3139092 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

門外漢のねごとたわごとひとりごと

門外漢のねごとたわごとひとりごと

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2024.04.26
XML
カテゴリ:日常関連
『Parsley,Sage,Rosemary and Thyme(パセリ・セイジ・ローズマリー&タイム)』。

唐突に何だ!! という事ですが、これは1966年つまり半世紀以上もむかしに、アメリカのフォーク・デュオ『サイモン&ガーファンクル』が発表した彼らの3作目のアルバムタイトルです。

このタイトル・ネーミングは、イギリス民謡「スカボロー・フェア」の歌詞の一節からとられています。

アルバムにはその歌「スカボロー・フェア(詠唱)」として収録されています。
冒頭の『Parsley,Sage,Rosemary and Thyme』というのは、この歌のコーラス部分で歌われる部分です。言葉そのものにはあまり意味はないようですが、わたしも大好きな印象的なメロディーで歌われる部分です。

因みに『パセリ・セイジ・ローズマリー&タイム』というのは、1年を通じて使える身近で代表的なハーブ4種類の事です。したがって歌われている歌詞とは何も関係は無いという事です。

なんでこんなことを書いているかと言うと、我が家の玄関先に現在、そのハーブ4種の内の ”thyme(タイム)” が花をつけて真っ盛りなのです。

以前は ”rosemary(ローズマリー)” もあったのですが、そちらは何年か前に雪の重みで折れてしまってみっともなくなったから切ってしまいました。
      ハーブという事ですが、実際に料理に使ったことは有りませんでした。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.04.26 09:12:54
コメント(0) | コメントを書く


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

smiling drunkard

smiling drunkard

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

【お知らせ】ブログ… 楽天ブログスタッフさん

リバーサイド・カフェ riverside1040さん

Comments

smiling drunkard@ Re[3]:旧い歴史のある団体展なのですね…(06/07) 幹事コンさんへ ----- ○○太さんは、わたし…
幹事コン@ Re[2]:旧い歴史のある団体展なのですね…(06/07) 「白日会」ホルベインに勤務してた私の大…
smiling drunkard@ Re[1]:旧い歴史のある団体展なのですね…(06/07) 幹事コンさんへ ----- 先日のキュビスム展…
幹事コン@ Re:旧い歴史のある団体展なのですね…(06/07) あべのハルカス、長く行ってませんね。 「…
smiling drunkard@ Re[1]:6月は比較多い目の予定が入っている…(05/30) 幹事コンさんへ ----- 行く予定のところは…

Freepage List

Headline News


© Rakuten Group, Inc.