000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

独学で合格!FP3級試験・スピード合格への

PR

Freepage List

Calendar

Rakuten Profile

設定されていません

Category

2010.07.17
XML
カテゴリ:相続・事業承継
独学 3級FP技能士 試験 解説 中野克彦 なかじまともみ 岩崎剛士
相続・事業承継(学科)

(30) 贈与税の配偶者控除を適用すると納付すべき贈与税額が0(ゼロ)
   円となるときでも,配偶者からその適用に係る贈与を受けた者は,
   原則として,この規定の適用を受ける旨など,所定の事項を記載し
   た贈与税の申告書を提出する必要がある。


なかじまともみ
 解説者:なかじま ともみ

    (幼稚園教諭、保育士、CFP(R)、1級FP技能士)




(30) 正解:○ 【贈与税の配偶者控除】


贈与税の配偶者控除を利用したときには、税金がかからない場合でも、所定の申告書を提出する。


【過去の出題】
2009年5月3級学科試験(59)相続事業承継「贈与税の配偶者控除」
2008年9月3級学科試験(27) 相続・事業承継「贈与税の配偶者特別控除」
2008年5月3級学科試験(28)相続・事業承継「贈与税の配偶者控除」
2008年1月3級学科試験(56)相続・事業承継「贈与税の配偶者控除」
2006年9月3級学科試験(56) 相続・事業承継 「贈与税の配偶者控除」

これも定番問題ですね。

ポイントは

2110万円まで非課税

○結婚20年以上

一生に1回(同じ相手から)

○この制度を使うときには、必ず申告すること(税金がかからなくても。)

試験の出題のポイントはこの4つのみです。
過去問にも目を通しておいてくださいね。



────── COPYRIGHT (C) 2010 Tomomi Nakajima All Rights Reserved. ──────






Last updated  2010.11.07 21:42:02

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.