1048335 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

家庭学習コンサルタント 坂本七郎のブログ

PR

Free Space

坂本七郎 プロフィール

家庭学習コンサルタント
ドリームエデュケーション代表
オンライン家庭教師 まなぶてらす主宰

1977年生まれ。

塾講師や家庭教師など5000人以上の学習指導の経験から、家庭学習こそが学力アップのカギであることを確信。
全国の小・中学生とその保護者に対して、成績が伸びる勉強のやり方、子どもをやる気にさせる親子の関わり方について教えている。

活動の中心は、セミナー開催、保護者向け無料メールマガジンの発行、メールや電話による学習相談(年間1,200件超)で、家庭学習を切り口にした独自の活動を展開している。

また、坂本が直接指導をおこなう受験教材の参加者からは、「定期テストでいきなり5教科合計48点アップ、9教科合計100点アップ」「順位が40番上がって学年1位獲得」「2か月で模試の偏差値20アップ」など喜びの声が全国から続々届いている。

著書に『ユダヤ式学習法』『小学生の学力は「計画力」で決まる!』『中間・期末テストに強くなる勉強法』『小学漢字1006が5時間で覚えられる問題集』『出る順「中学受験」漢字1560が7時間で覚えられる問題集』(すべて大和出版刊)がある。

ドリームエデュケーションHP
無料メルマガ登録ページ
坂本七郎 ツイッター
ドリームエデュケーション フェイスブック

オンライン家庭教師まなぶてらす

坂本七郎への問合せはこちら

Category

Archives

Recent Posts

2017/03/21
XML
こんにちは、坂本です。

今日は春休み目前ということで、
自宅で子どもの勉強を見るときのコツについて
いくつか書いておきたいと思います。


「子どもをやる気にさせるのが難しい」
「難しい問題だとさじを投げてしまう」
「見直し、解き直しを嫌がる」


そんな方はぜひ参考にしてください。
(後半には、春休みのお役立ち情報もあります)



■難しい問題を解かせる声掛けのコツ
───────────────────────────


子どもに問題を与えるときに、
やさしい問題はやってくれるけど、むずかしい問題になると

・不機嫌になる
・なかなか取り組んでくれない
・すぐにあきらめてしまう

というお子さんは多いのではないでしょうか?


もちろん、本人のレベルに合わない
難しすぎる問題を与えるのはダメです。


ですが、これならできるのでは?という問題を与えているのに、
思うように取り組んでくれない。。。

そんなときは、声がけの仕方を変えてみてください。

子どもの取り組み方が変わる場合があります。


----

子どもに少し難しい問題を与えるときに、
あなたはどう声をかけて問題を見せていますか?


「これは少し難しいんだけれど・・・」
と言って、問題をさせていませんか?


これは、つい言ってしまう声がけですが、
あまり良くありません。


「難しい」という言葉はできるだけ使わない方がよいのです。

なぜなら、「難しい」という言葉を聞いて、気持ちが萎縮したり
実力がしっかり発揮できないことが多いから。


もし、こうした少し難しい問題を出すときは、
「難しい」という言葉は使わずに、

「難しい問題」→「できたらスゴイ問題」

と置きかえて、伝えてください。


ちょっとした言葉のニュアンスを変えただけですが、
これにより、子どもの目の色が変わります。

前向きに、問題を解こうとする気持ちが生まれます。




■見直し、解き直しを嫌がる場合
───────────────────────────

解き直しを嫌う子ども。

──これも多いですね


では、そもそも
子どもたちは、なぜ解き直しを嫌がるのか。
あなたはわかりますか?


ちょっと先を読まずに、30秒ほど、考えてみてください。

なぜ子どもは解き直しを嫌がるのか?


・・・もちろん、1つは自分が間違えた問題ということで、
それを指摘されるのは、非難を受けているように感じる、
という面があります。


しかし、それよりも大事なポイントがあります。

それは、

「解き直しの問題数がそもそも多いから」


たとえば、95点のテストの見直しをしなさいと言われれえば、
多くの子どもは嫌がることなく、すぐに取りかかってくれます。

しかし、それが65点、48点となったらどうでしょうか・・・?

見るからに、短時間では終わらないと感じますよね。
気が進みません。。。



では、どうすれば、子どもたちは解き直しに
応じてくれるのか?


方法は、カンタンです。
見た目の作業負担を軽減してやれば良いのです。


テスト問題の解き直しならば、
2,3問だけで、解き直しが終わるように工夫します。

テスト問題があれば、
本当に見直しをしてもらいたい部分だけコピーを
とって、それを手渡すのです。

あるいは、小分けにして、何日間かに分けて解き直しを
してもよいです。

見た目の作業負担を減らすことで、
結構すんなりと解き直しにも応じてくれるようになります。



また、この考え方同様に、自宅で親子学習をしているときは、
まとめてマル付けをしないようにするとよいです。

それで点数がよければ問題ないのですが、
ミスが多くなりそうなときは、できるだけこまめに
マル付けをするとよいです。

3~5問やったら、1回マル付けをするペースがよいでしょう。


もし、親が子どものマル付けをしているのなら、
子どもが問題を解いているそばから、どんどんマル付けをしていき、
間違いがあったら都度、その場でやり直し・考え直しをさせるとよいです。


こうすることで、やり直しの負担感がぐんと減るので、

「やり直しをしろ → やらない → 親子バトル」

という悪循環を断ち切ることが出来ます。


----


いかがでしたでしょうか。

家庭学習のヒントは得られましたか?


・「難しい問題」ではなくて「できたらスゴイ問題」と言う。

・作業負担を考えながら、マル付けを適宜入れていく。


この2つを参考に、春休みの学習にお役立てください。

では、またメールします。


坂本 七郎




■魅力的な先生が続々参加! まなぶてらすの春期講習■


春休みは、宿題もあまり出ないお休みなので、
苦手克服、1年間の復習をするのに最適な期間です。

私が運営しているオンライン家庭教師まなぶてらす では、
この頃、優良講師を一気に採用しました。

始めるのなら、いまが始め時です。

入会金要らずで、先生が選べて、
スポットでも授業が受けられるのは「まなぶてらす」だけ。

ぜひ春休み、空いた時間にご利用ください。


以下、新しく採用した自慢の講師陣を一部ご紹介します。

    ↓

■オンライン家庭教師まなぶてらす のPICK UP! 先生■

まなぶてらすロゴ

・NEW! ひらい先生
 https://www.manatera.com/wte/prfdtlfrm/99
 横浜サイエンスフロンティアなどを志望校にしている方は、
 要注目の先生です。合格実績あり。慶應義塾大学総合政策学部卒。
 (国語、小論文、勉強法、中学受験、高校受験、大学受験)


・NEW! まいまい先生
 https://www.manatera.com/wte/prfdtlfrm/100
 ドラマ「相棒」にも出演したことのある女優志望のまいまい先生。
 多くの生徒の成績を上げた実績で塾内で表彰された経歴も持ちます。
 中学受験の指導も可能。テレビの仕事に興味のあるお子さんにおすすめ。
 (算数・数学、英語、中学受験、高校受験、大学受験、My講座あり)


・NEW! Hara先生
 https://www.manatera.com/wte/prfdtlfrm/95
 魚にくわしい!「まなぶてらすのさかなクン」と言えば、
 Hara先生です^^。生徒からの信頼も厚く、心を込めてていねいに
 教えてくれる授業は、安定感があります。
 (5教科、高校受験、My講座あり)


・NEW! たつや先生
 https://www.manatera.com/wte/prfdtlfrm/96
 受験テクニックを学ぶならこの先生、中学英語から高校英語まで
 文法や英単語の暗記、長文読解スキルなど最短・省力で成績を上げる
 ノウハウを持っています。(英語、高校受験、大学受験)


・NEW! メイ先生
 https://www.manatera.com/wte/prfdtlfrm/82
 元SAPIX講師で御三家クラスの国語担当。
 公立中高一貫校の適性検査対策、帰国子女入試対策も可能です。
 (国語、算数、理科、社会、中学受験、高校受験)
 

・まる先生 学習コーチング講座をスタート!
 https://www.manatera.com/wte/prfdtlfrm/14
 そろばん担当のまる先生が、得意分野を活かして小5~中3生を
 対象に「学習コーチング」講座をスタートしました。
 家で子どもがなかなか勉強をしてくれないでお困りのご家庭は、
 一度まる先生のコーチングを受講してみてください。



●まなぶてらすへの新規会員登録はこちらからどうぞ。

 → https://www.manatera.com/WTE/sreg.cgi




追伸:

子どものやる気というのは、ある1つの言葉を言えば
ドーンと上がるというものはありません。

今日紹介したような、ちょっとしたひと言、ひと工夫。
そうしたものが積み重なることで全体として、
やる気の維持・向上につながっていくというイメージです。

スイッチを入れれば、バチンと変わるものではない
(特に親子の学習においては)ことを覚えておいてください。

大事なのは、細部です。
相手(子ども)の立場に立つことなのです。




追伸2:

子どもからインフルエンザをもらい、
先週はまったく動けませんでした。。。
気をつけていても、かかるものはかかるのですね~



追伸3:

春休みは、習いごとレッスンもおすすめです。
勉強にも役立つおすすめの習いごとレッスンはこちら。
興味の幅が広がります。

将棋レッスン → https://www.manatera.com/wte/prfdtlfrm/89

理科実験  → https://www.manatera.com/wte/prfdtlfrm/20

ギターレッスン → https://www.manatera.com/wte/prfdtlfrm/41

英会話レッスン → https://www.manatera.com/WTE/site.cgi?m=prflstfrm&s_prof_interest=7

プログラミング → https://www.manatera.com/wte/prfdtlfrm/60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発 行      ドリームエデュケーション 坂本七郎
 ホームページ   http://www.dreameducation.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017/03/21 08:52:23 PM
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.