013695 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

自己肯定感を求めて

自己肯定感を求めて

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2024.04.17
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


本日は夜勤初日。
出勤まで家でゆっくりしながら、これを書いています。

ブログタイトルの通り、私が踏み出した
小さな一歩について書き残しておきたいと思います。

小さな一歩、だけど私にとってすごく価値のある一歩。

まずは、趣味の筋トレについて。
早いもので、トレーニングジムに通いだしてから2年が経ちました。

軽い気持ちで通い始めたジムでしたが、
いつの間にか筋トレの楽しさ・素晴らしさに気付き、
夜勤明けや、残業終わりにもコツコツ通い続けました。

熱しやすく冷めやすい性格の私。
正直、もうジム行きたくないな、しんどいし、と負けそうになった事も
あります。
ですが、ここで負けては自分が嫌いになる、
変わりたいんだ、何事も継続出来ないこんな自分から。
そう言い聞かせ、週に4回ほどのトレーニングペースを維持してきた2年間。

そのなかで、私のもっとも好きなトレーニング種目。
それがダンベルプレスです。

最初は片手20kgのダンベルからスタートしました。
筋肉が成長するにつれて少しずつ重量を増やしていき、
今では片手40kgダンベルを使用しての10レップ×5セットを
こなせるまで成長しました。

そんな私ですが、昨日ついに片手42kgのダンベルに挑戦しました。
怪我をしない様、ここまで確実に筋肉をつけてきたはず。
自分ならきっといける、そう言い聞かせ挑んだ42kgダンベル。

たった片手あたりの負荷が2kg増えただけ。
それだけなのに、ダンベルラックから持ち上げた時の重量感が全く違いました。
スタートポジションで膝に置いた時の、42kgダンベルのサイズ感に
圧倒されそうになりましたが、自分に言い聞かせます。
大丈夫だ、ここまでコツコツ積み上げた筋肉なら応えてくれる。と。

結果。
片手42kgダンベルでのダンベルプレス、
見事10レップ×3セットを達成出来ました。

終わったあとの、今まで以上の胸筋のパンプ感は最高でしたね。

たった、片手2kg。
トータルで4kg重量を伸ばしただけ。
これは客観的に見れば小さな一歩かもしれないけど、
私にとってはすごく価値のある一歩でした。

今までやってきた努力は間違っていなかった。
そして、筋肉はそれに応えてくれた。
逃げさずに、
夜勤明けでも残業終わりでも、
雨でも晴れでも、
夏も冬もジムに通った自分に感謝したいです。

そして、もう一歩。
ジムでの成功体験から、自分に自信がついた私。
その勢いに乗って、
もう一つの課題に取り組みました。

これは、ここには記せませんが、
私がプライベートで抱える最大の悩みです。

今まで向き合う事が怖くて、本当に少しずつしか進める事が出来ず、
現実逃避で先延ばしを繰り返して来ました。

この問題に対しても、ついに一歩を踏み出す事が出来たのです!
いざ踏み出してみれば、なんでこんな簡単な事から逃げていたのだろう、という
気持ちになりました。

ただ、この問題に関してはまだまだ先は長く、正直どんな結末が待っているかは
まだ分かりません。
バッドエンドを迎えてしまう可能性も十分にあります。

だけど、それを恐れて行動しない自分とは、もうサヨナラします。
バッドエンドなら、それはそれで構わない。
そこから、また次の行動を取るだけです。

先延ばしにして逃げても、何も解決しなかった。
どんな形であれ、解決させて、そこから先に向かっていくべきだと
気付いたのです。

そこに気付かせてくれて、私を変えてくれたのは
筋肉です。
筋トレは体を鍛えるだけでは無い。
精神面も大きく強くしてくれるのですね。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.04.17 15:37:55
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.