5748451 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

森へ行こう(心とからだと子育てと)

PR

Favorite Blog

「自分を生きる」た… New! かめおか ゆみこさん

過去問のやり方 科学寅さん

同窓会? 山の上ナナさん

レビューコンテスト… pocket * :・さん

やっぱり日本酒が大… ジョージEZさん

Comments

森の声@ Re[1]:「自信がない現代人、不安が強い現代人」(11/15) ruraruさんへ >子ども頃、近所の友達と…
ruraru@ Re:「自信がない現代人、不安が強い現代人」(11/15) 私もそんな、自分の価値観を持っていない…
さえの部屋@ Re:「子どもの腰痛と子どもの姿勢」(10/29) はじめましてw 自分も腰はヘルニアを発…
Rio013@ Re[2]:「子どもとの遊び方」(一人遊び)(11/23) 森の声さんへ そうですね。もともと心配…
森の声@ Re[1]:「子どもとの遊び方」(一人遊び)(11/23) Rio013さんへ お子さんの状態はこの年令…
Rio013@ Re:「子どもとの遊び方」(一人遊び)(11/23) 森の声様 すみません、くだらない質問か…

Freepage List

Rakuten Profile


森の声さん

本当の幸ってなんだろう?

フォローする



(私のブログはコピー・転載自由です。お知り合いに紹介してください。)
<子育てと幼児教育は総合芸術です>

子どもは丸ごと育ちます。
心だけ育てることはできません。
知性だけ育てることもできません。
言葉だけ育てることもできません。
からだだけ育てることもできません。
とにかく丸ごと育つのです。
ですから、
大人も丸ごと子どもと関わる必要があるのです。
そして、丸ごとの学びが必要なのです。


* * *

私は子どもの笑顔、子どもの笑い声が好きです。
ですから、私は子どもの笑顔見たさに、色々なことを考えたり、活動しています。
キーワードは、遊び、子育て、教育、シュタイナー、感覚、からだ、心、生命、造形、仲間作り。
(シュタイナー的ではありますが、シュタイナーの紹介を目的としたものではありません。シュタイナーに共感した部分で書いています。)

* * *

<学ぶ時間がないという人へ>

道を歩くだけしか出来ないのなら、道の歩き方を学びます。
仕事をすることしかできないのなら、からだの使い方、心の使い方、仕事の仕方を学びます。
立っていることしかできないのなら、立ち方を学びます。
生きていることしかできないのなら、呼吸の仕方を学びます。

あなたが今学ぶべきことは、あなたが今やっていることの中にあります。
ですから、本当の学びは“今、自分は何をやっているのか”という気づきから始まります。
その気付きにつながらない学びは、全て無駄です。

* * *

他に「生命を考える」というホームページと
「生命とからだ」(つながりの世界)というブログも運営しています。

前者は私が茅ケ崎でやっている教室関係の紹介がメインです。
後者は、「からだ」という視点を中心に、具体的なエクササイズとつなげてあれこれ書いています。

* * *

「わらべうた」の冊子(CD付き)、
子育て関係の手作り冊子も出しています。

2013年6月に書店から「子ども発見」という冊子を出しました。
詳細は「ここ」(5月28日のブログ)でご覧になって下さい。


* * *

「ガキ大将クラブ」のススメ(お母さん達へ! ガキ大将になろう)
「お母さん達の仲間作りワークショップ」を企画しませんか

* * *
色んな地域、公民館、地区センターで気質、親子遊び、造形ワークショップ、からだ遊びワークショップ、お母さん達の勉強会(気質、子育て)、幼稚園の先生などの勉強会をやっています。
公民館や地区センタに企画を持っていったり、仲間を集めてお呼び頂ければワークの出前をします。お問い合わせ下さい。
みんな体験型のワークショップです。

検討して頂ける方は「こちら」をご覧になって下さい。どんなワークをいくらぐらいで呼べるのかが書いてあります。>

ただし、予算が難しい場合は、状況に応じて相談に応じます。お気軽にご相談下さい。

*********
茅ヶ崎でやっている教室の生徒募集です。(湘南・茅ヶ崎周辺の活動)

○子どもの造形教室

○親子遊び(2才から)
○「遊びの会」
幼稚園児、小学生達が、大人や仲間と一緒に遊ぶ会です。月1回、土日の活動です。

○他のクラスもあります。

2017.11.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
幼い子どもは多様な体験を通して、多様な能力を育てています。

ですから毎日一人だけで遊んでいたり、同じ事を繰り返すだけの生活をしていると、その生活をこなす能力は成長しますが、能力がその生活に特化してしまい、多様性に対応する能力が育たなくなります。

人の能力は必要に応じて成長するように出来ているので、必要がなければそのための能力は育たないのです。

大人がいくら熱心に教え込もうとしても、子ども自身がその能力に必要性を感じないのなら、その能力は育たないのです。

子どもの成長は子ども自身が行うものであって、大人が行うものではないからです。

これが「子どもの成長」の第一原則なんですが、多くの大人がこのことを理解していません。

大人は、「大人が子どもに期待する知識や能力」を押しつけますが、それが子どもにとって必要がないものなら、子どもはスルーしてしまうのです。

無理矢理押しつけようとすると、子どもは防御壁を作ってまで自分を守ろうとするようになります。すると、世界が閉ざされてしまうので、子どもは新しい世界と出会うことが困難になります。

ただし、「子どもの成長は子ども自身が行うもの」ではありますが、それは自分の生活環境の中で行われていることでもあります。

子どもにとって「必要なこと」もまた、その生活環境の中で発生しています。

そして、その生活環境を作っているのはお母さんであり、子どもの周囲の大人です。

私は自宅では造形教室をやっていますが、最近の子はあまり「作る」ということに興味がありません。

生活の中で「作る」ということとの体験がない状態で育ってきているからです。

私は、茅ヶ崎で「ポランの広場」という2,3才児対象の親子遊びの教室もやっています。(生徒募集中、1才半から受け付けています。)

そこでは造形的な活動をよくやっています。でも、主にやっているのはお母さんです。子どもは歩き回ったり、ハサミで折り紙を切ったりして遊んでいるだけです。

でも、ポランを卒業した子はみんな造形的な活動が好きになっているのです。

ポラン時代は、お母さんだけがやっていたのですが、幼稚園に入る頃になると、自分でもやりたくなるのです。

小さいときから見て育っているからです。

自宅でやっている教室でも、作ることが好きな子に、「お母さんやお父さんも何か作っているの?」と聞くと、ほとんどの場合、作ることが好きな子のお母さんやお父さんも作ることが好きで、子どもはその姿を見て育っているのです。

これは造形だけでなく、色々なことで同じで、お料理が好きで、いつも色々なものを作っているお母さんの子もお料理作りが好きです。

踊りが好きなお母さんの子も踊りが好きです。
絵本が好きなお母さんの子も絵本が好きです。

子どもの気質もあるので、「絶対」ということではありませんが、その傾向が強いということです。

子どもが異年齢の子どもの群れの中で育つ必要があるのも、そのためです。

子どもは一人一人異なった生活環境の中で育っています。そのため、異なった価値観や考え方や行動様式を持っています。

「年令の違い」も、価値観や、考え方や、行動様式の違いに大きな影響を与えています。

そういう「自分とは異なった存在との出会い」が子どもの興味や、感覚や、思考や、行動の幅を増やしてくれるのです。

ケンカも大事な学びなんです。

自分のお母さんやお父さんは「作る」ということに全く興味がなくても、「作ることが好きなお母さんやお父さんに育てられた子」との出会いを通して、「作る」ということに目覚めることもあるのです。

「群れ遊びの場」は「出会いの場」でもあるのです。

でも、ゲームなどの世界は、人工的に作られた閉ざされた仮想空間ですから、「新しいもの」との出会いはそこにはありません。「現実の世界を生きていくために必要な能力」の成長を支えてくれるようなものとの出会いもありません。

成長するのは、ゲームを処理する能力だけです。

でも、ゲーム漬けで育った人は、そのことに気付きません。それで不自由も感じていません。そのような人は、夫婦で助け合ったり、子育てを楽しむことは苦手ですが、もともとその必要性を感じていないので、それも問題になりません。

*********************

茅ヶ崎でやっている、「ポランの広場」という親子で遊ぶクラスの生徒募集です。
対象年齢は2才からですが、1才半からでも受け付けています。
ただし、来年の4月以降も参加可能な方に限ります。
子どもとの遊び方が分からない人、子どもと遊ぶのが大好きな人、大募集です。

チラシは以下で見ることが出来ます。
毎週火曜日 10:30~12:00です。

<チラシはここです>

お気軽にお問い合わせ下さい。






Last updated  2017.11.19 07:51:41
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.