5967367 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

森へ行こう(心とからだと子育てと)

PR

Favorite Blog

お茶をどうぞ New! かめおか ゆみこさん

努力とマジメ New! 科学寅さん

鏡餅置いてみた kie.さん

やっぱり日本酒が大… ジョージEZさん
あそびや! うぇいくさん

Comments

森の声@ Re[1]:「手仕事のススメ」(01/18) 牧野鳥さんへ ご無沙汰です。 Y家のBBQ…
牧野鳥@ Re:「手仕事のススメ」(01/18) ご無沙汰してます。 いや〜〜〜〜〜! 久…
森の声@ Re[1]:「ゲームは悪くない、悪いのは大人です」(12/22) 元お蝶夫人さんへ スマホやゲームを子ど…
元お蝶夫人@ Re:「ゲームは悪くない、悪いのは大人です」(12/22) 森の声さん はじめまして、こんにちは(*^…
Rio013@ Re:「気質という考え方と胆汁質」(12/14) 森へ行こう様 「赤が強い」 まさにうち…
森の声@ Re[3]:「物語の世界」(他者の声を聞く)(11/22) Rio013さんへ 子どもの世界を見ていると…

Freepage List

Profile


森の声



(私のブログはコピー・転載自由です。お知り合いに紹介してください。)
<子育てと幼児教育は総合芸術です>

子どもは丸ごと育ちます。
心だけ育てることはできません。
知性だけ育てることもできません。
言葉だけ育てることもできません。
からだだけ育てることもできません。
とにかく丸ごと育つのです。
ですから、
大人も丸ごと子どもと関わる必要があるのです。
そして、丸ごとの学びが必要なのです。


* * *

私は子どもの笑顔、子どもの笑い声が好きです。
ですから、私は子どもの笑顔見たさに、色々なことを考えたり、活動しています。
キーワードは、遊び、子育て、教育、シュタイナー、感覚、からだ、心、生命、造形、仲間作り。
(シュタイナー的ではありますが、シュタイナーの紹介を目的としたものではありません。シュタイナーに共感した部分で書いています。)

* * *

<学ぶ時間がないという人へ>

道を歩くだけしか出来ないのなら、道の歩き方を学びます。
仕事をすることしかできないのなら、からだの使い方、心の使い方、仕事の仕方を学びます。
立っていることしかできないのなら、立ち方を学びます。
生きていることしかできないのなら、呼吸の仕方を学びます。

あなたが今学ぶべきことは、あなたが今やっていることの中にあります。
ですから、本当の学びは“今、自分は何をやっているのか”という気づきから始まります。
その気付きにつながらない学びは、全て無駄です。

* * *

他に「生命を考える」というホームページと
「生命とからだ」(つながりの世界)というブログも運営しています。

前者は私が茅ケ崎でやっている教室関係の紹介がメインです。
後者は、「からだ」という視点を中心に、具体的なエクササイズとつなげてあれこれ書いています。

* * *

「わらべうた」の冊子(CD付き)、
子育て関係の手作り冊子も出しています。

2013年6月に書店から「子ども発見」という冊子を出しました。
詳細は「ここ」(5月28日のブログ)でご覧になって下さい。


* * *

「ガキ大将クラブ」のススメ(お母さん達へ! ガキ大将になろう)
「お母さん達の仲間作りワークショップ」を企画しませんか

* * *
色んな地域、公民館、地区センターで気質、親子遊び、造形ワークショップ、からだ遊びワークショップ、お母さん達の勉強会(気質、子育て)、幼稚園の先生などの勉強会をやっています。
公民館や地区センタに企画を持っていったり、仲間を集めてお呼び頂ければワークの出前をします。お問い合わせ下さい。
みんな体験型のワークショップです。

検討して頂ける方は「こちら」をご覧になって下さい。どんなワークをいくらぐらいで呼べるのかが書いてあります。>

ただし、予算が難しい場合は、状況に応じて相談に応じます。お気軽にご相談下さい。

*********
茅ヶ崎でやっている教室の生徒募集です。(湘南・茅ヶ崎周辺の活動)

○子どもの造形教室

○親子遊び(2才から)
○「遊びの会」
幼稚園児、小学生達が、大人や仲間と一緒に遊ぶ会です。月1回、土日の活動です。

○他のクラスもあります。

2018.01.23
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「シュタイナー教育の方法」も、「モンテッソーリ教育の方法」も、「愛の体験」にはかなわないのです。

これはどんなに素晴らしいといわれている教育方法でも同じです。

というか、本来は、「シュタイナー教育」も「モンテッソーリ教育」も、子ども達を「愛の体験」で満たしてあげることが大前提になっているのです。

(両者とも、キリスト教の「愛の精神」の上に成り立っている教育方法です。)

その上での「シュタイナー教育の方法」であり、「モンテッソーリ教育の方法」なんです。

でも、多くの人が、その一番大切な部分には目を向けず、「方法としてのシュタイナー教育」「方法としてのモンテッソーリ教育」ばかりを見ようとしています。

子どもに「○○教育」を受けさせたいお母さんと、別の教育方法を望むお父さんがケンカして、お母さんと子どもだけがお父さんと別行動をとっている家族が時々ありますが、それでは無意味なんです。

子どもに「ママに付くか、パパに付くか」という選択をさせてはいけないのです。

パパが好きではないママは結構います。ママが好きではないパパもいるでしょう。
でも子どもは、ママもパパも大好きです。

どんなママでも、どんなパパでも、子どもは世界で一番好きなんです。

そんなママとパパがケンカしているのを見ると、子どもは苦しくなるのです。

「どっちに付くか」という選択を強いることは、子どもが生きている世界を二つに引き裂くことなんです。

でも、だからといって見かけだけ仲良くしても不自然です。

そして、子どもはその不自然を感じ取ります。そして不安を感じます。

そうはいっても大人には大人の事情がありますから、どうしてもうまく行かないことがあります。

大人になると、世の中理想通りに行かないということも分かってきます。
でも、子どもたちはまだその理想論の世界に生きているのです。

そして、それが子どもの安心と、希望と、成長を支えているのです。

でも、大人になると、理想論ではなく現実論で生きるようになります。
それはそれで仕方がないことです。
それを責めているのではありません。

でも、子ども達はそのような世界の中で生きているということは知っておいた方がいいということです。

それを知っていると、「子どもの苦しみ」が理解出来るようになるからです。

また、夫婦がうまく行かない場合でも、表面的に「仲が良い夫婦」を演じるのではなく、相手のことを理解しよう、相手のことを受け入れようと努力することは可能なはずです。

お互いに自分のことを押しつけようとするから対立が起きるのです。

実際には、それは無駄な努力に終わってしまうかも知れませんが、それでも子どもは、ママとパパが、お互いに理解しよう、受け入れようと努力する姿に共感し、安心し、希望を得ることが出来るのです。

たとえ悲しい結果になっても、お母さんやお父さんの努力する姿に希望が残るのです。

罵り合うだけのママとパパと見ていることほど、子どもを絶望的な気持ちにさせるものはないのです。

そういう状態で、「○○教育」を受けさせても、子どもはその悲しみと苦しみの原因となった「○○教育」を受け入れません。






Last updated  2018.01.23 09:55:43
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.