6119700 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

横浜泥酔

PR

Free Space

今日も何処かでベロンベロン!

にほんブログ村

にほんブログ村

Recent Posts

Archives

Category

Comments

フリーバード@ Re:最近お気に入りの東神奈川エリアで飲み歩き!(10/22) New! こんにちは。はじめまして。最初の店は○○…

Headline News

全2375件 (2375件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2017年10月22日
XML
カテゴリ:横浜その他
最近は週末になると東神奈川エリアで呑むことが多くなりました。
野毛が混んでいると言うのもあるけど、安く呑める良店が多いのに気づいたこの頃!



まずはJR東神奈川駅から徒歩圏内にある無名の秘密激渋酒屋。
住宅街の中にこんな渋い酒屋が残っていたと、さすがに盲点だった。。。



ほとんどネット上にも情報が無い酒屋は、かなりの老舗のはず!
だって、レジがハンドルを回すと出て来る手動式のものだから!!



そして何よりも瓶ビールの価格が、この界隈では最安値では無いだろうか?
ビール大瓶の350円は、安いわ~



冷蔵庫から缶チューハイを取り出して、柿ピーで打ち始め!
ツマミは缶詰と乾き物メイン。

缶詰なども変に価格を上乗せしていないで、ほぼ原価!!
頑張れば見つかると思いますので探してみてね。。。



〆で焼き鳥缶とレモンサワーで次のお店に向かいます。
お会計600円ぐらいm(_ _)m



続いて伺ったのは、近くにある大衆食堂「​山形屋食堂​」
食堂といいながら、居酒屋的な使い方が出来る重宝する食堂!



酒はメッサ濃い焼酎水割りから開始。
アテは食堂定番の目玉焼き(300円)。ハムエッグになると50円高くなりますね。。。

この目玉焼きの黄身が半生でなければ、通わなかったでしょうm(_ _)m



2品目は、なんとなくゲソ煮込み(250円)
頼んだ直後に面倒な顔をしていたのでどうしてかな?
と思っていたら、まさかの作り置きでなく、生のゲソ足から煮込み仕様。



この価格を考えたら、自分でも作るの面倒だわ。。
結果オーライですけどね!

お会計千円ぐらいで次へ!!



最後の締めは東神奈川駅から徒歩6分の小料理屋「​食句​」
高齢のお母さんが一人で切り盛りしているお店で、お客のほとんどが常連さん。
アウェイ感が耐えられない人は、最初から

入らないほうが良いでしょうm(_ _)m



こちらはお酒、料理は500円まで!
こんな明記が書いてあると非常に入りやすいし、お金の心配なく呑めるよね!



頼んだのは瓶ビール(500円)とマグロの刺し身(500円)
ブドウと、揚げ小魚はサービスだって!!



マグロの刺し身は他の刺し身が2点入っていて、かなりのボリューム。
ここで、もう一杯だけサワーを呑んでお会計千五百円!

最近お気に入りの東神奈川エリアでしたm(_ _)m






Last updated  2017年10月22日 15時23分00秒
コメント(1) | コメントを書く
2017年10月19日
カテゴリ:九州


さて今回、九州に降り立ったのは2回目となる北九州の角打ちできる酒屋を目指すツアーのため。
九州まで行って酒屋ヽ(^o^)丿無駄こそ美学!

ということで、朝食を食べに入った室見駅近くの「ふくみや食堂」から徒歩2分の場所にある「​新原酒店​」にやってまいりました。



時間は11時前、お店は営業しているものの、店内で打てるのかな?と思いながら入店。
お店の方にお酒飲めますか?と聞くとOKとの返事。ラッキー!

入口から入ると正面に大きなⅬ字カウンター。先客は無し。



お酒は缶ビール、チューハイなど。珍しいのは、生ビールが置いてあったこと。
対応してくれたのは、今の代で3代目となるこちらの女将さん。

お店の歴史は、もう少しで創業100年という老舗酒屋。
駅から近いというので、夜になると会社帰りのサラリーマン達で賑わうという。

とは言え、界隈では廃業した酒屋も多いし、立ち飲み屋が増えてきたため、そちらに流れてしまうお客さんも多くなったという話を聞く。



せっかくなのでお酒は生ビール(260円)

酒屋で生ビールを出しているお店は何度か見かけたことがあるが、260円という破格の価格で出している酒屋はこちらが初めて!安い!!
アテは100円のサッポロポテチ。

こちらの酒屋も継く人がいないため、今の代で辞めてしまわれるという。古いものは無くなる運命だけど、悲しいなぁ。。お会計360円



続いて訪れたのが、天神駅で西鉄に乗り換えてしばらく電車に揺られた「雑餉隈」という駅。
手前駅が「いじり」で次が「かすがばる」理由はわからんが変わった駅名が多い。



駅近くの酒屋「​ふじきや酒店​」でも打てるという情報だったが、店内掃除していたためパス(-_-;)
歩いて10分ほどの鹿児島本線「南福岡駅」方面に向かいます。



南福岡駅からすぐの場所にある酒屋「​福岡屋酒店​」
正面入り口の横が角打ちスペースへの入り口!イザ潜入!!



広めの打ち場はコの字カウンターになっており、10人以上は入れそうなスペース。
まだ昼前なので、先客は無しヽ(^o^)丿





こちらの酒屋は、立ち飲みを意識した営業スタイルで、銘柄酒や焼き鳥などの品揃えが目を惹いた。
駅近なので、夕方ぐらいから賑やかになるのであろう。。



頼んだのは、ビール小瓶にさんまのハバネロ缶詰。
お昼のこの時点でかなりの時間オーバーのため、サクッと呑んで電車に乗り込みます。
ここはまだ博多に近いエリア。

夕方までにあと10軒ほど周って北九州エリアまで辿り着けるかなぁ~(''◇'')






Last updated  2017年10月19日 23時39分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年10月18日
カテゴリ:横浜その他


最近は空前の角打ちブームだと言う。
流行りに乗って角打ち居酒屋なるチェーン店などが出てきているが、正確には酒を卸しているお店のカウンターで呑むことを基準にして角打ちというらしい。

と言うことで、京急 井土ヶ谷駅から徒歩5分の「​品濃屋酒店​」に初訪問。



店内に入るとすぐに大型冷蔵庫がある。
そこで缶チューハイを取り出し、奥のカウンターへ持っていこうとするが、角打ちエリアはサーバーでお酒を提供しているので料金体系が違うと言うことで注意のこと。



壁に目をやると、お酒類のメニューが貼ってあり、価格が一目でわかるようになっている。
これは便利というか良心的。

ちなみに乾き物から缶詰の価格まで張り出してあるため、初心者でも安心してお酒が飲める。



最初に頼んだのはホッピー外(200円)と焼酎半分(120円)
簡単に言うとホッピーセットが320円ということである。



酒のアテはギョニソこと魚肉ソーセージ(100円)



焼酎半分お代わり(120円)を追加した後は、大好物のコンビーフ(価格失念300円ぐらいか?)を喰らうことにした。



カウンターの上にはメダカ水槽が置かれているが、メダカ死んじゃったのかな?
まぁいいや。

お会計は800円弱で次のお店に向かおう!



2軒目は、やはり井土ヶ谷駅近くの立ち飲み屋「​ニューイドガヤ​」
名前のセンスが良いね!!



店内はほぼ満席状態。
立ち飲みと言っても座って飲める立ち飲み屋なのである。

ただし、お客さんのほとんどが地元の常連さん達。
ほぼ、アウェイ状態であったが、特に気にもしないし絡まれるような事もなく居心地よく飲めた。



平日なのに調子に乗って3軒目は、唐揚げチャーハンが有名な「​チャイナ飯店​」
千円でボトルが付いてくる晩酌セットに惹かれるが、これ頼んだら明日がまずい。。。



ということで、千円で料理に2品と生ビールが1杯付いてくる劣化版の晩酌セットを注文!!



もう既にベロンベロン状態(/・ω・)/
ここで、チャーハンかラーメンと行きたいところでしたが、去年のように体調不良になりかねないと自主規制。

おかげで体調が良い日々が続いておりますm(__)m






Last updated  2017年10月19日 00時06分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年10月17日
カテゴリ:九州


お休みを一日頂いて、二泊三日で九州に行ってました!
福岡空港へ朝の9時過ぎに到着。

そのまま地下鉄空港線で11駅目の「室見駅」に降り立った次第!
向かうは駅から徒歩5分の朝から営業している老舗大衆食堂「​大衆食堂ふくみや​」

九州まで来て大衆食堂(笑)
いいじゃない!好きなんだから。。。



年季の入った店内は4席ほどのテーブル席に小さい小あがり席があります。
厨房には、初老のご夫婦。

雰囲気から察するに、かなりの歴史があるお店ですね。



厨房の手前にはメニュー以外のお惣菜や煮魚などが、古めかしい棚に置かれている。

自分の好きな品をとって、食事する。
そんな昔ながらの食堂は、ほんと少なくなりましたね。。。



まずは冷奴(100円)を注文。
お冷は、珍しい芋風味のもの。

レモン水は聞いたことがあるけど、芋風味のお水なんて初めて!!
白波という名称らしいです(__)



小さな小上がり席の隅には将棋、碁盤が置いてある。
常連さん達がくつろぎながら食事(呑んでいる?)している様子が目に浮かぶ。。



壁の上の方にある棚には定番のまねき猫とポンポコタヌキの置物。
まねき猫がススでくすんでいてバットマンに見えるのは、私だけだろうか?



まだ早朝なので、深酒するわけにはいきません。

ちゃんぽんかラーメンにするか、かなり迷ったわけですが、ちゃんぽん頼んだらお酒お代わりしてしまいそうだったので、自主規制でラーメン(400円)を選択!



具には海苔が1枚、塩茹でしただけの豚バラ2枚。
薬味で、青ネギ、白ごま、そしてデフォで胡椒が振りかけられている。

正直、食堂のラーメンなので期待していなかった。
一口食べてみると、それほど濃厚ではないがしっかりと豚骨のコクがあるスープ。

豚骨の臭みもなく、この豚骨ラーメン!さっぱりしていて美味ーい!
塩茹で豚がまた良い感じを出していて、まさかのまさか!

九州で食べたラーメンの中でもかなり好きな部類!!
旨くてびっくりこいたm(__)m



こうなると、ちゃんぽんも食べてみたいが流石に後の予定が詰まっているので断念。
おそらく後継ぎがいなくて高齢のため、ぜひとも早めに再訪したいと思う大衆食堂でした!
お会計720円m(__)m



次回はいつ来れるかわからないけど、それまで続いてほしい食堂です。
(意外に早く再訪したりして、、)






Last updated  2017年10月17日 21時45分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年10月14日
カテゴリ:横浜その他


東横線沿線に遠征です!
降り立った駅は、六角橋商店街が近くにある学生の多い街「白楽駅」

週末のこの日はどこお店の賑やか!で、目的のお店に向かうも満席で御座いまーす\(^o^)/



という事で、次のお店へ!
伺ったのは白楽駅を出て徒歩30秒の場所にある居酒屋「​すしえもん​」

屋号からして、締めの寿司もあるようなイメージ。さっそく入店!!



店内はカウンターのみで、6人ほどしか座れない小さなお店。
ご主人が一人でお店を切り盛りしておられた。

入店時は空いていた店内も、すぐに満席状態になるほどの人気店!



なぜに人気かというと、ご主人拘りの料理が立ち呑み価格で提供して貰えるのだ!
刺盛りなんてワンコインですぜ!!安い。。。

ただし、ただしね、このお店のルールを守れる人だけが安い料理を食べれるわけです。。。



ハイ!
お店のルールがカウンターにドカンと置いてあります!

ここまで書いてあると、逆に気持ち良い!お通しもないし、嫌なら出ていけば良いだけ。。。
私は全てのルールを守っているので、問題なし!!



こんな事を書いてあるのでご主人はさぞかし怖い方と思いますが、サッパリしているだけの人。
特にお客と話をすることもないし、但し書きの通りに用件があるなら早めに行って下さいとのこと。

こう言うお店、大好きです!!



まずは刺盛り(500円)を注文。
凄い!寿司もおいているだけあってネタは新鮮!

そしてこのボリューム!
これは日本酒でしょ!!
でも、日本酒頼んで失敗したことが・・・



日本酒もかなり安い!
これだったら、かなり呑んでもお会計はたかが知れている。
ただし、問題があるのですよ。。。



頼んだ日本酒は「風の森(450円)」
風の森は濃厚ながら価格も安いので、好きなお酒!!

でも、何が問題って!?
実はこちらのお店、お茶、お湯、水道水、ミネラルウォーターなどが全て有料^^;
それもオール500円ヽ(´エ`)ノ

日本酒にチェイサーは付き物ですが、有料なので頼めなかった・・・
だって、日本酒より水の方が高い設定だから、、、




ちなみに一人で切り盛りしているため、料理に時間が掛かることがあるとのこと。
便利なのはメニュー表の全てに提供出来る時間とおすすめ度が書いてあるの!!

なので、早めに出来る料理と時間掛かる料理の比率を考えて注文すればあまり待たされない!
さっぱりしているでしょ!?



頑張って日本酒をお代りして最後に頼んだ「冷製蒸鶏(300円)」
ご主人の性格からして、手作りなのでしょうね。歯ごたえがあってとても美味しい!

しかし、この量で300円とはすごい!
ルールを守って呑めば高CPでのめる居酒屋です。
ただし、席数が少ないので混んでいる場合が多いかもね。。。






Last updated  2017年10月14日 06時11分22秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年10月12日
カテゴリ:神奈川その他


昨日の続き、相鉄沿線飲み歩きの最終地は、小田急線が乗り入れている「大和駅」で御座います。
流石に鉄道2線が乗り入れているだけあって、三ツ境、瀬谷に比べるとかなりの大都会!



ちょいと歩くと気になるお店が沢山有るのですが、大和駅降り立ったのが21時!
自宅に帰れる電車を調べてみると23時の電車に乗らないと帰れない。。



路地裏の居酒屋なども調査したかったが、とりあえずそれは次回に持ち越し!
急がないと呑める場所が無くなっちゃう。。。



という事で、まずは有名な人気店から攻める事にしました。
関内や東神奈川に暖簾分け?のお店があり、その総本山となる焼き鳥屋「​鳥清 本店​​​」

ガチですみませんねぇ、m(_ _)m



開店してすぐに満席になってしまうという人気の焼鳥屋ですが、流石に21時を過ぎるとカウンター席がポツポツと空いている状況。。


とは言え、テーブル席の方は空きが少なかったか、、
焼き鳥というと、1軒目ぐらいに入っておきたいイメージだけど、この時間でこれだけ混んでいるのも凄い!



日本酒を呑んでしまったからには、既にかなりのベロンベロン!
という事で酔い覚ましにホッピーセット(450円)を選択!!

焼酎は氷入とはいえ、かなりの量が入っているね\(^o^)/



ちなみにお酒のメニューはこんな感じ。
まぁ、普通の居酒屋の価格といったところか。



サッパリとしたものが食べたかったのか?
最初に頼んだフードは「浅漬け(280円)」



ついでに焼き鳥の価格表はこんな感じでして、税込価格で120円からというのは人気店ながら良心的な価格かも!



さて、メインの焼き鳥・・・
あれっ?なぜかモモ焼きにチーズを掛けた「チーもも(490円)」を頼んでいた次第。

覚えていませんが、恐らく一軒目で焼き鳥を頼んでいたからかなぁ?
て、言うか食べた事自体、覚えてないんすけど^^;



写真をみると、骨から肉を剥いでバラバラにしていた状況をみると、恐らく美味しかったのかと思われます。完食したような記憶はわずかながらあるので!



この時点でベロンベロンだったため、これでお店を出たはず。
せっかく人気店に入ったのに、なにやってんだかね。。。



腹パンでベロンベロン状態なのに、何故かスマホにラーメン屋に立ち寄った写真が残っていた(汗)
入ったのは鯛出汁と豚骨を合わせたWスープの店「​鐙(あぶみ)」



多分ですが、一番人気の鯛出汁豚骨ラーメンを食べたはず!
酔っ払いですが、ラーメンとかの味は多少覚えている方なので。

食べた感想、スープからは鯛出汁は感じられずに普通の家系豚骨ラーメンとあまり変わらなかったような気がしたけど。。。






Last updated  2017年10月13日 07時36分22秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年10月11日
カテゴリ:横浜その他


昨日の相鉄沿線喰いだおれツアーの続き。
1軒目は三ツ境駅で呑んだわけですが、ローカルな駅のため、お店の数がとにかく少ない。。

という事で、隣駅の「瀬谷駅」に降り立ったわけです。
が、、まだ20時を過ぎたばかりの時間なのに商店街はシャッター締まりまくり!

こりゃまるで、東北の地方都市に来たような光景。。。



とりあえず駅前のメイン通りに行ってみる。
うーん、お店は開いているものの人影が少ない。

確か土曜日だったので、平日のほうが少しは賑やかなのかも知れない!



お店の選択肢が非常に少ないわけですが、入ったのはこちらの大衆酒場っぽい印象だった居酒屋「​大関​」



この、刺し身、煮物、焼き物とお酒が一杯ついて980円という晩酌セットに惹かれた訳でございますm(_ _)m



店内はthe居酒屋といった庶民的なイメージの内装。
カウンター8席ほどに4人がけのテーブル席3卓ぐらいあっただろうか?

厨房には中年の男女2人。
お客さんはもちろん、地元の人だけであった。



「何を呑まれますか?」
「晩酌セットでビールは大丈夫ですか?」
「ハイ大丈夫ですよ!」
そんな会話があったと思う^^;

お通しは地方から送ってもらったという茹でインゲン。
コリコリで美味しかった。



続いて、晩酌セットの刺し身と煮物が到着。。。
刺し身はサーモン。そして煮物はおでん^^;

なんとなく予想してたんけどね。
おでんの提灯が掛かっていたし。。。まぁ、安いからしょうが無いけどさ、、、



続いて焼き物は、アジの丸焼き一匹かいっ!!
イメージしていたよりも、かなり庶民的すぎて、少し面食らっちゃいましたか。。。

でも、この焼きアジは美味しかった!市場から仕入れているのかな?



ここは味を求めるくる酒場ではなく、地元民が安らぎを求めに来る酒場なのだろうと悟りながら、晩酌セットだけで退店するのは悪いような気がして、600円のきき酒セットなんぞを頂いております。

銘柄は忘れた。。。多分、八海山や久保田あたりだったと思うけど。。



日本酒のアテにハンペンバターなどを頂いて、お会計二千円ほどで終了!
初めて駅を降りた三ツ境、瀬谷!

やはり横浜の端ということで、お店は少ないなぁ。
次の駅の大和は期待が持てると信じて、梯子酒は続くわけですm(_ _)m






Last updated  2017年10月11日 23時32分03秒
コメント(4) | コメントを書く
2017年10月10日
カテゴリ:横浜その他
いつの日かの終末のこの日は、相鉄線沿線を攻めて見た次第!
京急、JR、地下鉄沿線は駅が近いので攻めやすいのですが、相鉄沿線は自宅からだと遠回りになってしまうため、殆ど伺うことがなかった。



降り立ったのは相鉄線の「三ツ境駅」
最近は小規模のチェーン店系立ち飲み屋も出来て盛り上がっている地域なのでは?

伺ったのは駅から徒歩5分。
スダレに囲まれた異様な外観が目印の焼き鳥屋「​かえり道​」さっそく入店!!



年季の入った店内はカウンターのみで、立ち式の焼き鳥屋。
厨房内には初老の店主が一人!

お客さんは、年金暮らしっぽい常連さんばかり!



まずはお酒。
ビールとサワー類がメインで、立ち飲み屋にしては少し高いか?



その分、焼き鳥の価格を抑えているのかもしれない!
ちなみに焼き鳥は80円~



まずはレモンサワー(430円)から開始!
炭酸がシュワシュワで美味しいっぃぃぃ!



続いて、箸休め用のお新香(260円)を注文。
糠漬けかな?と思ったが、浅漬の味の軽いものだった。

味があまり無かったのが印象的でしたm(_ _)m



焼き鳥はにんにく、ネギマ。かしらなど頼んだっけ?
焼き加減がまだまだ足りないかなと言う焼き鳥の印象。まぁ、普通のお味の焼き鳥です。。



サワーをお代りして、さっさと次のお店に向かいましょう!
お会計は1500円以内だったはず!?






Last updated  2017年10月11日 06時46分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年10月09日
カテゴリ:横浜その他


終末のこの日は、ちょっとプチ遠征!
JR横浜線の駅名を聞いてはいけない駅「きくな」駅に降り立ちましたm(_ _)m



先週の金曜日だったか?
外はかなりの雨が降っている中、目的のお店に向かうも玉砕の洗礼m(_ _)m

保険案を考えていなかったため、立ち尽くしている状況、、、



トボトボとしょぼくれながら駅に向かう途中、なんか良いお店がないかなぁ?
と歩いていると、1軒の赤提灯のお店。

お店の名は「​鳥若​」といい、燻し銀の雰囲気を醸し出している!
雨が強くなりお店探しの状況ではないため、野生の勘で潜入だぁ!!



店内は5名ほどが座れるカウンター席に奥に長テーブルがあったと記憶している。
お店の年季の入り具合から、この界隈で古くから営業しているお店なのだろうと推測した。

厨房には、初老の大将。お弟子さんかな?
接客対応の若い男性がもう一人おられた!



メニューはシンプル!
メインは串焼きにモモ焼き、手羽焼き、鳥刺し、そんなものかな?後はお新香など。

このシンプルなメニューを見た途端に、もしかすると凄いお店なのか?という予感!
大抵の場合は外れる場合が多いけど。。。



勝手がわからないため、お酒は瓶ビール(540円)を注文。
ほぅ、デフォで赤星が出てきた!

老舗感漂う雰囲気といい、これは期待できるかもね!!



とりあえず、串焼き盛り合わせを注文!
すると勝手にお新香が登場^^;

古漬けのちょっと手前ぐらいの酸味が効いている糠漬け。
適度に掛かっている魔法の粉が、味を引き立たせる!
この糠漬け、最高に美味しいですわ!!



暫くして、串焼き盛り合わせが登場。
正肉、葱、ウズラの混合串!

奥には、串に刺さっていない砂肝!
焼き鳥は、まぁ普通という印象。でも、コリコリ食感の砂肝は最高に美味しかった!!



続いて、お客さんの大数が頼んでいた、鳥モモ焼き(560円)を注文!
目の前で、丸鶏から捌いて焼き始めるようですm(_ _)m



さっそく、名物の鳥モモ焼きを頂いてみる。
まずは、焼き加減が抜群に良い!旨味を封じ込めるような焼き方だね!!

そして食べてみる。ほぉ、肉汁を外へ逃さずに焼いていると言えばわかりやすいか?
とにかくジューシーで美味ぇぇぇ!!

と思って、ネットで検索してみると、有名人気店でしたよm(_ _)m
運任せで入ったお店ですが、結果オーライという事で!



お酒1合(330円)
銘柄は不明だが、お燗をして頂きます!!



せっかくなので、こちらも有名な手羽焼き(560円)
第一印象は、とにかく大きい!!

これも目の前の厨房で、丸鶏から捌いていましたm(_ _)m



量と焼き方は完璧に近いのですが、モモ肉と比べるとやはりパサパサ感は否めない、、、
人数が居る時に頼むと、いい感じかもね!

このお店、頼むならまずはモモ焼きがオススメですね。






Last updated  2017年10月10日 06時36分09秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年10月06日
カテゴリ:九州
博多にやってきましたよ!
今年の6月の話だけど!!



空港から博多駅に向かいそこから徒歩でのんびり歩いて20分ほど。
古ーい建屋が数多く並んでいる美野島という下町のエリアにやってきた次第。



界隈には醤油や味噌の問屋があり、歴史のある街という印象の美野島エリア。

十字路の角にある老舗の食堂「かどや」に惹かれつつも、今回はパス!
目的の店に向かいます。



今回伺ったのは、朝の10時半から営業しているという酒屋「​クリヤ酒店​」

もしかすると、こちらも既に閉店してしまったのか?
と思いきや、5分前になるとシャッターが無事に開き、イザ潜入してみることに!



店内には棚に酒が並んでいて、大型の冷蔵庫と如何にもと言ったような酒屋。
レジの前に豊富な乾き物が置いてあるL時のカウンターが有り、奥には丸テーブルがある。



さて、打ち初め!
こちらはお母さん手作りのお惣菜が何点か置いてある。奴、納豆、アジフライなどね。

その中からポテトサラダを選択!酒は朝なので小缶ビールから開始!!
えっ、味?家庭的なポテサラでしたよ。



暫くして常連さんがパラパラと入ってくる。
お母さんと横浜から来たという話をしていると、常連さんの一人が昔は野毛で呑んでいたよと話し出す!



掃部山公園で花見をしたという話も!
おいおい、横浜人より詳しいじゃねえか!!何故?とは聞かなかったけど、



恐らく、その昔に港湾関係で稼ぎに来ていたと予想。
世間は狭いなぁ、、、



缶チューハイを追加。
アテは定番のギョニソ(魚肉ソーセージ)ね!



常連さんがちょっとそこごめんよ~というので、なにかと思ったらカウンターの下に製氷機!
ここから勝手に氷を取り出して良いようだ。



角打ちに長居は無用という事で、サクッと呑んで博多の町を徘徊しに行きましょう!
常連さんに別れを告げて、ごちそうさま!!






Last updated  2017年10月06日 23時11分32秒
コメント(0) | コメントを書く

全2375件 (2375件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.