726436 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

門外漢のねごとたわごとひとりごと

2017.11.21
XML
カテゴリ:お出かけ
IMG_3993.JPGちょっと前のこと、先々週の土曜日に大阪に行く用事があって、阪急桂駅へ。

そしてその時、駅に到着して発車の時間待ちをしていた列車にとび乗ったのですが、その列車は初めて乗ることになった『京とれいん』と名のついた、6両編成の観光列車だった。

もちろんこの列車が阪急京都線を走っているのはよく知っていたが、乗り合わせるのは初めてのことだった。

この『京とれいん』は、土日祝日のみの運行で、梅田と河原町を一日4往復だけ走っているのです。
停車駅は梅田から十三・淡路・桂・烏丸そして終着河原町となっている。

淡路駅と桂駅の間の駅にはまったく停車しませんので、通常の特急や急行電車とはお客さんの混みようがまったく違う。
わたしが桂の駅を乗ったのは3時前くらいの時間だったと思いますが、乗客がほとんど乗っていなくって、とても空いていました。

京とれいん.jpgこの列車の座席シートも、京情緒豊かなもので京町屋をなんとなくイメージさせるデザインになっています。

そして到着駅案内の車内アナウンスも、日本語、英語はもちろん韓国語と中国語まで4ヶ国語でアナウンスしている。これは知らなかった。

それほど彼の地から日本を訪れる観光客が多くなっているのだろうと、こんなところでも実感させられることになった。

この『京とれいん』で使われている車両は、2ドアでロマンスシート形式の座席で、以前には京都線の特急電車の車両として使われていたもの、それの内装を完全にリニュアルして今の京情緒漂う雰囲気の造りにしているのです。

名にし負う観光地の京都のことですから、このような特別な列車が運行されるのも納得できる。

『京とれいん』に乗るタイミングを計って行かないと、今後もめったに乗り合わせることはないでしょうけれど、ちょっといつもとは違った感覚を味わったので、こんなことを書いています。






Last updated  2017.11.21 04:10:03
コメント(0) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


smiling drunkardさん

熱し易く冷め難い

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
ファッション 

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

インスタグラムデビ… New! ゴーヤテンプルさん

PCエディタの各機能… 楽天ブログスタッフさん

リバーサイド・カフ… riverside1040さん
泉州岸和田家づくり… たーやん0418さん

Comments

riverside1040@ Re:そんな日はわたしが朝から忙しくなる…(11/15) 先日はありがとうございました。旅行の写…
javascript2050@ Re:自分で作る、けど凝ったものではない…(11/14) おいしそうなボリュームのある酢豚ですね…
smiling drunkard@ Re[1]:知らない人もいるみたいですけど…(11/07) つくしん坊さんへ ----- わたし、なにも詳…

Freepage List

Headline News


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.