116086 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

淨至庵にて

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2024.05.16
XML
カテゴリ:和歌・短歌



4月にこの又助池にカキツバタを見に来たが、まだ咲いてなかった。
久しぶりにと言っても、まだ3週間くらいしか経っていないが訪れる。
ところが、考えていたよりも盛りは過ぎていて、どこか瑞々しさが感じられない。
一部萎れるように、枯れつつあった花も。
数年前に来たときのあの美しさはどこに行ったのだ。
どうやら連休の頃が一番見頃だったようだ。
花びらの下には、すでに次の世代を残す種を宿した小さな袋を実らせていた。
あの麗しき和服姿が頭に残っているだけに、哀れに感じてしまう。
まさに花の命は短くてである。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.05.16 23:14:45
コメント(0) | コメントを書く
[和歌・短歌] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.