000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

IMAIWORLD TRAINER'S BIBLE

IMAIWORLD TRAINER'S BIBLE

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

J'sPRIDE

J'sPRIDE

Calendar

Category

Freepage List

Comments

携帯ブログランキング@ 携帯ブログランキング はじめまして、ブログの内容を見てとても…
J’sPRIDE@ Re:昨日はありがとうございました(10/02) こちらこそ有難うございました。 私の…
市川 周治@ 昨日はありがとうございました 今井社長 昨日はどうもありがとうござい…
J’sPRIDE@ Re:割れこそ打撃の極意(10/02) 腹筋割りたい人さん コメント有難うご…
腹筋割りたい人@ 割れこそ打撃の極意 最近は,本当に野球を教えたことがあるの…

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まだ登録されていません
2008.08.07
XML
カテゴリ:投球フォーム


ピッチング練習を見にいくと、
コーチが突っ込むなと指示しているのをよく見かけます。
しかし、注意されている選手はその言葉をどれほど理解しているでしょうか?
今回は、突っ込んではいけない理由を
ピッチングのメカニクスを通して解説したいと思います。

突っ込む1.JPG 写真1

突っ込む4.JPG 写真2

突っ込む2.JPG写真3

突っ込む5.JPG写真4

突っ込む3.JPG写真5


ピッチングは、プライオメトリックに行うものです。
そこで、体の動きだけでは分かりづらいので
プラスティックの定規と比較しながら話をします。

ピッチャーは、ステップを始めたときに
軸足の膝の上に体重が乗っていなければなりません。
これは、ボールを投げる為に力を蓄える準備段階です。
(写真1、写真2を参照)

体重が残っていると、写真3のように腰を切ったときに体がアーチ状になります。
プライオメトリックに体幹を使おうとしています。
写真4のように弓を引いた状態を作っているわけです。
ピッチングは、この状態を開放させ球速を得ようとするものなのです。

写真5のようにステップしたときに、体が前にいってしまっていると
折角の体幹の強い力、すなわち美味しい部分を使わないで投げるようになるのです。

自分は、こんな投げ方をしていないと思っているかも知れませんが
体重を軸足に残したままステップするのは、
意識していないとなかなかできないことですよ。

お断り
14日は、夏季休暇
21日は、TVショッピングの収録で東京出張の為
ブログの更新が出来ません。
次回更新は、28日になります。


ブログは、毎週木曜日更新予定です。
スポーツ用サポーター、コルセット専門ショップ
         サポーター・コルセットの発明王






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2008.08.13 09:23:57
コメント(0) | コメントを書く
[投球フォーム] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.