1645946 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

貧乏旅人 アジアの星一番が行く 世界への旅

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


アジアの星一番Ver4

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

筋力維持に街歩きの… New! ひでわくさんさん

ゴーヤの花 New! tougei1013さん

パリ オランジュリ… New! ほしのきらり。さん

surfersparadise☆2 ☆rokogirl☆さん
~徒然なるままに@サ… snowshoe-hareさん

Comments

アジアの星一番Ver4@ Re[1]:スマホ 買うかなー?  ~(07/20) New! ご隠居さんへ 今、使っている携帯は、貰…
ご隠居@ Re:スマホ 買うかなー?  ~(07/20) これは立派なスマホです。ソフトを入れた…
ご隠居@ Re:栄養価の高い、ドラゴンフルーツ   ~(07/18) ドリアンは食べたことがありますが、ドラ…

Freepage List

Headline News

世界各国をバックパック担いで、107ヵ国を訪問。

日本に住むのが難しい日本経済難民であります。物価の高い日本に住むだけの
収入がないと言う事です。それで、生活費の安価な、中国の重慶に暮らし、
FXを生活の糧とし、売れない本を書きながら、中国全地域制覇を狙っていましたが、
2013年秋、重慶を離れる事になりました。

中国31省(4直轄市を含む)の内、29省を訪問。
残るは、青海省、チベット自治区、のみ。

2008年は、「インド大陸」3ヶ月
2009年から2010年は、「中南米大陸縦断」6ヶ月
2011年は、「タクラマカン砂漠一周」2ヶ月
2012年は、「アフリカ縦断の旅」3ヶ月
2013年は、「フィリピン・香港の旅」、「北欧3ヵ国ツアー」、
       「バルト3国から東欧南下の旅」、「北京・河北省の旅」を遂行。
2014年は、ブエノスアイレスに滞在。その間、2ヶ月ほど、カリブ海に
       浮かぶコスメル島の日本人宿、「カサ・コスメレーニャ」にて
       管理人業務を遂行。10月末、パリ経由チェンマイに移動し滞在。
2015年は、2月末までチェンマイ、中国シンセン(2w)経由帰国。4月から、
       日本一周、東北、北海道、中部、近畿を廻り、又、チェンマイへ。
2016年は、チェンマイから帰国後、中国、九州、四国など日本一周後半を完了。
       ブータン、アドリア海の国々を廻り、チェンマイに滞在。
2017年は、チェンマイを拠点として、マダガスカルの旅、ポルトガルの旅、
       石垣島の旅を堪能し、その後チェンマイにて、小説を書いたりして
       おります。
2018年は、台北、ベトナム、中央アジア、コーカサス3国などを旅し、
       チェンマイ生活を楽しんでおります。

このブログは、Ver4です。
今までのブログは、下記ですが、写真が一杯になり、こちらに引っ越しました。


Ver3は、サウジ生活、モロッコ、ネパール、バングラデシュ、インドなどです。
アジアの星一番が行く 世界への旅

Ver2は、サウジ、バハレーン、ヨルダン、トルコ、エジプト、オマーン、アブダビ、ドバイ、イエメンなど。
サウジアラビア ブラブラ情報

Ver1は、四国お遍路、ミャンマー、ラオス、タイなどの東南アジア、そして、中国留学生活など。
中国ブラブラ情報

これらのブログ、編集して、「でじたる書房」から、出版。
2018年6月現在、55冊を出版しました。旅本の他、恋愛小説も出版しています。

アジアの星一番 作品全集

でじたる書房作家作品紹介 アジアの星一番
2018.07.21
XML
カテゴリ:作家
あらすじ
山川純一は、東北の寒村で生まれ、育ち、中学卒業と同時に東京へ。
苦労しながらも、29歳で、念願の社長になる。26歳で結婚した糟糠の妻は
純一が67歳の時に、医者の誤診から、あっけなく天国に旅立った。
長女、長男はいるが、長女は結婚せず、長男は結婚したものの、子供は
作らないと言う。子供との会話も少なく、純一の財産を貰いたい彼らに
嫌気がさし、チェンマイに旅立つ。
そこで、タイ人女性、フォンと出会い、純一の生活は一変する。フォンとは
愛人の関係になり、フォンの家族との交流も始まり、家族同様の間柄に
なった。さらには、車も買い与え、家も買い、同居生活が始まっている。



=================================

それに、今度は、フォンのゴルフが加わったので、さらに忙しくなった。
自分のゴルフプレイは、止む無く、午後スタートである。暫く午後スタートで
行ったが、午前中より暑い。それで、純一がプレイする日は、フォンの練習を
午後にして貰ったのである。

2ヶ月ほど、練習場で球を打ち、ある程度、打てるようなので、フォンを
コースに連れ出した。仲々、球の真芯に当たらず、散々であったが、
フォンは練習に比べたら、とても楽しかったようである。

コースに出たのが、9月。まだその頃は、ピークシーズンでない為、
二人で回っても、何ら問題はなし。それで、コースは週に2回、練習は、
その他の日とした。フォンはとても熱心に練習する。純一には教えきれない
ので、レッスンプロに、週に1回は、見て貰う事にした。

コースでのスコアも、良くなってきた。その成果のせいもあり、益々、
ゴルフに熱心になって来た。日本語も上手になり、多少、複雑な話も
純一が説明を加えれば、理解可能である。日常生活は、全く問題なく
コミュニケーションを取れる。ゴルフの話も多くなっている。

日本語と言えば、娘のプロイの上達が早くて驚いている。フォンも良く
勉強して、上達が早いなー、と感じていたのであるが、フォンよりも、
ずっと覚えが早い。学校の成績も良いようである。最近は、純一とも
日本語で話す機会が多い。学校の事なども話してくれる。そうなると、
可愛さも増して来るものである。小遣いも時々、あげている。

お金は、結構使っているものの、日本にいたときに比べて、比較に
ならないほど、充実した日々を純一は過ごしている。全く満足している。
心配は、健康だけであるが、今の所、悪い所はなく、元気にゴルフを
したり、家族に日本語を教えている。

そんな充実した生活を過ごしていた、12月のある夜、フォンと交わった
その後、フォンから、相談があると言われた。
もう、買う物もないはずだが、まだ、何かあるか? とフォンの言葉を待った。
フォンは、天井を見上げて、仲々、言い出さない。

「どうした? 何か買いたいものある?」
フォンは、天井を見ていた顔を純一に向けて、じっと見つめる。
{どうした?」
いつもの態度と異なるフォンに、純一は気になって、上半身を起こした。
フォンも、同じように起き上がった。
「あのね・・・」
「何? 気になるな? 悪い事?」
「う~ん、悪い事じゃーないと思う。」
「じゃー、勿体つけないで話してくれ。」
「驚かないでね。」
「分かった、分かった、何だよ?」
「実は、赤ちゃんが出来たの。」

「えー、えええー!」
純一は、驚くなと言われていたが、大いに驚いてしまった。
古希である。まさか、この歳で赤ちゃんが出来るとは考えもしなかった。
そう言えば、中に出した事が何度もあった。フォンが良いと言ったからだ。
今夜も、良いと言うので中に出したばかりである。中に出した方が、
気持ちが良い。それで、純一は、いつもフォンに聞いていたのである。

「どうする?」、何も考えず、純一の言葉は出た。
「どうするって?」
言われて、初めて、堕ろす事を考えていたことを自分で知った。
確かに、70歳で、父親になる事は考えられない。しかし、フォンは、まだ
32歳である。女盛りである。これから、50年でも生きられる。子供を
産んでも十分に面倒を見られる年齢である。

しかし、純一は、70歳。長生きして、85歳まで生きたとしても、子供が
15歳である。その後の、子供の人生を見られない。もし癌にでもなったら、
もっと早く死ぬかも知れない。そう考えると、簡単に、そうか、産んでくれ、
とは言えないのであった。育った後の、純一の子供たちの自分への接し方も、
心に残っている。一生懸命育てたのに、と言う思いもある。

妊娠の事実、嬉しいとは思わなかった。驚きと、困惑の方がずっと大きい。

================================



ここの所のチェンマイ、毎日雨は降っているものの、午後とか、夕方、
そして、夜に降る事が多いです。

で、午前中、プレイするゴルフには、影響が、ほとんどありません。
有難いですねー! ゴルフしないと運動不足になりますから。






Last updated  2018.07.21 08:53:05
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.