8735893 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

横浜泥酔

PR

Free Space

Recent Posts

Archives

Category

Comments

ふな夫@ Re:八戸 かわら食堂・青森県内でラーメン最安値(180円)の食堂に潜入調査!(08/19) New! 八戸あたりでは、北高岩駅近くの「かどこ…
レバニラ@ Re:相鉄線星川 一屋酒店・地図にも載っていない穴場の角打ち酒屋!(08/16) New! 星川駅に酒屋の角打ちなんてあるんですね…
mouda0915@ Re:僻地もよろしければ(笑)(08/16) ばかぼんさんへ 京急沿線の横須賀方面にあ…
http://buycialisonla.com/@ Re:曙町 中華一番(09/19) cialis shelf lifecialis in holland guns…
ばかぼん@ 僻地もよろしければ(笑) ご存知でしたらすみません。 マイナーエリ…

Headline News

全2542件 (2542件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2018年08月19日
XML
カテゴリ:その他


夏休み前半戦で周った東北旅行。
盛岡の次の宿泊地は八戸。

八戸って、実はラーメン天国!
朝から食べれるラーメン屋も多いし、とにかく安い!!



八戸市内の食堂で食べれる宝来食堂の200円ラーメンは2回ほど食べたことがありますが、最安値は郊外の河原の土手にあるこの食堂「​かわら食堂​」

徒歩で行くのは厳しいかもしれません。
店の前に車を止め駐車場の場所を聞くと、目の前の道は駐車禁止ではないので止めて良いとのこと。
確かに駐車禁止の看板は出てないけど、さすが田舎という印象('◇')



年季の入った店内はカウンター席と小上がり席、テーブル席に分かれているが、それほど広くはないかな。とは言え、田舎なので並ぶ混んではいません。

厨房には年配のご夫婦が二人で切り盛りしている。
地方の人ってほんとに元気だね!



目の前のメニュー表を眺める。
餃子、もつ、納豆、月見ラーメンと凄いメニューが揃っている。
そして安い!

やはりまずは青森最安値と言われているラーメン180円(税込み)を注文。
そして、カレーライス300円も頼んでみましょう!



暫くして出てきたラーメン&カレー。これでワンコイン以下というのが信じられない。。。
ちなみにお冷はワンカップの空き瓶で提供される(-_-;)



まず180円のラーメン。
具には少量のネギとかなり薄き切られたチャーシュー。

麺はちぢれ麺でスープを一口飲んでみる。
あー、青森名物の煮干し系ではなく、正統派の鶏ガラスープ。

さすがに安いってことで少し薄めのスープだけど、正直不味くはない。
チェーン店のラーメンレベルかな?



そしてカレー。
これは300円だけあって、具や肉も多い。

ガーリックが効いていて、これはほんとに美味しかったね。
丼ものも凄い安くて気になったが、2品を食べるのが限界だった、、、



かなりの歴史がありそうなお店を訪ねるだけでも楽しめるかと思います。
すぐ横には大きな川が流れていて、解放感もありますので!

ただ場所柄か、酒が置いてないのが残念。
タクシー乗っても、呑みに行きたいような食堂でしたよ、、、






Last updated  2018年08月19日 22時44分09秒
コメント(1) | コメントを書く
2018年08月16日
カテゴリ:神奈川の角打ち


気になる酒屋に行ってきました。
場所は相鉄線の星川駅から徒歩6分ほどの「​一屋酒店(はじめやさけてん)​」

こちらは地図やタウンページにも載っていない幻の酒屋。角打ちができます!
さっそく入ってみることに!



裏口方入ると5名ほどが立ってのめるカウンター。
比較的若い(60代後半?)店主が一人で切り盛りされていた。



えっと、店内は相当渋いです。
阪東橋の浅見本店にひけをとらない程の老舗感。

横浜駅からもそれほど離れていないエリアに、こんなすごい酒屋があったなんて全くの盲点。。。



お客さんは地元の方が3人ほど。
年金暮らしの方よりも、サラリーマンの方が多い客層。
自宅に帰る前に一杯といった感じ。



アテは乾き物がメイン。
缶詰類も一通り揃っています。



壁にはテレビが掛けられていて、夏の高校野球で店内盛り上がっている様子。
ふと、横に目をやると、マルハの鯨大和煮の広告板。
こんな古いものを見たのは初めて!



50、60代の客層も多く、話が盛り上がるアットホームな酒屋。
もちろん、酒はほぼ原価なので千円あれば楽しめる!



相鉄線って、なかなか行き難い路線なのですが、確か日曜日も営業中とのことだったかな?
こちらはもう一度、再訪してみたいですね!






Last updated  2018年08月16日 17時19分25秒
コメント(5) | コメントを書く
2018年08月13日
カテゴリ:岩手県


お盆休みに入りました。
今回は金銭的な問題から北海道を周るのは中止し、東北一周に予定変更!

夜通し走り続けて、朝方に宿泊地の盛岡へ到着。
盛岡と言えば、冷麺、わんこそば、じゃじゃ麺の三大グルメが有るわけですが、朝から営業している盛岡じゃじゃ麺の有名店「​白龍​」にお邪魔してみました。



朝9時の開店後、10分ほど遅れて入店。
まぁ、金曜日の朝なんて空いているだろうと思いきや、店内はほぼ満席。

お盆休み中は長蛇の列ができるのでしょうね、、、



麺の茹で上がりに15分ほど掛かるため、それも行列ができる一因かもしれません。
頼んだのは、じゃじゃ麺(中)

うどんのような平打ち麺に具には、胡瓜、ネギ、すり生姜と特性味噌。
赤い不明な物体も生姜だったはず!



良くかき混ぜて、最初はそのまま頂きます。
正直、ピロピロ麺の水気により、そのままだとぼやけた薄い味。

続いてラー油、ニンニク、酢を適度に投入。
酢を多めに入れましたが、自分の好きなものを入れていけばよいかと。

すごい美味しいってものではないけど、珍しいというかこんなものかという感じ。



さて、じゃじゃ麺は最後にちいたんたん(+50円)と言う方法で〆のスープが頼めるのです。
目の前にある生卵を食べ終わったお皿に入れて、店員さんに渡すと。。。



こんなような玉子スープになって戻ってきます。
これまたお好みで、塩や味噌を入れて自分好みの味にする。

盛岡まで行けないって人は、横浜の三ツ境にもじゃじゃ麺のお店があるので、そちらで試してみるのも良いかと!






Last updated  2018年08月14日 08時40分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年08月09日
カテゴリ:南、中区


先週の日曜日だっただろうか?
このところ酷暑が続く中、遠征する気にもならずに近隣で呑むことに。

野毛も考えたが、10年前から週2回以上訪れている街なので、さすがに飽きた感じ。
ということで、門前町の弘明寺に降り立った次第。



既出ですが、1軒目は角打ちの「​越前屋田中酒店​​」から開始!



日曜日ということもあり、地元常連のおじさん達で混んでいた店内。
ここではホッピーと並々に継がれた焼酎を頂き、早めに退散。

と言っても焼酎の量が多くて、それなりに時間がかかったが、、、



さて、2軒目。
弘明寺の居酒屋はだいぶ攻めたつもりだが、そのほとんどが定休日。

何度か商店街を行き来したが入れるお店は見つからず。
ということで前から気になっていた鶏惣菜店の「​ハマケイ​」に併設されている立ち飲みコーナーに入ってみることに。



酒のメニュー
店内は壁際と中央にカウンターがあり、20人は入れそうな広さ。

鶏惣菜店と言っても、中を見ると普通の立ち飲み屋といった印象!



フードメニュー
何店舗かチェーン展開している鶏惣菜店のようだけど、おまけで立ち飲みをやっているというイメージではなく、意外に本格的でそれでいて安い!



頼んだのは若鳥唐揚げとホッピーのセット610円。
単品で頼むと670円なので、50円安くなる計算。



細めのグラスだったので焼酎は少し少ないかなと感じたが、中身お代わりが160円だったかな?
もちろん、専門店なので唐揚げは揚げたてで柔らかく美味しいね!



1軒に長くいるタイプでは無いし梯子酒が身についているので、チキンシュウマイ210円とホッピー中身をお代わりして退散。チキンシュウマイはまぁ、その通りのサッパリ系のチキンでした。

でも、思っていた以上に本格的で安い立ち飲み屋。次回、弘明寺に伺った際には再訪確実店になりそうです。ほんと、弘明寺はお財布に優しい町!






Last updated  2018年08月10日 15時39分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年08月08日
カテゴリ:横須賀


最近は三浦フリー切符を駆使して、神奈川の最南端である城ヶ島方面まで飲み歩いてる次第。
この日は三浦海岸駅で途中下車し、ランチに向かったのが駅から徒歩10分ほどの佇まいが怪しい食堂「​漁火亭​」



コンクリ打ちっぱなしの店内はテーブル席が5卓ほど。
10名ほどが座れる小上がり席もあり、そちらはご近所の方が宴会中であった。

こちらのお店は定置網元の直営店ということで地産の魚が安価で食べられるとあって、昼時は並ぶこともしばしばあります。特に海水浴シーズンのこの時期は、かなり混んでいるかと。。。



定食、単品のメニュー
定食類のほとんどが850円という良心的な価格。

CP抜群のキンメダイ煮付けの定食は、いつか食べたいと思っているところ。



そして専門の酒メニュー
基本は食事のお店なので、少しお高め。

でも、魅力的な単品が揃っているので、やはり呑みたいよね!



と言う訳で生ビール600円から開始。
シコイワシの揚げ物はお通しサービスだったかと。

そして、地元以外にはなかなか出回らないという海藻のアカモク300円を注文。
ネバネバした食感のアカモクは、ご飯にかけても良いしアテとしてもいける濃厚な味。
今は時期ではないけど、冷凍ものなら直売所で売っているという情報。



そして三浦に来たならば食べたい、金田湾のアジフライ600円。
サクサクで身が柔らかく、とても美味!



酒はホッピーに移行。
氷入りとは言え、かなりの焼酎が入ってました。
ちなみに、こんなに喰ったのかと思うでしょうが、2回訪問した分の食事ですm(__)m



最後の〆は、刺身定食850円。
刺身はその日にあがった魚の種類で変わります。
この日はブダイの刺身とのこと。

ミニサラダや小鉢なども付いていて、刺身にはマグロやイカも添えられていた。
やはり、この価格は漁師じゃないと無理でしょ!



刺身は酒のアテで、ご飯にはアカモクを乗せて大満足。
今までガッツリ呑んでいたことが多かったけど、昼下がりに軽くこんな呑み方をするのが最近の楽しみ。
歳と共に酒も弱くなってきたしね。。。






Last updated  2018年08月08日 21時58分01秒
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:神奈川の角打ち


この日は横浜線の十日市場の角打ちから始めたと思った。
そこから電車にのって大口駅に到着。
JR大口から京急の子安に続く大口商店街は、古くから栄えてきた街。



どこの商店街もそうだけど、最近はどこの商店街も閑古鳥が鳴いている状態。
こちらもその例の通り、シャッター街となりつつある商店街。



そんな商店街の通り沿いにある酒屋「​石川屋酒店​」
大口って、角打ちできる酒屋が多い町。数えただけで5件ある。

こちらは今回初めて入ったが、立ち飲み屋の雰囲気漂う角打ちができるお店。



店内はカウンターの立ち飲みのみで6人ぐらいが入れただろうか?



ホッピーがあったので、そいつを頂く。
価格は失念。予想だがセットで390円辺りだったような気がする。



アテは胡瓜付け150円。
浅漬けかと思いきや、女将さんが糠床から出してきた糠漬けが、この価格で食べれるのは嬉しい限り!




ホッピーの中身お代わりを注文した後に頼んだ、鯖の味噌煮150円。
どこかで見たことがある鯖。おそらく、業務用スーパーで売られている鯖を自分でアレンジして出しているのだと思います。



界隈の飲食店や居酒屋は、毎日の競争で厳しいのだろう。
ご馳走様でした。






Last updated  2018年08月08日 07時16分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年08月06日
カテゴリ:川崎


前置きが長くなりますが、数週間前の土曜日。
この日は久し振りに京浜工業地帯の浜川崎に降り立った次第。

駅の近くには、ネットに情報が無い渋い酒場。
先を急ぐので今回はパス。



暫く歩いて、目標の酒屋「小澤屋本店」は、角打ちコーナーが終了していました( ノД`)



チェック済みの大衆食堂は、団体客がいてパス!



裏通りにあるマニアックな食堂は、少し酒が入っていないと入り難いか。
ということで結局、川崎駅まで歩いてしまった次第。



クタクタでどこでも良いから冷房が効いている酒場に入りたい!
でも、極力チェーン店は避けたい。

で、辿り着いたのが恐らくかなり老舗の焼き鳥屋「​泉家​」
冷房が効いていなければどうするかと思いながら、その佇まいに我慢できずに入店!



川崎界隈はあまり詳しくないが、そこそこの人気店らしい!
ハコはかなり大きく、2Fにも席があるとのこと。

年季の入った店内はL字のカウンターにテーブル席が数卓。
厨房には年配の店主が客と競馬話をしながら、競馬新聞を読んでいる。



焼き鳥は120~200円という価格設定。
酒はサワー類が380円。
他にも一品物が300円台で揃っていて、最近の酒場に比べると安い方なのでは!



もう歩き疲れて梯子する気もないので、どんどんと頼みましょう!
こちらは焼き鳥2本縛りになっているので、知らずに頼むと写真のようになります。。。
といっても、単価が安いので安心!



何を頼んだのかは定かでは無いですが、皮、タン、オクラ辺りだっただろうか?
なぜ、オクラを4本頼んでいたかは不明。

でもね、癖のありそうな店主が焼く焼き鳥は、まぁ普通に美味しいですよ!
120円なら満足レベル!!



酒はウーロンハイを呑んでいたかな?
追加でツクネ150円、モロキュウ300円を注文。

日本酒が飲みたいところですが記憶なくすため、ぐっとこらえます。



お新香300円は、大根、胡瓜、白菜など。
胡瓜は糠ではなく、浅漬けでした。



最後に頼んだのは砂肝かな?
若い人が少なく、単独の一人呑み客が多いのも共感が持てたお店。

最近は京浜工業地帯や横須賀ばかり通っているため、川崎駅界隈で呑むことは少ないが、大衆系のお店が好きな方にはおすすめかも知れませんm(__)m






Last updated  2018年08月06日 21時10分10秒
コメント(2) | コメントを書く
2018年08月03日
カテゴリ:鶴見、神奈川区


この日は京急の神奈川新町に降り立った次第。
一軒目は、この界隈で一番美味しいと言われている焼き鳥屋へ。

そのあとの〆。国道1号を信号渡れば有名なラーメン屋があるが、最近はラーメンを控えるようにしています。



ということで、界隈で有名な定食屋「​なりこま家​」(ラーメン屋と間違えちゃうよね)

こちらは定食が激安で有名。からあげ定食が450円はすごい!
これでも値上げしたというから驚き。。。



店内は券売機で食券を買うシステム。

その中に瓶ビール400円があったので、呑っちゃいますね!
ちなみにお通しのひじきは無料。



こちらのお店の一番人気はハンバーグ定食。
でも、つまみになるようなものが食べたかったため、ジャンボメンチ&唐揚げ定食580円を注文。

すごいな。。これで税込み580円なんて!


唐揚げはおまけなので2個ほどしか添えられてないが、ビールのつまみには最適。
ちなみに、21時ぐらいに入ったにもかかわらず、店内はかなりの席が埋まってました。



巨大メンチもすごい美味しいって訳ではないけど、この価格であれば立派なもの。
近くにあれば通いたいけど、電車賃かけて行くのも馬鹿らしいので、近くで呑んだ時の〆的な使い方なら良いかもね!






Last updated  2018年08月03日 16時30分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年08月02日
カテゴリ:保土ヶ谷、西区


先日、保土ヶ谷エリアに遠征した2軒目。
有名な大衆酒場「三河屋」から横浜方面に数分歩いた長屋のような商店街。

その中にひと際目立つ渋い佇まいの店を発見。
ネットの情報だと、常連さん多い居酒屋だというそのお店は「​大衆酒場 浜屋​」

アウェイだろうと言うのは承知だが、その佇まいに我慢できずに入店して見ることに!



店内は6人ほどが座れるL時のカウンター。テーブル席が2卓?ほどあっただろうか?
内装も予想通り、くたびれ感がある。

そして高齢の店主が、、あれれ?店主は30代ぐらいの若い男性が切り盛りしていた。
話を聞くと、親父のお店を継いだという。

もちろん、お客もくたびれたオッサン達を想像していたが、30代の若い客が数名。
思ってたイメージとかなり違った('◇')



まずは酎ハイ400円を頂く。
接客も良く、好青年という感じの店主。

ほんとは癖のあるような親父を期待していたのだが。。。



お客さんはほとんどが、近くに住んでいる地元民の方。

年金暮らしのオッサンがたむろしているお店で無かったのが残念だが、一見で入ってきた自分にもフレンドリーで近くのおすすめラーメン店などを教えてくれた。



アテはゴーヤ玉子400円を注文。
全体的に割安感は無いが、高くも無いといった価格設定。

ごはん、みそ汁、おにぎりなどもあるので、地元民ならばここ1軒で済ませられるようなメニュー構成。



続いて頼んだ、煮豚350円。
出てきてびっくり、真っ黒になるまで煮詰めたような外観の物体が目の前に置かれた。

これ、濃くてしょっぱそうだなぁ?と思い食べてみると、全くの薄味のサッパリ感!
これは美味しかったね。。。

酒はお代わりしたのかは記憶がないけど、おすすめのラーメン屋を聞いたので、これでお暇いたしましょうm(__)m



保土ヶ谷駅の飲み屋街って、古い老舗店が多い印象。



先日の新川崎も面白かったが、これからはちょくちょくと顔を出して見ることにしてみます。



東京と違って横浜は、まだまだスレてない酒場が沢山揃っていそうだね!






Last updated  2018年08月02日 21時37分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月31日
カテゴリ:保土ヶ谷、西区


この日は平日だったのですが仕事が早く終わったため、軽くプチ遠征。
バスに揺られて伺ったのは、横須賀線保土ヶ谷駅界隈。

自宅から保土ヶ谷駅に行くには電車だと遠回りなので、山越えするバスが便利。
ただし、本数が少ないのが難点。



駅前には老舗の渋い酒場が並んでいるのが特徴的なこのエリア。
その中でも一番有名な昭和28年創業の大衆酒場「​三河屋​」に初入店。



店内は12人ほど座れるコの字のカウンターにテーブル席が4卓ぐらいあったかな?
客層は若い方からサラリーマン、年金暮らしの方と様々な人たちが飲んでいた。

最初に頼んだのが生レモンサワー349円。
税込み表示なので価格は端数ですが、直感で合計金額が計算できるのでわかりやすいかも。
ちなみに生レモンと言ってもカットレモンが入っているだけで、絞ったものではありません。



フードは焼き鳥がメインのようなので、ネギマ1本113円を注文。
2本縛りなのかはわかりませんが、自動的に2本出てくるようです。

お味は普通の焼き鳥ですかね。
でも、消費税抜きで105円という価格はなぜなのだろう?



続いて、万能ねぎ巻き113円。
なぜかこれは1本で出てきた??

野菜の肉巻きは、ほとんどが113円という嬉しい価格。



サワーのアルコールが薄めだったため、日本酒に移行。
樽酒 初孫349円を選択。

他にも地酒が6種類ぐらいありましたが、すべてワンカップでの提供。
一升瓶で置くと場所を取るし、このシステムの方が楽かも知れないね。




栃尾上げ339円。
味はどれも平均レベルですが、とにかく座って飲めるお店としては安い。

ただ、どの席も喫煙可能なので、隣でプカプカとやられると厳しいものがある。

酒はハイボール349円を頂くが、やはり少し薄めか!?
ということで、初孫をもう一杯頂いております。



最後は長芋の素揚げ339円?
を頂いて、お会計は二千円前半!

お味は普通だけど、酒、フードの平均単価が350円以下なので、安く飲めるのが嬉しい酒場。
禁煙席が無いのと、混んでいるのが難点かな。
でも、良いお店でしたよ!






Last updated  2018年07月31日 23時35分18秒
コメント(3) | コメントを書く

全2542件 (2542件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.