731119 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ほげほげと歩く 関東の歴史跡 ~散歩後の備忘録~

PR

プロフィール


えびねっこ

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

カテゴリ未分類

(2)

気になんべ~! (雑談)

(61)

博物館・郷土資料館

(33)

勝山城(栃木県さくら市)

(21)

飛山城 (栃木県宇都宮市)

(28)

日光山内(栃木県日光市)

(16)

宇都宮城と二荒山神社(栃木県 宇都宮市)

(19)

黒羽城(栃木県 大田原市)

(11)

上三川城(栃木県 河内郡 上三川町)

(25)

唐沢山 (栃木県佐野市)

(15)

壬生城址公園(栃木県 壬生町)

(22)

小山城(祇園城) (栃木県 小山市)

(19)

鷲城 (栃木県小山市)

(15)

佐野城(栃木県 佐野市)

(16)

鹿沼城(栃木県 鹿沼市)

(13)

芳賀城(栃木県 真岡市)

(19)

太平山城(栃木県 栃木市)

(33)

大中寺(栃木県 栃木市)

(5)

鑁阿寺・足利学校 (栃木県 足利市)

(18)

樺崎寺跡 (栃木県 足利市)

(12)

茂木城 (栃木県 茂木町)

(16)

皆川城(栃木県 栃木市 皆川城内町)

(26)

古河総合公園と古河城(茨城県 古河市)

(37)

織姫神社周辺 (栃木県 足利市)

(13)

関宿城周辺(千葉県 野田市)

(12)

天平の丘公園周辺(栃木県下野市・小山市)

(42)

逆井城(茨城県坂東市)

(29)

結城城(茨城県結城市)

(11)

佐久山城(栃木県 大田原市)

(18)

笠間城(茨城県笠間市)

(24)

児山城 (栃木県 下野市)

(11)

大田原城(栃木県 大田原市)

(35)

寺野東遺跡(栃木県 小山市)

(13)

真壁城(茨城県桜川市真壁町)

(23)

上毛野はにわの里 周辺(群馬県高崎市)

(14)

菅谷城 埼玉県比企郡嵐山町

(25)

さきたま古墳公園 (埼玉県行田市)

(39)

山根城と芦原城(栃木県 市貝町)

(23)

小田城と筑波周辺(茨城県つくば市)

(42)

うつのみや遺跡の広場(栃木県宇都宮市)

(10)

(1)

亀岡八幡宮・小宅古墳群(栃木県 益子町)

(25)

三王山古墳群周辺(下野市)

(9)

お気に入りブログ

戦国ジジイ・りりの… りりじいさん
さっちゃんのお気楽… さっちゃん211029さん
パクス・ジャポニカ… たけB777さん

コメント新着

えびねっこ@ Re[1]:【小田城】小田氏治展、やってたよ(10/25) たけB777さんへ  まだ使いはじめたばか…
たけB777@ Re:【小田城】小田氏治展、やってたよ(10/25) 私も同じカメラを使っていて、使い勝手も…
shimanuki@ 貴ブログを拝読させていただいてのお願い 初めてご連絡させて頂きました。 私、株式…
KONASUKE@ Re:【栃木県立博物館】 法然上人絵伝巻四二(10/01) お久しぶりです。 その展示、観たかった…

バックナンバー

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

サイド自由欄

 
PVアクセスランキング にほんブログ村



ランキング参加中。ぽちっと、お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村






楽天カード

2012.07.10
XML
「随神門」




『あじさい坂』の頂上さ、到着~!

 ごくろうさまでした。


 さて、頂上でお出迎えしてくれるのは、真っ赤に彩られた門。

『随神門』だど。

随神門1




 だども、『あじさい坂』と『随神門』の間には、車道さあっかんな。

 飛び出すと危ねえぞ。


 ここまで登ってきて、足も腰も痛いだろうけど。

 慌てずに、安全さ確認してから、渡っとこれね。



 車道に沿って、『随神門』の右に進んでいくと

『大曲り』って名前さついた、駐車場があるんだ。

 だもんで、車が結構頻繁に、通るんだよ。


 名前から、『曲輪跡』かな? って、連想したけど。

 今回は、体力の都合もあんので、いかなかった。

 どんなんだろうね。





 さて、『随神門』の話だべな。

 
『随神門』は、享保8年(1723)。

 徳川8代将軍・徳川吉宗公によって、建築されたんだって。

 表には『左大臣と右大臣』が、裏には、『仁王像』が配されてるそうだど。


 『左大臣と右大臣』が、門の奥にある神社に、

 邪悪なもんが入り込まないように、警備している。


 これが、『随身』っていう役目でな。
 
『随身』を納めた門ってことで、『随神門(随身門)』っていうんだと。



 ここの『随身門』の場合は、『仁王像』も一緒に、おさまってんだけど。

 神仏分離令さ出る前は、神社とお寺さ、上にあったから。

 そんときの、名残なんだって。




『随神門』の前は、疲れた観光客の方たちが、腰を下ろして休んでる。

 一緒に、一休みしながらな。『随神門』さ、みあげてたら

 首っこ痛くなっちゃったよw。





 中に入ってみると、天井に、絵らしき跡があった。

随神門の中



 帰ってきてから調べてみたら、

『五楽院法眼等随』の筆で描かれた、龍の絵らしいんだけど。


 影も形も、ありません。もったいない。

 っつうか。保存さ悪くて、罰当たりそうだよ。


 だいじかい?




『五楽院(法眼)等随』って人は、本名を『秀融』っつってな。

 宝暦元年(1751)生まれ。天保13年(1842)、91才で亡くなった。


 どういう人だったか、わからないんだけど。

 刀匠から、彫工に転向した『磯部家』って家系の出らしいど。

  
 う~ん。彫刻の世界も、広くてな。

 素人にゃ、難しな~。


 だども、栃木県や茨城県の周辺に、作品がたくさんあるみたいだど。

 もしかすっと、今まで歩いた神社やお寺にも、

『磯部家』がこさえた彫刻さ、あったかもしれないね。

 



 こわごわと、絵の真下を通り過ぎると


随神門の階段

 はい。また、階段だど。

  
『太平山神社』さ、向かう階段だよ。

 

 あじさい見物に来た観光客さんは、ここで引き返しちゃう人が多いんだ。

 でもな。せっかくここまで登ったんだから。


 もちっと、がんばって、登んべな~。

 




ぽちっと、お願いします だべ。


にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村









最終更新日  2012.07.11 01:11:16
コメント(0) | コメントを書く
[太平山城(栃木県 栃木市)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.