 14:38:05
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.15
カテゴリ:物語、童話、詩
のりおは土曜日の朝、自転車で歯医者に行きました。

そして先生に歯をよく診てもらって気分よく帰っていると

目の前の草むらで、おじいちゃんが自転車と一緒に倒れこんでいました。

「大変だ」

と思い。草むらにのりおは自分の自転車を置いて飛び込みました。

そして、

「おじいちゃん、大丈夫ですか?ケガはないですか?」

とのりおは、おじいちゃんに言いました。

どうやら骨は折っていないようだ。とりあえず

おじいちゃんを寝させた状態で待ってもらって

自分の自転車をとおじいちゃんの自転車を

安全な場所に置きました。

そして、おじいちゃんのところに戻りました。

何とか救急車を呼ばなくても行けそうだと判断した、のりおは

これくらいなら出来ると思って

おじいちゃんを後ろから持ち上げるように、押して歩道のところまで

かつぎました。

そして、おじいちゃんは

「いつもの事ですから」

と言いました。のりおは悲しい気分になりました。

「おじいちゃん、家まで送って行こうか?」

って声かけたけど、おじいちゃんは一人で自転車を押して帰りました。

「おじいちゃん、これからは気を付けて自転車乗るんだよ」

と心の中で思いました。

「のりおは、おじいちゃんありがとう。僕にも人助けが改めてできる事を知らせてくれて」

おしまい

人気ブログランキングへお願いします。






最終更新日  2019.06.26 06:01:53
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.27
カテゴリ:物語、童話、詩
きみちゃんのお母さんは病気でした。

きみちゃんは毎日、毎日、お母さんの看病で友達とあまり遊べませんでした。

お母さんは、優しかったのできみちゃんに

「ごめんね。ごめんね」

と、いつも言ってました。

でも、きみちゃんはお母さんが早く良くなってほしいと一生懸命お手伝いをしました。

そして、ある日きみちゃんにお母さんが

「りんごを買って来てくれる?」

と頼みました。

きみちゃんはお母さんにお金をもらって、急ぎ足で公園の前を通ると、子供達が楽しく遊んでいました。

その中に、きみちゃんと同じクラスの女の子が楽しそうにしていました。

きみちゃんは、りんごをお母さんの為に買わなきゃと思い、公園を通り過ぎて、スーパーに行きました。

りんごを3つ買って、おつりをしっかりもらって、家に帰ろうとしました。

また、公園の前を通り過ぎようとすると、男の子が、クラスの友達の女の子をいじめているのを見て

人一倍正義感が強かったきみちゃんは、りんごをベンチに置いて、その男の子を追っかけ回しました。

男の子は

「きみちゃんにはかなわないや」

と言って謝りました。

そして、いじめられていた女の子と一緒に帰りました。

きみちゃんは、家に着くとりんごをベンチに置いて帰った事を思い出しました。

きみちゃんはお母さんに謝って

「直ぐに取りに行ってくる」

と行って出ようとしました。

「お母さんが行ってくるからいいのよ」

と言うと

「お母さんしんどいんじゃないの?私が行くわ」

ときみちゃんが言っているところにインターフォンが鳴りました。

外に出るとさっきの公園の男の子でした。

男の子は申し訳なさそうに

「お詫び」

と言ってりんごが3つ入った袋を渡し、恥ずかしそうに帰って行きました。

きみちゃんは、嬉しい気分とほっとした気分でお母さんに泣きながら抱き着きました。

そして、お母さんはきみちゃんを産んだ事を誇りに思い、きみちゃんも大人になって

人を沢山助ける仕事に就いたそうです。

おしまい。

人気ブログランキングへお願いします。






最終更新日  2019.02.24 14:40:44
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.11
カテゴリ:物語、童話、詩
学校のチャイムが校舎全体に鳴り響いた。みちるは自分の担当する教室にスタスタと足早に向かった

みちるは小学校の先生だ。かれこれ小学校の先生を始めて10年近くになる。

みちるは生徒に相談されることが多い。

みんないろんな子がいて、毎日学校に行くのが楽しみだった。

その中で翔一と言う男の子がいた。

その子はいつも相談に来る

しかし、翔一はみちるにいろんな相談や質問をしていましたが

翔一は、結局

自分の思った事をしてしまうのである。

みちるは

「なんで翔一君は私の言ったことをやってくれないんだろう?」

と不思議に思っていました。

でも、時には、みちるは翔一が私の言っている事をやっている事に気付いていました。

全く聞いてないようではなさそうだ。

みちるはもしかしたらと思った。

あるとき翔一はみちる先生に言いました。

「先生、僕は先生の言うことを聞かない、だめな子なのかなあ」

と質問しました。

翔一はいろいろ先生がアドバイスしてくれるのにそれと違った事をしている事に

申し訳ない気持ちでした。

でも、みちるは翔一の話を続けて真剣に聞きました。

「先生、僕は先生の意見はいつも素晴らしいと思ってるんだ。すごく的の得た答えを

出してくれているのはわかってるんだ。でも僕もそれを聞きながら

自分の中で加工してオリジナリティーを持って行動しようと思ってるんだ。

だから、先生には感謝しているんだ。そのオリジナリティも、先生の素晴らしい意見が

ない限り生まれないからね」

先生の思っている事は正しかった。

翔一自分の意見を大事にし人の意見も尊重しているんだ。そして枠に縛られたくないんだ。

だから私の意見を聞いてこの子はこの子なりの答えを出しているんだ。

みちるはそれは翔一の特技だと思った。

そして。みちるは尚一層翔一の事を大きな目で見るようになりました。

みちるはいろんな生徒と出会い更に理解のあるいい先生になりました。

翔一もみちるの事を尊敬し、自分のオリジナリティを認めてくれた先生だと

中学生になっても覚えています。

先生、自由な発想をさせてくれて、ありがとう。

おしまい

人気ブログランキングへお願いします。






最終更新日  2019.02.24 14:41:24
コメント(0) | コメントを書く

全72件 (72件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.