275256 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

心の天気模様 ツリーオブジェムズ 

PR

X

全2件 (2件中 1-2件目)

1

伝統文化

2007.08.12
XML
カテゴリ:伝統文化
7月22の伊勢の川曳きの写真がどんどん届きます。
自分は川に入っているから撮れない! 届いた写真を見て、再び心が躍ります。

先ずはホテルで勇ましく勢ぞろい。
1


五十鈴川の川原に集まり、出発を待つ。暑かったな~・・。
2


いよいよ川に入り・・・
3


この御用材を運ぶのです・・
5


途中で”暴れる”・・・
4


7


再び整然と・・曳く・・
DSC_0165.JPG


内宮に着いた!
8


皆でお参り・・・
9


貴重な経験でした。私達が運んだ御用材はどの部分になるのでしょう。
写真で見ても皆笑顔。

しかし日焼けで顔は真っ赤・・・。
数日後には真っ黒。。。。。お伊勢さんのプレゼント。

夜食べた「豚捨て」の網焼きは美味しかったですねー・・・・。
赤福氷もきめ細かい氷で絶品でした。






Last updated  2007.08.12 23:14:03
コメント(2) | コメントを書く


2007.07.22
カテゴリ:伝統文化
何という幸運でしょう。

五十鈴川の中に入り、神宮の神殿を建て替えるための御用材を曳く”川曳き”に参加できたのです。

雨が続いていたので、川の水嵩が増し、場所によっては胸まで浸かります。勇壮な木遣唄に合わせて一艘を800人位の人が「エンヤ!エンヤ!」と曳くのです。全部で三艘。宇治奉曳団に参加させていただきました。

途中の段差がある所や内宮に向けて陸に引き上げる時には、木遣衆の掛け声に合わせ、全員が心をひとつにして力を合わせます。感動です。

聞くところによれば、今までは地元の神領民と呼ばれる人達しか曳くことができないものだったそうです。

ゆるゆると流れる時間のなかで、凛々しい木槍衆が唄う勇壮な木遣唄が流れ、合いの手を大声で入れながら曳き、時折”暴れるぞ~!!”の声に合わせて全員で綱をゆすり大騒ぎ。

頭からビショビショになりながら皆が笑っています。
楽しかったなぁ~・・。こんなに単純に大笑いをしながら集中したことって最近あっただろうか・・。

最後は内宮で参拝。

水に濡れたはっぴ姿のままおかげ横丁を歩いていると、お店の人達が口々に”ご苦労様”と声をかけてくださる。どれほど大切な行事なのか身をもって知りました。

素晴らしい体験でした。
巨大チームビルディングですね。心地良い疲れが全身を支配しました。

感謝。






Last updated  2007.07.23 23:42:30
コメント(4) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


© Rakuten Group, Inc.