源氏物語の世界

フリーページ


 わが家で所蔵する慶安3年(1650)「源氏物語」とまったく同じ慶安3年「源氏物語」

の絵が、「ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)」の

「webサイト(UNESCO Global Heritage Pavilion)「THE TALE OF GENJI」

で公開されました。インターネットの画像で同じ慶安3年「源氏物語」の絵を見ることができます。

「源氏物語」は、平安時代に作られた国宝級の原本だけが、貴重なのだと思われがちです。

しかし、慶安3年「源氏物語」のように世界から認められた貴重な原本であることがわかります。


下の絵が、「源氏物語」「総角(あげまき)」の絵です。

総角81a額付絵巻500pix


「大君(おおいきみ)の顔を見入る薫の君」愛する大君(おおいきみ・英訳はOigimi)

のそばで悲しみにくれる薫の君を描いています。眠っているとしか思えない

大君(おおいきみ)のそばで、セミの抜け殻のようになって、このまま大君(おおいきみ)

を見守っていたいと思う。右下の女性は、大君(おおいきみ)の妹・中の君です。

 下の画像は、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)」の

「webサイト(UNESCO Global Heritage Pavilion)」「THE TALE OF GENJI」

で公開している「総角(あげまき)」の画像です。

ホームページ用ユネスコ画像重要
画像のアドレスは、http://webworld.unesco.org/genji/en/part_3/47-184.shtmlです。

上のユネスコのホームページの画像は、 こちらをクリックしてぜひご覧ください。

 
 慶安3年「源氏物語」は、多くの絵が揃っている為に貴重な絵であると判断されたものです。

わが家の慶安3年「源氏物語」の原本は、貴重な文化遺産だとわかりました。
 
わが家の慶安3年「源氏物語」の画像を順次公開しております。

ツイッター「源氏物語の世界」でも公開しております。

top

海外展示を終え、日本で鑑賞されている原本の写真です。右窓側柱の中央に 額縁付原本が見えます。

2017年06月27日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「源氏物語」「葵(あおい)」の巻に、夕霧の「出産祝い」のことが

記されています。「葵」の巻の原文(下の写真右から7行目ー10行目)に、

「ゐん(院)をはじめ奉(たてまつ)りて、みこ(親王)たち、

かんだちめ(上達部)のこるなきうぶやしなひ(産養)どもの

めづからにいかめ(厳)しきを夜ごとに見のの志(し)る」

と記されています。現代訳は次の通りです。

「源氏の君と葵の上との間の御子(のちの右大将夕霧)のご出産を祝い、

桐壺院(前・桐壺帝)を始めとして、親王方・上達部(かんだちめ)が

残らずお越しになられ、多くの珍しくご立派な出産のお祝いを

夜ごとに見て大騒ぎをしている」

葵の上の出産


原文の「夜ごとに」は、複数の夜を表しています。

これは、生まれた子を祝い出産後三日、五日、七日、九日目の

祝宴が開かれていたことによるものです。

また、この原文の中には、一条御息所(みやすどころ)の

ねたみが記されています。10行目以下の原文には、次の通り記されています。

「かの宮すどころ(御息所)は、かかる御おりさまをき(聞)き

給(たま)ひても、ただならず」

自分の愛する源氏の君の子を、他の女性が選んだことを

ねたましく思っている様子が短く描かれています。






最終更新日  2017年06月27日 23時12分35秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

玉藻 pg(ピィジィ)さん
美和ちゃんとKちゃん… みーわちゃんさん
日本一の難病請負人… 日本一の難病請負人★切らずに治す東洋医学さん

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.