6233696 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

森へ行こう(心とからだと子育てと)

PR

Favorite Blog

快楽としての学問っ… New! 科学寅さん

遊びたおしましょ♪ New! かめおか ゆみこさん

やっぱり日本酒が大… ジョージEZさん
あそびや! うぇいくさん
Days Of C… ジョージ1959さん

Comments

森の声@ Re:親と子は先輩と後輩なのです(03/23) 牧野鳥さんへ 先輩は後輩の立場に立って…
牧野鳥@ 親と子は先輩と後輩なのです(03/23) そこには人生の先輩としての親と、人生の…
牧野鳥@ Re:「遊びとは何なのか、なぜ大切なのか」(03/16) 現代人あるあは一般的な日本人の感覚とし…
森の声@ Re[1]:「お母さんの言葉と子育て」(03/10) 牧野鳥さんへ 牧野家ももうすぐだと思い…

Freepage List

Profile


森の声



(私のブログはコピー・転載自由です。お知り合いに紹介してください。)
<子育てと幼児教育は総合芸術です>

子どもは丸ごと育ちます。
心だけ育てることはできません。
知性だけ育てることもできません。
言葉だけ育てることもできません。
からだだけ育てることもできません。
とにかく丸ごと育つのです。
ですから、
大人も丸ごと子どもと関わる必要があるのです。
そして、丸ごとの学びが必要なのです。


* * *

私は子どもの笑顔、子どもの笑い声が好きです。
ですから、私は子どもの笑顔見たさに、色々なことを考えたり、活動しています。
キーワードは、遊び、子育て、教育、シュタイナー、感覚、からだ、心、生命、造形、仲間作り。
(シュタイナー的ではありますが、シュタイナーの紹介を目的としたものではありません。シュタイナーに共感した部分で書いています。)

* * *

<学ぶ時間がないという人へ>

道を歩くだけしか出来ないのなら、道の歩き方を学びます。
仕事をすることしかできないのなら、からだの使い方、心の使い方、仕事の仕方を学びます。
立っていることしかできないのなら、立ち方を学びます。
生きていることしかできないのなら、呼吸の仕方を学びます。

あなたが今学ぶべきことは、あなたが今やっていることの中にあります。
ですから、本当の学びは“今、自分は何をやっているのか”という気づきから始まります。
その気付きにつながらない学びは、全て無駄です。

* * *

他に「生命を考える」というホームページと
「生命とからだ」(つながりの世界)というブログも運営しています。

前者は私が茅ケ崎でやっている教室関係の紹介がメインです。
後者は、「からだ」という視点を中心に、具体的なエクササイズとつなげてあれこれ書いています。

* * *

「わらべうた」の冊子(CD付き)、
子育て関係の手作り冊子も出しています。

2013年6月に書店から「子ども発見」という冊子を出しました。
詳細は「ここ」(5月28日のブログ)でご覧になって下さい。


* * *

「ガキ大将クラブ」のススメ(お母さん達へ! ガキ大将になろう)
「お母さん達の仲間作りワークショップ」を企画しませんか

* * *
色んな地域、公民館、地区センターで気質、親子遊び、造形ワークショップ、からだ遊びワークショップ、お母さん達の勉強会(気質、子育て)、幼稚園の先生などの勉強会をやっています。
公民館や地区センタに企画を持っていったり、仲間を集めてお呼び頂ければワークの出前をします。お問い合わせ下さい。
みんな体験型のワークショップです。

検討して頂ける方は「こちら」をご覧になって下さい。どんなワークをいくらぐらいで呼べるのかが書いてあります。>

ただし、予算が難しい場合は、状況に応じて相談に応じます。お気軽にご相談下さい。

*********
茅ヶ崎でやっている教室の生徒募集です。(湘南・茅ヶ崎周辺の活動)

○子どもの造形教室

○親子遊び(2才から)
○「遊びの会」
幼稚園児、小学生達が、大人や仲間と一緒に遊ぶ会です。月1回、土日の活動です。

○他のクラスもあります。

2018.04.20
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
明日は、朝早くから愛知に行くのでお休みさせていただきます。

それと、今度の日曜日に、横浜で毎月やっている「トロルの森」という親子遊びの会があります。
まだ参加申し込みが少ないので、こちらでも参加者を募集します。

「横浜自然育児の会」の主催で、会場は三沢の「豊顕寺市民の森」です。三沢公園の隣です。
22日は色水遊びをします。濡れます。暑そうなのでちょうどいいです。

お問い合わせや参加ご希望の方は
http://blog.livedoor.jp/yokohama_shizenikuji/archives/cat_50022450.html

から連絡して下さい。

*****************

人は五感の働きを通して、自分の周囲の情報を得ています。

でも、五感は情報を集めているだけで、その情報を解析し、意味づけしているのは脳の働きです。

それは、私たちが見ているのは網膜に写った「ありのままの映像」ではなく、脳によって処理された後の「加工処理された後の映像」だということです。

ですから、普通の人が見ている町の風景と、建築家や絵描きが見ている町の風景は同じではありません。

人は、「目」でものをみているのではなく「脳」でものを見ているので、脳の働き(知識や体験も含みます)が違えば、同じものを見ても、「同じもの」が見えないのです。

そしてこれは、五感の働き全てに共通した現象です。
私たちは「その人の脳にとって必要な情報」しか、認識出来ないのです。
言い換えると、「人は自分の脳の中の世界を投影した世界を見て、感じている」
と言うことです。

でも、人は自分が見たり感じたものが、そのままの事実だと思い込んでいます。「脳によって加工処理された後の情報に過ぎない」などとは知りません。

そしてその「脳の状態」は「からだの状態」と密接にリンクしています。
「脳」は「からだ」の一部であり、「からだ」というシステムの要として働いているので、「からだ」が変われば「脳」も変わるのです。

立っているときと、寝ているときとでは「からだの状態」が異なります。
緊張しているときと落ち着いているときとでも「からだの状態」は異なります。
ですから、「脳の状態」も変わります。

そのことで五感の働きも変わります。

立っているときと寝ているときに見えるものは同じではないのです。
緊張しているときに見えているものと、落ち着いているときに見えているものも同じではないのです。

お腹が空いているときには「食べ物の匂い」や「食べ物そのもの」に意識が向きやすいように感覚が調整されます。

その時、満腹の時には気になっていたことが気にならなくなったりします。
でもその変化は無意識的に行われているので、人はその変化に気付きません。

明るいところにいる時には多くの光が入りすぎないように瞳が狭くなります。でも、暗いところに入ると多くの光を得るために瞳が開きます。その結果見えるものが異なっているのですが、でも人はその変化に気付きません。

明るいところで見ている「赤」と、暗いところで見ている「赤」は物理的には全く違った色なんですが、脳が補正をかけているので「同じ赤」に見えてしまうのです。

でも、人はその「脳がやっていること」を知覚出来ません。「脳の変化」は「脳」では知覚出来ないのです。

ただ、からだに意識を向けていると、その変化を感じることが出来ます。
「脳」は「脳自身の変化」を感じることは出来ませんが、「脳の働きの結果としてのからだの変化」は感じることが出来るからです。

例えば、「脳」がからだに緊張をもたらしていても、脳自身はその脳の状態を感じることが出来ません。でも、その「脳の働きの結果」としての「からだの緊張」は意識できますよね。
そういうことです。

その時、「からだ」を緩めてあげると、それと繋がっている「脳」も緩みます。すると感覚の働きも変わります。

それまで見えていなかったものが見えるようになったり、それまで聞こえていなかった音が聞こえるようになったりするのです。

それは私自身が体験したことでもあります。

そして、ここからが本題です。

「成長しつつある子どものからだ」と「成長が止まってしまった大人のからだ」は異なります。見かけは似ていても、「からだに対する命の働き」が、子どもと大人とでは大きく異なるのです。

その違いは「寝ている」か「立っている」というような違いではなく、内側のもっと本質的な部分での違いです。

そのため、当然、脳の働きも違います。
「脳の働き」が違えば「感覚の働き」も違います。

見えている世界も、聞こえている世界も違います。

その時、大人は「大人が見ている世界の方が本物だ」と思い込んでいますが、「本物か本物でないのか」を決めているのも脳の働きなので、大人の脳で「本物」と判断しても、それは「大人にとっての本物」でしかありません。

子どもには「子どもの本物」があるのです。






Last updated  2018.04.20 12:48:38
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.