6828615 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

森へ行こう(心とからだと子育てと)

PR

Favorite Blog

ゴールがベストであ… New! かめおか ゆみこさん

節電目標を言うより… 科学寅さん

やっぱり日本酒が大… ジョージEZさん
あそびや! うぇいくさん
Days Of C… ジョージ1959さん

Comments

Freepage List

Profile


森の声



(私のブログはコピー・転載自由です。お知り合いに紹介してください。)
<子育てと幼児教育は総合芸術です>

子どもは丸ごと育ちます。
心だけ育てることはできません。
知性だけ育てることもできません。
言葉だけ育てることもできません。
からだだけ育てることもできません。
とにかく丸ごと育つのです。
ですから、
大人も丸ごと子どもと関わる必要があるのです。
そして、丸ごとの学びが必要なのです。


* * *

私は子どもの笑顔、子どもの笑い声が好きです。
ですから、私は子どもの笑顔見たさに、色々なことを考えたり、活動しています。
キーワードは、遊び、子育て、教育、シュタイナー、感覚、からだ、心、生命、造形、仲間作り。
(シュタイナー的ではありますが、シュタイナーの紹介を目的としたものではありません。シュタイナーに共感した部分で書いています。)

* * *

<学ぶ時間がないという人へ>

道を歩くだけしか出来ないのなら、道の歩き方を学びます。
仕事をすることしかできないのなら、からだの使い方、心の使い方、仕事の仕方を学びます。
立っていることしかできないのなら、立ち方を学びます。
生きていることしかできないのなら、呼吸の仕方を学びます。

あなたが今学ぶべきことは、あなたが今やっていることの中にあります。
ですから、本当の学びは“今、自分は何をやっているのか”という気づきから始まります。
その気付きにつながらない学びは、全て無駄です。

* * *

他に「生命を考える」というホームページと
「生命とからだ」(つながりの世界)というブログも運営しています。

前者は私が茅ケ崎でやっている教室関係の紹介がメインです。
後者は、「からだ」という視点を中心に、具体的なエクササイズとつなげてあれこれ書いています。

* * *

「わらべうた」の冊子(CD付き)、
子育て関係の手作り冊子も出しています。

2013年6月に書店から「子ども発見」という冊子を出しました。
詳細は「ここ」(5月28日のブログ)でご覧になって下さい。


* * *

「ガキ大将クラブ」のススメ(お母さん達へ! ガキ大将になろう)
「お母さん達の仲間作りワークショップ」を企画しませんか

* * *
色んな地域、公民館、地区センターで気質、親子遊び、造形ワークショップ、からだ遊びワークショップ、お母さん達の勉強会(気質、子育て)、幼稚園の先生などの勉強会をやっています。
公民館や地区センタに企画を持っていったり、仲間を集めてお呼び頂ければワークの出前をします。お問い合わせ下さい。
みんな体験型のワークショップです。

検討して頂ける方は「こちら」をご覧になって下さい。どんなワークをいくらぐらいで呼べるのかが書いてあります。>

ただし、予算が難しい場合は、状況に応じて相談に応じます。お気軽にご相談下さい。

*********
茅ヶ崎でやっている教室の生徒募集です。(湘南・茅ヶ崎周辺の活動)

○子どもの造形教室

○親子遊び(2才から)
○「遊びの会」
幼稚園児、小学生達が、大人や仲間と一緒に遊ぶ会です。月1回、土日の活動です。

○他のクラスもあります。

2018.09.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
子どもは他者との関わり合いや様々な体験を通して、自分の成長に必要なことを学び、成長していきます。

ですから、「どういう他者とどういう関わり方をしたのか」ということや、「どういう体験をしたのか」ということが、子どもの成長のあり方や人間形成に直結してきます。

これは人類発生以来変わることがない人間としての事実です。
もちろん、現代に生まれた子どもたちでも同じです。

でも、現代社会ではその「他者との関わり」がどんどん消えつつあります。色々なことを体験出来る場も消えつつあります。

でもみんな、その消えて行ったものがなんなのかも知りません。その大切さも知りません。「消えていったもの」の体験自体がないからです。

そして、「新しい時代に対応した生き方」だけを求めています。

子どもたちも「新しい時代に対応した遊び」だけをしています。

でも、その「新しい時代に対応した遊び」の大部分は大人が作ったものです。ゲーム機もディズニーランドも大人が作ったものです。

子どもが、自分の発想で考えたものでも、子ども同士で創り上げたものでも、子どもの群れの中で伝承されてきたものでもありません。

また、大人が作ったものを子どもの発想で自由に遊ぼうとすると叱られます。

積み木に絵を描いたり、ゲーム機や電車などを分解して遊ぶといったような遊びをすると叱られるのです。お金を出して買ったものだからです。

また、子どもたちは、大人が用意した安全な場所でしか遊べません。
そして、「安全で安心な遊び」しか許されません。

火遊びをしたり、ナイフを使うなどということはもってのほかです。木登りだって自由にさせてもらえません。

現代の子どもたちは、大人が用意した安全な場所で、大人が提供する安全なオモチャや遊びだけで遊ぶしかないのです。

そういう遊びに慣れてしまった子は、自然の中に行っても、何をしていいのか分かりません。むしろ、「虫がいる」、「汚い」、「怖い」、というマイナスの印象を持つ子も増えてきています。

子ども同士も一緒に遊ばなくなりました。ゲーム機を通して遊ぶことがありますが、それは「一緒に遊ぶ」とは言えません。

「一緒に遊ぶ」ということは、「目を見て、肌を触れて、自分の声で会話し、一緒に考え、一緒に喜び、一緒に悲しみ、様々な感情や体験を共有しながら遊ぶ」ということだからです。

最初に、
子どもは他者との関わり合いや様々な体験を通して、自分の成長に必要なことを学び、成長していきます。

という事を書きましたが、このような偏った状態の中で生活し、遊んでいる現代の子どもたちは、自分自身の成長に関しても、非常に大きな問題を抱えています。

それは、「自分の可能性を拓くことが出来ない」「自分の人生を自分自身のものとして生きる能力が育たない」ということです。

「安全安心に満たされている」ということは、「チャレンジをする場がない」ということでもあります。「チャレンジする場」がなければ、子どもは自分の可能性を広げることが出来ません。

また「人間の世界の外側にある現実の世界」と出会うことも出来ません。

「自分たちで工夫して遊べない」ということは、「工夫する能力を育てる場がない」ということでもあります。レゴなどの知育玩具で「工夫する能力」を育てようとする人もいますが、それは「レゴありきという制限の中での工夫する能力」なので、レゴがない状態の中では役に立ちません。

レゴでものすごいものを作ることが出来る子でも、その能力はレゴがない場所では役に立ちません。

確かに、安心で安全な現代の遊びでも充分に大人の社会への適応は出来るようになります。
社会人として生活するのに必要な能力を育てることも出来ます。ゲームで遊ぶことで育つ能力もあります。

そして、「それだけ出来れば充分」と考えている大人もいっぱいいます。

でもそのように育った子は、他人が敷いたレールの上でしか自分の人生を生きることが出来なくなります。

自分で「自分にとっての正解」を発見する能力がないので、誰かが作った正解に束縛されて生きることにもなります。

それが悪いということではありませんが、せっかく生まれてきたのに、「自分の人生を自分自身のものとして生きることが出来ないなんて、もったいないな」と思うだけです。

私は、死ぬときには「生まれてきて良かった」と思って死にたいです。
皆さんは、人生最後の日に、「生まれてきて良かった」と言えるような人生を送っていますか。






Last updated  2018.09.19 12:03:29
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.