810254 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

門外漢のねごとたわごとひとりごと

2018.02.26
XML
カテゴリ:社会観察関連
ことしもこのシーズンが始まっているようです。

もうわたしが10年以上前に止めてしまっているもの、ゴルフです。

在職中は仕事がらみということもあって、いやいやながらも始めたものです。
やってみると面白いゲームなのですが、好きにはなれなかったし、したがって嵌ってしまって夢中になることもなかった。
そして仕事がらみから解放された途端に、当然のように止めてしまうことになった。
わたしは熱しやすく冷めやすい性質で、ゆえにやることが増える一方であるということは、過去に何回か書いてきたことです。

しかしことゴルフに関してだけは、あっさりと止めてしまっているのです。

ま、そんなことはどうでもよくて、今回はゴルフの実況放送や実際にコースに出ているプレーヤーたちが当たり前のように使っている言葉について、よく考えると「んっ!」と思うような言葉がいっぱい出て来る。

例えば、第1打のティーショットやグリーン上のパッティングプレーの時に使う言葉、“スライス” とか “スライスライン” 、“フック” や “フックライン” などの言葉はもう必ず出て来る言葉です。

 “スライス” は右利きのプレーヤーから見て右方向にボールが行くことを指し、 “フック” は左方向に曲がってゆくことをいっている。

もちろん “スライス” も “フック” もどちらも英語です。
では “スライス” の意味は? “薄く切る” ということ、 “フック” の意味は? “ひっかける” ということは中学生でも知っている言葉です。

この言葉は日本だけで使っているゴルフ用語なのか? 世界共通で通用するのか? どうなんだろうか?

他にも “ロングホール(ながい穴)” や “ショートホール(みじかい穴)” という言いかたも、不思議といえば不思議です。

もちろんそれで定着しているのですから、変える必要はありませんが疑問に思ったので・・・。






Last updated  2018.02.26 04:10:05
コメント(0) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


smiling drunkard

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

Twitterの埋め込みコ… 楽天ブログスタッフさん

詰めが甘い! ゴーヤテンプルさん

リバーサイド・カフ… riverside1040さん
泉州岸和田家づくり… たーやん0418さん

Comments

smiling drunkard@ Re[1]:こんなのを運行しているのは近鉄だけ?…(02/25) New! javascript2050さんへ ----- 日本は世界第…
javascript2050@ Re:こんなのを運行しているのは近鉄だけ?…(02/25) New! 珍しい列車ですね。 林業の盛んな土地「木…
smiling drunkard@ Re[1]:えっ、振り返れば10周年!…(02/22) javascript2050さんへ ----- 厄介事が早く…
javascript2050@ Re:えっ、振り返れば10周年!…(02/22) 毎回読んでます。 今、私のブログは、お休…

Freepage List

Headline News


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.