000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

今日も生涯の一日なり

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


久恒啓一

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis 2005viagra vs cialis levitradiff…
http://buycialisky.com/@ Re:「二流の志士、最後の志士」の人生観--田中光顕(04/14) enter site natural cialisdoes viagra wo…
http://buycialisonli.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis jamfort med viagraovernight cial…

Freepage List

Category

Archives

2018/11
2018/10
2018/09
2018/08
2018/07
2005/04/29
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
大型連休は家族4人で那須への車の旅。2泊3日。
人物記念館と美術館を巡る旅となった。

野口英世記念館を訪問。

 1876年(明治9年)生まれ、1928年(昭和3年)、51歳で死去。19歳で上京するときに、家の床柱に「志を得ざれば 再び此地を踏まず」とナイフで刻み、その決意の程が残っている。猪苗代湖の湖畔にある記念館には達筆で自筆の「忍耐」という碑と、「忍耐、正直は最良の策である。忍耐は苦しいがしその実は甘い」という言葉が英文とともに記された碑がある。野口記念館は、人が多い。子供連れが特に多い。教育効果を考えてのことだろう。英語とともに、韓国語の表示があった。韓国からの訪問者も多いのだろうか。
153CMという短駆であった野口英世という人物には、向上心を促すための言葉が実に多い。刻苦勉励型。エニアグラムのタイプ3。己を持す「己持」、「至誠」、「精神を養う「養神」、動かない「動不」。母校の翁島小学校で「成功の秘訣」を聞かれた英世は「目的・正直・忍耐」という言葉を贈っている。
アメリカでは、エジソンと子供の頃の貧しい境遇が同じであり意気投合している。また負けず嫌いで、相手が負けるまで、夜があけるまで勝負ごとを行ったらしい。
英世の短い生涯で取り組んだテーマは実に多い。蛇毒、狂犬病、結核、梅毒、オロヤ熱、ワイル病、ロッキー山紅斑熱、つつが虫病、黄熱、小児麻痺、トラコーマ。
中南米では、黄熱病対策のため1918年エクアドル入り。到着後9日目で病原体を発見。血清と 野口ワクチンをつくり、驚異的な高い死亡率を16%に減少させた。そのため陸軍大佐に任命されている(国内最大の名誉)。
また、野口を記念した建物などが実に多い。。
メキシコには記念病院、ペルーには記念病院、野口英世学園、ブラジルには野口通り、ガーナにはグチ・メモリアル・インスティテュートなど。人命を救った功績は偉大であることがわかる。
英世はびたびノーベル賞候補になっている。1914年、1915年、1920年の3回だが、前2回は最終選考の11人、9人に残っていた。その後、第一次世界大戦の勃発で4年間「該当者なし」という時代が続いたのは不運だったというほかはない。
 1928年5月21日。黄熱病の研究で、アフリカのゴールドコーストに死す。
「博士は科学への献身により
 人類のために生き、人類のために死せり」という碑が残っている。

昼食をとった食堂に掲げてあった「野口英世」という演歌の歌詞が面白かった。
  「頼りにならない父だけど
   母の苦労に報いたい」
     勲二等旭日重光章、仏国防疫功労金賞。

2000年10月23日の朝日新聞で、この1000年で最も傑出した科学者は誰かという面白い企画があり、読者の人気投票を行っている。この記事では野口英世は圧倒的な票数で第一位だった。

1.野口英世 2.湯川秀樹 3.平賀源内 4.杉田玄白 5.北里柴三郎
6.中谷宇吉郎 7.華岡青洲 8.南方熊楠 9.江崎レオナ10.利根川進
11.鈴木梅太郎 11.西澤潤一 13.高峰譲吉 14.寺田寅彦
15.志賀潔 16.関考和 17.  19.朝永振一郎 20.長岡半太郎
21.福井謙一 23.広中平祐 26.今西錦司
-----------------------------------------------------
諸橋近代美術館を訪問

 スポーツの「ゼビオ」という企業がある。その創立者である諸橋挺蔵氏(1934年ー2003年)が20数年かけて集めた美術品を展示する美術館。サルバドール・ダリ(1904-1989年)常設館。平成11年に開館。建物は天井が高く、山と池に映えて美しい。

ダリはシュールリアリズムの旗手でグンニャリした時計を描いた彫刻「記憶の持続」「柔らかい懐中時計」などの作品が有名だ。ダリの「時間は硬いものではなく、空間を伴った流動体である」「時間の速度は我々自身によって決まる」との思想を表現したもの。人妻であったガラ夫人と駆け落ちして結婚。このガラがマネジャーとして働いたため、ダリはマルチタレント的な活躍をする。

常設展と一緒に行っていたのはシャガール(1887-1985年)展。90歳の時の「黄色と赤の花束」という作品のエネルギーに感銘を受けた。シャガールは、ベラという最初の夫人と、ヴァヴァという二人目の夫人の愛に囲まれて、98歳まで生きており、創作活動を絶やさなかった。人を愛するという幸福のシンボルとしての花束を多く描いた。画家にとって女性の存在は大きな意味を持っている。

那須のホテルエピナール那須に宿泊。







Last updated  2005/05/03 08:10:59 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.