000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

カフェ・ヒラカワ店主軽薄

カフェ・ヒラカワ店主軽薄

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2007.09.26
XML
カテゴリ:ヒラカワの日常
福田新内閣誕生から一日。
俺は六本木の国立新美術館へ。
朝日新聞社の三ツ木記者同行で、フェルメール展を見る。
フェルメールは一点だけ。
絵にはガラスがはめられ、三メートルほど離れた手すり越しに見る。
俺の場合は、眼鏡越し、プラスガラス越しということになり、
よく見えない。
よく見えないものを、見ようと眼鏡を拭く。

新聞にも書いたのだが、
俺は1996年のハーグ、マウリッツハイス王立美術館で行われた
『大フェルメール展』を半ば偶然に見ることができた。
その展覧会は、ヨーロッパ全体にちょっとした旋風を起こしており、
今後100年は同じような展覧会は開けないという
空前絶後のフェルメール展であるというふれこみであった。
フェルメールの絵は三十数点あり、世界中の美術館、収集家の手の内にある。
マウリッツハイスの展覧会では、実に三百年ぶりに二十三点を集めて
行われる歴史的なものになった。
当然前売りチケットは完売。

ちょうどその頃、俺は自分の翻訳会社の支店を
オランダのライデン市に作っている最中であった。
ライデン(現地ではレイデン)は、日本語を教えるライデン大学があり、
幕末長崎の医者であるシーボルトが日本研究をしていた大学である。
町はライン川が流れ、風車が回り、チューリップが咲くといった
童話のような景観で、俺も駐在の唐見くんもその美しさに嘆息したものである。
(しかし、縄のれん、赤提灯のないこの街には三日で飽きてしまった)

ビクターオランダのビルの中の一室が、格安で借りられることになった。
ロッテルダム港には、ヨーロッパ中の製品が集まり、
そこから世界へ運ばれる。
その、出口のところで、製品マニュアルや、シッピングリストの
翻訳を拾おうと計画したのである。
しかし、こちらの目論見は外れた。ここに来るまでにほとんどの作業は
終わっており、そのうえ、オランダの人々は日本人のように、
がつがつと働かず、夕暮れになるとみんな家路についてしまう。
翻訳作業なんてものは、残業につぐ残業といった按配でないと
商売にならない。この支店は一年で閉鎖することになった。

閑話休題。
どうせ、入れないかもしれないが、雰囲気だけでも味わおうということで
おれたちは美術館へ向かった。
美術館の前は公園になっており、老人たちが犬と朝の散歩をしていた。
一様に、毛足の短い茶の物静かな犬で、日本では見たことのない犬種である。
いいなぁと、俺ははじめて、この国を羨んだ。
記憶が曖昧なのだが、俺たちは少し並んで、
難なく当日売りのチケットを手に入れることができた。
いくつかの僥倖が重なったのかも知れない。
そして、世界で最も美しい美術館といわれる館内に入り、
ガラス越しではなく、目の前数センチのところまで、顔を寄せて
フェルメールの技法を堪能することができたのである。
考えて見れば、あれが理想の美術館であり、美術鑑賞の姿だった。

俺は、その時『真珠の首飾りの少女』の絵葉書を購入し、
額装して机の前にいまでも架けてある。
この青いターバンの少女に、俺は「こひしてしまった」のである。
今日は、その少女には出会えなかったが、
同じ空気の中にたたずむ『牛乳を注ぐ女』との再会であった。
一枚の絵に、
群がる観衆。(俺もその一人である)
何だか、彼女が気の毒になった。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2007.09.26 16:57:47
コメント(4) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


幸せな絵   aikagami さん
私は『画家のアトリエ』や『真珠の首飾りの女』や『音楽のレッスン』が好きなのですが(もちろん『デルフトの眺望』もですが... )、なんといっても「北のモナリザ」は格別ですよね。私は以前にテレビの美術番組のなかのこと、マウリッツハイス美術館にあるその「青いターバンの少女」の前で、アメリカからいらした男性の方が、「長い間この絵に憧れていた。憧れていた通りの絵だった」と言って涙ぐんでいらっしゃったのを拝見して、はるばる数百年の時と大西洋の海原を越えて見に来てもらえて泣いてもらえるなんて、「なんて幸せな絵なんだろう」と感激したものです。

もちろん私も実際にその絵に直接逢ってみたい希望はありますが、時を経てひび割れた肌を思うと、この絵がこの世に誕生した時には「どんなに綺麗だったろう・・」と、画集を見ながら想像しているだけで満足してしまいます。

(2007.09.26 16:50:23)

「フェルメールとその時代展」2000年   ひみ さん
は「聖プラクセディス」「青いターバンの少女」「天秤を持つ女」「リュートを調弦する女」「地理学者」の5枚を持ってきましたが(日蘭交流400年記念で)、ガラスなしで張り付くように観せてくれましたぞ。大阪市立美術館は太っ腹だったのですね。大阪まで観に行ってよかったと思いましたよ。週末なのに比較的すいていましたし。 (2007.09.27 13:24:45)

幸せな絵(承前)   aikagami さん
前のコメントでふれたことですが、あのアメリカからの来訪者の方は、自分が夢見た理想が自分が夢見ていた通りに、確かにこの世に存在していたことを確認して、涙が出て来る程に感動されたのだと思います。

「美しい」という日本語の形容詞は、ああいった絵にこそ冠せられてしかるべき言葉だと思いますが、いま安倍晋三氏は病床にあって幻滅を感じて、自分が夢見ていたものは理想ではなく夢想に近いものであったと、少なからぬ信奉者の方々とともに、文字通りディスイリュージョンを味わっておられるのではないでしょうか。

建築は日本では工学マターですが、西洋では美学マターです。その意味において、私は建築家を含めてすべての芸術家本来の役割は、理想というものを目に見える形でこの世に示すこと、すなわち voyant (見者)なのだと思っています。

夢想に終わる儚い利己愛ではなく、「幸せな絵」を介して確かな理想を共有できた芸術家と鑑賞者の関係性は、それこそ理想的な芸術のあり方であり、取りも直さずフェルメールと絵画芸術との幸福な関係性を、自己愛ではない彼の絵画への無私の愛をなぞっているのだと思います。

(2007.09.27 16:42:04)

Re:ほろ苦い味の、フェルメール展。   ??? さん
電話で美術館に問合せしましたら、正確な距離ではないが柵は2メートルはない、絵にガラスもはめてないと言われました…
(2007.10.03 11:29:13)


© Rakuten Group, Inc.