1682928 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

老いてこそ勉強

老いてこそ勉強

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
January 23, 2024
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


​​​​​​​
                        

1月23日(火)

今朝は4時ごろ目覚めたが寒いので布団から出たくない。
そこでベッドに横たわったまま、水曜日に発表の発酵についての
内容をおもいつくままに独り言。

幸い娘は夜勤で、誰に気兼ねすることなく小さな声をだして
発表の練習をした。先生からとつとつでもいいから、自分の言葉でいう
ようにと言われているので、何回か試みる。


単に理論的なことを言うより、自分の生活で観たり聞いたりした
発酵食品の思い出を語ることに決めた。



一つは私が幼い頃、ばあちゃんが小さな木樽に10センチほどの
新しいイワシをたくさんの量の塩で漬けこみ、その上に重い大きな石を
のせて、それを暗がりの涼しい納屋に置ていた。

どのくらい期間を置いたのかしらないが、食べごろになると
ぺったんこになったイワシが醗酵して、食べる時ちょっと酢をおとして
食べたような記憶がある。あまりたくさん酢を掛けて食べると、唇が
白くなった。子供だったがおいしかった。麦のご飯と合ってとっても美味しかった。



五島で結婚して、一緒に両親、義姉と住んでいた頃聞いた話で

昔むかし

夫の家は昔お米を作っていたので、その米で自家用のお酒をつくっていた。
内緒で。



それも発酵酒。お客が来た時、姉はそれをボールを持って取りに行かされた。
​それは裏山の木の下に壺が埋められていて​

姉はその壺の中の酒を必ず一すくい味見していたそうだ。
お米もシャリシャリとした食感が残っていて、とってもおいしかったという。
いわゆるどぶろくというものだろうか。

少し酔った姉は笑い上戸だったのか、なだか可笑しくなって笑って帰ると
「お前はまた飲んできたろう」と叱られたそうだ。

その夫の姉もまだ94歳で生きている。長寿の素だったのだろう。

そんなことを英語で勝手に呟きながらの早朝5時だった。



​ローズコーン​​​​​​​​






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  January 23, 2024 02:43:44 PM
コメント(6) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.