2340405 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今日も生涯の一日なり

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


久恒啓一

Comments

ダイヤモンド理論ファン@ Re:「たたら製鉄 技と精神(こころ)---誠実は美鋼を生む」(07/30)  それは久保田邦親博士と言ってダイセル…
http://buycialisky.com/@ Re:「アンビエント・ドライヴァー」(細野晴臣)--危機と曼荼羅(06/04) cialis 2005viagra vs cialis levitradiff…
http://buycialisky.com/@ Re:「二流の志士、最後の志士」の人生観--田中光顕(04/14) enter site natural cialisdoes viagra wo…

Freepage List

Category

Archives

2019/09
2019/08
2019/07
2019/06
2019/05
2014/07/29
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
久保田一竹美術館。河口湖町。
f:id:k-hisatune:20140730064040j:image
久保田一竹は、「一竹辻が花」を完成させた染色家。
1917年生れ。14歳、友禅師小林清師に入門。20歳、幻の「辻が花」染めに出会う。
27歳から31歳まで戦争、シベリア抑留。31歳で復員。
44歳、小平市に一竹工房。一竹染めを創案。
45歳、一竹辻が花
60歳。ようやく世界に認められる。
77歳、1994年に河口湖に久保田一竹美術館を開館
2003年、85歳で逝去。
f:id:k-hisatune:20140730065324j:image
高さ13メートルのピラミッド型の本館には、ライフワーク「光響」の連作、富士をテーマとした代表作が展示されている。勇壮、繊細、濃密、、、。
ライフワークの「光響」は、80連作が目標である。現在46連作までができていり、弟子たちが後を継いでいる。

辻が花染めは、室町時代に栄えた縫締絞の紋様染めで、庶民の小袖から始まり、後に高級品として一世を風靡。江戸時代に友禅染に押されて姿を消す。

■CommentsAdd Star

学部長日誌「志塾の風」140729 | 編集

今年度版の大学パンフレット完成。評判がいい。

f:id:k-hisatune:20140730063457j:image

多摩大学が目指すグローカルとは何か。
世界を知る力
多摩大学の理念
多摩大学の「志」教育
ゼミ力の多摩大
大学を世界へ繋ぐ
大学を地域へ繋ぐ
社会の問題に向き合い解決を図る
経営情報学部の志・経営情報学部のカリキュラム・経営情報学部の教員紹介・経営情報学部キャリアサポート
グローバルスタディーズ学部
資格支援
大学院MBAコース・ビジネスサイエンスコース
大学院教員紹介
多摩大学同窓会・卒業生メッセージ
田村学園概要図・多摩大学組織概念図・多摩大学研究開発機構
データでみる多摩大学
キャンパス紹介・アクセスマップ
高野課長
野田先生から電話












来訪者 累計 本日 昨日







Last updated  2014/07/30 08:10:08 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.