源氏物語の世界

フリーページ


 わが家で所蔵する慶安3年(1650)「源氏物語」とまったく同じ慶安3年「源氏物語」

の絵が、「ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)」の

「webサイト(UNESCO Global Heritage Pavilion)「THE TALE OF GENJI」

で公開されました。インターネットの画像で同じ慶安3年「源氏物語」の絵を見ることができます。

「源氏物語」は、平安時代に作られた国宝級の原本だけが、貴重なのだと思われがちです。

しかし、慶安3年「源氏物語」のように世界から認められた貴重な原本であることがわかります。


下の絵が、「源氏物語」「総角(あげまき)」の絵です。

総角81a額付絵巻500pix


「大君(おおいきみ)の顔を見入る薫の君」愛する大君(おおいきみ・英訳はOigimi)

のそばで悲しみにくれる薫の君を描いています。眠っているとしか思えない

大君(おおいきみ)のそばで、セミの抜け殻のようになって、このまま大君(おおいきみ)

を見守っていたいと思う。右下の女性は、大君(おおいきみ)の妹・中の君です。

 下の画像は、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)」の

「webサイト(UNESCO Global Heritage Pavilion)」「THE TALE OF GENJI」

で公開している「総角(あげまき)」の画像です。

ホームページ用ユネスコ画像重要
画像のアドレスは、http://webworld.unesco.org/genji/en/part_3/47-184.shtmlです。

上のユネスコのホームページの画像は、 こちらをクリックしてぜひご覧ください。

 
 慶安3年「源氏物語」は、多くの絵が揃っている為に貴重な絵であると判断されたものです。

わが家の慶安3年「源氏物語」の原本は、貴重な文化遺産だとわかりました。
 
わが家の慶安3年「源氏物語」の画像を順次公開しております。

ツイッター「源氏物語の世界」でも公開しております。

top

海外展示を終え、日本で鑑賞されている原本の写真です。右窓側柱の中央に 額縁付原本が見えます。

2018年07月15日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

今上帝と明石中宮の皇子(みこ)匂宮(におうのみや)は、

 

浮舟に淡い恋心を抱きます。匂宮は浮舟の所在を知らず

 

その行方を探していました。

 

ある年の春、浮舟から中の君あての手紙が届きます。

 

中の君に仕える小さな子が、その手紙を届けようとして

 

小走りに中の君の元へ行こうとしている時、

 

そばにいた匂宮は、「誰からの手紙だろう」

 

と不審をいだきます。

 

 原文には、次のように記されています。

 

 

「みや(匂宮)、大将(薫の君)のさりげなく

 

志(し)なしたる文(ふみ)にや」

 

現代語訳は、次の通りです。

 

「匂宮は、ひょっとしたら、薫の君があらぬ体裁をつくろって

 

寄こした手紙ではないかと疑う」

 

 

 薫の君からの手紙ではないかと疑った匂宮は、中の君との間で、

 

次のようなやりとりを交わします。原文の9行目から末尾まで。

 

(匂宮)「あ(開)けて見んよ。ゑんじや志(し)給(たま)はんや」

 

(中の君)「見ぐるしう。なにかは、その女どちの中に

 

か(書)き(記)しかよはし・・・・」

 

現代語訳は、次の通りです。

 

(匂宮)「手紙を開いて読みますよ。おうらみなさいますな」

 

(中の君)「どうして、そんなみっともない真似をなさるのでしょうか。

 

 そんな女同士の内輪の手紙を・・・・

 

どうしてご覧になる必要があるのでしょうか」

 

 結局、匂宮が見た手紙は、薫の君から浮舟へあてたものではなく

 

浮舟から中の君へあての手紙でした。

 

 しかし、浮舟を探していた匂宮は、この手紙をきっかけに

 

浮舟の所在を知ることとなります。

 

 やがて、薫の君のふりをして浮舟の寝所へと忍び込み

 

後の浮舟に悲劇をもたらすことになります。

 

 

 







最終更新日  2018年07月15日 20時48分38秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


joox

お気に入りブログ

玉藻 pg(ピィジィ)さん
美和ちゃんとKちゃん… みーわちゃんさん
日本一の難病請負人… 日本一の難病請負人★切らずに治す東洋医学さん

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.