10643274 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

横浜泥酔

PR

Free Space

Recent Posts

Archives

Category

Comments

mouda0915@ Re[1]:野毛 てづか・移転したてづかさんに初来訪!(08/16) 小径のヌシ(^-^)さんへ 先客の女性二人が…

Headline News

全61件 (61件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

青森県

2018年11月09日
XML
カテゴリ:青森県


夏休みに周った東北一周。
盛岡を出発して1時間ほどで青森県の八戸に到着。

時刻はお昼時、課題だったこちらの「​かわら食堂​」で腹ごしらえと行きましょう。



えっと、こちらの食堂は馬淵川のすぐそばにあります。
だから、かわら食堂。

駐車場はありませんので川沿いの道に車を止めろと指示されます。
駐停車禁止ではないので、問題ないと申しておりました(-_-;)



雑多な店内はカウンター、テーブル席と小上がり席で構成され、厨房には元気そうな年配の大将と女将さん二人で切り盛りしている食堂。

壁にずらっと貼られたメニューの前の席に通された次第。
おっ、かけそば250円にチャーハン350円、カツカレーも450円と強烈な安さ。
極めつけは、青森で一番安いというラーメン180円。



頼んだのはもちろんラーメン180円にやはり気が引けて、カレーライス300円を追加。
お冷はワンカップグラスにて提供される。



まずは300円のカレー。
あれ?意外に具が入っていて、そのほとんどが豚バラ肉。もしかすると、野菜は溶けてしまったのかも知れない。

味は市販のカレー粉をアレンジしたものだと思いますが、これを言っておけば間違いなしの家庭的な味と言っておきましょう!



さて、名物である180円のラーメンが登場。
具には、薄い豚ロースチャーシューにネギがちょこっと。

流石に安いだけあって具は2品。
麺は細ちぢれ麺、そしてスープは意外としっかりした味の鶏ガラスープ。

すごい薄いイメージだったけど、スープに関しては鶏の旨味がでていて美味いと感じた。
麺も普通だし、具が少ないのはしょうがない。これならありかと!



今回は車なのでお酒はなしというか、置いてなかったかも。
すぐ横は大きな川なので、涼んでいくのも良し!
ただし、命にかかわるので冬は止めた方が良い、、、



こんな味がある食堂が残っている青森はまさに天国。
金がないので、高速バスなどを使っていきたいなぁ。疲れるけど。。。








Last updated  2018年11月10日 17時09分17秒
コメント(6) | コメントを書く
2018年05月27日
カテゴリ:青森県


今年のGWはいつもの通り東北一周に出掛けておりました。と言っても3泊4日のハードスケジュール!
一日目の宿泊地は、今回初となる三沢市。

自衛隊と米軍のベースキャンプがある街だけに、意外に居酒屋やスナックが多いという印象。
でも、ここに泊まった目的は大衆食堂に伺う事!

と言うことで1軒目は佇まいが素晴らしい「​第一食堂​」に伺ってみました。



昭和で時間が止まっている店内は、80歳は過ぎていると思われるお母さんが一人で切り盛りしています。
先客はすでに年金生活に入っているお父さん二人。

メニューは丼ものに麺類などで、飲むのに必要な一品ものは揃っていない様子。



お酒は、ありがたいことに瓶ビールだけがありましたので、それを選択。
5月の三沢はまだ少しだけ寒いので、だるまストーブが点けられていました。



お通し的なものは無いと思いますが、サービスでチャーシューを頂いちゃったりして。。。
それも4枚もね。。。



流石にサービスのチャーシューだけでは辛いので、酒のアテになる焼きそば580円を注文。
梯子する予定なので、付け合わせなどは要らないのですが、サービスでご飯を付けてくれちゃったりして(-_-;)



肝心の焼きそばは、玉ねぎ、キャベツ、豚肉程度しか入っていませんが、流石のベテランだけあって普通に美味しい焼きそばです。

漬物も自家製なのかな?東北の漬物は美味いよね!



ほとんがサービスだったので、お腹いっぱいになってお会計は1080円ほど。
この後に何軒かの食堂に行ってみましたが、そのほとんどが廃業でした。

こちらも趣味で営業しているようなイメージなので多分、この代で店を閉めるのでしょうね。。
機会があれば存続しているうちに、また伺ってみたい!



三沢のスナック街は看板の明かりが灯っていても、お店の方は営業しておらずの状態。。



地方のこんなスナック街も、常連さんが去っていったらどんどんと廃業していくのだろうね。






Last updated  2018年05月27日 10時25分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年05月05日
カテゴリ:青森県


GW前半の4日間で東北一週に行ってきました。八戸で朝食を頂き、そのまま下北半島一周へ!
向かうはマグロの街、大間。

恐山があるむつ市までは何度も行ってますが、下北半島一周するのに8時間ほど掛かるため、大間まで来たのは今回初めて!



海鮮丼のランチ目当てで訪れたお店は、地元民しか来ないという食事処「​馬い家​」
地方の集落によくある、昼はランチやっていて夜は居酒屋というパターンのお店ですね!

事前情報通り、お客は地元の漁師や漁港関係の方が多かった。
面白いことに地元の人は唐揚げや生姜焼きなんかを頼んでいるのね。おそらく魚介は食い飽きたのでは!?



遥々、900㎞の道のりを走ってきたので、こちらは魚介類を頂きます。
頼んだのはランチメニューの海鮮丼1600円。

メインの海鮮丼の他にプリン、小鉢2品、最後にコーヒーが付くお得メニュー!



脇役の小鉢類はこんな感じで!
これにコーヒーが付くのだからCPはとても良い。



ハイ!メインの海鮮丼をマグロ側から撮ってみました。
しめ鯖にサーモン、そして本マグロ。

頂上にはウニ、本物のカニ、そして甘えび。
す、素晴らしい。。。



裏に回ると、水タコ?
その奥にはホタテが隠れていましたねぇ。

まぁ、マグロはなかなか上がらないかもしれないけど、他の魚なんて幾らでも獲れてしまうのでしょうね。。。関東で食べたら2500円以上の価値がありそう!



大間って、美味しいマグロは高く売れる築地に出荷してしまうという事前情報でだめだと思っていたのですが、いやスジひとつない柔らかさで美味しいでは無いですか!

確かに朝に食べたヒラメ漬丼も美味しかったけど、これだけ海の宝石箱状態だと、こちらに分があるか?
とりあえず幸せ!



まさか、ウニまで乗っているとは思わずに頼んでしまいましたが、旅の途中で痛風の発作が起きたのは内緒です!

でも体調を整えて、これだけを食べに来年も伺いたいですね!
次回は大間で宿泊するのも良いかな!!






Last updated  2018年05月06日 00時00分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年04月30日
カテゴリ:青森県


毎年、GW中に遠征している東北一周。今回も行ってきましたよ!
今回は3日間で東北を周るという強行日程。

夜通し走って八戸に着いたのは7時過ぎ。
伺ったのは5年振りぐらいになる「​みなと食堂​」



実は2年前の夏にも伺っていますが、店の前には長蛇の列であきらめた経緯がある訳で、
今回はリベンジとなります。

休みをもらった金曜日の朝に伺ったので流石に並んでいる人はいませんでしたが、ほぼ満席状態!
GW後半は並ばないと食べれないかと思います。



こちらは陸奥湊駅前の市場沿いということで朝の6時から営業。
その1時間後には限定のホタテ丼が売り切れというのだから、厳しいよね。

ということで以前にも食べた人気No.1のヒラメ漬丼とせんべい汁セット1350円を頂くことにした次第。



暫くして、出てきたセットがこれ!
具沢山のせんべい汁に漬けヒラメがたっぷり乗ったどんぶり。

小鉢には山芋の千切りが入っていて、混ぜて食べてくださいとのこと。



ハイ!これがメインのヒラメ漬丼。
これでもかって言うくらい、漬けヒラメが所狭しとどんぶりに乗っています。

そして中央には卵黄!
ヒラメはちょっと甘めの漬け汁に漬かっていて、ご飯の底にも汁が溜まっている。



海鮮丼と違ってこの漬丼は、とにかくかき混ぜて食べるべし!
流石にこれだけのヒラメが乗っていると、ヒラメ喰ったという気分になる。
ほんとに幸せ!



そしてせんべい汁の方は甘めの味付け汁に、なめこ、コンニャク、野菜と南部せんべいが入っていて、飲むというよりも食べるといったイメージのもの。

最近は人気があっても実際に食べてみるとあれ?というお店が多いけど、ここは実力もある人気店。
なんていったって市場がすぐ並びにあるのだから、新鮮に決まっている!

かなりの人気店になってしまいましたが、八戸に行く機会があれば是非!!






Last updated  2018年04月30日 19時52分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年10月05日
カテゴリ:青森県


今年のゴールデンウェークに行った東北一周!
八戸に宿泊した日にあの有名な霊場 恐山まで行ってきました。

八戸から恐山までは片道で100㎞程度。まぁ、行って帰ってくるのにまる一日ぐらいを見ておいた方が良いでしょう!



下北半島を北上し、途中の道の駅「よこはま菜の花プラザ」で食事タイム。
原発で有名な六ヶ所村などがある田舎の地域なので、食事できる場所は限られてます。



ここでは陸奥湾で獲れたホタテを使ったホタテ塩ラーメンが有名!
アオサが乗ったサッパリスープに、プリンプリンのホタテが人気の塩ラーメン!

腹ごしらえをしたところで、恐山に出発!と言っても、今回で3回目の訪問だったかな?



お地蔵さんが連なる峠を越えると、美しいエメラルドグリーンの湖が見えてくる!
これこそ、酸性度が強くて魚はウグイの一種類しかしか住んでいない死の湖「宇曽利湖」

そこに流れ込む三途の川を渡ると、スマホの電波さえ届かない地獄エリア!GOGO!!

P4300008.JPG

無料の駐車場に止めて、霊場恐山に向かいます。
場所が場所なんで観光客は少ないけど、外国人の方もちらほらおられますね('_')

P4300011.JPG

恐山に入るとすぐに恐山温泉があります。
右手が男湯で左手が女湯だったかな?

と言っても、外から丸見えの掘立小屋なので入っている人は見たことない!
恐山の菩提寺に泊まった人が、夜に入りに来るぐらいでしょう。けっこう度胸がいると思うけど!!

P4300013.JPG

ますは地獄エリアに潜入!
霊感強い人は見ない方が良いかもね!!

IMG_9316.JPG

硫黄があちこちからシューシューと湧いている!
石が積んであるのですぐにわかる、、、

IMG_9315.JPG

雰囲気的には、無縁仏が通路に散らばったりしていて、結構やばいっすm(__)m

IMG_9317.JPG

歩きたばこは、硫化水素に引火の恐れがあるので、止めましょうm(__)m

P4300025.JPG

何度来ても、やばいっす!

P4300019.JPG

硫黄の成分が流れ込んだ、赤茶けた池もやばいっす、、、
真っ赤になるときもあるらしいよ!

P4300026.JPG

地獄エリアは歩いて一時間ほどで観光できます。
そこから湖にむかうと極楽エリア!

IMG_9321.JPG

そこに浮かぶ光景は、白い砂浜に、エメラルドグリーンの湖!まさしく天国!!
数百メートル歩いただけで、このギャップは素晴らしい!

P4300020.JPG

酸性度が強いためにエメラルドグリーンの湖ですが、実際は死の湖。。
恐山はホントにやばいっすm(__)m






Last updated  2016年10月06日 06時50分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年09月25日
カテゴリ:青森県
今年の五月GW中に行った東北一周ツアー!
八戸で楽しい夜を過ごした後は前の日に情報をもらった朝市に向かってみました。
さすがに呑んだ次の日の早起きは辛い。。。でも、頑張って寄ってみることに。



八戸の朝市は「陸奥湊駅」前で行われている場所にしか行ったことが無かったのですが、そこから車で5分の「館鼻岸壁」の朝市。 

ここの朝市は八戸市内はおろか、日本一とも言える最大級の朝市が行われているとのこと。
朝の7時半に到着したら埠頭内はおろか、近隣の道路にまで路駐車両が溢れている。すげぇー



五月の八戸の朝はまだ寒くて気温10度。そんな中すごい数の人が朝市に来て熱気むんむん!



恐らく朝獲れのカレイを含む鮮魚類も売られていて、とても安い!
オイラン、宗八カレイは4匹で千円!!



野菜や果物も販売中!リンゴが安いなぁ~




露店は基本的に2種類に分かれていて、物を売るお店と食事ができるお店に分かれています。



と言う事で買う方には興味がなく、食べる方へ!
息が白くなるほど寒いので、並ぶほどの人気な、そば、うどんの露店へ。



せんべい汁や馬肉鍋も気になりましたが、看板にはうどんが人気と書いてある。
やはりここは人気メニューから攻めることに!
隣の店ではインド人?がナンを焼いてました・・



頼んだのは「かき揚うどん(450円)」
かき揚はその場で揚げて提供されます。さっそく頂いてみると、確かにコシがあって美味かったのですが、感動するレベルではないなぁ。。
普通に美味しいうどんですがね。。。



続いて食べ歩き。
汁物系の店が立ち並ぶ中、ラーメンが200円の店を発見!
ただし、朝からラーメンは血圧上しんどい。。
ここはスルーでm(__)m



歩いていると行列ができているお店を発見!
焼きたてのパンを販売しているとのこと。



なんで露店で焼きたてのパンが食べれるのかという疑問。
裏に回るとバンの中でパンを焼いていた。すごいな!
ここも並んじゃおう!!



人気店だけあって並んで自分の番が周っていたころには、人気のパンはほとんど売り切れ状態(+_+)
残っていた、メンチカツとチョコクロの2品だけお買い上げ・・・
それとコーンスープもね!



人混みが凄いのと寒さが耐えられないので、車の中で頂きました。



焼きたてはやはり何でも美味しい!
でも、チョコクロのパンにチョコレートクリームというのは、やはり苦手かも。。
メンチカツは美味かったけど。。

でも、ここの朝市はほんとに凄かった!
舘鼻岸壁の朝市は日曜日のみ開催されるので、八戸に行く機会が寄ってみてください!!






Last updated  2016年09月25日 22時42分51秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年08月07日
カテゴリ:青森県
早いもので一年の半分以上が過ぎて、いよいよ来週はお盆休みという方が多いのでは?
私は老体に鞭打って、今年も北の大地へ旅立つ予定。その前に痛風が再発症したのがやばいけど。。
 
さてこれはGWに行った東北一周弾丸旅行。八戸で宿泊した次の日は、恐山まで観光しに行った後に秋田へ向かってました。 
 
IMG_9461.JPG
途中で疲れた体を癒すため、青森で有名な浅虫温泉の近くにある道の駅「ゆーさ浅虫」へ。
こちらの5Fが展望浴場になっていて、たったの350円で日帰り入浴できちゃうわけ!
 
青森湾を見ながら、貸し切り状態の温泉で、すっかり癒される。さて、風呂から上がって昼飯でも食いに行きましょうね!
DSC01148.JPG
道の駅「ゆーさ浅虫」に車を止めて伺ったのは、徒歩5分のあるものが有名な食堂「鶴亀屋食堂
店の前にも大きめの駐車場があるけど、さすがにGWだけあって、空き待ちの車が並んでいる。道の駅から歩いて来て正解だった!
 
IMG_9468.JPG
関東から800km離れている青森とは言え、GWの人気店に入るのに並ぶのは必須!でも、11時半頃に並んだため10分ほどで熱気溢れる店内へ。
 
DSC01150.JPG
お店の天井にはマグロの産地が書かれているラベルが所狭しと貼られている!
仕入れ先は横須賀の三崎や沖縄、三陸と、日本中からマグロを買いあさっているみたいだね!
 
IMG_9470.JPG
混んでいるので席はもちろん相席。
着席しメニューを拝見!食堂というだけあって、定食類から麺類、天ぷら、カレーなどが揃っている。
でもね、近くの方ならいざ知らず、せっかく関東からはるばる来たからにはアレを食べないと!!
DSC01151.JPG
こちらのお店は山盛りのマグロ丼が名物なんです~!情報を見ると本マグロを使っているらしいが、市場も休みなのだろうね?
という事で、本マグロは無かったため「メバチマグロのミニマグロ丼(2000円)」 を注文。
 
するとどうでしょう?ミニマグロ丼なのにチョモランマのように積み上げられたマグロ君。高さは15cmほどあったかも知れない。。。
 
DSC01157.JPG
そのままマグロの山を崩して食べるのは、かなり食べにくい。という客が多いのか、取り分け用の小皿も準備されてます。
 
で、小皿に取り分けたメバチマグロの赤身を頂く。メバチと言いながら、スジも少なく柔らかい、予想外にちゃんとしているマグロでしたが、10枚ほど食べても未だに白米に有り付けない。。。どんだけ~盛ってるんだよ・・・
 
DSC01158.JPG
メバチマグロの切り身を20枚ほど食べたところで、やっと白米が見えてきた!
但し!この時点でもうマグロは暫く食べなくていいやと思っていた頃だ!残念。。。
 
予想では、もっとスジが多くて安いマグロを使っているのでは?と思っていたが、ここのマグロはホントに良いものを仕入れているんだなという感想。
 
但し、これでミニですから小とか中を頼むと、とんでもないことになるという事を頭に入れておいてくださいね!! 

鶴亀屋食堂定食・食堂 / 浅虫温泉駅







Last updated  2016年08月07日 23時02分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年07月22日
カテゴリ:青森県
ゴールデンウェークに行った東北一周旅行。この日はもう5回以上は泊まっている八戸に宿泊。
さっそく夜の徘徊開始と行こうじゃありませんか! 
 
IMG_9359.JPG
一軒目に入ったお店は、去年も伺った事がある地元民が集う居酒屋「酒房 昌ちゃん
流石に何度も八戸に来ていると、観光地価格の居酒屋に入るのが馬鹿らしくなる!その点、このお店は地元民しかいないので、地元適正価格で呑むことが出来ます。
 
IMG_9363.JPG
頼んだのはドリンクが一杯付く「晩酌セット(880円)」
ここではサワーをお代わりしてサクッと退店。
 
この次は、地元民ご用達の大衆食堂「宝来食堂」で食事したんだっけ! さてここからが本領発揮!ネットで八戸のDEEPなお店はリサーチ済み!!
 
IMG_9402.JPG
伺ったのは、細い路地にあるスナックが立ち並ぶ飲み屋街。
そこに怪しい看板の店発見!店の名は「洋酒喫茶 プリンス」(笑)
  
IMG_9403.JPG
看板には「DEEP 八戸」の文字。
知らない土地でこんな看板を見ると、ドキドキハラハラのワクワク状態!
テンション上がってヨダレものー!! 

DSC01110.JPG
お店の外観を見てみると、外からは中が全く見えない上級者向けの佇まい。
緑色の壁に窓には鉄格子?中はどんな事になっているのかと、好奇心でいっぱい!! 
イザ入店っ!
 
DSC01114.JPG
店内に入ると、天井にシャンデリアの照明。
 
その周りには名刺がところ狭しと貼られていて、LEDなどの装飾ランプもあちこちにぶら下がっている。それよりもね!席が空いてないほど人が一杯いるー!!
 
IMG_9408.JPG
客層はサラリーマンに地元のオッサン達。中には女性だけで来ているグループもいる。
実はこちらのお店、地元民に大人気のバーなのです。
 
佇まいはDEEPだけど、この怪しさがウケているみたい。野毛で言うと「夜光虫」みたいな店かな!  
 
DSC01112.JPG
八戸では野毛のように一人呑みというのは流行ってないらしく?ほとんどがお連れさんを連れてきている店内。
 
おかげでテーブル席は埋まっていたけど、カウンター席の奥に空席を発見し着席!
目の前にはマリリンモンローのポスター。ウィスキー棚には常連さんのボトルがぎっしりと置かれている。
 
DSC01115.JPG
カウンター内には40代と思われる夫婦が切り盛りしている様子。旦那の方はオールバックにベストを着こんだイケメンバーテンダー。
 
ママも昔は綺麗系だった感じで、青森弁でしゃべりかけられるとそのギャップが面白い!
「どこから来たんだべさー」とは言わなかったと思うが、気軽に話しかけてくれた!
 
ちなみにお酒は、ハーパーのソーダ割りを注文。 

DSC01113.JPG
お通しは、乾き物のスナック。
 
実はこのお店、ドリンクがオール500円で一応、バーなのにお通し代やチャージ料もとらないのが人気の秘訣!
 
野毛に通っている人間としては、もう少し雰囲気が濃い方が良かったけど、ママと色々と喋れて嬉しかった!
  
DSC01117.JPG
最後におすすめのカクテル「カブラキ」を頂いて終了。
 
これはブルーハワイみたいな色をしたカクテルにレモンとチェリーが入っていて、甘ったるさも無くサッパリとしたカクテル。
 
お会計は、せっ、、千円・・・今宵もまたDEEPな八戸の夜が更けてゆく !
 

プリンスレストラン(その他) / 本八戸駅







Last updated  2016年07月25日 19時21分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年06月26日
カテゴリ:青森県
今年のゴールデンウェークに行った東北一周ツアー。二日目の宿泊地は何度も訪れている本八戸。
さすがに10回以上来ていると、価格が高い観光客目当てのお店に入る気がしない。 
 
DSC01107.JPG
という事で前々から伺って見たかった、繁華街から少し外れた昭和の食堂に伺って見ました。その名も「宝来食堂」。地方に行くと庶民的な大衆食堂が数多く残っているのが嬉しいよね。 
 
DSC01092.JPG
民家のような佇まいの入り口横には消えかかった献立表。暖簾が掛かっているので営業はしているのだろうけど、中が見えなくてとっても入りにくい~外観。と言っても、ディープな店には慣れちゃった(笑)いざ入店!
 
IMG_9384 - コピー.JPG
入った途端に失敗した!と思ったのは、常連さん達が酒を持ち込んで宴会状態!どうみても地元民ばかりで観光客など皆無の状況。
 
とは言え一度入ってしまったからには、後には引けない。とりあえず空いていたテーブルに着席。古びた店内はテーブルが4席にカウンター3席ほど。奥の厨房では初老の女将が料理を作っている。
 
IMG_9385.JPG
もれなく昭和が付いてくる店内には、今では懐かしい石油ストーブ。5月と言えども青森の夜はまだ冷えるのを覚えておこう。
 
IMG_9381.JPG
アウェイ感漂う中、平常心を保ちながらメニュー表を確認する。一番端には目的の中華蕎麦がなんと200円!他にもカレーが300円だったり、カツ丼が400円だったりとあり得ない価格。
 
DSC01100.JPG 
ちなみに八戸で一番安いラーメンは180円(驚)で、こちらは2番目に安いお店となる(汗) 

DSC01096.JPG
最初に頼んだのが激安の「カレーライス(300円)」
量は多少少なめで、当然ながら業務用のルーを使っているタイプ。でもね、ちゃんと肉や野菜などの具も入っているし、 家庭的な普通のカレーで懐かしい味。こんな雰囲気で食べるととても旨く感じるから不思議!
 
DSC01102.JPG
場違いかな?と思いながら食事をしていると、常連さんが「これを使うか?」と福神漬けを置いてくれた。東北の人って人情厚くてやさしいなぁ。。 
 
DSC01097.JPG
もちろん、名物の激安「中華そば(200円)」も注文しました。
半透明なスープの上にはネギ、メンマ、チャーシューが乗っていて、この価格でこんなにちゃんとしたものが出て来るとは思わなかった・・・
 
DSC01099.JPG
麺は柔目で少しだけ縮れているタイプの物。そして肝心のスープは、鶏がらと煮干しを使った懐かしい中華食堂のラーメンと言った感じ。これ、200円にしてはクオリティが高すぎるよ~!
 
一番気になったのがメニュー表に掛かれていた「定食(時価)」。もしかして、定食だけ高いのかなぁと思い調べてみたら、何のことは無い価格の500円だって(笑)
 
何時になるかはわからないが、次回はカツ丼(400円)を食べてやると誓い、店を出るのであった。。。 

宝来食堂定食・食堂 / 本八戸駅







Last updated  2016年06月26日 12時20分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年05月02日
カテゴリ:青森県
八戸の朝市を後にして向かったのは浅虫温泉の道の駅。5Fにある温泉は350円で入れるの!陸奥湾が一望でき、貸切状態で最高!!
rblog-20160502074123-00.jpg
その道の駅に車を停めて向かったのがマグロ丼で有名な「鶴亀屋食堂」11時に伺った時点で5人待ち。食事を終える頃には10人ほど並んでいた(^^;;
rblog-20160502074123-01.jpg
頼んだのはメバチマグロ丼の小(2000円)。出てきたのはチョモランマのように高く積まれたマグロ丼(^o^)/
rblog-20160502074123-02.jpg
取り分け用のお皿に移しても、なかなか白米が見えて来ない。。これのどこが小なの??
rblog-20160502074123-03.jpg
なんとか完食しましたが、暫くマグロは食べれませんm(_ _)m






Last updated  2016年05月02日 11時21分14秒
コメント(0) | コメントを書く

全61件 (61件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.