1064824 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

さぼてんだもの

PR

X

全28件 (28件中 21-28件目)

< 1 2 3

サボテン 【 実生 】

2006年07月06日
XML



「間引き」ってヤな言葉ですね。


もし、自分がサボテンに生まれていたら、
 即、間引かれて、捨てられていたことでしょう。
もし、自分が競走馬に生まれていたら、
未勝利のまま引退して
コンビーフの原料になっていたことでしょう。

てなことを考えると、
サボテンの実生苗を間引くのはツライのですが、
最初の植え替えで半分は捨ててしまいます。


以前、サボテン界で有名なお坊さんが、
「間引きは実生をする者の責任である」
という話をしていました。
 「え?」と思ったのですが、
弱い遺伝子も強い遺伝子も、全部を大事に育ててしまうと
いつかは自然界ではあり得ない
「弱い遺伝子だらけ」になってしまうそうです。

大事に育てる事が、50年100年を単位で考えると、
人類の罪になる。という話は、単位が長すぎで
お坊さんでなきゃ、語れない話ですね。

植え替え1

▲発芽から4ヶ月のサボテン実生苗です。これを植え替えます。「弱い遺伝子」と言ってもwomの眼力で見分けが付きませんが、発育の遅れた苗はあきらめます。


植え替え2

▲で、植え替えました。10月にまた植え替えようと思っています。







Last updated  2006年07月06日 17時21分25秒
コメント(4) | コメントを書く


2006年03月14日

2006春実生

サボテンの種子を蒔いて2週間くらいたったかな? おおかた出揃ったようです。

熊の子

▲熊の子(フライレア)。昨年秋に買ったサボテンにくっ付いてきた種子を蒔いたものです。発芽までのスピードが早く、タネを蒔いて20時間後には発芽していました。今はもう刺を出しています。

紅葉ヘキラン

▲紅葉ヘキラン(アストロフィツム)。自家採種。今年の春実生でもっとも期待している種子です。

縮玉

▲縮玉(エキノフォスロカクタス)。メサタネ、ワンパケ蒔き。

刈穂玉

▲刈穂玉(フェロカクタス)。メサタネ、ワンパケ蒔き。我が家でこの種類を「立派に育てる」というのは無理ですが、フェロカクタスは透明感のある赤い刺を出しながら成長して、実生が楽しいです。

月世界

▲月世界(エピテランサ)。自家採種。将来、白いサボテンで鳥のトサカに似た赤い実を付けます。発芽はもっとも遅く、10日かかりました。この子たちは**sakura**さんちで育っている月世界の甥っこにあたります。

緋冠竜

▲緋冠竜(テロカクタス)。自家採種。良い刺を出す子がいればいいなぁ、







Last updated  2006年04月22日 19時24分53秒
コメント(14) | コメントを書く
2006年02月27日

実生環境

昨日の写真、サッパリ分らないので今朝撮りなおしました(^^;

魚屋の発泡スチロールの中にヒーターをセットして「外気温+10度」くらいを保ちます。ライトは20W×2本でタイマーで朝6時~10時の4時間だけ点灯します。10時~午後1時まで太陽光が入ります。これで仕事や天気の状況がどうであれ、失敗なし!(の、はずです)。

発芽

「サボテンの実生って、タイマーまで必要なの? みんなこうしてるの?」なんて思われるといけません(^^; 上の写真は1週間前にコンビニで売ってる洋菓子(250円もしたけど結構ウマイ)のケースに蒔いて、電気アンカの上に置いておきました。チャンと発芽してます。

あんまり難しく考えることはない、、、の、かもしれません(^^;







Last updated  2006年02月27日 10時34分27秒
コメント(6) | コメントを書く
2005年09月19日

今年の春先に蒔いたサボテンの実生苗を紹介します。
いづれも、蒔いてから6ヶ月で、まだ6mmくらいしかありません。
順調なヤツ、なんか違うってヤツ、発芽しないヤツ、いろいろです。和名に間違えがあったらゴメンです。

エキノケレウス属

エキノケレウス属4種。右から
 ・reichenbachii v albispinus(アルビスピナ)
 ・chisoensis v fobeanus HK303(小型蝦)
 ・viridiflorus SB876(青花蝦)
 ・reichenbachii L1061(麗晃丸)




エスコバリア属

エスコバリア属4種。右から
 ・vivipara v alversonii SB1800(アルバーソニィ)
 ・vivipara v arizonica(アリゾニカ)
 ・duncanii SB83(ダンカニィ)
 ・robbinsorum(ロビンソルム)



コリファンタ属

コリファンタ属3種。右から
 ・radians (玉獅子)
 ・palmeri(千早丸)
 ・retusa (鳳華丸)




テロカクタス属

テロカクタス属2種。右から
 ・bicolor v schwarzii (春雨玉)
 ・macdowellii(太白丸)




フライレア属

フライレア属3種。右から
 ・pygmaea v dadakii SCHL 50(竜の子)
 ・pygmaea Pan de Azucar (豹の子系?)
 ・pumila Valle del Lunarejo(虎の子系?)
  ※magnifica と pumila SCH 53は発芽せず!




烏羽玉

ロホホラ属、烏羽玉(自家採種)


※蒔き過ぎです。「しばらく実生は自粛しよう」と、いつも反省しているのですが、来年の春になると、やっぱり、サボテンの種子をニコニコしながら蒔いていることでしょう。きっと。







Last updated  2005年09月19日 16時41分51秒
コメント(8) | コメントを書く
2005年08月19日

まだ暑いですが、実生苗の植替えをボチボチはじめることにしました。

兜1年生

上の写真は兜の1年生。パチンコ玉くらいのサイズです。これから植え付けます。スーパーで売ってるグリーンピースみたいです。



エスコバリア_ビビパラ

こちらは発芽5ヶ月目のエスコバリア。なんだかキュウリそっくりに育っています。「絶対に育て方を間違えている」と思うのですが、どうしたら良いのか分からんです。とにかく教育方針を変えなければなりません。







Last updated  2005年08月19日 14時43分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年06月06日

マミフェラ

5月24日に投稿したフライレア(マミフェラ)のその後です。種子を蒔いてから2週間くらい経ちました。まだ2ミリくらいしかありません。



士童の実生苗(2週間目)

同じ日に蒔いたフライレアの士童です。種子が大きい分こちらの方が大きいです



士童の実生苗(1年目)

これは、発芽から1年の士童。まだ6ミリくらいです



テンの子

フライレア属って、夏に強いヤツと、夏にカラッキシ弱いヤツがいるようで、写真のテンの子は夏が苦手です。「刺の短いヤツほど夏ギライ」と思うのですが、よく分かりません。







Last updated  2005年09月20日 21時05分54秒
コメント(1) | コメントを書く
2005年05月24日

昨日蒔いたフライレア(マミフェラ)が1つだけ発芽しました。1日で発芽するサボテンはwomの知る限りフライレア属だけです。タコの孵化みたいでしょ?

2005-05-24 12:04:12


下は3月15日に蒔いたエスコバリア属のダンカニー。発芽まで2ヶ月弱かかりました。温度か湿度かの条件が揃わなかったのかもしれません。


2005-05-24 12:04:28


ネットで調べると「まったく発芽しなかった種子を拾い集めて1年後に蒔いたら元気に発芽した」なんて話もよく聞きます。

サボテンの実生はナゾだらけです。







Last updated  2005年09月24日 20時53分34秒
コメント(4) | コメントを書く
2005年05月23日

実生報告1

5月18日に書いたサボテンの種まきをしました。矢印のところにパラパラっと。今の時期ならコンビニ袋に入れておくだけでも発芽するとおもうんだけど、、、(ウチは魚屋の発泡スチロールなのさ)。箱の下にバーミキュライトを敷いています。殺菌はダイセン。これで安心。



実生報告2

箱の上にガラスを載せて、ビニールシートを敷いて、少し隙間を空けて、サボテンで遮光。鉢の数で光の量を加減します。狭いベランダでの苦肉の策ですが、観察しづらいです^^;

多湿好きの種類なら、この中で1年くらい育てます。種類によっては不健康に太りだすヤツもいますので、様子を見て外へ出します。

今日蒔いたフライレア属は3日以内には発芽すると思います。
、、、では仕事へ出かけます。







Last updated  2005年09月24日 20時52分33秒
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全28件 (28件中 21-28件目)

< 1 2 3


© Rakuten Group, Inc.