1852442 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

極上生徒街- declinare-

PR

プロフィール


矩継 琴葉

サイド自由欄

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2007.04.13
XML
カテゴリ:おお振り

今期期待しているアニメの1つですw

OP見たとたんに、野球がやりたくなりましたw

爽やかだな~w
 

それに脚本は、黒田洋介さん

演出・絵コンテは、水島努さんでしょw

個人的な評価高いw 

 

「俺なんか...」と、すぐメソメソと泣くピッチャー・三橋廉。
彼は中学時代、経営者の孫と言う事で「ひいき」でエースになっていた上に、 マウンドを3年間ゆずらなかった事で
チームメイトに嫌われ、悲しい中学時代を過ごしていた。 自分のせいで野球部は負け続け、みんなも
野球を楽しめなかった。 その罪悪感から、彼は完全に自信を失い、人間不信に陥っていく。
中学卒業後、エスカレーター式の三星学園を出、野球をやめる覚悟で西浦高校へ入学する。
別の学校では、実力のない自分はもうピッチャーにはなれないだろうと 思いながらも、その足はまっすぐに
野球部グラウンドへ向いてしまうのだった。

 

ちなみに、キャッチャーフライを真上に上げられる監督は優秀です

 

三橋の球は遅いけど「ノビる」球

 

伸びると言えば、阪神・藤川の球がソレ

 

初速と終速がホトンド変らないとか(衰えない)、ホップするとか(ホップはまずないな

どのくらいで、そうなるのかと言うと、回転数40以上

確か40~43くらい?だったと思います。

そこに、藤川みたいな剛速球で、調子いいとまず良い当たりは出にくいですな。

 

さて本題ですが、見学だけでもと野球部の様子を見に来た三橋。

でも先生に無理やりスカウトされる形でグラウンド内に。

唯一の投手と言うことで周りの期待は大きいが、三橋はひいきでエースだったことに加え遅い球であることで自信はなく、泣きそうになるがとりあえず1球ということで投げてみることにする。花井は球の遅さに愚痴るが、キャッチャー阿部は球を受けて何かを感じ取る。
そのまま投球を続けさせ、阿部は確かな手ごたえを感じ興奮する。
すると今度は、サインを確認し、花井を打席に立たせ勝負形式で投げさせることにするのだった。 
途中、阿部の大胆なリードに戸惑うものの、阿部を信じて投げ込む。
花井は好球だと強振するも空振り。
それを見た三橋は、阿部を信じリード通りの投球を続け、あっと言う間に2アウト。
自信をつけた三橋は、最後の一球を投じるのだった。花井は見逃し三振。

三橋に迫り、どんな球を投げたのか問い詰める花井に、阿部は理由を説明。

さらに甲子園にいけると演説、皆は少なくともリアルに感じるのだった。

そして監督は、三橋の性格を叩きなおす為に、合宿後に三星との練習試合を提案するのでした。

 

 

高田さんの曲いいわw

 

おおふり最高だなw

 

あぁ~パワプロやりたくなったw

 

そう言えば、パワメジャで三橋再現したな~

 

パワメジャ売っちゃったしな…

 

安く売ってたら、明日勝ってきてパス載せようかな?w

 

確か、142キロ/コンA(255)/A(152) スラ2、カーブ3、シュ1、チェンジ2、ツーシーム1

その他・特殊能力

 

これで、防御率0.34でしたw

 

やべ~明日パワメジャ売ってるか見てこようw







最終更新日  2007.04.13 15:47:25



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.