1821201 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

家庭学習コンサルタント 坂本七郎のブログ

PR

Free Space

坂本七郎 プロフィール

家庭学習コンサルタント
ドリームエデュケーション代表
オンライン家庭教師 まなぶてらす主宰

1977年生まれ。

塾講師や家庭教師など5000人以上の学習指導の経験から、家庭学習こそが学力アップのカギであることを確信。
全国の小・中学生とその保護者に対して、成績が伸びる勉強のやり方、子どもをやる気にさせる親子の関わり方について教えている。

活動の中心は、セミナー開催、保護者向け無料メールマガジンの発行、メールや電話による学習相談(年間1,200件超)で、家庭学習を切り口にした独自の活動を展開している。

また、坂本が直接指導をおこなう受験教材の参加者からは、「定期テストでいきなり5教科合計48点アップ、9教科合計100点アップ」「順位が40番上がって学年1位獲得」「2か月で模試の偏差値20アップ」など喜びの声が全国から続々届いている。

著書に『ユダヤ式学習法』『小学生の学力は「計画力」で決まる!』『中間・期末テストに強くなる勉強法』『小学漢字1006が5時間で覚えられる問題集』『出る順「中学受験」漢字1560が7時間で覚えられる問題集』(すべて大和出版刊)がある。

ドリームエデュケーションHP
無料メルマガ登録ページ
坂本七郎 ツイッター
ドリームエデュケーション フェイスブック

オンライン家庭教師まなぶてらす

坂本七郎への問合せはこちら

Category

Archives

2019/10
2019/09
2019/08

Recent Posts

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

その他情報・日記

2018/01/05
XML
カテゴリ:その他情報・日記
坂本です。
明けましておめでとうございます。


大みそかの日のことです。

私は家族で横浜に来ていたのですが、

夜、散歩していたときに路地から
ある医学部受験予備校の自習室が見えました。


1人、黙々と自習をしている女の子の姿が
そこにありました。

みんなが紅白歌合戦で楽しんでいるとき、
ひとり勉強に打ち込むその姿。


とても美しかった━━。


それ見ただけで、
何だか嬉しくなった年末でした。


12年前くらいでしょうか。

私が結婚をして、会社を辞め、
独立して仕事をしていくようになったとき。

いちばん辛かった時期ですが、
そのときのことを思い出しました。


そのときは、バイトをかけもちして生活費を稼ぎながら、
年末年始も仕事をしていました。

そのときの苦労を思い出しました。


うん、がんばろう2018。


2018年は、今あるものを淡々とこなしつつ、
新たな挑戦も入れていきたいなと考えています。

いわゆる、守破離。


流れをふまえつつ、そこに棹さし、
次のステージに進みたいと思います。


ということで、
2018年もよろしくお願いいたします。


坂本 七郎





<<坂本七郎の本>>
出る順「中学受験」漢字1560が 7時間で覚えられる問題集(大和出版)
小学漢字1006が5時間で覚えられる問題集(大和出版)
中間・期末テストに強くなる勉強法(大和出版)
小学生の学力は「計画力」で決まる!(大和出版)
ユダヤ式学習法―わが子の学力がグングン伸びる(大和出版)



<<坂本七郎の受験対策&家庭学習プログラム>>

 ☆ ​サクラサク中学受験Jr.​(小1~小3向け)

 ☆ ​サクラサク中学受験勉強法​(小4~小6向け)

 ☆​ サクラサク高校受験勉強法​(中学生向け)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発 行      ドリームエデュケーション 坂本七郎
 ホームページ   ​http://www.dreameducation.co.jp​
 
 ■​オンライン家庭教師「まなぶてらす」​
 中学受験などの受験対策、テスト対策から将棋、そろばん、
 プログラミングまで。無料体験レッスン受付中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






Last updated  2018/01/05 12:14:53 AM
2014/12/22
カテゴリ:その他情報・日記


こんにちは、坂本です。


今日は冬至。

太陽の南中高度がもっとも低く、
一年のうちでもっとも昼間の時間が短い日です。

そのため冬至は太陽の力がもっとも弱く、
この日を境に再び力が強くなることから、
太陽が生まれ変わる日ととらえられてきました。


冬至におこなわれる風習として有名なのは、

・ゆず湯に入ること
・かぼちゃを食べること

があります。



<ゆず湯に入ること>

湯船に、ゆずを浮かべたり、少しだけ絞ったりして入ります。

冬至にゆず湯に入ると、邪気を払い、風邪を引かなくなると
言われています。



<かぼちゃを食べること>

冬至には、「ん」がつく食べ物を食べると
運が呼び込めると言われています。

にんじん、だいこん、れんこん、みかん、ぎんなんなど。

かぼちゃは「や」で終わっていますが、
別名「南京(なんきん)」だからOKなのです。

なぜ、かぼちゃを食べるかというと、身体にとても良いから。

かぼちゃに含まれている β-カロテンは、
体内に入るとビタミンAに変化します。

ビタミンAは、粘膜を保護・再生し、強くする働きがあります。

かぜのウィルスなどは、のどや鼻の粘膜から侵入することが
多いので、この粘膜を強くすることで、かぜに負けない身体
をつくることができるのです。



今日はゆず湯に入り、かぼちゃの煮物を食べましょう。

受験生には特におすすめです。


それでは、充実した冬休みをお過ごしください。


坂本七郎





追伸:

冬休みの計画は立てましたでしょうか?

まだ!という人はこちらの
「冬休みの計画表」をもとに、計画をつくってみてください。

■冬休みの計画表(ひながた)
http://www.dreameducation.net/present/keikaku-winter.pdf


目標設定と、計画立案。
このスキルを学ぶのに、冬休みはとても重要ですよ。




追伸2:

今年の冬至は、特別な冬至です。

というのも、冬至(太陽のもっとも弱まる日)と
新月(月がもっとも弱まる日)が重なる日だからです。

これを、朔旦冬至(さくたんとうじ)と呼んでいます。

前回の朔旦冬至が19年前であり、次の朔旦冬至が、
38年後になるそうなので、とっても貴重な1日なのです。

今日を境に、明日から新たな気持ちで1日を
スタートしていきましょう。



追伸3:

そんなことから、受験生は、
・太陽の動き
・月の満ち欠け
は入試でねらわれやすいと考えておきましょう。

差がつきやすい単元でもありますから、
必ずマスターして、本番を迎えましょう!




■発行:株式会社ドリームエデュケーション













Last updated  2014/12/22 12:52:49 PM
2013/12/11
カテゴリ:その他情報・日記

こんばんは、坂本です。
いつもブログを読んでくれてありがとうございます。

読者の皆さんに情報を。

明日より、メルマガ読者限定で、
冬休み応援キャンペーンを実施します。
(1週間だけやります)

手軽に参加できて、特別レポートがもらえる
特別な1週間となります。

・塾の冬期講習だけではチョット不安、、、
・この冬、苦手分野の克服をしてほしい
・冬休み、やることが特に決まっていない
・1つでいいので、自信の持てる単元をつくってほしい
・目に見える確かな成果がほしい
・自信に満ちたお子さんの表情を見てみたい!

そんなあなたは、ぜひご参加下さい。

もしご興味があれば、下記リンクより
メルマガに登録しておいてください。

■無料メルマガ登録ページ
http://yudaya-study.com/mailmag_form.htm

近日中に、ご案内を差し上げられると思います。

それでは、今日はこれだけ。
お休みなさい。

坂本









Last updated  2013/12/11 10:23:41 PM
2011/03/15
カテゴリ:その他情報・日記



こんばんは、坂本です。


今回の突然の大地震。

テレビに映し出される被災地の映像。


言葉になりません。

言葉が見つかりません。


とにかく。

とにかく、ただ、私の願いとしては


一人でも多くの行方不明者が無事に見つかること。



そして現在、避難所で暮らす方々に

一刻も早く充分な食事、衣類、毛布が支給され、

あたたかい布団で眠れる日が来ること。


それを願うばかりです。



私の義兄も仙台に住んでいるのですが、

いまだ連絡が取れずにいます。


いま、このメールを見ているあなた。

あなたが、ご無事で何よりです。


私たちが、いま生きていること。


その当たり前のことを

大切に、生きていきましょう。


今回の地震でお亡くなりになった方々のためにも、

一生懸命、生きていくことを誓いましょう。


当たり前のことが、当たり前でない世界が

いま、すぐそばに起こっています。


ここで立ち止まることもひとつの選択かも知れませんが、

私は、亡くなられた方々のためにも歩みを始めたいと思います。


被災地に暮らす、皆様の無事を祈っています。


坂本より






追伸


原発の放射能漏れの不安もあると思います。

外出時には、帽子・マスク・フード付き長袖など
できるだけ肌を出さない工夫が必要です。

外から屋内に入ったら、顔と手を洗いましょう。
また、雨には濡れないように注意してください。

また、わが家では放射能対策として
「わかめ入りの味噌汁(昆布だし)」を摂るようにしています。

放射能対策に良いとされるヨウ素を昆布とわかめで摂取でき、
しかもヨウ素の過剰摂取を防げる大豆食品(味噌)が同時に
摂れるためです。

効果を保証するものではありませんが、
手軽に作れるレシピだと思いますので参考にしてください。












Last updated  2011/03/15 06:17:02 PM
2009/11/09
カテゴリ:その他情報・日記

これは私事ですが・・・


11月1日、男の子を授かりました。


妻の出産は、

決して順調なものではありませんでした。


陣痛と戦いながら、子宮口9cmのところまで

来たのですが、途中から赤ちゃんの呼吸が低下し、

急きょ帝王切開をすることに・・・


難産の末、なんとか無事、

新しい命を授かりました。


▽出産直後の写真
出産直後


11月1日 午後8時55分。

3430グラムの男の子の誕生です。


手術は、麻酔もろくに効いていない段階で

切開をするなど、それはそれは

急を要した大変な手術でした。


しばらくは夜泣きに泣かされそうですが、

寝顔を見るだけで、すべてが許せそうです(^^;)


▽髪ふさふさでした・笑
髪ふさふさ







Last updated  2009/11/09 11:01:58 PM
2009/10/08
カテゴリ:その他情報・日記

こんばんは、坂本です。


大型の台風18号が日本を通過しましたが

そちらの地域は大丈夫でしたか。


ここ埼玉では風も弱まり

ようやく落ちつきを取り戻しています。



さて、今日は台風についての豆知識を。


台風には渦(うず)がありますよね。

天気図とかで目にするあの渦です。


あの渦の回り方は

時計回り、それとも反時計回り?


さて、どちらでしょうか・・・?



そして、あの渦は

いつも同じ回り方をしているのですが、

一体どうして同じ方向に渦ができるのでしょうか?


実は、あれ。

「コリオリの力」が関係しているんです。


そのメカニズムがこれです。

(南半球では回り方が逆になるんですね)









Last updated  2009/10/09 11:25:33 PM
2009/09/22
カテゴリ:その他情報・日記

こんにちは、坂本です。

今日は、子どもたちへの感染が心配される
新型インフルエンザの予防法についてまとめておきます。

まずは、感染経路を知ること。
ここからはじめましょう!


■ウイルス 3つの感染経路

1.患者の粘液が、他人の目や鼻や口から直接に入る経路。

2.患者の咳、くしゃみ、つば吐き出しなどにより
  発生した飛沫を吸い込む経路。

3.ウイルスが付着した物や、握手のような直接的な接触により、
  手を通じ口からウイルスが侵入する経路。

以上の感染経路を考えると、
【目・鼻・口】からの感染を防ぐことがポイントとなります。

そのため、次の予防法が考えられるのです。


■予防法

1.手洗い・うがい・洗顔!

 手洗いより、手についたウイルス、
 うがいにより、口の粘膜にあるウイルス、
 そして、洗顔により、目や鼻の粘膜にあるウイルス
 を洗い流すことができます。

 一般には、「手洗い・うがいの励行」のみ言われていますが、
 洗顔をすることによって、目や鼻の粘膜からの感染経路を
 遮断することができます。

 また、ウイルスは口や喉の粘膜に付着してから細胞内に侵入するまで
 20分位しかかからないとの研究もありますので、こまめのうがい
 ・洗顔をしたいところですね。


2.マスクの着用

 そしてふたつめ。
 定番ですがマスクの着用をおすすめします。

 マスクをすることで
 感染者のくしゃみ吸入による直接感染、
 そして人への感染を防くことができます。

 また、マスクを着用していると、吸気がマスクで温められるので、
 気道粘膜の血管が収縮せずに、粘膜の機能が維持できます。



以上のことにより、

外出をする際には
できるだけマスクを着用しつつ、
こまめに【手洗い・うがい・洗顔】をする。

これがウイルス対策に効果的でしょう。


その他、自宅内でできる方法としては、
ウイルスを追い出し、飛沫感染の確率を減らすために、

・換気をこまめに行う。
・ウイルス除去機能付きの空気清浄機を使う。
・部屋の湿度(50~60パーセント)を保つ。

が良いと思われます。



家庭学習コンサルタント
坂本 七郎








Last updated  2009/10/09 11:26:45 PM
2009/09/08
カテゴリ:その他情報・日記
民主党が政権をとることで

学校は、教育はどのように変わるのか?


教育に関する民主党のマニフェストの中でも

特に小中学生の子を持つ親世代に影響を与えるもの

についてまとめておきたいと思います。


特に重要な政策は2つあります。

-----------------------------------------------------------
1.年額31万2000円の「子ども手当」を創設する

【具体策】
○中学卒業までの子ども1人当たり年31万2000円(月額2万6000円)の
「子ども手当」を創設する(平成22年度は半額)。
○相対的に高所得者に有利な所得控除から、中・低所得者に有利な
手当などへ切り替える。


2.公立高校を実質無償化し、私立高校生の学費負担を軽減する

【具体策】
○公立高校生のいる世帯に対し、授業料相当額を助成し、実質的に
授業料を無料とする。
○私立高校生のいる世帯に対し、年額12万円(低所得世帯は24万円)
の助成を行う。
○大学などの学生に、希望者全員が受けられる奨学金制度を創設する。
------------------------------------------------------------


ここでは「2」の政策

「公立高校を実質無償化し、私立高校生の学費負担を軽減する」

について、考えてみたいと思います。



このマニフェストは要注意です。


よーく見ると、「授業料が」無料化と書いてあるだけで、

実は授業料以上に負担額が多い、授業料以外の費用、


つまり、入学金、PTA会費、生徒会費、教材費、

制服・学用品代、旅行積立金、通学費などについては

無償化するとは言っていないのです。






公立高校の授業料は

「年額12万円」ほどです。


この額が実質的に無料になるので

年間12万円、3年間で36万円の負担が減る

ということですね。




一方、

私立高校の授業料は学校によって違いますが、

平均で見てみると、

だいたい「年額32万円」ほどです。


私立の場合、年額12万円(低所得世帯は24万円)の

助成が受けられるとのことですから、

3年間で36~72万円の負担が減るということになります。



この面だけ見ると、

「私立も入りやすくなるかな」と思うかもしれません。


しかし、学校にかかる金額は

最初に書いたとおり、授業料だけではありません。


そして、授業料以上に負担となるのが

この「その他の費用」なのです。




そのため、

次にこれらその他費用も含めた

「3年間にかかる総額」で

公立と私立を比較してみましょう。



・公立高校

 現在:3年間にかかる学校内での費用平均 約136万円

 公約実現後:3年間にかかる上記費用   約100万円


・私立高校

 現在:3年間にかかる学校内での費用平均 約264万円

 公約実現後:3年間にかかる上記費用   約228万円
        (低所得世帯の場合)   約192万円




つまり、公立高校の実質無償化と言っていますが、

実はこれだけの負担があることも覚えておかなくてはなりません。


また、1の「子ども手当」は中学生までが対象となります。

それまでもらっていた、年額31万2千円が高校入学と同時に

ゼロになることを考えれば、むしろ生活負担は大きく増えるものだ

ということも理解しておく必要があります。







■キャンペーンやってます。

『ユダヤ式学習法』(大和出版)

http://www.dreameducation.net/book.html
(クリックすると新しいタブが開きます)


■発行:株式会社ドリームエデュケーション









Last updated  2016/04/25 02:44:35 PM
2009/04/23
カテゴリ:その他情報・日記



この春から、新学習指導要領の移行措置がはじまりました。

そこで受験への影響という部分で心配されている方も

多いことでしょう。


ここでは、移行措置によって追加される単元を踏まえて、

「入試対策」はどのように変わっていくのかについて

カンタンにまとめておきたいとおもいます。


今後の入試対策の参考にしてくださいね。



■中学生


・現中3受験生

 数学:授業内容の変更なし

 理科:仕事とエネルギー、水溶液とイオンが追加される


 来年の入試では、理科の上記新分野が出題される可能性あり。

 公立・私立ともにこれらの入試対策は必要となります。


・現中2生

 今年は、大きな変更はなし

 来年(中3)より理科・数学にて追加される単元が大きく増える。

 それによって、入試の出題範囲も増える見込みがある。


・現中1生

 数学・理科ともに新学習指導要領の増加分をすべて吸収する学年

 入試出題範囲は、すべての増加分を含めたものになる可能性大。




■小学生


・中学受験への影響


 私立中高一貫校入試

  :すでに出題範囲が学校の授業内容を超えていたため

   出題範囲・レベルとも特に変化はないと考えられる


 公立中高一貫校入試

  :適性検査の出題ベースとなる授業内容が増えるため、

   出題範囲(学習範囲)が増えることになる。

   ただ、出題傾向が変わる可能性はほぼゼロ。



・中学受験をしない小学生

 算数や理科において増加する単元があるので

 その分野の学習漏れがないように注意しましょう。

 現在、市販で販売されている問題集等は、すでに移行措置の

 内容を含んでいます。もし、含んでいない場合は、

 各出版社のホームページにアクセスすると、問題部分が

 ダウンロードできる場合があります。



 <お得情報>

 もし、移行措置による増加分の問題を手に入れたい場合は、

 以下のページをご覧ください。とっておきの情報です。

 文理のホームページで追加分野の問題が無料で手に入ります。

 小学生・中学生の両方あります。

 http://www.bunri.co.jp/ikousochi/index.html#_I02

 今のうちにダウンロードしておくとよいですよ



移行措置による受験への影響をシンプルに説明すると

以上のようになります。


中学受験については、ほとんど影響はありません。


ただ、高校受験の場合は出題範囲が増えるため注意が必要です。

特に影響が大きく出はじめるのは、

「2年後の高校入試から」ということになります。

該当するお子さんがいる場合は、覚えておいてください。


また、今後追加情報などがあれば、

このメルマガでも情報をお届けしますね。




▽このような記事をあなたのメールボックスに無料で配信します。

 詳しくはこちらをご覧ください。→ メールマガジン登録


■発行:株式会社ドリームエデュケーション







Last updated  2016/04/25 02:45:10 PM
2008/12/31
カテゴリ:その他情報・日記
                     2009年 元旦



明けましておめでとうございます。

いよいよ2009年の幕開けです。



今年一年が、私たちにとって、

「最高の年」になるよう、共にがんばっていきましょう。



この出会いはひとつの縁です。



あなたを、そしてあなたのお子さんを

より良い方向に引き上げていくのが私の使命です。


私があなたの行く先を照らす「良き先導役」になれるよう、

今年も私は邁進していくつもりです。




今や世の中には、実に様々な情報があふれています。

情報過多の時代です。


何を信じて、何を考えて行動していけばよいのか

分からなくなることもあるかもしれません。



でも、どんなに時代が変わっても変化しないものがあります。



それを伝えていくことが教育の本質だと思うし、

また、それを親から子に伝えていくことが

私たちの役割だと思うんです。



同じ思いを持った人たちが集まり、

想いを共有して、ともに今年一年を歩んでいきましょう。




しかし、世の中には様々な考えや意見があります。


もしかしたら、私の伝えていくメッセージや

子どもたちに対する想い、それから教育に対する考え方が

あなたに合わない場合があるかもしれません。



だから、

・とにかく学歴さえあればそれでよいと考えている人

・とにかく成績だけ上がればそれで良いと考えている人

・自分では何もしようとせず、人に依存しようとしている人


このような考えの人たちに私のメルマガやブログは合いません。

私の記事を読む必要はありません。



そのような場合は、お互いに時間の無駄になってしまいますので

今すぐこのページを閉じて下さい。




一方、

・私のメールを読むのを楽しみにしてくれているあなた

・私たちのような想いや考えを共有していきたいあなた

・未来につながる学力をお子さんに身につけたいと思うあなた

・考える力を身に付けるなど、お子さんの内面の成長を
 重視しているあなた


そんなあなたにとって、

最高の一年になるようサポートしていきたいと思います。


それでは、本年もよろしくお願いいたします。



感謝をこめて

坂本七郎より



▼ 私のメールマガジン(メルマガ)の無料登録はこちら
 ※注意:この記事に書いたことに賛同できる方のみ登録可です。

  >> メルマガ登録ページへ進む







Last updated  2009/10/10 12:02:54 AM

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.