5670514 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

森へ行こう(心とからだと子育てと)

PR

Favorite Blog

自分オトク New! かめおか ゆみこさん

ダイエットの広告と… 科学寅さん

最近の気づき 山の上ナナさん

やっぱり日本酒が大… ジョージEZさん
あそびや! うぇいくさん

Comments

Freepage List

Rakuten Profile


森の声さん

本当の幸ってなんだろう?

フォローする



(私のブログはコピー・転載自由です。お知り合いに紹介してください。)
<子育てと幼児教育は総合芸術です>

子どもは丸ごと育ちます。
心だけ育てることはできません。
知性だけ育てることもできません。
言葉だけ育てることもできません。
からだだけ育てることもできません。
とにかく丸ごと育つのです。
ですから、
大人も丸ごと子どもと関わる必要があるのです。
そして、丸ごとの学びが必要なのです。


* * *

私は子どもの笑顔、子どもの笑い声が好きです。
ですから、私は子どもの笑顔見たさに、色々なことを考えたり、活動しています。
キーワードは、遊び、子育て、教育、シュタイナー、感覚、からだ、心、生命、造形、仲間作り。
(シュタイナー的ではありますが、シュタイナーの紹介を目的としたものではありません。シュタイナーに共感した部分で書いています。)

* * *

<学ぶ時間がないという人へ>

道を歩くだけしか出来ないのなら、道の歩き方を学びます。
仕事をすることしかできないのなら、からだの使い方、心の使い方、仕事の仕方を学びます。
立っていることしかできないのなら、立ち方を学びます。
生きていることしかできないのなら、呼吸の仕方を学びます。

あなたが今学ぶべきことは、あなたが今やっていることの中にあります。
ですから、本当の学びは“今、自分は何をやっているのか”という気づきから始まります。
その気付きにつながらない学びは、全て無駄です。

* * *

他に「生命を考える」というホームページと
「生命とからだ」(つながりの世界)というブログも運営しています。

前者は私が茅ケ崎でやっている教室関係の紹介がメインです。
後者は、「からだ」という視点を中心に、具体的なエクササイズとつなげてあれこれ書いています。

* * *

「わらべうた」の冊子(CD付き)、
子育て関係の手作り冊子も出しています。

2013年6月に書店から「子ども発見」という冊子を出しました。
詳細は「ここ」(5月28日のブログ)でご覧になって下さい。


* * *

「ガキ大将クラブ」のススメ(お母さん達へ! ガキ大将になろう)
「お母さん達の仲間作りワークショップ」を企画しませんか

* * *
色んな地域、公民館、地区センターで気質、親子遊び、造形ワークショップ、からだ遊びワークショップ、お母さん達の勉強会(気質、子育て)、幼稚園の先生などの勉強会をやっています。
公民館や地区センタに企画を持っていったり、仲間を集めてお呼び頂ければワークの出前をします。お問い合わせ下さい。
みんな体験型のワークショップです。

検討して頂ける方は「こちら」をご覧になって下さい。どんなワークをいくらぐらいで呼べるのかが書いてあります。>

ただし、予算が難しい場合は、状況に応じて相談に応じます。お気軽にご相談下さい。

*********
茅ヶ崎でやっている教室の生徒募集です。(湘南・茅ヶ崎周辺の活動)

○子どもの造形教室

○親子遊び(2才から)
○「遊びの会」
幼稚園児、小学生達が、大人や仲間と一緒に遊ぶ会です。月1回、土日の活動です。

○他のクラスもあります。

2017.10.23
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
子どもの育ちには「父性」と「母性」という二つの価値観が必要です。

その時、お父さんがお母さんの言いなりになって動くだけだったり、お母さんがお父さんの言いなりになって動くだけだと、どちらかが欠けてしまって、子どもはバランス良く成長できなくなってしまいます。

ですから、イクメンでもお父さんが「お父さん」として積極的に子育てに参加するのならいいのですが、単に「お母さん」の代理人として子育てに参加するだけの育児参加なら、子どもの育ちはバランスを欠くことになってしまうのです。

ただ、この「父性」と「母性」には誤解も多いです。

それはこの「父」とか「母」というような性別に直結した名前が良くないのでしょう。

「父性」とか「母性」というものは一種の価値観ですから、基本的には性別は関係がないのです。

そのため、実際には「父性的な考え方をする女性」もいれば、「母性的な考え方をする男性」もいます。

ただ、一般的な傾向として「男性は父性的な価値観を持ちやすく、女性は母性的な価値観を持ちやすい」という現実はあります。

それは多分ホルモンの違いが大きく影響しているのだと思います。

だから「父性」と「母性」という名前が付いたのでしょう。

また、子どもの育ちには「父性」と「母性」の二つの価値観が必要ですが、これは別に親が与えなくても、外部の人に依存してもいいのです。

シングルマザーの人はよく、「私はお母さんの役割だけでなくお父さんの役割もしなければいけない」などと言いますが、実際にはそれは出来ないのです。

お母さんはそのつもりでも、子どもはお母さんに「母性」を求めてくるからです。

「じゃあ、父性はどうするのだ、シングルでは子どもはちゃんと育たないのか」というとそれも違います。

様々な地域に、子どもたちを集めて様々な活動をしているようなグループがありますが、子どもをそのような活動に参加させることでも子どもは「父性」と出会い、「父性的な価値観」を育てることが出来るからです。

一番良くないのは、一人だけで頑張って、子どもを囲い込んでしまうことなんです。
どんなに優秀なお母さんであっても、子どもを一人で育てることは出来ないのです。

じゃあ、「母性」とは何か、「父性」とは何か、ということです。

これは私の考えですから、他の人には他の考えもあると思いますが、私は「母性」とは「許し、信じること」だと思っています。

それに対して「父性」は「導き、励ますこと」だと思っています。

「母性」は「今」を肯定し、「父性」は「未来に向かっての道筋を示すこと」というような言い方も出来ると思います。

「出来なくてもいいんだよ」「失敗してもいいんだよ」「学校に行けなくてもいいんだよ」というのが母性的な価値観です。

だからといって、そのままでいいということではありませんよね。
大人になってまで、「出来なくていいんだよ」、「失敗してもいいんだよ」、「会社に行かなくてもいいんだよ」という感覚では、社会生活が出来なくなってしまいますから。

お母さんもお父さんも「守ってくれる人」です。だから、お父さんやお母さんと一緒に暮らしている間は、母性的な保護によって守られています。

でも、子どもはやがて親から離れます。というか、大人になってまで子どものような生活をされても困ります。

そんな時には、「父性的な価値観」が子どもを導き支えてくれるのです。

だから、子どもは、「母性」によって守られながらも、「父性」を学んでいく必要があるのです。

これは子どもの年令によっても異なってきます。

3才までの子どもに必要なのは母性だけです。

でも、5才、7才と子どもが社会的な活動に参加する度合いが多くなるに従い、父性的な要素が必要になってくるのです。

それに伴い「お父さん」の役割も増えてきます。

そして、14才頃になったら、子どもは母性的な関わり合いを拒否し始めます。

お母さんは「守ってあげなければ」と思い、子どもが幼かった頃のように母性的な感性で関わろうとするのですが、子どもはそれを拒否するのです。

それがいわゆる「反抗期」です。

お父さんに対する反抗も始まりますが、それは、子どもの中で育ってきた「父性」と、お父さんの「父性」がぶつかるからです。

ちなみに、女の子にとっても「父性」の育ちは大切です。
男の子にとっても、「母性」の育ちは大切です。

この父性と母性の違いは様々な所で見ることが出来ます。

西洋は父性的な価値観が強い文化です。

東洋は母性的な価値観が強い文化です。

ユダヤ教、イスラム教は、父性的な価値観が強い宗教です。

キリスト教や仏教は、母性的な価値観が強い宗教です。
(この「キリスト教」とは、西洋文明の中のキリスト教ではなく、キリストが説いたキリスト教です。)

ただ問題は、今の日本には、「歪んだ父性」、「歪んだ母性」に支配されている人が多いということです。

そのような人達は「あなたのためよ」という「押しつけ」と「支配」によって、子どもを束縛したり、追い立てたりしています。

「束縛」と「保護」を勘違いしている人も多いです。
「指導」と「強制」を勘違いしている人も多いです。

そのような人達は、子どもと対等な位置に立っていないのです。

********************









Last updated  2017.10.23 15:12:07
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.