377755 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

   ハイファイピカソ 店長日記

   ハイファイピカソ 店長日記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2019/12/12
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは。店長です!

今年も残すところ わずかとなってしまいましたね。
インフルエンザが流行しているようですので
皆さん、くれぐれも気を付けて下さいね。


ハイファイピカソは今年6月に27周年を迎えました。
僕自身は美容生活38年目ですが
お客様のヘアデザインを創作するということに
物凄い責任感を感じます。

髪型をデザインするだけではなく
創り上げて完結するわけなので
その手段として技術があり
人様の毛髪にハサミを入れるという過程がある。
38年間も仕事をしているのにものすごいプレッシャーを感じます。


もう講師活動は10年前に引退しましたが
年に数回ほど極少人数でセミナーをする事があります。
そんな場面では僕の考え方や技術、創作方法等を公開しますが
僕の考え方が全て正しいわけではありません。
あくまでも 一美容師としての僕の考え方です。

その中で「髪型」の役割ということをお話させていただきます。
僕の考え方はファッションの一部分が髪型であって
髪型が主役になるものではないという考えです。

だから美容師はヘアスタイルを創作する時に
お客様の頭に集中するのではなく
「顔」を見続けてカットをするという感覚。

顔の表情、人相、印象をヘアデザインによって操作する。
お客様の情緒的欲求をヘアデザインで表現するという考え方です。


昔、山口小夜子さんというスーパーモデルがおりました。
この方の存在は後の世界のファッション、ビューティーシーンに
とてつもない影響を与えたわけです。







この方のイメージソース、ワードを出すとしたら
オリエンタル、妖艶、エキゾチック。。。。。。。 
そんな感じだと思いますが 
僕が美容師として一番注目するのが「顔」です。

フルバング(厚みのある前髪)のラインのつくり方。
このラインの角度がほんの少しでも違ったら
目の印象が全く違う表情を見せます。





僕の練習台になってくれている19歳の子



強い縮毛を超自然に矯正をかけて
ボブデザインにして顔の表情を創ります。
バングは目の表情
横のウェイトポイントはアゴのラインを綺麗に見せる仕掛けを施します。




後ろの写真はないですが 
首の中央を一番短くして
なだらかなラインでアゴ先に到達するアウトライン。
お若いので 強くなりすぎず
でも決してエレガントやフェミニンではなく
モードなイメージを出します。

髪型だけ見ると
何ともない普通の髪型ですが
考え計算し尽くす事で
その人の顔を操作できるし
イメージを表現できるんです。
それが髪型の底力。





髪型って本当に凄いと思うんです。
髪型を理解するということが
美容師にとっては一番大切なことなんだと
この年になって痛感します。



イメージをお客様と共有、すり合わせる。
それをサマリーといいます。








髪の毛一本一本が ストレスなくリラックスするように。

額は知性
目は意識
口は欲望

今現在の自分の経験、能力を総動員して
創作に取り組みます。



今年も残りわずか 頑張ります。

いつもありがとうございます。


ハイファイピカソ
札幌市豊平区中の島2条3丁目1
011-842-5111完全予約制
https://hi-fipicasso.com/





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2019/12/12 09:33:49 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.