000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

めざせ健康長寿!!~百万人の健康道場

めざせ健康長寿!!~百万人の健康道場

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2007.11.13
XML
カテゴリ:ガン

主に人間の免疫系細胞に発現するたんぱく質分解酵素「カテプシンE」が、がん細胞の増殖や転移を抑える機能を持つことを、九州大大学院歯学研究院の山本健二教授らの研究グループが発見した。山本教授は「がんの新たな治療法の開発につながることが期待される」としている。


 研究グループは、ヒトがん細胞を移植した実験用マウスのがん組織にカテプシンEを注入し、細胞に対してどう作用するかを調べた。その結果、カテプシンEは正常な細胞に影響を与えずに、がん細胞のみを死なせることが分かった。


 また、カテプシンEを取り除いたマウス、通常のマウス、カテプシンEを過剰にしたマウスの3種類を比較したところ、過剰にしたマウスほど、がんの増殖、転移に強い抵抗を示し、生存率が高いことも突き止めた。  (時事通信11月8日)

 日々、研究が進み、ガンの治療も進化している。

 最近の医療は、何が何でも延命をするような傾向にあるように感じるけれど、もうだいぶ前になるが、「1日でも命を長引かせることができれば、命さえ救える可能性があるから。」と医師から聴いたことがある。

 研究がどんどんすすみ、命を長らえるなら、これまでは治らないとなっっていた病気でさえ、治療ができるようになるかも知れない。

 冬虫夏草通販~無添加・国産の冬虫夏草

知っておきたい冬虫夏草の基礎知識






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2007.11.13 07:27:07
コメント(0) | コメントを書く


PR


© Rakuten Group, Inc.