756733 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日々随想

Sep 10, 2006
XML
テーマ:ニュース(92177)
カテゴリ:その他
 阿修羅の投稿板(政治の項)に小泉・安倍に関して驚くべき事実が暴露されている。
KCIAに反共の闘士として育てられた安倍晋三の愚かな過去の大発覚
http://www.asyura2.com/0601/senkyo26/msg/479.html

安倍内閣を作ろうとするメディアを操る小泉の陰謀が地崩れ現象を起こし始めている
http://www.asyura2.com/0601/senkyo25/msg/669.html
投稿者 勿忘草 日時 2006 年 8 月 25 日  以上の題名による 投稿板『阿修羅』の政治の項 の投稿より抜粋す。


 かって韓国で民青学連事件というのがあった。
 民青学連事件は、1974年4月に大韓民国維新政権が発した緊急措置により、全国民主青年学生総連盟の構成員を中心とする180名が、韓国中央情報部(KCIA)によって拘束され、非常軍法会議に起訴された事件。

この事件から暫くしたころのロスに遊学した安倍晋三は、岸信介の孫がアメリカにいるということで、KCIAの幹部の朴東宣に目をかけられて、反共の闘士として育てられたのだという。そのことは「小泉純一郎と日本の病理」にも書かれてある。

 だが、国内だけではなく広く世界に目を向けるならば、小泉政治のいんちきさ加減と幼稚な取り巻き政治家だけでなく、日本国内ではタブーのためかけない統一教会や創価学会に支配された小泉内閣について、克明に記録した本がここに来て勢いよく出回り始めたようだ。


 深読みすれば孫さんが蒲田でソフトバンクを立ち上げたときに、稲川会の庇護を受けていたのは地元では有名だが、それは安倍が住吉連合とつながっているのと 同じで、そのことを取材して記事に書く新聞記者はいないのだ。記事にすれば朝日の神戸支局の記者のように、抹殺されて迷宮入りになるのが今の日本の実情な のだ。唯一の例外は小泉と稲川会との深い結びつきについてインタビュー取材までして、「フライデー」に記事を書き続けた岩崎大輔くらいだ。その後、それを 彼は「ダークサイド・オブ小泉純一郎」として出版したが、大手メディアからは黙殺されてしまい、この本を書店で見つけるのは難かしいとされてきたのだっ た。    以上抜粋


 


 統一教会といい、創価学会といい、このKCIAの暗躍といい、はたまた国内主要暴力団・右翼団体に広く存在する南北両朝鮮人の存在といい、全国を網羅する北朝鮮系のパチンコ店の存在といい、はたまたこれとセットで稼ぐ暴力サラ金の存在といい、このソフトバンクの孫氏を始めとするITの面々といい、今日本は朝鮮民族と米巨大資本にその大半を侵奪されつつあると断じざるを得ない、情報の数々である。
 

 内も外も敵だらけ、刃で解決はつかんだろうけど、平和共存はなかなか難しい面がありそうだ。  さりとて、安倍の言うがごとき軍備強化論はいたずらに米国兵器産業その他のネオコンを喜ばせるだけで、所詮日本の明日の繁栄には繋がらない。 どころか自衛隊を米の先頭部隊に変化させるだけだ。  愚にもつかん古手の迎撃ミサイルなどを高い値段で買わされて!!..

 
 こうしてみると、政界から財界に至るまで汚染の度はかなり深刻であるようだ。

 官界も又しかり、例の創価学会など多数の優秀学生を選抜、創価大より外務省主体に
検察・判事・弁護士と多数の面々を周到に送り込んでいると言われる。

 池田大作が海外に出たときは、その面々が大使館にていそいそと全ての計らいに尽力
するのだとか。

 政界・財界・官界と一斉に歩調合せての悪の大行進!! 大多数の善良な市民はたまったものではない!!... この事はどの大マスコミも口をつぐんで伝えようとはしない。

 目に触れるのは小部数発行の一部雑誌とか、ネットの世界のみ...

 なかなか深刻な真実が全国民には伝わらない。...

 もうわが国は『妖しきゾンビ』共に完全に乗っ取られてしまったか?!! 

 それとも、今なら未だ、この日本、救うことが出来るのか?!!...



   にほんブログ村 政治ブログへ 
  
   人気blogランキングへ

  [森田実の時代を斬る]

  [阿修羅] 投稿板

  上記の欄をご照覧あれ。

 








Last updated  Sep 11, 2006 05:34:20 AM


PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


天真9879

Favorite Blog

五輪の予選で来日ス… New! 七詩さん

一言居士の辛口評論 ジテンキングさん
しあわせになろう たか3765さん
aaa paintboxさん
重信川の岸辺から sowonさん

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.