552898 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

不動産投資マイスター

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ishiwatari28083

カレンダー

カテゴリ

フリーページ

ニューストピックス

全1585件 (1585件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2018年04月18日
XML
カテゴリ:太陽光


日本全国、どこもかしこも高圧ものの開発が困難になってきているのですが、反して購入希望は増えていて、私としても「何とかしたい」と言う思いだけで動き回っています。
今のところ、仲間達や協力業者さんとの連携で開発してきたもの、また開発を予定している高圧ものに付いては、完売状態です。

新たな案件を仕込むべく、かなりの努力を続けていますが、各電力会社の姿勢もあり、中々上手く事が運んでいないのが実情です。
仕込めることとなりましたら、直ぐにメルマガやこのブログでお知らせしますので、興味のある方は、是非、早めの対応をお願いします。

低圧ものは、と言うと、こちらも徐々に物件化が困難になってきましたが、まだ、複数出せそうです。
実は今週のメルマガも栃木から3基を配信します。
前回もその前も、ずーっと太陽光に付いては、リリースから10日間以内には全て売れてしまっていますので、こちらも早めの対応をお願いします。

再生エネルギーに付いては、太陽光のみならず、風力、地熱、水力、そしてバイオマスと研究していますが、結論から言うと、今のところ(個人投資家としては)太陽光のみが現実的と言って良いでしょう。
何れは太陽光以外でも可能性が出てくると思われますが、技術面、価格面を考えるともう暫くは先の話になるでしょうね。

それと、太陽光の問題点の一つである「安定したベース電源にならない」と言う点に付いても、既に対応策もテスト中で、良い結果も出ているのですが、それが汎用的になるか否かには、まだ解決しなければならい点が幾つありますね(興味がある方は、個別相談の際にでも質問してみてください)。

最後にメルマガでも書いてきましたが、太陽光に付いても「チャンスの扉」がいつまでも空いている訳ではありません。






最終更新日  2018年04月18日 17時49分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年04月16日
カテゴリ:カテゴリ未分類


前回のブログでも書きましたが、私、今非常に忙しい。
多分、通販大家さんの業務に就いてから3本指に入る位です。

まず、新投資対象の物件化作業、新たな業務の準備、そして個別相談・・
個別相談は、ここ暫くの期間は、そう忙しくなかったのですが、先月末位からでしょうか、徐々に対応数が増えてきました(私の場合、スポットもあるので)。

ただ、新規の相談者(概ね第4世代)が増えている割にメルマガへの反応数(資料請求)は若干減り気味と真反対の動きが同時に起きているのは何故なのだろう?
やはり、スマートデイズ問題も大きな影を落としていますね。

とは言え、新規に不動産投資を始めようとしている方も決して少なくない様で、私の担当する個別相談にも最近は、ビギナーさんが増えています。
ここで気になることも・・
残念なことに、この方々の中にも不動産投資は「不労所得が得られる」とか「一銀行、一法人」やらを真に受けてしまっている方が結構いらっしゃる。
少なくとも第1世代、それも成功して今や悠々自適の方々は、人伝の情報を直ぐに真に受けることはありませんでした。
そう云う意味では、(不動産投資家として)世代が新しくなるごとに脇があまくなっている様に思えます。

また残念ながら、第4世代の皆さんは、第1世代、第2世代の方々の様な利益のあげ方はちょっと難しいと思う。
何と言っても、賃貸業にとっての需要根源である世帯数や人口が減少するし、相場も右肩上がりとはいかないですからね。

でも、視点を変えて見てみると、第1、第2世代の頃には無かった投資対象が誕生してきているし、一つ一つは、やや小粒かも知れないけど、かなりの利益を上げているものもあります。
そう、要は情報収集力、学習能力、行動力とちょっとしたやる気があれば、不動産投資は、まだまだ面白くなります、絶対に。
さ~、不動産投資第4世代の皆さん、どう動きますか?

-不動産投資第4世代に付いての参考URL-
不動産投資第4世代(私見です)がやっておくべき事
不動産投資第4世代(私見です)がやっておくべき事 2






最終更新日  2018年04月17日 09時20分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年04月15日
カテゴリ:スマートデイズ


またまた、随分と更新の間が空いてしまいましたが、今回は特に行き詰っていた訳ではなく、単純に通販大家さんの仕事が忙しかったのです。

何だか、例のシェアハウス問題も様々な動きがある中、私としては悪者探しよりも実質的な救済策を模索していく方が現実的と判断し、時間が空く度に色々と動いています。
そんな中、先日、ソーシャル系で入居促進している企業があると聞き及び、強い興味を持っていました。
ただ、人伝の話を真に受けて動くのも嫌だったので、日頃から仲間として付き合っている方や取引のある業者さんと情報交換をしていたところ、何と民泊の運営をしていただいている業者の社長さんが株を持つ企業が、当の(ソーシャル系で入居促進している)企業さんだと判明したのです。
全くの「灯台下暗し」です。

今回のソーシャル系ですが、その内容は、分かる人なら直ぐに「ア~、あれね」って分かると思います。
正直言って、オーナーとしては決して嬉しいものではないのですが、今回のスマートデイズ物件では、この救済スキームで再生するべき物件が結構な数に上るのではないでしょうか。

しかし、はじめの内はこのソーシャル系スキーム付いて、全くの勉強不足で、営業(入居促進の)に出向く相手さえ理解していれば、入居促進もそう難しいことだとは考えていませんでした。
ところが、よくよく訊いてみると、株を持っている私の知人も随分以前から他のメンバー達と炊き出しや教会のイベントへの参加、地域の啓蒙活動等にずーっと汗を流してきたことを知るに至り、何だか凄く恥ずかしい気持ちになりました。

しかも、かれらが得る収入は非常に小額、殆どボランティアの世界なんです。
やり方によっては決して利益が上がらないスキームではないのですが、彼らはそれらを社会に還元しています。

本当に「目から鱗」の気分です。
やはり、口先だけの専門家もどきではなく、実際に自分で動いている方々の話は本当に勉強になりました。
良い年をしてまた一つ反省・・






最終更新日  2018年04月15日 17時43分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年04月09日
カテゴリ:自己啓発


サラリーマンをスタートして36年、不動産投資家・大家さんとなって20年強、今、それぞれでちょっとした行き詰まりを感じています。
大体、このブログを4~5日間更新しない時は海外出張中か、今回の様に行き詰っているのです。
マァ、人生なんてものは、そうそう簡単なものではなく、良いこと、悪いことが入り混じって作られているものなのでしょう。
なんて達観した様なことを言ってみても、今回の行き詰まり感を「どうやって乗り切って行くか」で頭が一杯なのが、今の私です。

そんな中、今年メジャーリーグで新たな野球人生をスタートした、そう大谷選手の活躍を見ていて、この行き詰まり感から抜け出すヒントを得ることが出来ました。
大谷選手はメジャーでも「ピッチャーとバッター」の二刀流で頑張ろうとしているのは、皆さんもご存じだと思いますが、ご本人はきっと、「ピッチャーとバッター」の両方、他の野球選手の2倍の人生を生き楽しんでやろうと考えているのです(ひょっとして2倍以上かも)。

「一人の人間が二人分の人生を生きている」と考えると、これって凄く贅沢なことなのでは?って思えてきました。

そこで、私も今の自分を「サラリーマン、投資家、大家さんと3倍の人生を生きているんだ」と思う様にしてみたところ、不思議に今までのモヤモヤとしたが少しずつ晴れてきて、何だか少しだけど楽しくなってきたんです。

3倍の人生ってことは、3倍の楽しみもあるけど3倍の苦しみもあるのでしょう。
でも、他人が経験出来ないことを経験し、感じられないことを感じられると考えると、これってやっぱり贅沢なことですよね。

これからは「人生100年時代」になると言われていますが、もし、私が100歳まで生きられるとしても、既に8年も前に中間地点を通り過ぎてしまいました。
しかも、これからは徐々に出来ることより出来ないことが増えてくる、と考えると、本当の意味で残された時間は、そう長くはないのです。

だから、これからはしっかり他人の3倍の人生を生きて、楽しみ、時に苦しみながら満喫してやろう、と決めました。
もう直ぐ、今のジレンマから抜け出せそうです。






最終更新日  2018年04月09日 10時10分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年04月04日
カテゴリ:自己啓発


以前、2ヵ月ほど前に、余計なものを持たない、不要なものを買わない、生きていく上で必要不可欠なものや環境で生活する「低燃費生活」にちょっとした憧れを持っているってブログを書いたことがあります。

‐参考URL-
低燃費生活と不動産投資の関係

今でも、この「低燃費生活」には興味津々なんですが、今進もうとしている道は完全にその逆で「高燃費生活」に向かっています。
しかし、これには理由があるんです。

今、不動産投資の世界は説明するまでもなく、先行き不透明で混沌としています。
そんな環境下では、業界人の私は、進むべき方向も見失いがちで、今一モチベーションも上がらずに悶々とした日々を送っています。
しかも、(私見ですが)これから数年の間に我々の生活に関係することの多くで変化が始まると思うんです。
勿論、不動産投資もです。
問題は、私は、その変化について行けるのか?
正直、微妙です。

そこで自分なりに対策を考えることにしたのですが、その軸となるのが「コミュニティー」作りでした(そこから、様々な考えや知識を得ようと考えています)。
性別、業種、人種問わずに幾つかのコミュニティーを作るつもりですが、年齢的には20歳台30歳台、私よりも二世代位、若い方々を中心に集まってもらうつもりです。

若い方々を集めるとなると、機会設定や集まる場所の用意等々、その費用は当然、年長者である私が負担するべきでしょうから、その予算分がプラスされますので、結構な「高燃費」な生き方になると言う訳です。
そして、多くの方々とコミュニケーションを持つとなると、ものも増えていきますので、この点でもミニマム(時に断捨離を伴う)な低燃費生活とは真逆ですね。

それでも、様々な方々から色々な知識や考え方、情報を吸収できるのは、今から本当に楽しみです。






最終更新日  2018年04月04日 17時54分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年04月02日
カテゴリ:雑感


最近、自分のブログを見直す機会が多いのですが、誤字脱字や表現違いが多くて恥ずかしくなります。
今後、気を付けます。
申し訳ありません。

-------------------------------------

3月15日にNHKの「首都圏ネットワーク」で知人の会社に運営委託している浅草の民泊&シェアハウスがクローズアップされたのに続いて、昨日のTBS「がっちりマンデー」に同じく運営委託している高円寺のHOTEL&シェアスペースが放映されました(と言っても主役は、その一室に本社を置くお会社だったのですが)。

自分と係わりのある物件や人がクローズアップされるのって、やっぱり嬉しいものなんですね。
どちらかと言うと、自身のキャラから余り表には出ずに裏で動く方がむいていると思っていますが、とは言え、人並みに自己顕示欲は有った様です。

しかし、ネットと言うインフラのおかげで、ひと昔前ふた昔前だったら想像すらできなかったビジネスが次から次へと生まれているんですね。
面白い、本当に面白い!

実は、私も今、新しいビジネスの立ち上げを計画していて、その為の本拠地を勝どき~汐留近辺に構えるつもりでして、昨日も2物件ほど内見し、先ほど、その内の1つに購入申し込みを入れました。
それと、まだ最終決定ではないのですが「通販大家さん」(金森実業)の本社も渋谷区内に移転する計画もあり、これから2、3ヵ月くらいは相当に忙しくなりそうです。
でも、私が忙しい分、会員の皆さんに有意義な物件やサービスが提供できる可能性が高いと言うことですので、是非、期待していただきたいですね。






最終更新日  2018年04月03日 13時38分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年03月31日
カテゴリ:自己啓発


インターネットが普及してからと言うもの、世の中には、とんでもない数の情報が飛び交っていて、誰もが簡単に情報を手に入れることができます。
不動産投資の世界でも、一個人と我々プロとの情報量や質の差は、いまや、そう大きくなくなりました。
しかし、座年ながら、それらの情報の全てが正しく、そして有効な訳ではないのも事実。

また情報量や質に差が無くなると知識の差も縮まり、困ったことに、にわかプロやえせ専門家が大量に生まれ始めます。
特にSNSが発達してからは、この傾向が顕著になってきました。

中には、本当に一生懸命勉強し様々な知識を吸収した方々もいらっしゃいますので、余り否定的に評価するべきではありませんが、私が一番気にしていると言うか評価する上の指針としているのは、情報を出している方が実際にやってみた事(実体験した事)なのか?なんです。

情報を受け取る側は、その情報の真意や詳細までは把握できないので、額面通りに受け取ってしまう危険性があるので、他からの情報を自分発信の情報の様に世に出したり、実際にやってもいないことをあたかも実体験の様に他人様に伝えるのは絶対にやるべきではないと思うのです。

そう言えば、例のシェアハウス絡みのトラブルだって、販社によるセミナーに参加して購入を決めたと言う方が多いと思いますが、そのセミナーのスピーカーの多くが自身でシェアハウス事業をやっていない、えせ専門家でした。

今も一時ほどではないものの、未だにとても実体験とは思えない情報が多くあります。
皆さんもネットに氾濫する情報を、丸飲みするのではなく、その信ぴょう性を見抜ける努力をしておきましょう。






最終更新日  2018年04月02日 10時24分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年03月28日
カテゴリ:大家力


ほぼ、毎日、様々な情報を通して不動産投資の環境の変化を読み取る様にしています。
ここのところの興味は、やはり「物件価格の変化」と「融資の実態」ですね。
物件価格に付いてはセオリー通り、地方の郊外物件から下がり始めていますが、それぞれの売主さんには、当然にそれぞれの事情がありますので、一様な動きとはならず、多くの思惑が入り混じっています。
ただ、徐々に一定幅の中に収束していくとは思いますが、この10年前後で不動産投資の参加者が激増したことで以前の様には直ぐに平均化することはないでしょう。

今回のテーマは「アラ還大家さんは、原理原則でね」ですが、ここで言うアラ還大家さんにとっての原理原則とは、主に3つ(アラ還大家さんである以上、サラリーマン属性による不動産投資の肝はなんぞや、は当然分かっているものとする)。

○アラ還なんですから、年齢から融資の際の償還期間は無理に長くしない
○償還期間を長くしないことで月々のCFが回り辛くなるので、それを避ける為とある程度以上の修繕準備金分の自己資金を入れる
○余りギャンブル性の高い物件を狙わない(資金的、時間的、精神的に余裕があり、自身のスキルで物件の収益性を改善できる≒入居率を上げられる方は別)

と言うところですが、3つと言っておきながらなんですが、もう一つ加えます。

○社会貢献度の高い物件(事業)にも乗り出して欲しい
自分の知識や時に資産の一部くらいは、自分を育ててくれた社会に還元しても良いと思いますよ。






最終更新日  2018年03月28日 20時50分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年03月26日
カテゴリ:民泊


昨日の日曜日は、都内のどこもかしもも花見、花見、そして花見、桜のある所には、とにかく大勢の人が集まっていました。
数日前から発症したぎっくり腰が治り切らない中、どうしても本社に行く必要が出来てしまい痛みを堪えて出社したのですが、本社への道筋には芝公園を含めて多くの桜があるので、やはり多くの方々が花見を楽しんでおられ見ているこちらまで楽しくなってくるほど。

しかし、今年は例年とはちょっと違う雰囲気を感じました。
明らかに「外国人の方が多い」のです。
元々、芝公園周辺には在日外国人の方が多いので、花見にも多くいて当たり前なのですが、それにしても多い、多分、全体の3割程度はいらしたでしょう。

本社での用事を終え自宅に戻ってから、地上波のニュースで見たのですが、目黒川沿いや上野公園はもっと凄かった様で、場所の取り合いから殴り合いの喧嘩まで起きていたとのこと。
また、ごみの始末も相変わらずの状態で管理サイドの皆さんが相当にご苦労しているそうです。

そんなこんなのトラブルを差っ引いても、訪日外国人の方が増えているのは、インバウンドに係わっている者のみならず、日本と言う国にとっても嬉しいこと。

なのに喧嘩やらなにやらで嫌な思いをさせてしまうとすれば、それは非常に申し訳ないことだし、観光立国を目指す日本にとっても残念なことだと思いませんか?

私的には、本来なら個人の財産権の制限にもなり兼ねない「民泊新法」なんて、如何にも日本らしい杓子定規な法律を作ることよりも、日本と言う国でトラブルに巻き込まれずに楽しみ、有意義に過ごしてもらう為の(啓蒙)活動にもっともっと力を入れるべきだと考えています。

マァ、こんなことを国に期待しても無駄でしょうから、私一人からでも活動していくべきなんでしょうね。






最終更新日  2018年03月26日 21時46分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年03月25日



不動産投資の世界もやっと静かになってきましたね。
セミナーやイベントなんかも相当に減ってきました。
こうしてみると不動産に限らずですが、投資の世界におけるセミナー(やイベント)ってよく観ると非常に為になる良いものもあれば、かなり危険なものもあるので参加するべきかどうかの決定には、それなりに神経を使った方が良いですね。

そう言えば、スマートデイズ問題に巻き込まれた方々も主に販社による集客を目的としたセミナーに参加したことがことの発端、と言う方も多いと思います。

では、(参加を考えているセミナーやイベントが)良いものか、悪いものか?をどうやって見抜くか?ですが、これって結構難しいですよね。
因みに私の経験から言わせてもらうと

○良いセミナー

セミナーの趣旨をしっかりとロジカルに説明できる。
実際の数字やデータを伴っている
主催者が実際に経験している
割と有料のものが多い

○悪いセミナー
良いセミナーの反対、特に主催者が経験してもいないのに、やたらと買う気になる様な演出や煽りがあるものには注意するべきだでしょう。
売る為の集客が目的なので、無料な上に様々な特典を付けるケースが多い、
更にやたらと人気や話題性のある会場を使用するケースもありますね。

※私達も無料のセミナーやイベントを開催したことがありますが、通販大家さんのセミナーは会員さん向けのものしか開催したことがなく、(初めから集客できていますので)集客目的のものではありません。
また、私達は、原則、自分達で経験したものしか販売しません。

※とは言え、私の担当でスマートデイズ(当時はスマートライフ)の本社で数回説明会を開催し、2名の会員さんに嫌な思いをさせてしまったのも事実です。
今後は、より一層、慎重に行動する様、心したいと思います、







最終更新日  2018年03月26日 08時36分03秒
コメント(0) | コメントを書く

全1585件 (1585件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.