693732 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

門外漢のねごとたわごとひとりごと

2017.09.21
XML
カテゴリ:社会観察関連

まだ9月に入ったばかりの頃の新聞広告を見ていると、嘘だろうと思うような広告が…。

おせち予約.jpg5段広告(新聞1ページの3分の1のスペース)多色刷りの広告だった。
内容は来年の重箱お節料理の予約受付の告知広告でした。「早い時点で予約を入れるとかなり割引がされて安くなるからお得ですよ!」ということのようです。

そりゃ~仰りたい理屈はよく分かりますが、いくらなんでも早すぎやしませんか? まだ9月の初めですよ、というのがこちらの感想です。

まだ3か月近くも先のことなのです。そんなに一歩どころか何歩も先を見越した生活をしていると、おそらく早く歳を取ってしまいそうな気にもなってくるのです。

そもそも自宅のお節料理なんてものは、各家それぞれの味のようなものがあって、独自の色合いが出ているものと思っていましたが、家庭で料亭のお節料理で新年を祝うことができるといったコンセプト。

分からないわけではないけれど、私がどうこう言うことでもなさそうですのでこれくらいにしておきますが、これから新聞広告やコマーシャルやチラシ広告などでこの手の販売促進が頻繁に繰り広げられることでしょう。

でも反面わたしなんかは、そのビジュアル写真を眺めるのは結構楽しいのですけどね。
五段重.jpg
ついでにこんな話をひとつ・・・・、
お節重箱は三段重か二段重が今日一般的ですが、元来は五段重が基本形とされています。
お重に詰める料理の順番ですが上から順に、一の重が祝い肴、二の重が酢の物、三の重が焼き物、与(忌み数字の四をきらってこう書く)の重が煮物、五の重が控えの重としておく(自由に使う)場合が多く、これが本来の一般的な順番だったようですが、今や順番には頓着なく詰められているようです。







Last updated  2017.09.21 09:07:25
コメント(0) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


smiling drunkardさん

熱し易く冷め難い

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
ファッション 

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

鉛筆目視+タブレット… New! ゴーヤテンプルさん

人間国宝さんが続々と riverside1040さん

8/29(火)・9/5(火)臨… 楽天ブログスタッフさん

泉州岸和田家づくり… たーやん0418さん

Comments

Freepage List

Headline News


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.