2785111 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

2013.05.12
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
1948年生まれ65歳。今度、参院議員に当選すれば任期満了時に71歳になる。
川越市議を振り出しに34年間も議員生活。すごい。娘さんも川越市議。実績は…
1970年から民社党衆議院議員西田八郎の秘書、1973年から民社党参議院議員柄谷道一の秘書を務める。
1979年、川越市議会議員選挙に民社党公認で出馬し、初当選。以後4期務めた後、1995年に埼玉県議会議員選挙に鞍替えし当選。県議2期、民主党埼玉県総支部連合会幹事長を務める。
県議在職中、埼玉大学経済学部夜間主コースに社会人枠で入学するが、中退した。
2001年、第19回参議院議員通常選挙に民主党公認で出馬し、当選。
2007年の第21回参議院議員通常選挙でも再選を果たした。
2009年、民主党副幹事長に就任。
外務副大臣に就任後、すぐに「大間違い会見」で有名に。
外務省は12日夜、同日の山根隆治外務副大臣の発言を取り消した。

 山根氏は会見で、ロシア海軍艦艇の宗谷海峡通過について「容認できない」とロシア側に抗議したことを明らかにしていた。
だが、外務省は山根氏の発言は ロシア高官による11日の国後島訪問に対する発言と訂正し、記者会見での発言を取り消した。あと有名なのはUFO質問。
山根隆治(りゅうじ)メールマガジン
▼2005年 3月17日発行号 「真摯に私としてはUFO問題をとり上げたつもりだ」。御立派。
年金25年間未納!
■民主党 参議院議員 山根隆治(りゅうじ)メールマガジン
▼2004年 4月28日発行号私は31才の時、市議会議員に当選するまでずっと厚生年金に入っていたので、当選すると国民年金に入らなければならないと思っていた。当時(昭和54年)、川越市役所の年金担当者に加入手続きを申し込んだら、「その必要はありません」と言われた。それでもおかしいと思って、改めて調べてくれるよう頼んだが、やはり不要とのことであった。
<略>私としては、25年前の「不要」という言葉をずっと信じ込んでいた訳だが、この間、1度も法改正の通知も請求書も送られてきた事はなかった。何か狐につままれたようで、義務を全うしてこなかったという事実に今、愕然たる思いだ。制度上の欠陥問題はそれとして、結果責任として、申し訳ない思いでいっぱいだ。
悪いのは、市役所の職員!?
でも、2007年には年金改革、年金通帳(銀行関係者は実現不可能と断言していた)の公約を<正々堂々>と掲げて当選。






最終更新日  2013.05.12 22:20:52
コメント(4) | コメントを書く


PR

カレンダー

日記/記事の投稿

フリーページ


© Rakuten Group, Inc.