1390150 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

貧乏旅人 アジアの星一番が行く 世界への旅

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


アジアの星一番Ver4

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

お線香 持参? New! tougei1013さん

ながらスマホ…スマホ… New! ひでわくさんさん

“右足に触ると幸せに… ほしのきらり。さん

帝国劇場へ堂本光一… ☆rokogirl☆さん

良い日に鎌倉歩き … 虚空2さん

Comments

ひまじん@ Re:雰囲気の素敵なカフェ・マウスフィール  ~(02/22) New! 雰囲気が良いですね!  作家、アジアの…
ご隠居@ Re:チェンマイに佇む男達 山川純一の場合 33回  ~(02/21) New! 現在進行形の小説ですね。翻訳ソフトが出…
ご隠居@ Re:パーイからチェンマイへ 超短編小説あり  ~(02/19) 短編小説、味合い深く読みました。 日本…

Freepage List

Headline News

世界各国をバックパック担いで、101ヵ国を訪問。

日本に住むのが難しい日本経済難民であります。物価の高い日本に住むだけの
収入がないと言う事です。それで、生活費の安価な、中国の重慶に暮らし、
FXを生活の糧とし、売れない本を書きながら、中国全地域制覇を狙っていましたが、
2013年秋、重慶を離れる事になりました。

中国31省(4直轄市を含む)の内、29省を訪問。
残るは、青海省、チベット自治区、のみ。

2008年は、「インド大陸」3ヶ月
2009年から2010年は、「中南米大陸縦断」6ヶ月
2011年は、「タクラマカン砂漠一周」2ヶ月
2012年は、「アフリカ縦断の旅」3ヶ月
2013年は、「フィリピン・香港の旅」、「北欧3ヵ国ツアー」、
       「バルト3国から東欧南下の旅」、「北京・河北省の旅」を遂行。
2014年は、ブエノスアイレスに滞在。その間、2ヶ月ほど、カリブ海に
       浮かぶコスメル島の日本人宿、「カサ・コスメレーニャ」にて
       管理人業務を遂行。10月末、パリ経由チェンマイに移動し滞在。
2015年は、2月末までチェンマイ、中国シンセン(2w)経由帰国。4月から、
       日本一周、東北、北海道、中部、近畿を廻り、又、チェンマイへ。
2016年は、チェンマイから帰国後、日本一周の後半を完了。
       ブータン、アドリア海の国々を廻り、チェンマイに滞在。
2017年は、チェンマイを拠点として、マダガスカルの旅、ポルトガルの旅、
       石垣島の旅を堪能し、その後チェンマイにて、小説を書いたりしております。


このブログは、Ver4です。
今までのブログは、下記ですが、写真が一杯になり、こちらに引っ越しました。


Ver3は、サウジ生活、モロッコ、ネパール、バングラデシュ、インドなどです。
アジアの星一番が行く 世界への旅

Ver2は、サウジ、バハレーン、ヨルダン、トルコ、エジプト、オマーン、アブダビ、ドバイ、イエメンなど。
サウジアラビア ブラブラ情報

Ver1は、四国お遍路、ミャンマー、ラオス、タイなどの東南アジア、そして、中国留学生活など。
中国ブラブラ情報

これらのブログ、編集して、「でじたる書房」から、出版。
2017年10月現在、54冊を出版しました。旅本の他、恋愛小説も出版しています。

アジアの星一番 作品全集

でじたる書房作家作品紹介 アジアの星一番
2018.02.22
XML
テーマ:お洒落なカフェ
カテゴリ:チェンマイ
アジアの星一番の住む、サンティタムに、素敵なカフェがありました。

「ちゃ~お 316号」、で、既に紹介されているのですねー。
下記が、紹介文です。

「チェンマイには数え切れないほどたくさんのカフェがあるが、
居心地がいいお店は意外と少ない。
学生のアパートが建ち並ぶサンティタム・エリアで評判のこのカフェは、
コーヒーを飲んでいるだけで自然にリラックスできる不思議な場所なのだ。」


友人に連れて行って貰ったのですが、静かで、雰囲気はとても良いです。








残念なのは、チャーンビールがなく、しかも、小瓶しか置いてありません。
止む無く、小瓶を頼みました。








つまみに、ソーセージです。ゆっくりビールを飲みながら、つまみます。
良いですなー。がちゃがちゃしていません。静かです。








このお店、マウスフィールと言うカフェなのですねー。
建物の入り口が、道路のすぐ近くでなくて、門を入ったその奥に
あるので、初めての人が、一人では入り難いです。








こんな看板がありますので、これが目安ですね。

CAFE MOUTHFEEL、とありますが、その下には、
小さいですが、ブラッスリーガーデンと書いてあります。

何か、食べるものもありますよー、って事でしょうか?



場所は、説明しにくいですね。
「クルア・パーオーイ」、と言う、パッポンカリー・タレーの美味しい
お店を知っているならば、そのお店の前を北へ向かい、数十メートル先の
道を左に曲がって、100数十メートル先の左手にあります。






ビールの小瓶が飲み終わる頃、小瓶の2本目と、スパゲッティを
頼みました。トマト味です。








後で、見ましたが、このお店には、「エアコンの部屋、庭に面した席、
2階席など、その時の気分に応じて居場所を選んでみよう」と
ちゃ~おに、載っていました。

知らなかったですが、2階も見学して来ました。

どうかな~? 涼しい時は、2階でも良いでしょうが、やはりエアコンの
効いた1階のお店の中の方が良いかな~?








友人は、カルボナーラを頼んで食べていました。








ちゃ~おに、載っていた、お店の外観です。
山小屋風ですよね? お店の中も、そんな感じです。








ビール小瓶 50バーツ×2本
スパゲッティ 68バーツ
ソーセージのつまみ、半分で、30バーツ

全部で、200バーツ=700円でした。

がやがやしていないので、一人で行って、コーヒーでも飲みながら
本を読んでも良いですね。

そんな雰囲気のお店でした。






Last updated  2018.02.22 09:16:12
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.