366962 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

メモメモ・・・φ(・ェ・o)~ メモ帳代わりのブログ

メモメモ・・・φ(・ェ・o)~ メモ帳代わりのブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2023年12月13日
XML
【ヘルペス・ウイルス抑制】L-リジンの効能まとめ【アンチエイジング】

【3個セット】リジン 1000mg 100粒(メガ配合量!約50〜100日分でお買い得♪ ベジタリアン仕様)071-00113 サプリメント 健康サプリ サプリ アミノ酸 リジン now ナウ アメリカ 通販 楽天

L-リジンは、必須アミノ酸の一種であり、体内で生成されないため食事やサプリメントから摂取する必要があります。以下に、L-リジンの主な効能を簡潔にまとめます。

​​

下矢印L-リジンを多く含む食品一覧・・・卵黄、魚介類、肉類にも含まれていまます。下矢印
サプリメントもお勧めです。


​1.タンパク質合成促進: ​
Lリジンは、体内で生成できない必須アミノ酸の一つで、タンパク質の合成に必要な栄養素です。
細胞の成長や修復、免疫機能の維持に寄与します。


​2.免疫機能のサポート: ​
免疫細胞の活性化を助け、ウイルスや細菌、感染症に対する抵抗力を向上させます。
​3.コラーゲン形成: ​
Lリジンは、コラーゲンの生成にも重要で、肌や骨、関節などの健康に寄与します。
これにより、組織の強度や弾力性が維持され、肌の健康が促進されます


​4.カルシウム吸収促進:​
カルシウムとの相互作用によって骨や歯の形成にも寄与し、骨粗しょう症の予防や骨密度の維持に役立ちます。


​5.ヘルペスウイルス抑制:​
ヘルペスウイルスの複製を阻害するため、口唇ヘルペスや帯状疱疹などの症状の軽減に寄与します。
同時に、成長ホルモンの分泌を刺激し、発育や組織修復に関与します。


​6.ストレス管理: ​
ストレスへの抵抗力向上やストレスホルモンの調整に寄与し、心理的な安定感を提供します。


​7.骨粗しょう症予防: ​
カルシウムとの協力関係から、骨密度の維持や骨粗しょう症の予防に寄与します。
​​


​8.成長ホルモン刺激: ​
成長ホルモンの分泌を刺激し、発育や組織修復に関与します。
インスリン、メラトニンなどのタンパク質ホルモンの合成にも必要な栄養素です。


​9.血管の健康: ​
血管の健康にも寄与し、血管の強化や血流の改善を促進することで心血管系の健康をサポートします。
血圧や血糖値の調整にも役立ち、高血圧や糖尿病の予防や改善に効果が期待されます


10.アルギニン代謝支援: ​
アルギニンと協力して、一酸化窒素の生成を促進し、血管拡張を助けます。


​11.エネルギー生産: ​
グリコーゲンの生成に関与し、エネルギー生産をサポートします。
運動時のパフォーマンス向上に寄与します。


​12.筋肉保護: ​
運動時における筋肉の損傷を抑制し、リカバリーを促進します。


​13.抗酸化作用: ​
抗酸化物質の生成をサポートし、細胞の酸化ストレスから身体を守ります。


​14.アミノ酸バランス: ​
他のアミノ酸との調和により、全体のアミノ酸バランスを維持します。


​15.精神的な安定に: ​
セロトニンの前駆体として働き、不安やストレスによる神経伝達物質のバランスを整えて、不安症状やストレス反応を軽減する可能性があります。睡眠の質の向上にも寄与します。


​16.肝機能や育毛にも:​
肝臓の働きをサポートし、髪の毛の成分であるシスチンと組み合わせると育毛効果が期待できます。

【送料無料】【あす楽対応】シスチンホワイティ 300mg*180錠×2袋セット!! 【ポイント10倍】 サプリ サプリメント グッズ

​●​​​​​​リジンはいつ飲むのがいい?
飲むタイミングは、必ず【空腹時】にします。 
なぜならリジン自体がアミノ酸系なので、食事と一緒だと普通に代謝されてしまうんだとか。 
個人差もあるとは思いますが、効かなかった人は、ここらへんが違っていたのかも知れません。


​​​●リジンの副作用について​​​​
リジンは必須アミノ酸であり、薬理作用を持った成分ではないため、基本的には副作用が起こることはありません。
ただし、1日あたり10000mgを超えるような過剰摂取を行うと、下痢・胃痛・肝機能障害・吐き気・めまいなどの副作用症状が現れる恐れがあります。
リジンの過剰摂取で起こる副作用の代表的なものは、胃痛や下痢といった消化器系の症状です。通常、サプリメントに含まれているのは1日分あたり1g(1,000mg)程度のため、大幅に摂取し過ぎる可能性は低いと考えられます。
​リジン摂取による副作用には、次のようなものがあります。​
めまい
目の充血
胃痛・下痢
吐き気
集中力低下
貧血
血中コレステロール値の上昇
肝機能障害


※重度の腎不全の方やフェニルケトン尿症の方など、アミノ酸の摂取制限がある場合は、ご注意ください​​
何か異常を感じた際はただちに使用を中止し、医師の診察をお受けください​​​​​
参考サイト
https://plus.nightprotein.jp/articles/355
https://alloeh.jp/articles/373
https://kansai-chiro.com/category/%e6%a0%84%e9%a4%8a%e7%99%82%e6%b3%95/%e3%82%a2%e3%83%9f%e3%83%8e%e9%85%b8/l-lysine
https://www.kusurinomadoguchi.com/column/articles/lysine-pickup/





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024年02月19日 13時44分01秒
コメント(0) | コメントを書く
[健康食品とサプリメント] カテゴリの最新記事


PR

カテゴリ

日記/記事の投稿


© Rakuten Group, Inc.
X