000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

松阪市の学習塾・双葉

PR

全47件 (47件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

高校情報(進路情報)

2019.10.10
XML

れいめい塾 情報交換会情報​ がアップされていた。

わたしから津東へはたった一言。

意味の分からない1年生の間は、強制的にクラブ加入は訳が分からないからやめてほしい。







Last updated  2019.10.10 15:21:33
コメント(0) | コメントを書く


2019.01.19
■平成23年から今年までの志願者数の推移(左から順にH.23~H.31  定員/志願者)

松阪高校普通科
240/221 240/256 240/286 240/233 240/207 240/198 240/209 240/199 
240/196

理数科
80/152 80/149 80/175 80/153 80/157 80/165 80/172 80/174 80/185

相可高校普通科
160/127 160/124 160/171 160/139 120/129 120/130 120/104 120/110 
80/97
生産経済
40/48 40/56 40/50 40/55 40/61 40/40 40/41 40/39 40/36
環境創造
40/40 40/41 40/40 40/63 40/39 40/38 40/45 40/29 40/48
食物調理
40/52 40/49 40/74 40/49 40/52 40/48 40/44 40/43 40/42

松阪工業高校(全体)
240/249 244 280 230 239 244 262 275 245
機械
80/79 80/82 80/93 80/89 80/68 80/81 80/82 80/90 80/74
電気
40/36 40/39 40/47 40/24 40/28 40/31 40/46 40/48 40/32
工業化学
40/41 40/27 40/44 40/26 40/49 40/33 40/34 40/46 40/39
繊維デザイン
40/49 40/54 40/47 40/42 40/48 40/60 40/44 40/52 40/50
自動車
40/44 40/42 40/49 40/55 40/46 40/39 40/56 40/39 40/50

松阪商業高校(全体)
200/177 200/210 200/191 200/249 200/172 200/228 200/224 200/189 200/205
ビジネス
120/114 120/139 120/119 120/167 120/111 120/146 120/149 120/106 120/132
情報
40/31 40/30 40/43 40/39 40/27 40/47 40/43 40/39 40/32
国際教養
40/32 40/41 40/29 40/43 40/34 40/35 40/32 40/44 40/41

飯南高校 だいたい毎年 80/80 → 28年度80/57 80/79 80/71 80/61


津高校   1.18倍(28年度) 360/420 360/359 320/385
津西高校  1.33倍(28年度) 320/377 320/449 320/450
津東高校  1.06倍(28年度) 320/369 320/399 320/317

詳しくは
​三重県HP 高等学校入学者選抜​ を御覧ください。

<考察>
津地区、伊勢地区の高校志望者が極端に増えてるはずもなく、松阪市少子化だなぁ。






Last updated  2019.01.19 18:55:52
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.30
■平成23年から今年までの志願者数の推移(左から順にH.23~H.28  定員/志願者)

松阪高校普通科
240/221 240/256 240/286 240/233 240/207 240/198 240/209 240/199
理数科
80/152 80/149 80/175 80/153 80/157 80/165 80/172 80/174

相可高校普通科
160/127 160/124 160/171 160/139 120/129 120/130 120/104 120/110
生産経済
40/48 40/56 40/50 40/55 40/61 40/40 40/41 40/39
環境創造
40/40 40/41 40/40 40/63 40/39 40/38 40/45 40/29
食物調理
40/52 40/49 40/74 40/49 40/52 40/48 40/44 40/43

松阪工業高校(全体)
240/249 244 280 230 239 244 262 275
機械
80/79 80/82 80/93 80/89 80/68 80/81 80/82 80/90
電気
40/36 40/39 40/47 40/24 40/28 40/31 40/46 40/48
工業化学
40/41 40/27 40/44 40/26 40/49 40/33 40/34 40/46
繊維デザイン
40/49 40/54 40/47 40/42 40/48 40/60 40/44 40/52
自動車
40/44 40/42 40/49 40/55 40/46 40/39 40/56 40/39

松阪商業高校(全体)
200/177 200/210 200/191 200/249 200/172 200/228 200/224 200/189
ビジネス
120/114 120/139 120/119 120/167 120/111 120/146 120/149 120/106
情報
40/31 40/30 40/43 40/39 40/27 40/47 40/43 40/39
国際教養
40/32 40/41 40/29 40/43 40/34 40/35 40/32 40/44

飯南高校 だいたい毎年 80/80 → 28年度80/57 80/79 80/71


津高校   1.18倍(28年度) 360/420 360/359 
津西高校  1.33倍(28年度) 320/377 320/449
津東高校  1.06倍(28年度) 320/369 320/399

詳しくは
三重県HP 高等学校入学者選抜​ を御覧ください。

<考察(しない)>
龍神​くんの応援やら、東京の子の診療情報管理士の試験勉強のお手伝いやら
わりと謎なことをしている間に、第一報出てたというね。

受験生いないから緊張感にかけてる私でした。






Last updated  2018.01.30 16:29:48
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.25
全統高1模試英語の平均点

高田6年制が131.6点、三重6年制が103.0点、そして三重3年制特進が80.7点。
津高は360人中266人受験で平均が200点中118.1点、津西は全員受験で91.5点、津東が68.3点、
松阪が全員受験で96.0点。
ちなみに全国平均は89.9点だ。

わかりやすいように並べておく。

高田6年制 131.6
津高     118.1
三重6年制 103
松阪     96
津西     91.5
全国平均   89.9
三重特進   80.7
津東     68.3

いつも言っていることだが、学校に合わせて勉強していると、たいていの生徒はこの平均に近づく。
というより、学校というところはその性質上、上位陣だけに向けた授業も、下位層に特化した授業も行えないというほうが正しいか。

来年度入試で津西が1クラス削減される。
その影響がどこまで及ぶか。






Last updated  2016.10.25 13:37:58
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.01
去年の同時期のものと比較してみる。

■松阪高校
理数科  2.80 → 3.05
普通科  0.87 → 0.77
全体   1.15 → 1.09

■松阪工業
機械   0.97 → 0.97
電気   0.39 → 0.89
化学   1.00 → 1.11
自動車  1.06 → 0.83

■松阪商業
ビジネス 0.96 → 1.26
情報   0.89 → 1.56
国際   1.06 → 0.83

■相可高校
普通科  1.11 → 1.21
生産経済 1.39 → 1.11
環境創造 0.89 → 1.06

なんだこれ。理数科の倍率が妙に高い。
商業も国際教養以外が妙に高い。

今年の中3は二極化とは聞いているが
そのせいでこの倍率なのか。

松阪高校の理数科を目指すレベルと普通科を目指すレベルに乖離があるのか。
さらには松阪高校を諦めざるを得ないレベルの人が多かったのか。


それともそもそも進学意識が低くて松阪高校を目指してないのか。

どっちだ。


まあ、どっちでもいいのだが。







Last updated  2016.03.01 12:05:56
コメント(0) | コメントを書く
2016.01.23






Last updated  2016.01.23 17:45:09
コメント(0) | コメントを書く
三重県立入試の過去問を解いている人は参考にして下さい。

松阪高校に合格するための偏差値は、某サイトなどによると 57以上あたりになっている。
当たらずとも遠からずといった数字だ。ぜんけん模試の合格追跡データから考えると、一次選抜にかかるならもう少し低くてよいと思う。


実際の松阪高校に合格する偏差値や最低合格点を公表することはできないから、こういう書き方にしよう。

今年販売されている三重県立高校入試問題は平成23年度入試くらいから掲載されているので、平成23年度の話をする。

平成23年度入試の平均点は139.9点だ。
(三重県教育委員会の平成24年度平均点のURLを弄ると出てきます)

平均点が偏差値50になる。

計算方法とか詳しいことは省くが、平成23年度の過去問を解いて、155点位とれれば一次選抜の合格最低ラインにのっている。

偏差値は平均点からの点数の差で求められるので、乱暴な言い方をすれば過去問の平均点にプラス15点から20点積みあげられれば、内申点が一次選抜に入っていれば、例年なら松阪高校には受かると言える。

この点数を目標に過去問を頑張って欲しい。






Last updated  2016.01.23 17:36:05
コメント(10) | コメントを書く
2016.01.20
詳しくは、三重県教育委員会の公式発表を御覧ください。

■平成23年から今年までの志願者数の推移(左から順にH.23~H.28  定員/志願者)

松阪高校普通科
240/221 240/256 240/286 240/233 240/207 240/198
理数科
80/152 80/149 80/175 80/153 80/157 80/165

相可高校普通科
160/127 160/124 160/171 160/139 120/129 120/130
生産経済
40/48 40/56 40/50 40/55 40/61 40/40
環境創造
40/40 40/41 40/40 40/63 40/39 40/38 
食物調理
40/52 40/49 40/74 40/49 40/52 40/48

松阪工業高校(全体)
240/249 240/244 240/280 240/230 240/239 240/244
機械
80/79 80/82 80/93 80/89 80/68 80/81
電気
40/36 40/39 40/47 40/24 40/28 40/31
工業化学
40/41 40/27 40/44 40/26 40/49 40/33
繊維デザイン
40/49 40/54 40/47 40/42 40/48 40/60
自動車
40/44 40/42 40/49 40/55 40/46 40/39

松阪商業高校(全体)
200/177 200/210 200/191 200/249 200/172 200/228
ビジネス
120/114 120/139 120/119 120/167 120/111 120/146
情報
40/31 40/30 40/43 40/39 40/27 40/47
国際教養
40/32 40/41 40/29 40/43 40/34 40/35

飯南高校 だいたい毎年 80/80 → 今年度 80/57


ちなみに

津高校  倍率が上がって 1.18倍
津西高校 倍率が上がって 1.33倍
津東高校 倍率が下がって 1.06倍


■総評
松阪においては二極化かな。
それは中学校の現場から聞こえてくる風評とも一致する。
もともと松阪高校かそれ以外かという傾向がこの地区は強いが、今年は例年以上に上位層と下位層の解離が激しいと聞いている。

松阪工業の自動車科の定員割れは、珍しい。
インターネットで聞こえてきた「若者の自動車離れ」「工業高校の人気がなくなっている」との情報とも一致する。ただし、これは同一ソースからの拡散であり、実態はまた違うところにあるかもしれない。それでも中学生がスマートフォンを持っているのが当たり前の時代、どこかでこういう情報を得た中学生の中で漠然と自動車に対して忌避が起こった可能性は否めない。







Last updated  2016.01.20 18:37:25
コメント(0) | コメントを書く
2015.09.26
昨日は津高校の塾対象説明会があった。
私の塾から津高校に進学するものはまだまだ少ない。
今年大阪大学を卒業した雄大が一番最近津高校に進んだ生徒だ。
だから、津高校の説明会には参加しなかったのだが
れいめい塾のブログに興味深い記事があった。

かいつまんでみると

三重県の学力不足が深刻で文部科学省からプッシュがあった。
英語の強化が課題となっている。
大学の2次試験における数学、理科の記述能力が低い。

詳しくはれいめい塾のブログを読んでいただきたい。
とりあえず、詳しくは書けないが来年度からの高校受験英語は難化すると思われる。

そして、こういった事情は津高校だけの問題ではない。

三重県北中部で国公立大学に近い高校(フロイデ学園主催・高校入試研究会)を見て欲しい。
この資料では松阪以南は考慮されていないので、松阪高校、三重高校は載っていない。
そこで、同じように松阪の高校についてもデータ化してみた。

松阪地区進学校の国公立進学率

松阪高校理数科 59.7%
松阪高校普通科 20.3%

三重高校6年制  19.8%
三重高校特進  6.3%
三重高校進学  2.04%

(三重高校の進路実績は現浪の区別をしていないので参考までに)

これを見るに、松阪高校理数科がベスト3に食い込む健闘をしているが
松阪高校普通科および三重高校は寂しい限りだ。
特に三重高校の6年制、特進のコスパが低い。

なぜこうなるのか。
それについては稿をあらためる。






Last updated  2015.09.26 13:14:01
コメント(0) | コメントを書く
2015.01.25
1月20日の教育委員会の志願者数発表以来、ブログの閲覧者が多くなっているので期待されてるのかなということで少し書いておく。

一番の大きな変化は相可高校普通科の定員減だが、これはもともと定員割れを起こしていたので妥当。松阪市として相可高校普通科の定員減が望ましいかは別。私見としては松阪地域に2番手の進学高が欲しい。といってもそれでは生徒数的におかしなことになるので、これも非現実的だが松阪高校を2分割して欲しい。

■平成23年から今年までの志願者数の推移(左から順にH.23~H.27  定員/志願者)

松阪高校普通科
240/221 240/256 240/286 240/233 240/207
理数科
80/152 80/149 80/175 80/153 80/157

相可高校普通科
160/127 160/124 160/171 160/139 120/129 

松阪工業高校(全体)
240/249 240/244 240/280 240/230 240/239

松阪商業高校(全体)
200/177 200/210 200/191 200/249 200/172

飯南高校 だいたい毎年 80/80

 目立つのは松阪高校普通科の志願者数が減ったことだ。
もともと松阪地区の生徒はぬるいのだが、(参考松阪という地域)今年の中3が体感でいつも以上にぬるいように感じるのもさもありなんといったところか。
 松阪商業高校の志願者数も減っている。H.23年と同傾向なのだが、松阪高校の不人気と松阪商業の不人気の関係ってなんだろうか。もう少し詳しく見てみたら、商業のコース別の志願者数も非常にH.23のものと似通っていた。全般に定員割れを起こしているが、国際教養が定員割れしているのが特徴か。つまり大学に行きたくないという生徒が多いということか?やっぱり今年の中3は全体的に勉強したくない雰囲気なのか?

 この公立高校の志願者数の合計が984人。今の松阪市の中学3年生がざっと1400人くらいだから残りの400人強が三重高校などの私立に流れ込むと推測される。(きちんと調べてない)三重高校の定員はそれを超えているので・・・やっぱり松阪地区は受験が選抜として機能していないなぁ。中学校側の進路指導できちんと?公立、私立の振り分けを行えば「15の春に泣く」生徒はほとんどでないんだなあ。



詳しくは三重県教育委員会HPを見てください。






Last updated  2015.01.25 21:20:37
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全47件 (47件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.