源氏物語の世界

フリーページ


 わが家で所蔵する慶安3年(1650)「源氏物語」とまったく同じ慶安3年「源氏物語」

の絵が、「ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)」の

「webサイト(UNESCO Global Heritage Pavilion)「THE TALE OF GENJI」

で公開されました。インターネットの画像で同じ慶安3年「源氏物語」の絵を見ることができます。

「源氏物語」は、平安時代に作られた国宝級の原本だけが、貴重なのだと思われがちです。

しかし、慶安3年「源氏物語」のように世界から認められた貴重な原本であることがわかります。


下の絵が、「源氏物語」「総角(あげまき)」の絵です。

総角81a額付絵巻500pix


「大君(おおいきみ)の顔を見入る薫の君」愛する大君(おおいきみ・英訳はOigimi)

のそばで悲しみにくれる薫の君を描いています。眠っているとしか思えない

大君(おおいきみ)のそばで、セミの抜け殻のようになって、このまま大君(おおいきみ)

を見守っていたいと思う。右下の女性は、大君(おおいきみ)の妹・中の君です。

 下の画像は、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)」の

「webサイト(UNESCO Global Heritage Pavilion)」「THE TALE OF GENJI」

で公開している「総角(あげまき)」の画像です。

ホームページ用ユネスコ画像重要
画像のアドレスは、http://webworld.unesco.org/genji/en/part_3/47-184.shtmlです。

上のユネスコのホームページの画像は、 こちらをクリックしてぜひご覧ください。

 
 慶安3年「源氏物語」は、多くの絵が揃っている為に貴重な絵であると判断されたものです。

わが家の慶安3年「源氏物語」の原本は、貴重な文化遺産だとわかりました。
 
わが家の慶安3年「源氏物語」の画像を順次公開しております。

ツイッター「源氏物語の世界」でも公開しております。

top

海外展示を終え、日本で鑑賞されている原本の写真です。右窓側柱の中央に 額縁付原本が見えます。

2017年09月11日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

「源氏物語」 「若菜・下」の巻に、源氏の君の前で、
 明石御方、紫の上、女御の君、女三の宮が合奏をする
 という場面が描かれております。それぞれが源氏の君に
愛された女性たちです。四人の女性たちが集い源氏の君が秘蔵する
それぞれの名器の楽器を渡されて、四人の女性たちによる
合奏が始まります。この合奏を「女楽」といいます。
 今までとは、少し違った原文の紹介をします。
 原文の全文の「読み下し文」をつけました。
 

 原文の読み下し文を1文字ずつ正確に記します。
・・・くけたかきことさへいとならびなし。
 ひさし(廂)の中の御さうじ(障子)をはなちて、
 こなたかなたみきちゃうばかりをけぢめにて、
 中のま(間)は、院のおはしますべきおまし(座)よそひたり。
けふ(今日)のひゃうし(拍子)あはせには、わらべをめさんとて、
右おほい(大)殿の三らう(郎)、かん(尚侍)の君の御はらのあに(兄)君
 さう(笙)の笛、左大将(夕霧)の御たらう(太郎)よこ(横)笛とふかせて、
 すのこにさぶらはせ給(たまふ)。
 うちには、御志とねならべて、御こと(琴)共参(まゐ)りわたす。
 ひ(秘)し給(たまふ)御こと(琴)共、
 うるはしきこんぢ(紺地)のふくろ(袋)どもにいれたるとりい(出)でて、
 あかし(明石)の御かた(方)にびは(琵琶)、紫のうへ(上)にわごん(和琴)、
 女御のきみ(君)にさう(筝)の御こと(琴)、みや(宮)には、かく・・・

 今日の日記は、海外向けになっております。






最終更新日  2017年09月11日 09時34分33秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

玉藻 pg(ピィジィ)さん
美和ちゃんとKちゃん… みーわちゃんさん
日本一の難病請負人… 日本一の難病請負人★切らずに治す東洋医学さん

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.