029113 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

不良中年をめざして!

PR

Profile


不良中年オーパ

Favorite Blog

そうじゃないかもね nekoko0207さん
小島トモオス 小島トモオスさん
肉まんじゅう 肉まんじゅうさん
私の音楽的生活 sweetrendez-vousさん
この地球の、同じ時… ルーチェ1000さん

Freepage List

2007.09.07
XML
カテゴリ:政治
推測するに、政治家にとっては
政治活動にかかる「金」と
選挙活動にかかる「金」が
同じ財布に入っているらしい。
そればかりか、
生活費も同じ財布にいれているとしか
思えない事実が発覚する政治家もいる。

事ある毎に
「政治には金がかかるんだ」と、口にするが、
その細かい内訳をつまびらかにする政治家はいない。

政治活動にかかる「金」=政治資金=政治資金規正法にて制限されている。
一方
選挙運動にかかる「金」=選挙資金=公職選挙法にて制限されている。

「金」ということでは同じだが、
別の法律でその授受や金額を制限されている。

それぞれが、何度改正を重ねても「ザル法」と呼ばれ、
巧妙に抜け道をみつけてはその本質を逸脱する政治家の金銭感覚。
一般の国民感覚とは次元が違うとしか言いようがない。

その違いが、「一円までの領収書を!」という声に対して、
あれこれ難癖をつけてここに到って改正法案がでてこない理由だ。

個人的な肌感覚ではあるが、
今回だけはきっちり対応しないと、
有権者の大多数は許さないと思う。

政治家に対する不信感は、かつてないほど膨れ上がっている。

国民の金銭感覚、国民の目線に立てる政治家しか
国民は必要としていないことを
政治家は再認識すべきだ。






Last updated  2007.09.07 14:40:45
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.