22470022 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

北海道庁のブログ「超!!旬ほっかいどう」

全536件 (536件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 54 >

日高(ひだか)地域

2021.10.19
XML

​​​​​​​​ ​​日高振興局環境生活課​​です。​

​​​​​ 当課では、文化振興(地域歴史文化)、及びスポーツ振興(ウォーキング)を目的に、当課職員が、日高管内で歴史文化施設が集積している地域を実際に「ウォーキング」し、「歴史文化に係る写真撮影」をしたものを​次の当課ホームページ​に掲載しております!

​​​​​「【日高文化歴史散歩】~★ブラ・ラブヒダカに係るポータルサイト!」​​

​​

 なお、実際に掲載をしている地域は次のとおりです。

​​「第1章 アイヌ文化の聖地 二風谷編!」​​ 2020年(令和2年)10月中旬​


「第2章 江戸時代の風情 様似編!」 2020年(令和2年)10月下旬​


​​「第3章 開拓の鼓動 浦河編!」​ 2020年(令和2年)10月下旬​


​​​​「第4章 桜の記憶 静内編!」 2021年(令和3年)4月下旬


「第5章 イザベラ・バード 奥地紀行編!」 2021年(令和3年)10月上旬


「第6章 芸術とサラブレット 新冠編!」 2021年(令和3年)10月中旬​​​




​​​​​ ​​​​日高地方​にお越しの際は、(密にならない等の「新北海道スタイル」にご留意の上、)​紅葉の下​での​ウォーキング​はいかかでしょうか!​​​​​







最終更新日  2021.10.19 13:59:20

2021.10.01

​ ​​​​​​​​​日高振興局環境生活課​です。

 ​​​「日高の歴史的文化活用資源リスト」​​​とは、平成10年(1998年)、当時の堀知事が日高管内の「ふれあいトーク」で訪問した際、「地域の歴史と文化を学び、そこから生まれてくる観光資源の活用と共存の取り組み」について話題となったのをきっかけに、平成13年(2001年)、当時の日高支庁環境生活課が中心となり、​日高管内の歴史的文化・遺産である約400項目をリスト化​したものです。

 ​​​​​​


​​​ それから時が過ぎ、令和2年(2020年)から、日高振興局環境生活課​下記のホームページ​に、当該リストのPDF及びエクセルを公開しておりますので、ご紹介させていただきます。​​​
​​

「【日高の歴史・文化】ポータルサイト!」(日高の歴史的文化活用事業)

のページへのリンク​​​​



 ​​​​また、当該リストのいくつかの項目をセレクトして、​写真撮影したものを下記のホームページ​に掲載しておりますので、​日高地方が北海道内でも古い歴史をもつ地域であることをご覧いただければ幸いです!
​​

​​「​日高の歴史的文化活用資源【リスト】×2020年セレクト【写真集】!」

のページへのリンク

​​​【ご参考:写真集の一部です!】​
​​​​​​​​​​​​​​​​​​

【「1 義経神社 (寛政11(1799)年?)」「2 二風谷アイヌ文化博物館 (昭和47(1972)年)」「3 振内鉄道記念館 (昭和62(1987)年)」「4 沙流川左岸道路 (明治42(1909)年)」「5 閑山寺 (明治44(1911)年)」「6 日高町の開祖入地跡碑 (明治38(1905)年)」「7 千坂神社 (明治43(1910)年)」】

​​​​​​​​​
【「1 浄教寺 (明治44(1911)年)」「2 岩内不動尊 (1900年前)」「3 歴史の散歩道の記念碑 (平成11(1999)年)」「4 ユオイチャシ跡 (-)」「5 義経祠跡 (享和元(1801)年)」「6 ピポクチャシ跡 (-)」「7 新冠川にサケが遡上しなくなった理由 (-)」】

​​​​​​
​​​​​【「1 門別稲荷神社 (江戸後期)」「2 判官館 (不明)」「3 新冠旧牧場跡 (明治5(1872)年)」「4 シャクシャイン像 (寛文9(1669)年)」「5 三石神社 (文化3(1806)年?)」「6 赤心社記念館 (明治21(1888)年)」「7 西忠義碑 (昭和28(1953)年)」】
​​​​​​
【「1 静内神社 (天保初め(1830年)?)」「2 龍雲閣 (明治42(1909)年)」「3 東静内漁場跡の碑 (明治4(1871)年)」「4 三石洋かん (大正元(1912)年)」「5 三石山円昌寺 (明治30(1897)年)」「6 元浦河教会 (明治17(1884)年)」「7 浦河神社 (寛文9(1669)年?)」】​​​


【「1 三つの岩 (-)」「2 等澍院 (文化元(1804)年)」「3 様似会所 (寛政10(1798)年)」「4 様似山道 (寛政11(1799)年)」「5 襟裳大菩薩の由来 (-)」「6 襟裳神社 (文化11(1814)年)」「7 猿留山道 (寛政11(1799)年)」】


​​【「1 大黒座 (大正7(1918)年)」「2 シャマニ台場跡 (文政4(1821)年)」「3 冬島の穴岩 (-)」「4 明治時代のトンネル (明治24(1891)年)」「5 東洋ABCD遺跡 (-)」「6 襟裳岬灯台 (明治22(1889)年)」「7 豊国丸殉難者追悼碑 (昭和11(1936)年)」】​






最終更新日  2021.10.01 16:46:24

本日、10月1日は日高のブランドサケ「銀聖」の日!!
由来は、サケを漢字で書くと「鮭」で右上の「土」を分解して「十」と「一」になるからだそうです。

サケは北海道を代表する水産物の一つで、現在旬を迎え道内全域で漁獲されており、全道各地でブランド化されたサケが存在します。
中でも銀聖は道内で一番歴史のあるブランドサケで、今年で生誕20周年となりました。

ブランドの条件は厳しく、日高沖で漁獲された鮮度抜群のサケで、一尾3.5kg以上、体色が銀一色の銀毛鮭でなければ認定されません。(日高管内で漁獲されるサケ全体の5~6%程度!)
また、記号入り認証シールで流通まで徹底して管理することでブランドが守られています。

こんな素晴らしいサケ『銀聖』を皆さんに知ってもらいたい!食べてもらいたい!と、日高定置漁業者組合が様々なPRを行っています。

本日銀聖の日に日高管内の小中学校、特別支援校へ給食食材として銀聖の切り身を無償提供したほか、高島屋北海道展開催70周年とタッグを組んで9月中旬から全国各地の高島屋で山漬けやいくらなどを販売しています。
また、11月19~21日にはアクセス札幌での「にぎわい市場さっぽろ」でもPR予定です。

スーパーなどにも並んでいることもありますので、是非手にとって味わってみてください!!

#サケ #銀聖 #日高 #日高定置漁業者組合 #ナナイロひだか #どさんぎょ #北海道の漁業 #北海道


銀色に輝くサケ
このような体色のサケを銀毛鮭と呼びます。


銀聖と認証シール
このシールに番号をつけて流通まで管理します。


銀聖の切り身
子供達は喜んで食べてくれたかな?


銀聖生誕20周年チラシ
各イベントで配布される予定です。







最終更新日  2021.10.01 09:00:07

2021.09.29
太平洋に面する日高地方浦河町は、水産業が基幹産業となっている地域で、主にサケやコンブなどが水揚げされますが、夏いちご「すずあかね」の生産量が平成26年に日本一となるなどイチゴ栽培も盛んです。

浦河町は平成28年に7月15日を「夏いちごの日」と定め、毎年パック詰め販売、いちご詰め放題やスイーツ作り体験などの「夏いちごの日イベント」を開催しており、昨年からは感染症対策の観点から「夏いちごレシピコンテスト」を開催しています。

応募されたレシピの中には、なかなか想像できませんが、水産物とのコラボレシピもあり、道庁公式cookpadに掲載されていますのでご紹介します。

水産業とイチゴ栽培の双方が盛んな地域ということもあって、コラボレシピが誕生したのでしょうね。グランプリにも輝いているレシピもあり、興味がそそられます!

すずあかねという品種は、身が硬くて日持ちし、香りが良いイチゴであることから加工向きで、スーパーに出回ることはなかなかないようですが、目にしたら是非ご家庭で作ってみてください。

レシピが掲載された北海道庁公式cookpadはこちら。
イチゴとタコのカルパッチョ 揚げ昆布添え
https://cookpad.com/recipe/6916236

つぶのフライ イチゴソース添え
https://cookpad.com/recipe/6916251

浦河産つぶと夏いちごの爽やかマリネ風
https://cookpad.com/recipe/6916265

第2回夏いちごレシピコンテストの応募レシピはこちら。
https://www.town.urakawa.hokkaido.jp/event/natuichigo2021kekka.html

#夏いちご #すずあかね #ツブ #コンブ #タコ #日高 #浦河町 #ナナイロひだか #どさんぎょ #北海道の漁業 #北海道


イチゴとタコのカルパッチョ
揚げ昆布添え
第1回夏いちごレシピコンテストグランプリ作品!!


つぶのフライ イチゴソース添え


浦河産つぶと夏いちごの爽やかマリネ風






最終更新日  2021.09.29 09:00:07

2021.09.28
先日の日高地方のさけ定置網漁業を見に行ったときに見慣れない漁獲物があったのでご紹介します。

魚種毎に仕分けされ、サケが入っている箱をのぞき込むと一匹だけ違和感のある魚が…
近くにいた漁師さんに恐る恐る聞いてみました。

私「あのー、これってサケじゃないですよね!?」

漁師さん「おー、よくわかったな!これはギンザケだ!!」

私「ギンザケ!?ギンザケってよく獲れるんですか??」

漁師さん「最近まれに獲れるようになったなー。春先にも少し獲れたぞ!」

日本では主に三陸沖で養殖され、海外からも輸入されている話は聞いたことがありましたが、天然物も漁獲されるのですね!
今日も日高の海の豊かさに驚かされるばかりです。


#サケ #ギンザケ #浦河町 #日高 #ナナイロひだか #どさんぎょ #北海道の漁業 #北海道


パッと見た目はサケ
これを一発で見抜いたあなたはサケ博士と名乗って良いでしょう。


よーく見ると違和感があります
・シロザケにしては鼻が曲がりすぎ?
・背側に小黒点あり?


正体はギンザケ
顔をアップにするとイケメン!
これだけ鼻が曲がっているとさぞかしモテるでしょうね。






最終更新日  2021.09.28 12:40:06

2021.09.24
日高のさけ定置網漁業が9月に解禁となりました!
日高地方では、サケコンブに並ぶ重要な水産物で、漁師さん達もサケにかける思いは強く、この日を待ち望んでいました。

私たちもソワソワと心が落ち着かず、港に向かいます。
ちょうど漁船が帰ってきて船をのぞき込むと、そこには銀色に輝くたくさんのサケが!!サケに混じってブリも多く漁獲されています。

漁獲されたサケは大きな網で次々と陸揚げされ、魚種・大きさ・雌雄など規格毎に仕分けされていきます。
漁師さん達の手際の良さにびっくり!この手際の良さが私たちの食卓に高鮮度の魚を届けてくれるのですね!!

あっという間に選別された魚が市場に並び、セリが行われ、出荷されていきました!

今年の日高地方のサケ漁獲量は、9月上旬の速報値で前年対比6割程度と不調な幕開けとなっていますが、これからたくさんのサケが帰ってくるようサケ来るボーズを作りたいと思います!!

#サケ #ブリ #銀聖 #さけ定置網漁業 #浦河町 #日高 #ナナイロひだか #どさんぎょ #北海道の漁業 #北海道


陸揚げ
大きいサケやブリが水揚げされます。


銀色に輝く立派なサケ
さて、どっちがオスでどっちがメスでしょう?


顔のアップ
正解は上がオスで下がメス!
メスの方が丸みを帯びて可愛い顔をしていますね。


日高のブランドサケ『銀聖』
日高沖で漁獲され、鮮度管理された3.5kg以上の銀一色のサケ!
認証シールをつけて流通まで管理されています。


同時に漁獲されたブリ
海水温が高いせいか最近漁獲量が増えてきているブリ。今年は型が大きめとのことなので、脂がのって美味しそう。


サケ来るボーズ
おでこに『鮭』文字を携えたテルテルボーズ、その名もサケ来るボーズ。天気が良く凪になることを祈るだけでなく、同時にサケの大漁をも祈るどさんぎょ日高支部の神様。






最終更新日  2021.09.24 17:26:30

2021.09.16




令和
341日をもって、長年地域に根付き、北海道日高地方の重要な移動手段としての役割を果たしてきたJR日高本線が、わずかな区間を残し廃線となりました。

 

長きにわたる歴史が幕を閉じた今、日高町では、地域の方々や多くのファンの方々の想いに応えるため、太平洋沿岸に続く日高の町から消えてしまいそうな日高本線と駅舎の記憶を保存する活動を実施しています。

 

駅舎、町並みを保存することは、地域の願いです。

 

私たちにできることは、歴史を保存し、時代にあった有効な活用策を探しながら、地域の皆さんと一緒に取り組みを進めていくことです。

 

皆様方におかれましては、趣旨をご理解いただき、ご支援をいただけますと幸いです。

 

また、日高町の現状と本取組みを広く全国へ発信するため、SNSなどにおける情報発信等によるご協力を賜わりますよう、よろしくお願いいたします。

 

 

日高門別駅舎と周辺施設の保全対策のためのクラウドファンディング。

 

 募集期間:令和3930日まで

 寄附方法:「​ふるさとチョイス」掲載ページより​<https://www.furusato-tax.jp/gcf/1243>




















最終更新日  2021.09.16 09:34:09

2021.09.14
イカといえば函館が有名ですが、日高地方でもイカが水揚げされます。
例年お盆頃から日高地方浦河沖に来遊してきますが、今年は少し遅れて9月に入ってからやってきました。

浦河港には夕方にいか釣り漁船が次々と帰港し、発泡スチロールに詰められたスルメイカが水揚げされます。私たちが仕事を終えて帰る頃には先ほど漁獲された新鮮なイカが浦河町内の魚屋さんに並んでいました。

新鮮なイカはコリコリ食感が絶品!!
夕食のメインにするも良し!小鉢の一品にするも良し!!晩酌のおつまみにするも良し!!!

今日も日高の海の恵みに舌鼓を打つ幸せな1日でした。

#イカ #いか釣り #浦河町 #日高 #ナナイロひだか #どさんぎょ #北海道の漁業 #北海道



箱詰めされたスルメイカ
今年は、少し小ぶりだそうです。



イカ刺しです。
これが美味しいんです。
港町に住んでいるとこういう楽しいことがありますね!



次々と帰港するイカ釣り漁船
皆さんの食卓に美味しいイカを届けるため、日夜頑張っています!



夕焼けとイカ釣り漁船
きれいな景色を見てイカ刺しを食べると美味しさも倍増!






最終更新日  2021.09.14 14:49:51

2021.09.10

 ​ 最近某テレビ番組でも内部が公開され話題になっている自衛隊、今回はその中でも航空自衛隊について紹介します!​

​ 何でも航空自衛隊では、毎月末の金曜日に給食で提供される鳥の唐揚げがあり、より上を目指すという意味を込めて「空自空上げ」と呼称され、基地毎に地域の特色を活かしたメニューが存在するそうです。​​

​​ 北海道日高地方の襟裳(えりも)分屯基地​では、えりも町特産の日高昆布を使用した『​えり守空上げ(えりもりからあげ)』のレシピを作成のうえHPに公開し、地元の小学校の給食で提供するなど、普段業務に加え様々な社会貢献活動をされています。​​

​​​ 『えり守空上げ​』肉を昆布だしで漬け込み、衣に昆布が入っているなど非常に興味をそそるレシピです。また、名前にはえりもを守るという意味もあるそうで、とても格好いいですね!!​​​​

レシピが掲載された北海道庁公式cookpadはこちら。

https://cookpad.com/recipe/6911265

航空自衛隊の公式HP空自空上げスペシャルコンテンツはこちら

https://www.mod.go.jp/asdf/special/recipe/index.html

航空自衛隊襟裳分屯基地公式HPはこちら

https://www.mod.go.jp/asdf/erimo/


皆さん、ご家庭でも是非つくってみてください!!



襟裳分屯基地​の空自空上げ『えり守空上げ(日高昆布空上げ)』
黒く見えるのが細切りにした日高昆布です。
空自空上げの詳細については、航空自衛隊公式HPを参照してください。







最終更新日  2021.09.10 09:03:27

2021.09.03

​​​​​ 日高振興局環境生活課です。​​

 このたび、第二次世界大戦後から令和の現在まで、北海道・日高地方の移り変わりを概観するため、管内各町の郷土史等を元に、日高地方全体の【概略版の年表】をとりまとめました!​​

 なお、年表は、簡略化のため、1行政等、2総合開発・交通、3農業、4水産林務、5その他産業、6社会福祉・保健、7教育、8生活・文化の​【8つの分野】​に区分しております。

 また、戦後の日本は、各制度が大きく変更したため、​【 新北海道史 第一巻 概説(北海道 昭和56年3月)】​に記載の戦後改革等について、要点を箇条書きにして、あわせて掲載しております。

 さらに、年表中の項目について、【2021年現在の写真】をあわせて掲載しております。

​1.行政​

  

​​2.総合開発・交通
  

3.農業
  

4.水産林務
  

5.その他産業
  

6.社会福祉・保健
  

7.教育
  

8.生活・文化
  
​​​

​ ​日高地方以外にお住まいの方も、ご参考になる点が多いかと思いますので、下記の当課ホームページをご覧いただければ幸いです。​


「【概略版】日高の戦後史(75年間)・年表×2021年現在写真集!」へのリンク







最終更新日  2021.09.03 17:22:02

全536件 (536件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 54 >


© Rakuten Group, Inc.