27130234 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

征野ファンドの運用… New! 征野三朗さん

晩秋相場 New! slowlysheepさん

メモ2 New! 4畳半2間さん

ノモンハン戦争の現… New! モンゴル2008さん

ジム鈴木対談インタ… CASHFLOW101さん

前日比▼4,881,150円※… かぶ1000さん

3198SFPホールディン… わくわく303さん

ハローワークに行っ… mk4274さん

手足口病 MEANINGさん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

全4144件 (4144件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Jul 19, 2019
XML
カテゴリ:株式投資全般
 さて今日は株式投資本オールタイムベスト第90位








裁量トレーダーの心得 初心者編 (デーブ・ランドリー著、パンローリング社)











 の第2弾です。












 今日は珠玉の出来である第1章を見ていきましょう。

















​​ 
​株価は上昇よりも下落の方が速い​



 と言うのは経験からも真実だと感じます。名著 マネーの公理 で著者のマックス・ギュンターは「船が沈み始めたら祈らずに海に飛び込め。」と言いましたし、 株の公式 で林則行は「売りの本質は飛び降り。ファンダメンタルズよりもテクニカルが売り場を速く察知してくれる。」と述べました。つまり、 私たちバリュー投資家もテクニカル的な物の見方を学ぶことは大切 なんですね。​​























 ​
 ​株は感情によってトレードされている。現実に基づいてトレードされているわけではない。。。大手機関からアマチュアトレーダーまで、株の売買は恐れと強欲、つまり感情に基づいてなされている。​



 → あまり言及されることはありませんが実にその通りですね。
















 ​
 ​けっしてナンピンをしてはならない。​
​ 



→ 良い投資本では必ず出てくるフレーズですね。


















 ​
 ​必ず勝てる投資手法=聖杯は存在しない。どのシステムでも損失は免れない。​




 → これこそが市場の永遠の真実ですね。マーケットは常に変わり続けている。だから私たち投資家は常に学び続けなくてはならないんですね。


















 ​
 ​自分のことをトレンドフォロワーと考えていない人でさえ、実はポジションを取っているときにはトレンドフォロワーの手法に従っている。。。少なくともポジションを取っている間はトレンドに従うしかない。。。市場にいる間はトレンドに従うしかない以上、いつもトレンドに従ったほうがよい。​





​→ この表現は考えさせられますね。私自身は逆張り志向の強い投資家なのですが、それも将来の何処かの地点では株価が反転し、今までの大きな下落をばねとしてリターンリバーサル(RR)を発現し、更に フレッシュモメンタム 効果によって株価が大きく上昇することを期待しているからです。つまり、言われてみると、 どこかでは自分が想定していたトレンドが発生しないと利益にならないのは事実 なんですね。
















  いやあ、いい本ですね。(続く)






Last updated  Jul 19, 2019 06:02:09 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 18, 2019
カテゴリ:株式投資全般
​ さて今日は久々に 株式投資本オールタイムベストシリーズ です。







 第90位は、裁量トレーダーの心得 初心者編 (デーブ・ランドリー著、パンローリング社)











です。










 この本は裁量によるトレンドフォロー戦略を説明した一冊ですが、コンピューターサイエンスの学位を持つ著者のランドリーはあらゆる研究をし尽くした結果、単純な指標を用いた方が良いと喝破しています。そのためこの本にはテクニカルの難しい話は一切登場せず、私のようなコテコテのバリュー投資家にとっても非常に分かりやすくて読みやすい一冊に仕上がっています。











​ また私たちバリュー投資家はテクニカル系・トレーダー系の書籍が苦手な傾向が強いのですが、ランドリーが言う通り、「あなたが自分のことを長期的な投資家と見ている場合でも、トレーダーのように考えるとうまくいく。」側面というのは間違いなくあります。 








 ​バリュー投資家としての視点で銘柄を選択し、トレーダー的視点でその売買のタイミングを測るのは理に適っている​







 んですね。​


















 この本の中では第1章、3章、4章、6章が非常に良いと思いますが、後半はバリュー投資家的観点からはちょっとダレていてイマイチかな?と感じました。それでは次回からこの本のベストオブベストの大トロのところだけを一緒に味わって行きましょう。(続く)






Last updated  Jul 18, 2019 06:42:57 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 17, 2019
カテゴリ:株式投資全般

さて今日は当ブログ一番人気の 2018~19主力株概況シリーズ です。いよいよ第4コーナーを回りゴールが見えてきました。♬

 

 

 

 

 

64位 4732 ユー・エス・エス (東1、3・9月優待) ◎

 

 

 

 

 

 PF時価総額64位の上位銘柄は、中古車オークション運営首位のユー・エス・エスです。








 

 

 

 ここのビジネスモデルは下記のとおりなのですが極めて優秀です。主力のオートオークションでは1台の成約に付き約24000円の手数料がUSSに入るようになっており、成約率も非常に高くなっています。








 

 

 

 

 

 

 そしてUSSはこの美味しいビジネスモデルをフルに活かし、2019年3月期を見ても売上高799億円、営業利益371億円、純利益255億円と桁外れの高収益を誇っており、またこの鉄壁のビジネスモデルから生み出される果実を積極的に株主に還元してもいます。










 

 

 なんと、​​






 今期で20期連続の増配予想​






 なんですね。まるで、 






 日本の「ジョンソン&ジョンソン」 






 状態です。(笑)

 

 

 




 

 

 

 このUSSのビジネスモデルの秀逸さを見るといつも私は、

 

 

 

 

R0135026.JPG

 

 

 

 

R0135028.JPG

 

 


 

 

 ​フレデリック・R・コブリック の名著







 ​富者の集中投資 貧者の分散投資​​







 の中でコブリックが勝ち組の会社となる条件として挙げている 「BASM」理論 を思い出します。USSはこのBASMの全てを兼ね備えた偉大な銘柄 です。ただ残念ながら今の水準は既にあまりにも指標的に高い。なので私はこのBASMを高いレベルで持っている、そして未だ投資家から見出されずに市場で燻って埋もれている、そんな銘柄を毎日毎日血眼で捜し求めているのです。。。。。。。

 

 

 



 

 

 

 

 すいません、のっけから大幅に話が横道に逸れました。そんなエクセレントな銘柄であるUSSの現在の株価は2175円、時価総額6813億円、PBR3.03、自己資本比率は78.1%で鉄壁、今期予想PER21.14、配当利回り2.4%(51.2円)、総合利回り2.8%(51.2+10=61.2円)で、優待は年に2回100株保有で500円相当のクオカード、500株保有で2000円相当のVJAギフトカード、1000株保有で5000円相当のオリジナルグルメギフト、10000株保有で10000円相当のオリジナルグルメギフトです。私は毎回1000株優待品を戴いています。
















 

 

 USSの優待カタログはその超キャッシュリッチさを反映しているのでしょう、毎回上記のように素晴らしい内容です。またUSSの優待は30品目くらいからの選択制なのですが、その中には、












 ​三井住友VJAギフトカードも入っているので、「現金系の優待に強い拘り」がある優待族の方でも安心(?)です。​

 

 

 


 

 

 

 

 以上をまとめると、USSは既に指標的には非常に割高なところまで評価されており、今の株価位置ではとても優待狙いで気軽に新規参戦できる感じではありません。しかしながらそのビジネスモデルは極めて秀逸であり実に偉大な銘柄であると思っています。これからも現行の優待制度が続く限りは楽しくホールドしながら応援していく予定です。

 






Last updated  Jul 17, 2019 05:29:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 16, 2019
カテゴリ:優待株について
 さて3100円と言うエイチ・アイ・エスによるTOB価格を大きく超える位置での「出来高をこなしながらの空中戦」が続くPF時価総額2位の超主力株3258ユニゾHDですが、売却タイミングによって今年の成績がかなり変わって来るので、「おっとり優待族」の私には珍しくちょっとピリピリと緊張した日々を過ごしています。







 そんな「関ヶ原の戦い」の真っ只中ではありますが、今日も通常の2019ポートフォリオ概況シリーズです。

 

 

 




 

 

274位 9060 日本ロジテム(東JQS、3月優待) ○

 

 

 

 

 

 PF274位は、日清製粉系の物流会社の日本ロジテムです。

 

 

 

 



 




 

 

 


 

 

 

 現在の株価は3050円、PBR0.39、自己資本比率28.3%、今期予想PER16.69、配当利回り2.6%(80円)、総合利回り3.6%(80+30=110円)で、優待は3月株主に100株保有で3000円相当、1000株保有で5000円相当の弊社得意先商品の詰め合わせセット」です。

 

 

 

 

 

 




 

 

 

 日本ロジテムの優待の特徴を一言でいえば、 「何故か毎年ふじっ子が入っている」 ということになるでしょう。早速そのちょっと不思議な優待品の実際を見て行きましょう。






 

 

 

 

 

 

 

 毎年のことですが、この「コーヒーにジュースにビールにパスタにミートソースに、そして最後にふじっ子」  

 

 




 

 

 

 という、違和感と異物感の強い取り合わせは、多くの優待品を貰いなれているはずの私の心に必ず何らかの痕跡を残します。(笑)








 今日は1つだけ優待品の使用例を御覧頂きましょう。






 日本ロジテム優待
ふじっ子のブロッコリーマヨネーズ和え






 

 

 

 

 

 

 

 日本ロジテムは過去業績にムラはありますが、低PBRでまずまず総合利回りも出ていますし、PF中位銘柄としては特に問題はないと考えています。これからもちょっと変な取り合わせの優待を楽しみに、のんびりとホールドして応援していく予定です。







Last updated  Jul 16, 2019 07:47:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 15, 2019
カテゴリ:優待株について
 さて今日は通常の2019PF概況シリーズです。

 

 

 

 

 

273位 4102 丸尾カルシウム (東2、3月優待) ○

 

 

 


 

 

 PF273位は、合成樹脂、塗料など向け工業用カルシウム(補強剤)専門メーカーの丸尾カルシウムです。




















 現在の株価は1520円、時価総額35億円、PBR0.41、自己資本比率は56.6%、今期予想PER13.82、配当利回り2.0%(30円)、総合利回り2.6%(30+10=40円)で、優待は100株保有で1000円相当のクオカードです。

















 丸尾カルシウムは過去の業績推移が極めて安定しており、また低PBRで財務状態もまずまず良く、ポートフォリオ中位としては何の不満もない、実力派の素晴らしい銘柄です。そしてここのような「寡黙ないぶし銀銘柄」達が、私のPFを支え続けてくれているんですね。♬







Last updated  Jul 15, 2019 10:19:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 14, 2019
カテゴリ:優待株について

 さて今日も通常の2019ポートフォリオ概況シリーズです。 

 

 

 

 

 

272位 1301 極洋 (東1、3月優待) ◎

 

 

 

 

 

 PF時価総額272位は、すしネタに強い水産会社の極洋です。


 

 



 

 

 

 

 

 

 

 現在の株価は3060円、時価総額334億円、PBR1.04、自己資本比率27.7%、今期予想PER8.71、配当利回り2.3%(70円)、総合利回り3.1%(70+25=95円)で、優待は100株保有で2500円相当、300株保有で6000円相当の自社缶詰詰合せです。

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 極洋の優待缶詰はクオリティが高くて素晴らしい内容です。具体的に見ておきましょう。

















 今日は実際の使用例を1つだけ御覧戴きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 極洋優待ずわいがにのサラダ





 おぉ、身がプリプリですね。♬






 

 

 

 ​ とても美味しかったです。​

 

 

 

 

 





 

 

 この極洋の優待品が代表例ですが、私は以前から 「缶詰優待」というのはエクストリームに素晴らしい ものだと思っています。その理由ですが、

 

 

 


 

 

1. 優待で貰える缶詰と言うのは、スーパーであまり見かけないような高級な品物が多くて嬉しい。更に高級な缶詰と言うのはお店で買おうとすると意外なほどに高いので、戴く喜びも格別である。

 


 

 

 

2. 缶詰というのは何と言っても日持ちがするし、投資家的な観点から見て食料品として「ローリスク・ハイリターン」でウエルバランスな素敵過ぎる存在である。

 

 

 

 

3. 毎晩の投資の勉強をしながらの晩酌の友として、最適なアイテムが多くて非常に助かる。

 

 

 


 

​ あたりです。尚これに関しては、詳しくは超人気記事となっている







 ​缶詰優待株 私的ランキング 2019年編     








 をご覧下さい。​

 

 

 

 




 

 

 

 極洋は指標的にもまずまず割安ですし、何より優待内容が秀逸です。ここ極洋を筆頭として、有力な「缶詰優待株」達は優待族的な観点からは明らかに過小評価されており、私はかれこれもう7年以上は「激おこぷんぷん丸」状態が続いています。これからも優待を楽しみに末永くホールドして応援していく予定です。

 






Last updated  Jul 14, 2019 10:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 13, 2019
カテゴリ:優待株について

 さて今日は通常の2019ポートフォリオ概況シリーズです。

 

 

 


 

271位 9428 クロップス (東1、3月優待) ○

 

 


 

 

 PF時価総額271位の中堅銘柄は、東海地盤のau専売の携帯電話販売会社のクロップスです。かつて「東証1部昇格イベント」があった ​2013~2014年頃には主力の一角として戦ったこともある銘柄​ ですが、今は勝負を終え、その時の恩株が500株PFの片隅に静かに眠るのみです。

 

 

 



 

 

 

 

 


 

 現在の株価は613円、時価総額58億円、PBR0.82、自己資本比率は31.9%、今期予想PER11.31、配当利回り2.0%(12円)、総合利回り2.9%(12+6=18円)で、優待は500株保有で3000円相当のオリジナルカタログギフトです。





















 今日は私の選択例を1つだけ見ておきましょう。中華まん総菜詰合せ です。





























 クロップスは指標的な割高感もありませんし、PF中位としては特に問題の無い銘柄であると考えています。







Last updated  Jul 13, 2019 07:10:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 12, 2019
カテゴリ:優待株について

 さて今日は 2018~2019主力株概況シリーズ です。​

 

 


 

 

63位 9791 ビケンテクノ (東2、3月優待) ◎~◎◎

 

 


 

 

 PF時価総額63位の上位銘柄は、総合ビルメンテナンス会社のビケンテクノです。

 

 





 

 

 



 








 現在の株価は888円、時価総額68億円、PBR0.43、自己資本比率41.8%、今期予想PER4.96、配当利回り2.3%(20円)、総合利回り2.5%(20+2.5=22.5円)で、優待は1000株保有で2500円相当の商品です。以前は「隠れ優待」として頂けたものですが、2017年から正式に制度化されました。












 

 

 

 ビケンテクノは指標的に十分に安く、楽しい優待もあることから非常に良い銘柄と思います。これからも正式優待に昇格した「元隠れ優待」を楽しみにしながらホールド継続の予定です。







Last updated  Jul 12, 2019 07:47:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 11, 2019
カテゴリ:株式投資全般
​​​ しばらく前の事ですが、「正統派&超実力派」で歴戦の凄腕バリュー投資家であるたーちゃんさんが、以下の様なツイートをされていました。






10年前の相場低迷時に投資仲間と議論してた銘柄が凄いという話になった。
--
神戸物産
ワークマン
日本商業開発
セリア
ゲンキー
アークランドサービス
CTS
パラカ
などなど
テンバガー以上になっているものばかりで、どれを選んでいても放置すれば金持ちになっていたという事実。

— たーちゃん@逆神アッパーカット (@yhdgj675) 2019年7月9日










 こうしてみると確かにその後大ブレイクした銘柄のオンパレードであり、同時にこれらの銘柄を手掛けて実際に大きな資産を築き上げた投資家の方々も続出しました。











 そして私は、「そういえば​ ゲンキー  は自分も10年近く前に超主力株として戦ってたんまり稼がせてもらったなあ。でも、後の銘柄は縁がなかったなあ。」などと勝手に楽しく余韻に耽っていたのですが、その時にふと、











 ​10年後の2019年現在も、日本株市場には「10年で10倍」を目指せそうな潜在ポテンシャル抜群の銘柄が多い​​











 ことに気付きました。












 2009年が日本株市場での中長期投資の大チャンスだったように、世界基準で見た場合の指標的な割安感が際立つ2019年現在の日本株市場にもまた「2度とない」程の素晴らしい投資機会が溢れている様に思うのです。











 そこで「10年で10倍」を目指せると私が考えている銘柄について、今日はプレゼンテーションをしてみたいと思います。ただ「誰が見ても10年で10倍になりそう」な銘柄であれば、既に今の市場で高く評価されているはずであり、私がこれから出す銘柄は全て「何らかの欠点がある」ものがほとんどとなります。











 また取り上げている銘柄は全て既に私の主力株であり、ポジショントーク満載の「夏の夜の夢」の様な、お楽しみ企画ということを御了承下さい。それでは始めましょう。












6425 ユニバーサルエンターテインメント





 フィリピンで総事業費3000億円以上の巨大カジノリゾート、 「オカダマニラ」​ を手掛ける。施設は開業後3年目にして未だあちこちで工事中というスケールの大きさながら、ようやく黒字化が見えるところまで漕ぎ着けてきた。



 オカダマニラの収益化&キャッシュマシーン化で5倍、また世界レベルのカジノリゾートを既に運営している「唯一の日本企業」であり、もしも日本でのカジノリゾート運営に絡むことが出来れば更に2倍で、合計10倍があり得ると夢想している。





 ただ様々な訴訟やトラブルにまみれた企業でもあり、ネット上では「汚物まみれのダイヤモンド」、「血だらけの宝石」、「絶対触るな、超危険」とも称されている。夢見がちで楽観的な私達「ユニバホルダー」の未来に待ち受けているものは、自らの大量の鮮血か、それとも喜びの涙か、、、、?















8699 澤田ホールディングス





 モンゴル最大手銀行である「ハーン銀行」を保有。少子高齢化で経済の縮小再生産が続くここ日本とは違い、新興国で経済発展著しいモンゴルでは銀行業は成長産業。実際、2010年3月期と2019年3月期を較べると、売り上げは4倍、純利益は9倍にもなっている。



 また筆頭株主(保有比率25.9%)で会長さんでもある澤田秀雄氏は、海外旅行大手の9603エイチ・アイ・エスを一代で築き上げた「日本を代表する稀代の起業家」の1人である。





 そして彼の新たなチャレンジである澤田HDは現在「成長期で伸び盛り」の状況であり、澤田氏の「将来を展望する力と目利き力」を存分に楽しめる環境下にある。​そして澤田氏が巨大な成功を収めても尚「アニマルスピリッツ」を全く失っていないことは、先日の 3258ユニゾHD への大胆な敵対的TOBでも良く分かる。



 ただし、澤田HDには「株好きでも知られる沢田秀雄氏の財布」という一面があり、株主還元姿勢に非常に乏しいことから万年不人気&割安放置の状態が続いている。














2780 コメ兵




 名古屋の大須発祥で全国展開を進めているリユースショップ。商品の充実度、接客態度の際立った良さ、店内の活気と清潔さ、どれを取ってもフルマークに近く、個人的には「リユース業界で総合戦闘力最強」と高く評価している。



 経済低迷が長く続く日本では、この「失われた30年」の間に多くの価値観が変わりました。その1つが「中古品への抵抗感の薄れ」だと思います。そしてこういう今の時代に、「中古品なんだけど、その商品の全てがラグジュアリーでかつとってもお得」というコメ兵の 「バリュー消費」 的な企業コンセプトはとても良くあっている様に思っています。



 「時代がようやくコメ兵に追い付いてきた。ここからの数年で、コメ兵はもっともっともっと伸びることが出来る。全国を制覇し、リユース界のユニクロになれる可能性がある。」と、個人的には考えています。​





 









 皆様も、「この銘柄も10年で10倍、あり得るよー。」というところがありましたら、是非私にも教えてください。






Last updated  Jul 11, 2019 07:46:38 PM
コメント(6) | コメントを書く
Jul 10, 2019
カテゴリ:優待株について
​ 本日、旅行会社大手の9603エイチ・アイ・エスによる、3258ユニゾホールディングスへの敵対的(・・?)、 ​TOB​ が発表されました。









 買付価格は3100円で、2019年7月9日の終値である1990円に対しては55.8%と十分なプレミアムが載っています。

















 ただ、エイチ・アイ・エス側は45.0%を買付上限に設定しており、ユニゾHDを持分法適用会社に留めた上で、主要株主としてシナジーの発揮を目指す予定です。















 しかし、ユニゾHD側は以前から業務提携の協議について拒否しているとのことであり、これは今後荒れそうな気がします。色々と楽しめそうですね。(笑)


















 ま、いずれにせよ、ユニゾHDは本日現在で私の








 ​​PF4位の超主力株​​









 であることもあり、これはちょっと助かりました。何しろ昨年2018年からこの1年半くらいは成績不振に苦しみ続けていましたので。(滝汗)










 今後のエイチ・アイ・エス VS ユニゾHDのガチバトルがどのような結末を迎えるのか、楽しく見守っていこうと思います。






Last updated  Jul 10, 2019 07:03:58 PM
コメント(0) | コメントを書く

全4144件 (4144件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.