7480391 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

森へ行こう(心とからだと子育てと)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

恋の季節?里山の小… New! どんぽのばぶ5984さん

Comments

Freepage List

Profile


森の声



(私のブログはコピー・転載自由です。お知り合いに紹介してください。)
<子育てと幼児教育は総合芸術です>

子どもは丸ごと育ちます。
心だけ育てることはできません。
知性だけ育てることもできません。
言葉だけ育てることもできません。
からだだけ育てることもできません。
とにかく丸ごと育つのです。
ですから、
大人も丸ごと子どもと関わる必要があるのです。
そして、丸ごとの学びが必要なのです。


* * *

私は子どもの笑顔、子どもの笑い声が好きです。
ですから、私は子どもの笑顔見たさに、色々なことを考えたり、活動しています。
キーワードは、遊び、子育て、教育、シュタイナー、感覚、からだ、心、生命、造形、仲間作り。
(シュタイナー的ではありますが、シュタイナーの紹介を目的としたものではありません。シュタイナーに共感した部分で書いています。)

* * *

<学ぶ時間がないという人へ>

道を歩くだけしか出来ないのなら、道の歩き方を学びます。
仕事をすることしかできないのなら、からだの使い方、心の使い方、仕事の仕方を学びます。
立っていることしかできないのなら、立ち方を学びます。
生きていることしかできないのなら、呼吸の仕方を学びます。

あなたが今学ぶべきことは、あなたが今やっていることの中にあります。
ですから、本当の学びは“今、自分は何をやっているのか”という気づきから始まります。
その気付きにつながらない学びは、全て無駄です。

* * *

ワークの案内は「こちらで」紹介しています。

他に「ネネムの森」というホームページも運営しています。

これは私が茅ケ崎でやっている子ども対象、大人対象の様々な活動の紹介がメインです。
講演会やワークを主催して頂くときの条件なども書いてあります。
随時生徒を募集しています。 お問い合わせ下さい。

* * *
「わらべ歌」のCD付き冊子も出しています。

子育て関係の手作り冊子も出しています。

* * *

色んな地域、公民館、地区センターで気質、親子遊び、造形ワークショップ、からだ遊びワークショップ、お母さん達の勉強会(気質、子育て)、幼稚園の先生などの勉強会をやっています。
公民館や地区センタに企画を持っていったり、仲間を集めてお呼び頂ければワークの出前をします。お問い合わせ下さい。
みんな体験型のワークショップです。

検討して頂ける方は「こちら」をご覧になって下さい。どんなワークをいくらぐらいで呼べるのかが書いてあります。>

ただし、予算が難しい場合は、状況に応じて相談に応じます。お気軽にご相談下さい。

2019.05.25
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
お母さんも先生も、自分の仕事に熱心なあまり、肝心の「子どもの心」を忘れてしまうことがあります。でも、子育てや教育が「お仕事」になってしまったら、子どもはついてきません。

そもそも子育てや教育では、お母さんや先生が一人だけで頑張ってはいけないのです。
なぜなら、子育てや教育は「二人三脚」という競技と似ているからです。

「二人三脚」を上手にやるためには「共に」という意識が絶対的に必要ですよね。
自分だけで頑張ろうとすれば必ず転んでしまい、二人ともケガをしてしまいますよね。

ここで問題になるのは、「子育て」は能力も、意識も、価値観も全く異なる「大人と子ども」というペアの「二人三脚」だということです。

「子育て」や「教育の目的」は「子どもを育てること」ですから、ペアを組む者同士に大きな能力差があることは避けられないのです。というか、能力差があるからこそ「子育て」や「教育」が成り立つわけです。

その場合、子どもは能力的に大人に合わせることが出来ませんが、大人は意識の持ち方次第でそれが可能なので、大人の方が「共に」という意識を持って、子どもに合わせるしかありません。

それなのに、多くのお母さんが子どもに「私についてきなさい」「なんでもっと早く走れないの」「なんでもっとちゃんと走れないの」と一方的に自分の気持ちや能力を押しつけ、自分一人だけで頑張っています。

でも、本当の「二人三脚」でそれをしていたら、間違いなくお母さんも子どもも転ぶのです。

確かに、仕事やスポーツでは「頑張る」ということが重要な要素になっています。戦いの場では「共に」などという意識は必要ないし、そんなの邪魔になるだけです。

サッカーやバレーボールのようなチームプレイでは「共に」ということがありそうな気がしますが、でも、サッカーやバレーボールに必要なのは「チームワーク」であって「共に」ではありません。

だからチームワークについてくることが出来ない選手は簡単に交代させられてしまいます。勝つことが目的のスポーツで、いくら仲間だといっても、下手な選手に合わせてみんながプレイするなどということはありえないのです。

サッカー選手が幼稚園児と一緒にチームを組むなどということもありません。ましてやサッカーを知らない子や、サッカーに興味が無い子とチームを組むなどということは100%ありません。

でも、子育ての場ではそれが普通です。
子どもがお母さんについてくることが出来ないからといって、子どもを交代させることも出来ません。

お母さんはバレーボールをやりたいのに、子どもは水泳をやりたいなどというような違いも普通です。

だからといって「あんた一人だけでやりなさい」と子どもを突き放してしまったら子育ては成り立ちません。またそれをしてしまうとネグレクトという虐待になってしまいます。

だから、合わせることが出来るお母さんの方が子どもに合わせるしかないのです。
「子育て」とはそういう非常に面倒くさい「二人三脚」なんです。

だからこそ勝ち負けを競うのではなく、二人三脚そのものを楽しむしかないのです。そこで必要になるのが「共に」という意識なんです。


お母さんに子どもに合わせて走っていると、子どもは成長と共に自分が走るコースを自分で見つけます。
そして、子どもに自分で走る意思が目覚めたら二人三脚を解消しても大丈夫です。
でも、それまではお母さんが付き合ってあげるしかないのです。

でも、それが出来ないお母さんがいっぱいいます。
みんな頑張ってはいるのですが、肝心の子どものことは忘れて、自分一人だけで頑張っているのです。

そして「なんで私についてくることが出来ないの」と子どもを引きずったまま走っています。子どもは引きずられて傷だらけなのに、前ばかり向いているお母さんはそのことに気づきません。

そしてそのような子育てをしているお母さんが増えてきています。


現代の子どもたちは、小さいときから競争に追い立てられています。そして、競争は「一人の世界」での行為です。

さらに、「仲間と一緒に遊ぶ」、「お母さんと一緒に遊ぶ」、「家族で一緒に遊ぶ」という「共に」という体験が少ない子も増えてきました。

昔の子の遊びには「共に」という要素が不可欠でしたが、現代の子の多くは、基本的に「一人だけ」で遊んでいます。

「鬼ごっこ」などで遊ぶこともありますが、基本的には同じような能力を持った子としか遊びません。同じような能力の子とだけ遊んでいるので「共に」という意識がなくても遊べるのです。

昔の子どもたちは異年齢の子どもたちが集まって「鬼ごっこ」をしていたので、小さい子用の「特別ルール」を作りました。「共に」という意識があったからこそそういうことが出来たのです。
でも、今それをやろうとすると「ずるい」と言われます。

テレビを見るのも、ゲームをするのも、オモチャで遊ぶのも一人だけです。というか、一人の世界の中でしかそういう遊びは出来ません。

ネット回線の向こうに人がいても、でも、実際に目の前にあるのがディスプレイだけなら「一人遊び」と同じです。

同じ空間に大勢の子どもがいても、各自バラバラに遊んでいるだけなら一人遊びと同じです。

スポーツの世界も勉強の世界も基本的には「一人の世界」です。

そして、そのような「一人の世界」の体験しかない子が大人になりお母さんやお父さんになっています。
だから「共に」ということが感覚的に分からず、「子どもを引きずって走る二人三脚」のような子育てをしてしまう人が増えてきたのではないかと思っています。






Last updated  2019.05.25 08:59:56
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.