9805992 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

横浜泥酔

PR

Free Space

Recent Posts

Archives

Category

Comments

なべお@ Re:市営地下鉄阪東橋 内藤酒店・創業大正の下町に残る古き良き酒屋。(03/21) 昨日、山多屋→火成→仲乃湯→内藤酒店 の予…
小径のヌシ(^-^)@ Re:京急線黄金町 立飲み よすがや・老舗洋食屋の閉業後に出来た立ち飲み屋に潜入(03/18) あぁ~ 立ち飲み屋さんモードはこういう…
なべお@ Re:川崎区大島 中華五十番・昔ながらの五目蕎麦は玄人好みの味だった!(03/07) 最近はこの辺りに行けてませんが、 隣のロ…

Headline News

全2638件 (2638件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2019年03月21日
XML
カテゴリ:黄金町、阪東橋


最近は呑む量が少なくなってきたと同時に、物忘れが激しくなりました。これは去年の初夏か秋口に行った写真と思います。

とにかくすがすがしい陽気の日としか覚えてません。阪東橋の角打ちエリアにある大正創業の老舗酒屋「​内藤酒店​」



うろ覚えですが、恐らく近くの大衆食堂に休日昼間に向かうも満席で弾かれて、ここで呑んでから近くの磯村屋で焼きそばを食べたのではないかと思います。

遠征してくる客は、近くの銭湯でひとっ風呂浴びてからここに来る客もいるという。



昔は毎週のように昼間から、この界隈で呑んでいたことが懐かしい。
歳をとると、誰しもお酒が飲めなくなってくるんだね!



月に二度ぐらいは昼呑みの日を設けて、もう一度この界隈を散策してみようと思っているこの頃。
いつまでもあると思うな、親と酒屋って言うからね!






Last updated  2019年03月21日 23時51分05秒
コメント(1) | コメントを書く
2019年03月20日
カテゴリ:黄金町、阪東橋


市営地下鉄の阪東橋駅をおり横浜橋商店街を抜けて5分ほど歩くと、そこは角打ち出来る酒屋が6軒(山上、内藤、浅見、田原屋、愛知屋、鎌倉屋酒店)残っている下町エリア。

その中でも、一番足が遠のいていた中村町の「​鎌倉屋酒店​」に平日夜に伺ってみた次第。
確か2年ぶりぐらいだろうか?こちらが飲めなくなる前に早めに訪れておきたかったので!



こちらは界隈の酒屋の中でも、古いスタイルを貫いている酒屋。
店番と角打ちコーナーは店主である大将が一人で切り盛りしている。

ここも継ぎ手がいないだろうから、今の代で廃業してしまうのだろう。
昔は10軒以上の酒屋があったんだけどね、、、



酒は缶ウーロンハイ、アテは魚ニソに秋刀魚缶詰から開始。
平日夜のためか、角打ちしている人はいない。

昼間はなかなか来れないが、客の入りはどうなのだろう?心配だね。。




酒屋定番のポーカーゲームは、店内と店外に一台づつ置いてある。
もちろん椅子は置いてなく、立ち式のゲーム機となっている。



確認はしていないが大将も若くないし、配達はしていないと思う。
角打ちと日用品販売だけで生計を立てていくのは大変だろう。

今では街中どこでも酒が買えてしまう時代になってしまった。



角ハイボール追加。
ついでに持ち帰り用のサッポロ黒ラベルも購入!



ハイボールのアテは単品売りのせんべい50円を2枚頂く。
これだけ使っても千円届かないレベルだったかと。



平成ももうすぐ終わり、昭和の産物である酒屋はますます減っていくだろうね。
こちらもだいぶ飲めなくなってきたけど、南区にある10軒以上の酒屋には、ぼちぼちと通っていきたいと思いますm(__)m






Last updated  2019年03月21日 23時13分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月18日
カテゴリ:黄金町、阪東橋


京急の黄金町駅から徒歩2分の老舗洋食屋「洗濯船」が惜しくも閉店し、その跡に立飲み処「​よすがや」​というお店が出来ていました。

安いお店が出来るのは嬉しいけどこの界隈、立ち飲み屋さんだらけになってしまった。
では、入ってみましょう!



ほぼ居抜きの店内は、中央に大きなテーブルが1卓。
あとは壁際一面にカウンターテーブルが出来ていました。

席の半分には椅子が置いてあり、椅子席も早い者勝ちで無料との事。
壁のメニューをみると、お昼はランチメインで営業しているとのこと!

なお、お会計は後払いの消費税が加算されるシステムをなっています。



酒はコダマサワーのクエン酸セット400円を注文。
コダマでクエン酸の割物をだしているなんて初めて知りましたね。。。



フードメニュー
Sはスモール、Rはレギュラーという意味かと思います。
スモールの倍価格のレギュラーは二人前ぐらいの量かと。。



玉子焼きS160円。
味は甘いのか普通から選択可能。

甘いの苦手なので、普通を選択。
味付けは塩、胡椒です。安いのに大根おろしが付いてくるのが嬉しい!



1個60円の揚げ餃子を2個注文!
他にも揚げシュウマイ、竜田揚げが1個から注文可能。

流石に申し訳ないので、2個頼みましたが。。。



明太子ジャガバターS220円
丁度半分のサイズが、出てきました。。。

残りの半分が出なかったらどうするのだろう、、、


ホッピーセットは420円で、焼酎中身はすべて180円となっています。
焼酎の銘柄は、残念ながら選べません。。。
デフォは恐らくキンミヤではないかと。。



よすがや煮込み320円。
ベースはトン汁を具沢山で煮込んだものみたいです。

モツは避けているので、これはこれで良かったけど、モツ煮が好きという方は、
内臓系は入ってないので注意してください。



料理と価格は、普通の立飲み屋レベルですが、嬉しいのは〆でお握りやうどんが食べれること。
で、最後の〆はカレーうどんSサイズ370円。

ここで〆を食べないとラーメン屋に行ってしまうし、こんなサイズのカレーうどんが
あるのが重宝する。おにぎりとトン汁で〆るのも良いかもよ!






Last updated  2019年03月18日 23時09分18秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年03月15日
カテゴリ:日ノ出町、野毛


野毛の日曜日から呑める焼き鳥屋「​田舎屋​」
日曜日って早い時間から呑んで、次の日は仕事なので早めに帰りたい。

そんな時によく使っていたお店ですが、最後に行ったのは半年以上前。



今では観光地化してしまった野毛。
昔は競馬客で溢れていたこのお店も、若い人が多く来るようになった。

まぁ、それだけなら良いけど、最近は混んでいて入れない状態が続いてから、
足が遠のいてしまった次第。



酒はホッピーセット500円?から開始。
お通しはさつま揚げ。代金を取られるかは記憶にない。



焼き鳥5本セットは600円ぐらいだったか?
炭火焼で焼いてくれる普通に美味しい焼き鳥です。



ホッピー中お代わりに厚揚げを頼んで終了。
いや、終了と言っても、他のお店に梯子酒ですけどね、、、

しかし、野毛の観光地化が進み過ぎて、休日は凄いことになっていますよ。
最近は週に一日行くか行かないかぐらいの頻度になってしまいました。
(昔は週に4日とか行ってたっけ!)






Last updated  2019年03月15日 00時11分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月13日
カテゴリ:鶴見、神奈川区


半年前ぐらいのブクブクに太っていたころは、毎週のように東神奈川エリアを飲み歩いていました。
(今は酒量減らして8kgぐらい減りましたが。)

最後の〆は24h営業(ネット情報)と言われている、深夜営業の長崎ちゃんぽんの店「​西海​」で締めることが多かったかと。



夜遅くの部は、年配のお父さんが二人で切り盛りしています。
呑み客や食事の客で、まぁ、客足の絶えないお店ですよ。

で、チャーシューをつまみにウーロンハイで最後の〆!



カウンターの茹で卵が、飲兵衛には嬉しいアテ。
食べたことがあると思うけど、写真は見つかりませんでした。。。



さて、ほんとの〆。
長崎ちゃんぽん、皿うどんとも少しだけお高い価格設定。

でも、ちゃんぽんに関しては、九州で食べたのと遜色ないレベルのお味。
本場は鶏ガラ8豚骨2の比率だったか?



半チャーハンのセットになると千円越えになりますが、それでも本格的なちゃんぽんが食べれるお店は
横浜市内では珍しいかと。。

くれぐれもリンガーハットとは全く違う味です。



満腹中枢神経が麻痺しているのでしょう。
この場に及んで、長崎ちゃんぽん+半チャーハンセット1150円を注文!



半チャーハンは気前よく、全チャーハンだね!
適度にパラパラの潤いあるタイプで美味いけど、深夜に食べると絶対に太るので注意!!



長崎ちゃんぽん。
鶏豚のブレンドスープに野菜の甘味が溶け込んでいて、海老とイカも入っていたような気がします。

恐らく、麺は長崎から取り寄せているのではないかな?
煮込んでも伸びないタイプのものかと!



最近は〆のラーメンをほとんど食べてません(体調も考えて)
でも、これを書いていたら、また食べたくなってきた!
今週辺り、行ってみようか!?






Last updated  2019年03月13日 22時04分03秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年03月11日
カテゴリ:鶴見、神奈川区


以前に六角橋商店街を梯子した時に入店した「​居酒屋 大洋​」
その時はベロンベロンで写真も撮れなかった始末。



で、今回はしっかりと美味しいものを確認するという目的で再訪した訳ですが、
またもやベロベロ状態でした。

2軒目でこれだから、どんだけ酒が弱くなったことか。。。
さっそく入店!



詳しい歴史は調べてませんが、かなり古くから営業している居酒屋です。
お客さんは年配の常連さんが二人。

厨房には女将さんとその娘?の二人で切り盛りしている様子。



お酒はチューハイを頼んだような気が。。。
そして残っていた写真を見ると、豚キムチを頼んでいたらしい。

残念ながら、今回もベロベロでろくに紹介できない状態。
またの機会に再訪してみましょう、、、次へ!



古いお店が軒を連ねる六角橋商店街。
昔は何度か来たことがあるけど、梯子酒もきつくなり久し振りの来訪。
まだまだ、気になるお店は沢山あるし、体調を整えなければと思う次第。



その商店街沿いにある、とても入り難いおでん屋「​かずさや​」
常連さんが多くて見るからに入り難い外観。

でも、以前に来たことがあり、とてもフレンドリーな対応をして頂いたので、
遠慮なく空いている席に陣取ります。



お兄さん来たことあるの?とか言われたりしてね。
再訪ということを告げると、常連さんとの会話も弾む!



おでんセット650円。
5種類のおでんにお酒1杯が付いてくるお得なセット。

追加でウーロンハイを頼んで千円以下でお店を後にする。
この後、野毛に戻り3軒梯子。

久し振りに次の日は死んでました。
もう、こんな呑み方もそうそう出来ないよ!






Last updated  2019年03月11日 20時45分03秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年03月07日
カテゴリ:川崎


数週間前のこの日は、川崎駅界隈で研修でした。
1軒目は駅近い立ち飲み屋から開始し、2軒目を探しているうちに人気のない方へ何故か歩いていました。

ちょっと前に抗争事件で発砲事件のあった川崎区追分界隈。
そこに佇む、肝っ玉母ちゃんが経営している立ち飲み屋「​かあちゃん​」へ。



焼酎多いホッピーセットから開始!
客層は横浜の下町に似ていて作業着姿の年配の方が多く、なんだか安心できる雰囲気。



ニラ玉は250円ぐらいだったか?
もちろん、出来合いではなく注文が入ってから作り始める。



手羽餃子。
注文すると入り口付近の冷蔵庫から、業務用っぽい袋から遠慮なく物を取り出してくるのが、下町っぽい。いいの、安いから!

この日は平日だったため、ここではこれでお終い。
とりあえず、川崎駅方面に歩いていくことに!!



少し歩いたところに前から気になっていた「​中華 五十番​」が現れた(リンク先閉業となっていますが、1か月前は通常営業中でした)
では、ここで〆ることに致しましょう。。



店内は昔ながらの食堂といった雰囲気。
駅前の繁盛店に比べると、なんとなく味は期待できないかなぁという雰囲気ですが、
永く続いているのなら、それだけ競争に勝ってきたという証。期待しましょう!



メニュー。
少しだけ飲もうと思っていましたが、お酒がビールしか置いてないので断念。
ならば、定番の麺類を頼んでみることに!



頼んだのは五目蕎麦750円。
豚肉、椎茸、ナルト、野菜などが盛られた五目蕎麦が到着。

一口スープを飲んでみると、野菜や椎茸の旨味が溶け出していて旨い!
〆に最適な中華そばと言った印象で、美味しくいただきました。

やはり料理は見た目で判断してはいけないな!






Last updated  2019年03月11日 20時19分17秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年03月06日
カテゴリ:鶴見、神奈川区


週末のこの日は久し振りに六角橋商店街エリアに遠征。
1軒目は白楽駅のすぐ正面にある居酒屋「​すしえもん​」

恐らく、好き嫌いがはっきり分かれる居酒屋かと思います(私は好きだけど)
その理由は後にして、早速入店。



店内はカウンター6席だけの小さなお店。
早い時間に入ったのでこの時時間は空いてましたが、退店するときには8割方埋まっていました。



このお店、上の写真のようなちょっとしたルールがあります。
それを守れない人は恐らく怒られて、罰金の千円を取られてしまうという。。

まぁ、その前に出て行ってくれと言われるでしょうけど。。
小さいお店なので、回転させないと売り上げが出ないという事でしょう。

最近の野毛もそうですが、小さなお店で数杯だけで粘っている客が多すぎるかと。



お通しチャージ料はありません。
まずは酎ハイ350円を注文。



それと、もうひとつの注意点。
日本酒、焼酎の品揃えが多いお店ですが、水道水、ソフトドリンク、お湯などはすべて500円。

なので、お酒飲めない人を連れてきたり、日本酒のチェイサー水を頼みたい人は、気を付けた方が良いかと!



フードは茶豆250円から開始!



メニューには、おすすめ度と提供時間が書いてあるのが親切。
焼き鳥系のメニューもありますが、痛風なので食べませんでした(恐らく美味いはず)



具沢山の厚揚げは値段失念。
ただし、大体のものが安いかと。

ちなみに店主は奥に引っ込んでいるので、注文するときは遠慮なく読んでくださいとの事!



有名な日本酒や焼酎などが揃って居ます。
でも、日本酒は水が有料なので止めといて、焼酎を呑む事に!



魔王600円。
昔は幻の焼酎とか言われていたけど、今はどうなのかな?
それでも安い価格設定かと思いますが!



鶏のから揚げは300円だったかな?
以前来た時には屋号の通り、寿司を注文することが出来たのですが、メニューには無かったので辞めてしまわれたのかも。

で、ここで退散。
少しだけルールがありますが、それを守れれば安くて旨い居酒屋。
基本はソロで行くのがよろしいかと!






Last updated  2019年03月06日 21時33分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月28日
カテゴリ:鶴見、神奈川区


ちょっと前と言っても、半年は経つだろうか?
平日に早く帰れた時は、電車に乗って東神奈川辺りで良く飲んでいました。

その中でも安くて居酒屋的な雰囲気の酒屋「​三国屋酒店​」
酒がほぼ原価なので、やはり安く飲めるのですよ。

ただし、お客はほとんどが常連さんなので、ソロで入るとかなりのアウェイ感。
そんなことを気にしない人は幸せになれるかと。もちろんソロ潜入!



300円ほどでサワー類も置いてありますが、何度か通っているので冷蔵庫から缶のウーロンハイを取り出します。定価だとしても200円ぐらいかと。



席は厨房の前にカウンター席。

その後ろに対面式のカウンターだったか、それともテーブルかはよく覚えていませんが、
常連さんはそちらの席の方によくいます。

この日はたまたまカウンターが空いていただけ!



ハラミステーキは500円か600円だったかと。
酒屋でステーキが食べれるなんて素敵でしょ!
ボリュームもタップリ!!



女将さんが漬けている、お新香糠漬けも追加。
何時も絶妙な漬かり具合で、美味しいです。



これはの日に頼んだ干物。なんだろう?
赤魚鯛のような気がしたけど。

他にも焼きそば等がメニューに揃って居たかと。



最後は日本酒まで頼んで、結局ベロベロになってしまった図です。
こんだけ飲んでも、驚くほどの安さ。
酒が安いから!



ソロで行くのがおススメだけど、複数なら二人ぐらいがベストかと。
それ以上だと混んでいて、弾かれる可能性がありますので。。






Last updated  2019年02月28日 22時52分36秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年02月27日
カテゴリ:黄金町、阪東橋


最寄駅は地下鉄の阪東橋駅から横浜橋商店街を抜けたところにある、今では超人気店になりつつある広東料理「​酔来軒​」

以前は毎週土曜日に通い酔い潰れていましたが、今では週末は行列ができていることが多い店。
という事で、平日の夜に訪問。



平日の夜はすんなりと座れるとは言え、7割方の席が埋まっていました。
こちらはもう通い始めて12年ぐらい経つかな?
ブログ初めてすぐに伺っていた記憶があります。



平日からがっつりと呑むのはキツイ年頃なので、酒はレモンサワー400円から開始!
アテはお得なつまみセット200円を注文。

これはもやしナムル、冷奴、枝豆が出てくるお得なやつ。
太っ腹仕様だね!!



追加で緑茶ハイと焼き豚ハーフを頂きます。
焼き豚は朝一で焼いていると思います。

良く失敗したものをサービスで頂いていた記憶がありますが、今では完璧にマスターしているはず!



さて〆。
たまには他の物を頼もうかと思いきや、やはり人気No.1で激安の酔来丼400円は鉄板かな?
セットで頼める200円の小ラーメンは、小では無い大きさとなっています。



メニューの裏に書いてある裏メニューのスペシャル酔来丼850円。
まだ食べたことは無いのですが、今回も余力無!




酔来丼は低価格ながらも具沢山で、メンマ、もやしナムル、ネギ、刻み焼き豚。
そして半熟目玉焼きが上に乗っている豪華仕様。

だいぶ食べ飽きてきた感はあるのですが、やはり安い!



下町っぽく、ぐちゃぐちゃに混ぜて食べるのが推奨。
これをお上品に食べると、魅力、美味しさ半減するかと思います。
なによりも、店主がこの食べ方を推奨しているので、間違いないかと!



混んでいるとはいえ、平日なら並ばずに入れるのが地元民のありがたさ。
ほんとに庶民的で良いお店。



昔は朝まで飲んでいた横浜橋界隈。
今では昼呑みでも伺わなくなってしまった。

若い時とは違うのでしょうがないかと。。。






Last updated  2019年02月27日 21時26分43秒
コメント(4) | コメントを書く

全2638件 (2638件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.