【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

フリーページ

2023年05月13日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類






浮舟は匂宮(今上帝の皇子と薫の君(女三の宮の子)という2人の貴族に愛され、2人の男の間の板ばさみとなり苦しみます。匂宮が薫の君を装って浮舟の寝所に侵入したことが発端です。

「女君(浮舟)は、あらぬ人なりけり、と思ふに、あさましういみじうけれど、こゑ(声)をだにせさせ給(たま)はず」と原文に記されています。

薫の君と匂宮という2人の男からの求愛に苦しんだ浮舟は、「鐘の音のたゆるひびきに音(ね)をそへて、わが世つきぬと君に伝へよ」
という母君への別れの手紙を託します。

現代語訳にすると「寺の鐘の音が絶えていくように、私の生命も終わったと母君にお伝え下さい」となります。

浮舟は、僧都(そうず)に助けられます。「手習」の巻に
「尼になしたまひてよ。さてのみなん生くようもあるべき」とあります。

現代訳にすると
「私を尼にして下さい。そうすれば、生きていくことができます」と出家を願い出るのです。

匂宮が薫の君を装って「浮舟の寝所に侵入する場面」と
「浮舟の母君への別れの手紙」の場面を描いた2点の原文の写真をページに追加して公開しました。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2023年05月13日 19時27分09秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

joox

joox

お気に入りブログ

自分のなかの快適生活 New! 細魚*hoso-uo*さん

国分寺で太宰を読む会 成人46さん

© Rakuten Group, Inc.