000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

鎌倉情報館★ブログ

2007.05.29
XML
カテゴリ:お寺
              大慶寺


鎌倉時代に建てられた関東十刹の一つ

地名の寺分は大慶寺の寺域で大慶寺分と言われていた。
1512年北条早雲によって焼き払われたが、ご本尊の「釈迦如来」の頭部だけ焼け残ったとされている。長尾影虎(上杉謙信)の乱などによって寺勢は次第に衰えた。
その後円覚寺に移された本尊は火災で焼失している。
塔頭がいくつかあったが、残った「方外庵」を本堂として復興したのが現在の大慶寺です。
山門の柱が円覚寺の洪鐘の柱として残っているといわれています。

山号:霊照山大慶寺
宗派:臨済宗円覚寺派
創建:文永6年(1269年)~弘安2年(1279年)とされる
開基:永井光録 
開山:大休正念(建長寺3世・円覚寺2世)
本尊:釈迦如来坐像(鎌倉市指定文化財) 
寺宝:伝仏源禅師坐像
花見:梅、桜、ぼたん、アヤメ、カイウ、つつじ、シラン
写真:新築されてりっぱになったが古い山門も残されていて絵になる

交通:湘南モノレール・湘南深沢駅徒歩約5分
   :鎌倉駅バス1番乗場 藤沢駅南口 行き深沢下車徒歩約10分
駐車:あり
住所:寺分1ー5-8
拝観:お賽銭、自由拝観
電話:0467ー46ー8481
近隣:東光寺、駒形神社、等覚寺、御霊神社

大慶寺地図


鎌倉情報検索はこちら 鎌倉なんでも検索リンク集










最終更新日  2008.06.23 07:41:10


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.