138136 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふたりでごはん

ふたりでごはん

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2019.11.19
XML
カテゴリ:不安神経症


 明日、予定が入っている。

 その予定のどこかに不安要素があると、もう心配で仕方がない。
 不安要素がなくても、無理やり不安を作り出して勝手に心配して怯えている。

 そうしなければいいのはわかっている。

 いいことばかり考えていればいい。

 しかし、どんな小さな隙間でも、その隙間に魔が刺す。


 自分ではどうしようもないのか?

 
 脳のある部分で器質的変化があり、そこを手術でどうにかすれば治るものなのか?

 先天的にそうプログラミングされているものなのか?いわゆる遺伝的なものなのか?

 乾癬やアトピーなどの皮膚疾患との関連性はどうなのか?

 腸内細菌とは関係ないのか?

 環境が変われば良くなるものなのか?

 仏道に進めば道は開けるのか?

 今のままでいいのか?

 今の自分でいいのか?

 あるがままにってなんだ?

 それをずっと探し求める人生なのか?


 人生に意味なんてないのだろう。

 虫たちに生きる意味がないと思うように、

 虫から見たらヒトにも生きる意味なんてないのだろう。

 死んだら枯葉になり落ちて腐り、また次の世代の肥やしになる。

 それを「それだけ」と考えるか、「それが大切な意味」と考えるか。

 
 答えがどちらであっても、この不安が治るものでもなく、

 どう転んでも不安は拭いきれないのであれば、

 そう言うものだと割り切ればいいのだが、

 それがなかなか難しい。


 毎日大空を飛んでいた鳥が、急に飛べなくなったなら、
 もう生きていけないと思うだろうか?

 飛べない者にとっては、飛ばなくても生きていけるよと言うだろう。


 毎日不安に思っている人の不安をきれいさっぱり取り除くことが出来たら、

 その人は幸せになれるのだろうか?


 私は、乾癬と不安神経症が治れば毎日幸せに暮らせるのだろうか?




 ただ、子供の頃から臆病であったが、どうにかここまで生きてきた。

 臆病だからこそ、ここまで来れた。

 不安だからこそ、転ばぬ先の杖を振り回した。

 
 今日もきっとその杖を振り回し疲れたのか、

 情報に振り回されたのか。


 考えても結論の出ないまま、また今日が過ぎていく。


 「ヒマなんだよ、それは。

 俺なんて毎日目の前のことをこなしているだけで精一杯だよ。」


 きっとそうなのだろうね。

 きっとそう言うことなのかもしれないね。

 
 そう言うことでいいよ。



不安神経症ランキング

乾癬(かんせん)ランキング





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2019.11.19 11:05:08
コメント(0) | コメントを書く
[不安神経症] カテゴリの最新記事


PR

カテゴリ

バックナンバー

サイド自由欄

設定されていません。

© Rakuten Group, Inc.