391473 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

めざせ健康長寿!!~百万人の健康道場

めざせ健康長寿!!~百万人の健康道場

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2006.11.17
XML

どうすれば健康で長生きできるのか。

その答えは、「ミラクルエンザイム」を消耗しない生活を送れば良いそうです。

ミラクルエンザイムというのは、新谷ドクターの造成語で、簡単に言うと、人間の生命活動を担っている五千種以上の「ボディ・エンザイム(体内酵素)」の原型となるエンザイムのこと。酵素といえば、理科の時間などで習った「アミラーゼ」などの消化酵素を思い出します。

エンザイム(酵素)は、生物の細胞内で作られるタンパク質性の触媒の総称で、植物でも動物でも生命があるところには必ず存在しており、物質の合成や分解・輸送・排出・解毒・エネルギー供給など、生命を維持するために必要な活動には、すべてエンザイム(酵素)が関与しているそうです。エンザイムが鳴ければ、生物は生命を維持することはできないのです。そして、人間の体内にあるエンザイムは五千種といわれており、そのエンザイムの原型ともいえるものをミラクル・エンザイムと名付けているそうです。

エンザイムは、何千種類のものが、それぞれ決まった数だけ作られるというのではなく、原型となるエンザイムが先に作られ、それが必要に応じて作り替えられ、必要な場所で使われているのではないかと、新谷ドクターは考えています。つまり、特定の場所で特定のエンザイムが大量に消費されると、体の他の部分で必要なエンザイムが不足する傾向があり、たとえば、大量のアルコールを飲み、肝臓でアルコール分解エンザイムが大量に使われると、胃腸で消化に必要なエンザイムが足りなくなるということです。

 

また、アメリカの酵素研究の第一人者であるエドワード・ハウエル博士は、生物が一生のあいだに作ることができるエンザイムの総量は決まっている。という説を述べていて、この全部を使い切ったときが、その生命体の寿命の尽きるときだと言っているそうです。

したがって、ミラクルエンザイムを浪費しない生活習慣を身につけることが、長寿のカギと言うことになるのです。

 

「病気にならない生き方」新谷弘実著よりの引用です。

胃腸医学の世界的権威、新谷弘実先生について






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2006.11.18 01:33:37
コメント(0) | コメントを書く
[病気にならない生き方] カテゴリの最新記事


PR


© Rakuten Group, Inc.