588676 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

不動産投資マイスター

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ishiwatari28083

カレンダー

カテゴリ

フリーページ

ニューストピックス

全1656件 (1656件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2018年09月22日
XML
カテゴリ:自己啓発


このブログを打ち始めたのが9月17日、確か3日後辺りが自民党の総裁選でしょうか(結果は案の定でしたが、ほんの少しだけですが同じ自民党内でも主流とは異なる動きが出てきましたね)?
別に、この総裁選をどうのこうの言うつもりではないのですが、他の国のそれもも含めて、選挙システム自体にしらけています(本当は、国のあり方、いや国の本質にしらけているのかも知れません)。

もう、10年以上くらい前からでしょうか、日本に限らずですが、「選挙」と言うシステムのそこかしこに限界と言うか排除できない欠点があるのが気になって仕方ありません。
日本の国会議員さんの中にも、応援していると言うか人間的にも高く評価している方もいらっしゃいますが、その方も、いざ選挙となると票の確保が最優先となってしまいます。
票を集めると言うことは、政治信条なんて関係なく、ただひたすらに頭を下げてお願いし、それこそ媚びへつらう候補者の姿を幾たびも見てきました。

しかも、最近ではちょっとでも浮いた話でも出てこようものなら、アッと言う間に巷に知れ渡り、マスコミを中心にフルボッコ状態。
勿論、そう言った話(例えば不倫問題とか)を肯定する気はありませんが、そもそも昔から「英雄、色を好む」なんてことわざがあるほどで、何か大きなことを成し遂げる人は、どんなことにも精力旺盛で、色事にも一生懸命なのでしょう。
それを、まるで人ではない様な扱いをするのは、如何なものでしょう?
世の中の皆で、寄って集って政治家としてのみならず、人間とても完全否定してしまっては、本来、政治家になって欲しい様な優秀な人材も敬遠してしまい、政治家になろうなんて人間はいなくなってしまいますよ。

その内、AIあたりが適性を見ながら政治家を選ぶなんて時代がくるのでしょうか?
そうなると「国」と言う枠組みも大きく変化してくるでしょうね。
でも、今の欠陥だらけの選挙システムや枠組みとしての限界にある「国」よりも、案外、その方が良かったりして。

こんなことを私のブログあたりで騒いでいても世の中は何一つ変わることはないでしょう。
結局、私はこれからも仕事を一生懸命に頑張るしかない様です。






最終更新日  2018年09月22日 08時48分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月20日
カテゴリ:不動産投資



既にメルマガ「通販大家さん」を見た方もいらっしゃると思いますが、今週は愛知県内から「障がい者自立支援型グループホーム」を配信しましたが、おかげさまで非常に良い反応を頂いています。

この自立支援型グループホームは、私達「通販大家さん」が今、一番力を入れている投資対象の一つで、「自分年金」作りの一環として開発を進めているものです。
大家さんとしても約9%~14%程度の利回りが確保できます(CFを痛める管理費や広告宣伝費、水光熱費も掛かりませんので、一般的な賃貸と比べると+1~1.5%程度のインパクトがあります)し、自身で運営に携わるのなら30%超を狙えます。

但し、運営には、それなりのノウハウやコツがありますので、何も知らない方がいきなり開業出来るものではありません。
そこで、それらをサポートする為のセミナーが10月28日のセミナーだったのですが、告知から2週間を要せずに満席となってしまいました。
昨日もお電話を頂いたのですが、既に60名の定員を超えての予約が入っていますので、お断りするしかありませんでした。
実は、このブログを入力している、まさに今もお電話でお問い合わせを頂いている状況です。

ある程度は予想していたことですが、この様に多くの要望を頂いているのに、このまま締め切って終わりと言うのも失礼ですので、この際、一人でも多くの方に、この投資対象を知ってもらい、運営にも係わって頂きたいと思い11月に2回ほど、ミニセミナーを開催することにしました。

正式な日程や開催場所は、10月に入ってからこのブログで告知すると共に通販大家さんのスタッフからメールにてお知らせしますので、是非、この機会に一緒に学びましょう。







最終更新日  2018年09月20日 16時29分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月19日
カテゴリ:太陽光


1月1,212,122円
2月1,440,970円
3月1,511,450円
4月1,493,750円
5月1,971,653円
6月1,977,806円
7月2,001,834円
8月1,834,076円

関東地方の太陽光オーナーにとって、去年の夏は本当に胃の痛くなる様な日々でした。
実際に8月の日照量は例年の2割台だの3割台だのって言われてましたもの。
対して今年の夏は安定していますね。
やたらと発生している台風の影響はありますが、それでも去年の辛さを知っている身としては、ぜんぜんOKです。

さて、上の表は、私の所有するアイプラス発電所(500kw)の売電額の実績です。
このペースだと12%超えは勿論、秋晴れが続いてくれれば12.5%も狙えると思います(27円案件)。
以前、このブログで「生活費の多くは太陽光から」って記事を書いたことがありますが、今年は本当にいい思いをさせてもらってます。
驚いたのは、栃木県内にある妻の発電所、低圧ものですが13%を超えてきています。
やはり、セルオプティマイザーは素晴らしいですよ。
本気で「太陽光~、本当にありがとう!」

さて、どんなにその良さをアピールしたところで、残念ながら思う様には販売用の物件を上げてこれないのが実情です(単価の下落よりも連携の難しさの方が大きな要因)。
個別相談でも太陽光に関するお問い合わせやご要望が多いのですが、今後、どの程度の物件を確保できるかは、全くの未定なのです。
北村からは、まだ、複数の物件が出てくると思いますが、私の方は、と言うと若干数の物件化が可能だと思いますが、販売時期に付いては、まだ未定です。

また、「太陽光ハイブリッド」も予定通りに進んでいますので、自分年金つくりや余裕ある第二の人生をを真剣に考える方はこちらも検討してみてください。






最終更新日  2018年09月19日 16時28分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月17日
カテゴリ:不動産投資



前回の続きです。
-参考URL-

実は、私自身も数ヵ月前から「収益不動産とは何ぞや」を再認識しています。
その中で、特に強く意識し検討し始めているのが、飲食店を中心とした「テナント」です。
それも大都市圏、と言うよりも当面は、都内中心部や周辺の(動線のしっかりしている)穴場立地に絞り検討するつもりです。

この場合の「穴場立地を狙う」理由は、言うまでもなく少しでも利回りを上げる為と※インバウンドの需要を前提としてのことです。
これから人口が減少していく日本においては、当然、テナントだって、その需要を減らしていきますが、反してインバウントの需要は増えていくでしょう。

最近も日本を訪れる外国人の方々にとって、最も満足度の高かった要素の一つに「食の多様性」があるとのアンケート結果があり、実際に(訪日外国人の方にとっての)人気立地周辺の飲食店は、売り上げを伸ばしています。
しかも、この人気立地とは、私達が今まで人気があるとしていた立地と、必ずしも一致しないのです。
言い方を変えると訪日外国人の方々が行きたい立地は、必ずしも日本人にとっての人気立地とは限らない訳で、それらの立地なら、開発費も思いの外、低く抑えられる(=利回りが上がる)可能性があるのです。
更に都内、それも中心部周辺の物件であれば、融資を検討してくれる金融機関も多く、融資条件も(一般的には)地方物件よりも好条件になるケースが多いのです。

以前から不動産投資をしてきた方々の中には、レジものを偏重する傾向がありますが、第4世代にとっては、そんな一種のアレルギーの様なものは少ないのではないでしょうか。
ましてや、ターゲットがインバウンドですもの(オッサンのひがみと言われてしまうかも知れませんが)、彼らとのコミュニケーションを抵抗なくこなせる世代の方々こそが携わるべきではないでしょうか?

ここで、最近の実例を少しだけ挙げておきましょう(弊社の取り扱いではありませんが、近しい業者さんの販売実績です)。
板橋区内の超有名で人気立地のテナントビル:築5年未満、1億円台前半、利回り7%程度(借上げ)
都心3区内のテナント:新築重鉄2階建て、1億円台半ば、利回り6%台半ば以上(借上げ)※販売予定
詳細は、10月以降であれば、個別相談でお伝えできます。

他にも若干数があるのですが、数字が上げってきていないので、入手次第、掲載します。
これらの物件は、日本人+インバウンドもターゲットになるもので、キャピタル狙いですが、ローン期間によってはCFも狙えます(さすがに都心の物件は手叩きでしょうが)。

シェリングエコノミーに付いては、また、機会を改めて書こうと思います。







最終更新日  2018年09月18日 07時50分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月15日
カテゴリ:不動産投資



最近、私の個別相談では、ある傾向が見られます。
第2世代の方々と第4世代の方々からのお申し込みが多く、大半を占める様になってきました。
-参考URL-

第2世代の方が増えている原因としては、まだまだ「買い足す気満々」であるのにも拘らず、(現在の)融資環境の悪化もあって、中々、思う様に買えない上に年齢的な問題もあり、焦りを感じていらっしゃるのでしょう。

因みに「第4世代の方は?」って言うと、そもそもの不動産投資の考え方に関する質問・相談が中心ですが、「太陽光をはじめとした価格規模の小さな物件」に関することも非常に多いですね。

これは、面談を通して私が感じたことですが、多分、第4世代の方々に、はじめから大きな融資を必要としない投資対象を求める傾向が強まっているのでしょう。
私自身も通販大家さんも「自分年金」と言うテーマを追求していますので、この傾向は、それなりに理解していますが、私達が進めている「自分年金」とは、そもそもがリタイア世代やどうしても大きな融資が組めない方、中でも女性を対象をしているので、まだまだ、色々な可能性を持っている方々が融資への怖さから価格規模の小さな投資対象を選ぼうとするのには勿体なさと複雑と言うか残念な気持ちになります。
だって、後悔の多くは、意志決定時点で恐怖心から決めたことに起因していることを知っているからです。

不動産投資だって、時代のニーズやその背景によって変化するものです。
人口や世帯数が減っていくことで「住まう場を提供する」ことを不必要なまでに怖がる傾向があるけど、レジものだって、まだまだ利を生み出す物件は沢山ありますし、何よりもアイディアや付加価値で生まれ変われる(いや、「化ける」の方が適切かな?)物件がゴロゴロしています(特に最近は、価格の下落に併せて増えてきましたね)。

因みに人口や世帯数は確かに減少していくけど、同時にその分布には「偏り」が強まっていきます。
また、立地的な偏りだけではなく、志向的な偏りも顕著になっていくでしょう。
例えば、最近、やたらと話題になり始めている「二拠点生活や多拠点生活」も、この志向的偏りの表れですよね。
この偏りを理解して物件の選定やリノベーションに活用すれば、十分に「勝てる大家さん」になれるんです。

更に言うと、(収益)不動産投資=レジもの投資ではありません。
テナントもオフィス、駐車場や駐輪場もありますし、最近では「シェアリングエコノミー」も幅が広がっています。
すいません 時間切れです。
この続きは次回に。

不動産投資に関する個別相談は、ご遠慮なく
https://28083.jp

まで。
私達の個別相談は、費用も掛かりませんし、うざいセールスもありません。







最終更新日  2018年09月15日 18時40分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月12日
カテゴリ:不動産投資



今回は「腹グロ石渡」他社へのお粗末イヤミブログです。

一時、減少していた集客セミナーが、先月頃からか、また徐々に増え始めているように感じます。
いきなり嫌味ったらしい意見を書く前に、ちょっとは目を通してみようと告知の内容を見てみると、結構、行く価値ありそうなものもあるもんです。
私自身は、コンバージョン、リノベーション等のバリューアップものや最近では税務関係のものに興味があるのですが、バリューアップものはともかくとして、税務関係のものは、一体、何を目的に開催しているのでしょうか?ちょっと、いや思い切り興味があります。

税理士事務所やせめて銀行が主催者だったら分かるんですが、販社が主催の場合、当然に集客目的なのでしょうが、以前はよく区分屋さんなんかが「確定申告をしてあげる」って餌で物件を売っていたなんて話を見聞しましたが、それと同じ手なんですかね~?
そんなことを考えながら嫌味一杯の目で他のセミナー告知を見ていたところ、ある有名どころのセミナー告知に目が留まりました。
この有名どころ、都内超有名立地にオフィスを構えているのですが、確かつい数か月前に関連の販社をいきなりクローズした筈・・
セミナーの内容は、「7つの失敗から学ぶ云々」みたいなテーマなので、きっと関連企業のクローズ話もしてくれるんじゃないでしょうか?

内部情報とは言え二次情報なので、余りもっともらしく書くべきではないとは思いますが、いわゆる「三為」で利益を上げてきて、先行きが見えなくなってきたら、いきなりクローズってことは、それなりに被害者がいる筈なので、そもそも、そんな三為業者から物件を購入したこと自体が「失敗」だってことを能々、セミナーで語ってもらいたいものです。
マァ、そんな自分で自分の首を絞める様な真似をする訳ないですが・・







最終更新日  2018年09月15日 21時20分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月11日
カテゴリ:自己啓発


以前、2回にわたって「スケ真っ黒投資家」を目指すなんて記事を書いたことがありましたが、今回は、実際に「スケ真っ黒=スケジュールが真っ黒」になってみての体験談です。
-参考URL-

スケジュールが目一杯になるほどの忙しさを味わってみようと数カ月間頑張ってみました。
とは言っても、私自身、元々が結構忙しく、断らない限りスケジュールが埋まっていく状況ではあったのですが、自身のやる気にムラがあると言うか、気分で予定を決める癖があったので、スケジュール管理もかなり偏っていたのです。
この数か月間は、その悪しき癖が出ない様に気を付けながら、選り好みすることなくスケジュールに反映した結果、ここのところは見事に「スケ真っ黒」を達成しています。

さて、実際にスケ真っ黒になってみると、「思ってた以上に忙しい、時間がない」のです。
当り前なんですが、ちょっと想像していた以上でして、本来なら受けなくてはならない様な急遽の割り込み予定でさえ全く対応できずで、相手に迷惑を掛けてしまい、それがまた自分へのストレスとなり、そのストレスから飲酒量が増えたからなのか「痛風」になったりと、散々な思いをしています(ただ、面白いことにスケジュールを真っ黒にすると言う目的が叶った達成感なのか、仕事へのやる気は持続しています)。

これは、私の業務範囲が余りに多岐に亘ることが原因で、業務範囲の広い人間には、予めスケジュールを目一杯に詰め込んでおくのは全く不向きなんだと気付きました。

今後は、業務の整理と効率化を図りながら、ある程度余裕を持ったスケジュール管理を心掛けるつもりですが、既にしっかり埋めてしまった10月上旬までのスケジュールをどう熟していくか、が目下の課題です。






最終更新日  2018年09月11日 11時29分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月09日


海外不動産への投資に興味がある方ならご存知の方も多いと思いますが、最近、ダッカに注目が集まっている様です。
そうバングラデシュの首都、ダッカです。

私自身も2、3ヶ月くらい前から注目していたのですが、特に伝手もなく、「どの様に情報集め、どう研究するか?」が大きな課題でした。
思い立ったは良いものの、その後、具体的な行動は殆ど出来ずで悶々としていたのですが、今日、前に進める可能性が見えてきました。
以前からFBで繋がっていた方が、海外不動産に明るく、特に東南アジア、中でもバングラデシュにも強い興味を持たれ、既にダッカ周辺で(不動産)投資をスタートされていたのです。

丁度、日本に帰国中との事でしたので、失礼ながらお時間を頂戴し、早速、お会いしてきました。
1時間ほどの面談でしたが、何とも興味深いお話を沢山聞くことが出来ました。
特にダッカの現状や将来の可能性のお話を中心に充実した時間を過ごさせて頂きました。

自分のオフィスに戻ってからもダッカのことを思うと居ても立ってもいられなくなり、GoogleやYoutubeでダッカの情報に目を通してみたのですが、確かに人口の増加スピードが異常と言えるほど早く、その人口増加がもたらす都市としての可能性は、世界中を見渡してもトップクラスです。
もう暫くは情報収集に励み、確度の高い(投資)情報を入手出来る様になった時点で勉強会や研究会の様な形式でOUTPUTしていくつもりです(多分、11月にはアナウンス出来るでしょう)。






最終更新日  2018年09月09日 00時00分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月08日
カテゴリ:不動産投資


我々、大家さんは所有している物件に入居者さんが入ってくれないことには収入にならず、やっていけません。
私自身も様々な物件を所有し運営してきましたが、中には、かなりのアイディアや特徴を加えないと見込み客すら集まらない物件もありましたが、地道に地元系の不動産屋さんを回り、リーシングのお願いをしながら乗り切ってきました。
最近では、SNSを活用して見込み客を集めることも効果が出始めてきましたが、やはり、リーシングで一番重要なのは、「どれだけ多くの賃貸ポータルサイトに掲載されているか?」ですね。

しかし、そのポータルサイトが、どうにも「あか抜けない」と言うかハッキリ言って「いただけない」。
未だに「駅からの距離」や「築年数」を主要素として候補となる部屋を検索する形式になっている。
訊かれれば、普通、誰しも「駅からは近い方が良いし、築年数だって新しい方が良い」ってなると思う。
しかし、ちょっと遠い、ちょっと古くたって良い物件は沢山あるし、それらの中には、有意義な付加価値を持った物件も少なくない。
何故なら、駅から遠い分、築年が経っている分、それ以外の魅力を持たないと空室が埋まらないので、様々な努力をしている訳だ。
それでも、今のあり方だと、これら実際は良い候補である筈の物件は検索され辛い(≒成約し辛い)。

私自身は、何年も前、そうずーっと前から、「何とかならないものか」と色々と試みようとしてみたが、やはり個人の力でやれることでの効果は限定的でした。

ところが、憎っくきポータルサイトも最近は、色々と動きだしていたんですね。
例えばエイブルさんのWoman.CHINTAIやホームメイトさんの「施設検索」が、その良い例と言えます。
入居者さんが本当に必要な施設や設備等の要素から物件を検索できる様になってきたんです。
まだ、少し改善の余地はありそうですが、それでも本当に嬉しい変化です。

他のポータルサイトの奮起を願って止みません。






最終更新日  2018年09月08日 12時11分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月06日
カテゴリ:自己啓発


今、私達の業界は大きな変動期を迎えています。
でも、視点を変えて見ると、こんな時は「動き時」なんです。
過去にも同様の変動期があったのですが、そんな時に動いた方々が今、成功者になっているのをこの目で何人も見てきました。
そう、このブログでも何度となく書いてきましたが、物事の軸の様なものが大きく動く(変わる)時には、その周囲には必ず歪みが生まれ、その中にチャンスが隠れてことは賢明なる皆さんはご存知のことだと思います。

なので、私も「通販大家さん」も、今、大きく動こうとしています。
今後、起き得るだろう変化や変動を察知し、それらを乗り越える方策を打つ為に様々な行動をスタートしているつもりなのですが、どうも、考えている様には物事が進んでくれませんし、人も思う様に動いてくれません。
毎日毎日、イライラしながら、何がいけないのか?何を原因として物事が進まないのか?
を考える日々が続いたのですが、ある時、ひょっとして自分にも原因があるのではないか?と言う疑問が芽生えてきました。
そう、「物事が思う様に進まないのは、それをしようとしている側にも、その原因があるのでは」って思えてきたのです。

そう思えてから、それまでの自分の言動や考え方を見直してみたのですが、何となく周囲に「上から目線」で対応している自分がいることに気付きました。
自分は「仕事が出来て、色々なことに目が行き届き、誰よりも早く的確に次の手を打てる」なんて思っていたのかも知れません。
そう、まだまだ「何者にもなれていないのに、勝手に何者かになったつもり」でいたのです。
思い上がりも良いところ、浅はかで恥ずかしいですね。
思いっ切り反省中です。
もう少し、平らな目線で周囲に接してみよう、と思えた今日この頃です。






最終更新日  2018年09月06日 23時11分59秒
コメント(0) | コメントを書く

全1656件 (1656件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.