21460927 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

雑記 1月19日 New! らすかる0555さん

DEPOで買い物(3028… New! わくわく303さん

ポートフォリオTOP10 New! slowlysheepさん

メモ2 New! 4畳半2間さん

3198 SFP 売却 New! Night0878さん

NECキャピタルソ… New! toms2121さん

MS&Consulting(6555… New! 征野三朗さん

前日比△2,800,903円 かぶ1000さん

相続税の計算方法 ヤスイノ2005さん

ビットコインの断末魔 偏屈たぬきさん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

全3592件 (3592件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Jan 19, 2018
XML
カテゴリ:株式投資全般
​ さて今日は株式投資本オールタイムベスト67位




オニールの空売り練習帖(ウィリアム・J・オニール、ギル・モラレス著、パンローリング社)






 の第6弾です。














 今日は、空売りのタイミング についてのオニールの言葉を見ていきましょう。






 
 
​ 大事なことは天井で空売りをするということではなく、正しいタイミングで空売りをするということ である。​



​ 空売りのタイミングを決定するうえで極めて重要で決め手となるコンセプトは、 最適な空売りポイントのほとんどは株価が天井を付けてから5か月から7か月後、あるいはそれ以上あとになって現れる ということである。株を買う時に、大底で買うのではなく、適切な買いポイントを決める前に、上昇トレンドと正しい形でベースを考慮に入れるのと同様に、われわれは天井を付けた直後での空売りを試すということはしない。​






 


 この「空売りの最適なポイントは株価が天井を付けてから5~7か月後」というオニールの指摘には最初大きな意外感がありました。この本を読むまでは、「株価がグングンと上昇してようやくピークを打ち下げ始めたところが空売りのポイント」なのかと漠然と感じていたのですが、それは全然違うということなんですね。








 
空売りチェックリスト



1. 市場全体が弱気トレンドでなくてはならない。また、なるべく弱気トレンドの初期段階であることが望ましい。









 オニールの株を買う時の公式である ​




 CAN-SLIM​ 




 のM(Market Direction=株式市場の方向性)を逆の方向から見る、ということですね。










2. 比較的流動性の高い銘柄でなくてはならない。



3. 直前の強気サイクルにおけるかつてのリーダー銘柄の空売りを検討する。



4. かつてのリーダー銘柄を天井から5か月から7か月、またはそれ以降に空売りすることを検討する。しばしば、最適な空売りポイントは、50日移動平均線が200日移動平均線を下方にクロスする、いわゆる「ブラッククロス」の後で起こる。









 このかつてのリーダー銘柄を狙うというのも、CAN-SLIM のL(Leader or Laggard=主導銘柄か、停滞銘柄か)を逆から見ています。








​ つまり、 オニールの魔法の公式である CAN-SLIM投資手法 は、売りでも買いでも使える、凄い手法である という事なんですね。♬ ​


(続く)








Last updated  Jan 19, 2018 07:45:58 PM
コメント(0) | コメントを書く

Jan 18, 2018
カテゴリ:株式投資全般
​​ さて今日は株式投資本オールタイムベスト67位




オニールの空売り練習帖(ウィリアム・J・オニール、ギル・モラレス著、パンローリング社)






 の好評第5弾です。















 ​今日は 空売りをしてはいけない銘柄 についてのオニールの言葉を見ていきましょう。​









 ​
過小資本(例えば、発行済み株式数が少なく、市場に出ている浮動株が少ない)、または出来高が少ない銘柄を空売りするのは極めて危険である。




​→ しばらく前に著名トレーダーのテスタさんが3778さくらインターネットという銘柄を空売りしてその後の急騰局面で踏み上げられて買い戻すことができなくなり、結局1億円の損失を出したという事が話題になりましたが、 時価総額の低い小型株・超小型株の空売りは非常にリスクが高い ということなんですね。​









 
​ ある銘柄の株価やPER(株価収益率)が 「高すぎる」ように見える、という理由だけでは絶対に空売りをしてはいけない。



 大事なのは市場に反論することではなく、市場を研究し、市場が弱含みになっているときを認識し、それについていくことである。





​→ ある銘柄を「罰しよう。お仕置きをしよう。」と思って感情的に空売りをしては決していけない、あくまでも市場の「大きな意思=モメンタム(勢い)」に謙虚に従わなくてはいけない という事なんですね。​






 
(続く)

​​






Last updated  Jan 18, 2018 07:37:57 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 17, 2018
カテゴリ:株式投資全般
 さて今日は株式投資本オールタイムベスト67位




オニールの空売り練習帖(ウィリアム・J・オニール、ギル・モラレス著、パンローリング社)






 の第4弾です。













 今日も第1章 いつ どうやって空売りするのか からオニールの超名言を見ていきましょう。







 
市場において全員がそうであると思えることは、ほとんどそうなった試しがない。


市場においてあまりにも明白なものがうまくいったことはほとんどない。













 
株式市場において、大衆に従ってうまくいった試しはほとんどない。














 前世紀の大投資家である 




クロード・N・ローゼンバーグ・ジュニア​ 





 も1962年のベストセラー、株式市場入門 の中で、






 
大衆の動きは、まず間違っていると思ってよい。


​ 大衆は、投資も株式市場も十分理解しているとは言い難い。本当に魅力ある銘柄の選択や妥当な価格評価についての訓練を受けていない。 大衆は感情に突き動かされ、これまでの歴史を見る限り一貫して間違ってきた と言える。。。 ​自律的な思考を忘れ、屠畜場に引かれる仔羊の群れに迷い込んではならない。​​




 と喝破しました。















 ​株式市場では一般常識や大多数の他の参加者の意見に従う事は極めて危険であり、常軌を逸したパラノイアや奇人変人で在り続ける方が遥かに、そして圧倒的に安全​​








 ということなんですね。(続く)







Last updated  Jan 17, 2018 07:08:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 16, 2018
カテゴリ:株式投資全般
​​​​さて今日は 2017~18主力株概況シリーズ です。







40位 8298 ファミリー(東JQS、3月優待) ◎◎







 PF時価総額40位は、千葉県を地盤とする輸入車販売会社で、独立系輸入車ディーラーでは国内3位級のファミリーです。その指標的に見た場合の濃厚な割安さと手堅い業績が評価され、今回PF上位に初登場してきました。










 現在の株価は467円、時価総額30億円、PBR0.45、自己資本比率は47.8%、今期予想PER8.02、配当利回り1.9%(9円)、総合利回り1.9%(9+0=9円、優待券は0円換算)で、優待は100株保有で取り扱い自動車の優待販売です。









 ファミリーはローカルで非常に地味な銘柄ですが、過去10年間の業績も極めて安定しており実に悪くない銘柄です。






 (上記データは四季報オンラインプレミアムより引用)










 ​また自動車ディーラーという括りで見ると、​







2754 東葛HD (PBR0.72×PER9.16=6.49)




3538 ウィルプラスHD (PBR3.01×PER16.20=48.76)



8298 ファミリー 
(PBR0.45×PER8.02=3.61)




9856 ケーユーHD (PBR0.96×PER15.21=14.60)







 あたりが比較対象となるかと思いますが、ファミリーが頭一つ抜けて割安であることが分かります。











 ただファミリーは安いには安いものの、今後の株価上昇の起爆剤となるカタリストに乏しいのも事実で、今は「準主力候補」の地位に留まっています。今後の業績と株価推移をしっかりと見ながらホールドしていく予定です。




 ​​






Last updated  Jan 16, 2018 07:48:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 15, 2018
カテゴリ:株式投資全般
​ さて今日は株式投資本オールタイムベスト67位




オニールの空売り練習帖(ウィリアム・J・オニール、ギル・モラレス著、パンローリング社)






 の好評第3弾です。







 







 今日は第1章 いつ、どうやって空売りするか の中から、オニールの「炎の名言」の数々を見ていきましょう。








 ​
​株式市場には1つの側面しかない。それは強気の側や弱気の側ではなく、正しい側なのである。​







 

 この「圧倒的実践感」。痺れますね。









 ​
​弱気相場は大体3年に一度到来し、ひとたび弱気相場になったときの下落のスピードはそれまでの上昇のペースをはるかに上回る。​










​​ この 





 ​株の下落のスピードは上昇のペースよりも遥かに早い​ 





 と言うことは、オニール以外にも多くの大投資家が指摘しています。​​












 例えば、伝説の「ボックス理論」で知られる




 ​ニコラス・ダーバス(1920~1977)




 は、






 株の売り時について、 







​ ​トレンドが反転したら泥棒のように逃げ出すしかない​​







 と述べました。











 私もダーバスの考え方を日々の実際の投資の中で採用しており、







​ ​指標的に高値圏にある持ち株が、モメンタムを失い「これは完全に崩れたな。」と感じたら、迅速に売却し、ポッケに札束をねじ込んで後ろを決して振り返らずに音速で猛ダッシュで去る​ 





 ことを常に心掛けています。​













 名付けて、







​ ​​みきまるのドロボー理論​​ ​






 
 ですね。(笑)










 (続く)






Last updated  Jan 15, 2018 07:49:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 14, 2018
カテゴリ:株式投資全般
 さて今日は株式投資本オールタイムベスト67位




オニールの空売り練習帖(ウィリアム・J・オニール、ギル・モラレス著、パンローリング社)




 の第2弾です。













 今日は最高の出来である、ウィリアム・オニールによる「巻頭序言」を味わっていきましょう。







 ​
​株を売る時ー特に空売りのときはなおさらー、人々には重要な知識が欠けており、そして極めて人間的ではあるが、大きい心理的な障壁が存在する。​










​​​ この ​「株を売る時に人々には重要な知識が欠けている」というオニールの指摘は秀逸​ と思います。実際、世の中にあまた溢れている投資本のほとんどは「株の買い時」を解説したものばかりで、「株の売り時」を徹底的に説明したものはほとんどありません。でも、










 株は「買ったらいつかは必ず売る」訳であり、株の売り時=出口戦略について学ぶことは極めて大切










 です。そして、この本は「丸々1冊 株の売り時について丁寧に解説してくれている本」であり、そこに稀少かつ至高の価値がある んですね。♬​​​











 
株の売り方を知っており、また売るべきときには断固として売る投資家が専門家にさえほとんどいない。



​ しかし、株を売るべき時期、方法、そして理由を学ばずに、市場でうまく立ち回り、資産を守ることができる方法があるとは私には思えない。。。 売る能力もなしに買うのは、攻撃だけで防御がないフットボールチームのようなもの である。勝つためには両方を理解し、実行しなければならない。​










​ 、、、素晴らしい。 私達投資家は株の買い時について学ぶのと同じだけの情熱をかけて株の売り時についても勉強しなくてはならない ということなんですね。(続く)​







Last updated  Jan 14, 2018 09:01:12 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 13, 2018
カテゴリ:株式投資全般
​​ さて今日は株式投資本オールタイムベストです。第67位は、





オニールの空売り練習帖(ウィリアム・J・オニール、ギル・モラレス著、パンローリング社)






 です。​















 ウィリアム・オニールと言えば、永遠の名著である





 オニールの成長株発掘法











​ があまりにも有名ですが、このオニールの空売り練習帖も素晴らしい1冊です。 空売り専門の投資家の中には、この本をライフタイムベスト1位に上げる方もいる くらいの名著ですね。​










 さてこの本の長所は以下の2点です。





1. 名言が多い。特に株の売り時に関しての警句が秀逸である。




2. 非常にシンプルかつコンパクトに仕上がっており、読みやすい。





 それでは次回から、この最高の1冊のベストオブベストの大トロの部分だけを一緒に見ていくことにしましょう。(続く)






Last updated  Jan 13, 2018 06:20:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 12, 2018
カテゴリ:優待株について

 ​さて今日は 2017~18主力株概況シリーズ です。​

 

 

 

 

 

 

39位 9202 ANAホールディングス (東1、3・9月優待) ◎

        

 

 

 

 PF時価総額39位の上位銘柄は、国内線をJALと二分するANAです。






 



 

 

 現在の株価は4728円、時価総額16675億円、PBR1.61、自己資本比率は39.3%、今期予想PER12.55、配当利回り1.3%(60円)、総合利回り2.5%(60+60=120円、優待券はヤフオク平均落札価格の1枚3000円で換算)で、優待は1000株保有で年に2回普通運賃50%割引の株主優待券+グループ優待券などです。












 ちなみに優待券は到着の度に色が変わるのですが、私の観察によるとどうやら全部で4色あるようです。


























 

 

 

 

 ANAは2012年に大型増資爆弾投下があり、

 

 

 

 

IMG_5229.JPG

 

 

 

 

IMG_5231.JPG

 

 




 

 

​​ ​株価暴落で我々ホルダーが「枕を並べて仲良く討ち死」したのは記憶に新しいところ​





 です。






 

 また、






 ​一般的に言って航空会社と言うのは、競争が厳しく、利益水準は非常に低く、常に新しい機材を永遠のラットレースの様に買わなくてはならず、更にはテロ等の世界情勢不安定化の影響を強く受けるなど、悪材料には常に事欠かない状態​





 です。​​

 

 

 



 

 

 

 

​ そのため航空会社というのは、







 ​バリュー投資家としての観点からはPF上位でホールドするなど、「言語道断&完全にクレイジー」な鬼畜の所業​






 なのですが、優待族的な見地からは優待券の実用性の高さから逆に超鉄板銘柄でもあり、非常に悩ましいところです。









 ただ、最近のANAは珍しく業績も好調ですし、私は「なんだか逆に不気味なんだよな。」と思いながらも、久方ぶりにのんびりとくつろいだ気分でホールドを継続しています。♪♪♪







Last updated  Jan 12, 2018 08:01:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 11, 2018
カテゴリ:株式投資全般

 さて今日は、株式投資本オールタイムベスト18位




投資を生き抜くための戦い(ジェラルド・M・ローブ、パンローリング社) 



 の第8弾です。

 

 

 

​​​ 











 今日は、ローブの考える「なぜ売るか」を見ていきましょう。これらは本当に素晴らしい内容であり、私は頻繁に読み返しています。











株は、売るよりも買うほうが何倍もやさしい。。。 私は常に損を抑制する考えに賛成 だ。




 初心者の投資家は数学的なルールにのっとって行えばよい。経験を積んだ投資家であれば、多少判断を働かせて加減すればよい。




​ 問題がややこしくなるのは儲かっているときだ。 利益が出ているときは、成り行きに任せるというのが投資の鉄則 だが、 ​徐々に減ってゆくのを放置してはいけない。​​









 読者が数種類の銘柄を所有しているならば、問いはおのずと2つに分かれる。







​ 一つ目の問いは、「相場はいま強気か、それとも弱気か」だ。弱気だと思うなら、他の要因は一切無視してただちに売ることだ。​





 強気相場においては、以下の様なケースを除いて売ってはいけない。




 1 先に弱気相場が見えている。



 2 所有する銘柄が問題を抱えている。



 3 時の経過と状況の変化によって、あなたが持っている銘柄の中で一番気に入らないものよりも、はるかに良さそうな新しい銘柄が出てきた。



 4 あなたの持っている銘柄が、上昇をやめて下がり始めた。









 二つ目の問いは、「どの銘柄」を売るべきかだ。




​1 その銘柄が「割高」だという理由だけで売ってはいけない。



​2 損を出している株、利益が僅かか、もしくはまったく出ていない株、一番弱い株、最も期待外れの株などから先に売る ことだ。 ​一番成績の良い銘柄は最後まで残しておくこと。​














 これらのローブの言葉を読むと、彼が極めて優秀な超S級のモメンタム投資家であったという事と、彼の影響は、 





マックス・ギュンター




ウィリアム・オニール





 ら後世の大投資家達の中に色濃くはっきりと表れている事の2つが分かります。








 ローブは、本当に偉大な投資家だったんですね。








Last updated  Jan 11, 2018 08:14:44 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 10, 2018
カテゴリ:株式投資全般

 さて今日は、株式投資本オールタイムベスト18位 & 永遠の名著である




投資を生き抜くための戦い(ジェラルド・M・ローブ著、パンローリング社) 




 の久方ぶりの第7弾です。

 

 

 

​ 










 今日は、ローブの考える「なぜ買うか」を見ていきましょう。これらは本当に素晴らしい内容であり、私は頻繁に読み返しています。









​1. 自分にとって大金と思える額を投資する自信がなければ、別の銘柄を探したほうがいい。あなたの選択が正しいときには、自分の目的を達成できるような大きな利益を期待できるはずだ。​





→ 




 マックス・ギュンター 




 の




 ​「システムを打ち負かす唯一の方法は、勝負に出ることだ。心配になるような金額を賭けろ。」 





 という金言にも通じる、心に残る名言ですね。











2. 期待しているような値上がりが起こるためには、現在の株価には反映されていない何かを予見できなくてはいけない。みんなにもあなたと同じことが見えているときには、利益は生まれない。






​→ 私もPF上位で戦っている銘柄に関して、「ほとんどの投資家が気付いていないが、自分には見えている有力なカタリストがあるか?」を常に自問するようにしています。 他の投資家の方と同じ物を見て、同じ考え方をし、同じ行動をすれば、そこには利益はない からですね。​











​3. 私は「いったん撤退して生き延びたあと、日を改めて挑戦する」という考え方を支持する。。。損失の上限を設定しておくことは、保険料を払うのに似ている。​







→ 私もリスク管理の観点から損切りは迅速かつある程度機械的に行いますが、チャンスがあると思えば柔軟に同じ銘柄にも再参戦するようにしています。















Last updated  Jan 10, 2018 09:04:08 PM
コメント(0) | コメントを書く

全3592件 (3592件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.