5771771 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふるた技工所(てっこうしょ)

PR

全103件 (103件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

カテゴリ未分類

2021.01.24
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
TDA2822 を矩形波発振器で動かす。前回の日記はシミュレーションである程度目処を立てた所までだった。

回路図再掲


ブレットボード上に組み立てて動かす。まずは回路図通りの定数で CR Delay part を構成した場合の波形だ。



黄トレース Pin1 出力の立ち上がり、立ち下がり, 緑トレース Pin3 出力の立ち下がり部分に戻りが見られる。Hi Side, Lo Side それぞれのトランジスタがスイッチングする時間差がある様に見える。

Hi Side は Common collector (Emitter Follower), Lo Side は Common emitter なので波形の質は初めから気にしない回路だ。それよりも振幅を如何に大きくするかに力を入れた回路が TDA2822 だ。

発振周波数はほぼ狙い通り 65.7kHz だった。

CR Delay part の抵抗 R2 を 10kΩから 6.8kΩに下げてみる。発振周波数 82.2kHz になり、素直に高くなった。



Pin1 の出力に対して Pin3 が遅れる時間が目立ってきたか。ある程度 Pin1, Pin3 とも Lo, Lo あるいは Hi, Hi で重なっていた方が扱いやすい場合もある。

R2 の値を 1kΩ ~ 10kΩ の間で変えた場合の発振周波数の変化は次の通りだ。



出力から入力に戻す帰還回路に入れた DC cut のための C, R の影響は少なめだ。以下、R2 の値と出力波形を見ていく。

R2=4.7kΩ


R2=3.3kΩ


R2=2.2kΩ


R2=1kΩ


136kHz で発振させるのはオーディオ帯で使う事を意図したアンプでは無理があるか。

Pin1, Pin3 間の遅延(位相ズレ)が目立ってくる。出力中点電位の参照電圧を維持する C3 を減らして、Pin1, Pin3 間の遅延を減らそうとしてみると、リンギングが出てくると言うか、別の周波数で発振しだす。増やしてみると波形が鈍り、始めに気にしていた戻りが減る。

昇圧・反転電源回路に使うための発振器に使う目的ならば十分な波形だ。






最終更新日  2021.01.24 02:39:31
コメント(0) | コメントを書く


2021.01.10
カテゴリ:カテゴリ未分類
1/9 (土) 久しぶりに起床時に何かの異常を感じることが無かった。今日は大丈夫かな?と思うくらいだった。10:03 体温 36.7 ℃、2 ~ 3 時間程度に 1 回鼻をかむ程度だ。

12:12 体温 36.9 ℃、あれ?高くなりだした?火照り感はない。13:19 体温 37.2 ℃、さらに高め。火照り感や頭痛は併発せず。殆ど作業をしていないので、苦痛や違和感にならないのだろう。

20:48 頃に体温 36.8 ℃、ようやく下がりだす。21:48 体温 36.6 ℃、ほぼ平熱に戻る。

一日のうち 8 ~ 9 時間程度の間で 37.0 ℃を超える状態だった。これで、終日ではないにしろ 4 日は体温が高い状態が続く。うーん、要検査判定?






最終更新日  2021.01.10 11:02:28
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.31
カテゴリ:カテゴリ未分類
バランス型風呂釜の煙突の上にスズメが住み着いたようだ。ザ公団風呂釜だ。壁から吸排気煙突が突き出す形をしている。壁と煙突の隙間にスズメが入ることが出来る程度の隙間がある。

夜に風呂を沸かして入る。シャワーを一浴びして湯船に入り、暫くすると保温のための沸かし返しが始まる。湯船で静かにしていると、スズメが煙突の上を歩き出す。トトッ、トトと言う可愛い音が不規則に聞こえてくる。

可愛いなんて言っていられるのだろうか?シャワーと沸かし返しで熱くなってきて、慌てている?蒸し鶏にならないのかな。1 ヶ月以上ほぼ毎日続いている。熱さは承知の上で住み着いた様だ。

下にワラでも敷けば熱くないのにと思う。そんな発想はスズメに無いようだ。巣作りはペアにならないと始めないらしい。単に夜の寝床は手(口かな)を掛けないようだ。

さて、お相手さんを見つけて巣にするのか、ずっと寝床のままか、熱さで逃げ出すか。






最終更新日  2020.12.31 21:52:59
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.04
カテゴリ:カテゴリ未分類
3/3 冠攣縮性狭心症定期診断のため近くの診療所へ行く。診察室はほほ予約制のため落ち着いた様子だった。意識して、他の患者さんと離れた椅子に座る。

血圧測定の結果は血圧 上 118mmHg 下 57 mmHg 程度だった。聴診を行い特に言われたことは無し。

医者は新型コロナウイルスのことを心配していて、地域的に通勤電車内での感染の可能性を指摘していた。今は仕事していない旨を伝え、大丈夫ですよと。

人が行き交うような場所で活動を行ったら、手洗いとうがいはする様にとの指導を受ける。可能な限り実施するようにしている。花粉症なのでついつい、目鼻に手が行きがち。






最終更新日  2020.03.04 10:20:33
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
近所のハードオフでジャンクのモニター corega CG-L17ASWV2 を 100円(外税)で買う。ハブやルーターのメーカーだと思っていたら、モニターも扱っていたのか...



店頭で 100 円(外税) で売られていた理由は AC アダプタが無いことだと思う。DC12V 3.3A, Center +, 内径 2.5mm プラグで電源を供給する必要がある。これは解決出来る見込みが有った。プラグと仕様を満たすアダプタの手持ちがあったのと、電源を用意する必要が有ったとして 2.5mm 標準 DC Plug(4A) 内径 2.5mm 外径 5.5mm MP122CF で接続できる。



映像入力は VGA x 1 だ。近所のハードオフは映像入力が VGA x 1 か 1920x1080 (Full HD) より少ない解像度だとジャンク扱いなのかな。この場合 300 円(外税) なのが相場らしい。

持ち帰ってコイル鳴きする問題が見つかる。買ったそのままの状態だと、音が変化しつつも鳴き続ける。内部を弄っても電源 On から 10 分程度は「チュー」と鳴く。かなり耳に堪える。人によっては 100 円でも要らないと言うかもしれない。

カバーの爪が折れるのを覚悟で分解することにした。基板に処置を施すだけなら、VESA マウントホールとスタンドか付いたカバーを外すだけで良い。パネル周囲のフレームを外すと組み立ての難度が高くなるだけだ。



はめ込みの爪は何本か折ってしまった。VESA マウントは諦めかな。コイル鳴きするので耳元で常用はそもそも諦めている。

基板をみると DVI 入力用の空きランドがあった。VGA 入力 x 1 なのになぜかメニューには入力切り替えが有る謎仕様だったのと、隙がある端子配列だったので、開ける前に予想していた。



コイル鳴きするのは 2 個のバックライトインバータートランスだった。2 個とも鳴る。うーん、トランスをワニス含浸するとか、モールドするとか、発振回路にある複数の振動モードを消すなり、可聴域から外すなりしなかったのかな。

電源を入れて 10 分くらいすると音が変わっていた。温度で変化する部品特性を考慮しなかったのか?バックライト On でも電源を切る間際などで音が 2, 3 秒間だけ消えることがあった。PWM 的なソフト制御も原因かもしれない。明るさを変えても、コイル鳴きの音が変わらないのは謎だ。

シリコーンコーキングでバックライトインバータートランスとスイッチングレギュレータコイルを覆ってみる。これで鳴きが収まるかと言うと、あまり期待できない。



コーキングが固まった後、使ってみる。電源 On の後、10 分程度はコイル鳴きが継続し、その後消える様になった。挙動が変わった。多分、部品が温まりやすくなり、温度上昇による特性変化が効いている。10 分間我慢かというと... 無理だなぁ。

普段モニターを繋がない PC 群のトラブル対応とか、再インストール時にコンソールとして使うなら、たまにだし、見つめていることも無いか...

DC12V 入力の利点はケーブルを作れば PC 本体から電源を得られることだ。レガシーになりつつある IDE 4Pin 電源コネクタから、内径 2.5mm DC プラグに繋ぐケーブルを作り、接続する。PC 本体側は SATA(eSATA) 接続パネルを取り付けるなり、PCI スロットパネルから、ケーブルが傷つかないよう、IDE 4Pin ケーブルを出すなりする。



VGA 端子が絶滅危惧種? うちはまだ VGA 端子保護区だからなぁ...






最終更新日  2019.12.27 01:33:08
コメント(0) | コメントを書く
2018.04.12
カテゴリ:カテゴリ未分類
自転車で少し遠出する。遠出の途中 高柳開閉所 の地中ケーブル引き込み鉄塔が見えてきたので寄ってみることにした。うーん、あの辺坂道が多く自転車漕ぐの大変なんだよなぁ... 20 ~ 25 年前くらいの記憶で地理感覚を思い出す。



高柳開閉所は千葉県の都心近郊地域にしては珍しく、66kV 送電線の開閉所だ。変電所と違うのは配電線(町中の電柱)の 6.6kV に降圧するトランスが無い設備だ。外観の特徴としては、上の画像のように彼方此方から来る複数の送電系統を地中に引き込む重装した鎧のような鉄塔が複数建っていることだ。

66kV 系統なんて開閉所なんて設けず、ジャンパで系統分離・接続するのになんでここにこんな設備が有るのだろうか? 下総基地給電設備?

道なりに進んでも、田舎道でなかなか近づけないはず、と思いつつ鉄塔を目標に進む。なんか簡単に近づける。それにこの近郊住宅街の雰囲気は記憶と全く違う。

確か林が茂る中に畑が有って、そこに自然の林を切り開き、態々厳つい鉄塔で林をアートする異様な施設が突然現れたはず。別の世界線の今に迷い込んだのか? 家に帰った後、国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス で高柳新田を検索して確かめた。

え?あの後ろの建物はヤオコーなの?今住んでいるところより遙かに便利じゃん。



小学生や若い人が歩く姿も目に入る。知らない間に新興住宅街になったのか。ようやく東武鉄道が沿線開発に本気になったんだな。野田線に新車を投入する訳か。

親に高柳の話をしたら、自分が生まれる前に住む場所を探すために訪れたそうだ。母親はその時「止めようよー」と余りにも田舎な雰囲気に腰が引けたそうな。



間違いない。ここは高柳開閉所だ。






最終更新日  2018.04.14 10:52:29
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.16
カテゴリ:カテゴリ未分類
ブログのタイトルとは違い行動の記録をつらつらと書き始める。

自分の手際が悪く、再び税務署へ向かう。自動引き落としにしてもらうためだ。銀行と税務署が近いので税務署を選択した。税務署に行って銀行の方が良かったなと反省。

税務署は申告手続きの人で列ができていた。手続きの様子を見ていると要領が悪い人が多い。マイナンバーの写しや必要な書類添付をしない人が多く、加えてごねている。再提出を指示されても文句は無しなんだけどな。20 分ほどの観察では高齢者の人が多い。あぁ、国会ではまだまだ働けると言っていたような、何処かで見た光景だな。

恐らく AI 社会になると、ごねて何とかしている人たちは、仕事が奪われるのでは無く、仕事が進められなくなるのだ。ルールに従い、一貫した行動をしないと AI は受理しない。

行き帰りは自転車を使った。帰りは町中の様子を知るため、遠回りをする。行き着いた先は旧国保松戸市立病院だった。2017/12/27 に移転した後も作業は続いているようだった。車が止まっている。



病院のネームプレートは外され、バス停は上本郷郵便局となっていた。行き先が総合医療センターとなっているので、延伸されたのだろう。



たしか、旧病院前の広い道の先に新しい病院がある。



門前町はすっかり寂れてしまった。今時は「それでも頑張る」よりは「機を見るに敏」なのだろう。



新しい病院と門前町に並んでいた店ははどうなったのかな、という思いはあった。先ほどの道を 1km 進めば新しい病院だ。胸の重みが増していた。少し頭痛も出てきている。自宅の方へ進路を変えることにした。実家を離れる前は近くのみのり台の辺りまでは良く出かけていたし、母が旧病院に入院していたこともあり、コースは記憶の中にあった。

帰った後、胸の重みもあり 2, 3 時間昼寝してしまった。きつい。1~2 週間前くらい前から風呂上がりの後に胸の重みを感じる事が有った。関連がある変化なのかもしれない。

就寝前も呼吸が整わず苦しい状態がつづく。何か変わったこと最近しただろうか?実家からもらった豆挽き本格コーヒーを飲み始めた(2 週間くらい前)、肩こりの薬を少し使い出す(これは影響有りなはず)、1 週間前 飲み会行ったなぁ(自覚症状の前後か...)。






最終更新日  2018.02.17 19:25:29
コメント(3) | コメントを書く
2018.02.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
体調回復のため家にこもる。外出は最低限の買い物と実家を覗きに行くだけにする。体調回復中にできる宿題に着手することにする。

実家にある PC のバックアップ体制が無い。自宅の野良サーバーでストレージサーバー機能を提供できないか設定の勉強をはじめる。実家の IP address を調べると自分の IP address もプロバイダーの同一サブネットに入っている。近いのだ。恐らく自宅-実家間で TCP 接続なら通信内容をキャプチャされる可能性は低い。

それでもセキュリティは十分に確保しよう。認証と https (自己証明書) 接続の設定が出来るように弄り出す。

実家のローカルサブネットの WiFi を届くようにして、ストレージサーバー置いた方が簡単? まぁ、そうなんだ。






最終更新日  2018.02.06 14:29:23
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
引っ越してからも商用電源変動の監視を続けている。引っ越し先は設備が古いのか変電所から遠いのか、電圧は 100V 以下になることも多く低めだ。緊急地震速報が出たときの商用電源変動が取れたので見てみる。



緊急地震速報は 1/5 11:03 頃、茨城,千葉,福島向けに発せられたようだ。自分の携帯にもエリアメールが入って「ギュウ、ギュウ、ギュウ」とアラーム音が鳴った。結果として誤報だった。11:03 頃、急峻な0.17Hz ほどの周波数上昇と 2.0V の電圧上昇が発生している。実際の揺れは小さかったので、情報による自動対応か、マニュアルに従った手動対応だと考えられる。

おおよそ 1:30 後に周波数が低下、再始動かテレビ・パソコンを点けたかだとおもう。

え?なになに、富山の地震が緊急地震速報の対象?と大きいの?と思った 20 秒後に、茨城県沖を震源とする速報だと分かる。東北太平洋沖地震の割れ残りがついに動き出したのか、と身構えていたら、大事ではなかった。

(今日は)大事ではなかったなのかな。






最終更新日  2018.01.06 09:43:49
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.04
カテゴリ:カテゴリ未分類
実家に行き近所の店へ向かう途中バスとすれ違った。フロントガラス越しに運転手ともう一人乗務員が乗っているのを見る。画像を撮ったときは一旦降り口より外に出て、また戻るところだった。



1 ヶ月ほど前にも補助乗務員と思われる人を乗せているバスを見る。車掌なのか、乗務員の回送なのか?乗り合わせていないので状況は分からず。

自動運転が本格化したら、バスに車掌が乗るのかもしれない。乗降・支払いの補助に人が必要になるのかも。






最終更新日  2017.10.05 10:13:04
コメント(0) | コメントを書く

全103件 (103件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >


© Rakuten Group, Inc.