4362031 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

Profile


katariたがり

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

zebra@ ヒョウ五郎 全盛期の力で戦うが・・・ katariさん アニメみました。 ヒョウ五…
かなこ@ Re:アニメ ONE PIECE 悔いなし ルフィと親分師弟の絆(06/26) ジャンプのワンピースは、しばらくお休み…
katariたがり@ Re[1]:ジャンプ感想 29号 ONE PIECE(06/20) かなこさんへ 飛徹がスキヤキだったとはな…
katariたがり@ Re:僕の仮定推測で訂正があります(06/19) zebraさんへ まああくまでも私も仮定のひ…
かなこ@ Re:ジャンプ感想 29号 ONE PIECE(06/20) スキヤキは、まさかの飛鉄でした!!! 皆…

Headline News

February 4, 2022
XML
カテゴリ:鬼滅の刃

アニメ 鬼滅の刃の感想です

戦いは総力戦

本編

宇髄のところに雛鶴が援軍に来た

その援護により妓夫太郎を切り裂いた

炭治郎と宇髄が妓夫太郎の首を取ろうと

そんな宇髄だが過去に家の墓の前に嫁たちと一緒に来ていた

兄弟たちが生きてたらと考える

いつかそっちで一緒に飲むか

墓の前で嫁たちと一緒に食事か

雛鶴は宇髄が亡くなった兄弟たちのことを忘れてないと

3人を連れて里を抜けたときのことも覚えている

4人のこの光景は幸せそうだな

嫁たちもいろんなタイプがいる

いずれ俺は地獄に落ちるという宇髄

だがまず兄弟たちのためにも目一杯生きてやるか

3人と一緒に

桜の下で幸せそうに過ごしてる

雛鶴さんは宇髄にとってもらった花びらを

彼に渡してもらえることが重要なんだろうな

そして今妓夫太郎の首を取ろうとする宇髄たちだが

やはり上弦 再生力も毒への抵抗力も相当なものだ

逆に妓夫太郎の斬撃が

武器を使わずとも放つことができるのか

宇髄が炭治郎を助けたあとなんとか攻撃をしのいだが

今度は帯の攻撃が

雛鶴が宇髄を援護する

だがそこに妓夫太郎がさっきの仕返しとばかりに

彼女の窮地

さらに堕姫の帯が宇髄を妨害する

宇髄の嫁との記憶が再び

雛鶴が言っていた

もし上弦の鬼を倒したら一線から退き普通の人間として生きて行こうと

奪ってしまった命が戻るわけでもないがけじめをつけなければならない

たとえ4人が揃ってなくても

しかし宇髄にとって3人の一人でも失ったら終わり

そしてその頃炭治郎も動いていた

誰かを死なせるわけにいかない

かばわれてばかりじゃだめだと

少しは役に立て

自分は弱いから警戒されてない

だから予想外の動きをすれば助けられるはず

ヒノカミ神楽を発動しようとするがすでに体は限界に

自分にできる最大のことを考えなければと

その直後炭治郎は限界を超えて雛鶴を助けた

呼吸を混ぜたのか

そうすることで水の呼吸より強く ヒノカミ神楽より長く動ける

今までの剣士たちは呼吸を自分にあわせてきた

その結果様々な呼吸が生まれた

変化する

鱗滝が教えてくれた

たとえ義勇のように極められなくても教えを無駄にしないか

妓夫太郎が炭治郎に向かってくる

だがその背後を宇髄が

炭治郎に感謝すると

その頃堕姫と戦っている伊之助

帯に手こずってるようだな

宇髄たちの戦いも見えていた

合わせて斬らないと倒せない

ふたりともなんとか躱せているが

距離を詰めないと攻撃できない

眠りながらも善逸は状況判断ができてる

全く同時に切る必要はない

両方の首を切った状態にすればいいのだと

善逸に向かってくる帯

向こうが切ったあとでも堕姫を倒せばいいか

眠ってると本当に頼りになるな

だが妓夫太郎の首を切る直前で鎌に防がれる

炭治郎と合わせても打ち破れない

しかも人じゃないから反対側に向くこともできるのか

妓夫太郎が再び攻撃を

その時宇髄は炭治郎と雛鶴をかばい妓夫太郎を連れて離れる

しかしそこで堕姫と交戦する伊之助と

善逸はまず堕姫の首を切ろうと

炭治郎は宇髄が毒にやられてるからやばいと

しかし妓夫太郎はこっちに攻撃する余裕もあるのか

雛鶴さんは忍び故に自分のことは自分で護ると言ってるけど

そう言ってる場合じゃない

伊之助と善逸は自分たちがやらなければと

まだ無傷だから

なんのために修行をしてきたんだと

堕姫は首が柔らかすぎるから斬れない

炭治郎に帯が向かってる

伊之助は攻撃がほんのわずかに緩んだ気がすると

複数の場所を斬るなら二刀流の伊之助ができると

炭治郎と善逸が伊之助を守り

そのすきを突いて伊之助が堕姫に突進していく

すごい戦闘シーンだな相変わらず

しかし善逸よ真剣に戦ってるのに鼻提灯なんだよなあ

それはともかく攻撃を受けながらも突進する伊之助

防御を捨ててか

そして堕姫に刃が届く

伊之助の刀はガタガタ

だがそれ故にのこぎりのように切り裂ける

堕姫の首との相性はよいか

そしてついに堕姫の首を落とした

くっつけられないように持って遠くにと

しかし体はまだ動くようで帯が

伊之助は堕姫の首を話していくか

しかし首だけでも戦えるか

だが攻撃にキレがなくなってる

首だけだと弱体化するか

しかしそう言ってると伊之助の後ろに妓夫太郎が

毒の鎌が伊之助を貫く

宇髄は倒れていた

動揺する炭治郎を善逸が助けに

炭治郎は自分が目を離したからと

やつに気づけていれば

そもそも宇髄から離れなければと

後悔だけが炭治郎の心に

次回に続く

宇髄の回想と戦いが色々と混じってたな

予告では炭治郎たちがそれぞれの呼吸を

だがいつの間にか一人に

だが諦めるなと

次回

窮地の4人

だがそれでも







Last updated  February 4, 2022 07:51:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
[鬼滅の刃] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.