5034657 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

森へ行こう(心とからだと子育てと)

PR

Favorite Blog

「数学がわかる」?… New! 科学寅さん

悩むと、モノが片づ… New! かめわざ快心塾さん

キンライサーで給湯… kie.さん

やっぱり日本酒が大… ジョージEZさん
あそびや! うぇいくさん

Comments

うさぎ@ Re:「心の世界の不思議」(心に問いかける)(03/26) New! ずっと迷っていることがありますが、自分…
ecocolo21@ Re[2]:「心を大切にした子育て」(03/24) New! お返事ありがとうございます。 心の傷を受…
うめのわ@ Re[7]:「価値観を育てる」(自立した人間として生きるために)(03/09) New! 森の声さん >子どもが成長するにつれ、子…
うめのわ@ Re:「心の世界の不思議」(心に問いかける)(03/26) New! 森の声様のおっしゃる 私は「どこかで学…
森の声@ Re[1]:「心を大切にした子育て」(03/24) ecocolo21さん >息子はADHDの可能性が大…
ecocolo21@ Re:「心を大切にした子育て」(03/24) 息子はADHDの可能性が大で、今年の4月から…
森の声@ Re[1]:「心と向き合うことから逃げようとする現代人」(03/23) ささくれさん >自分自身もそういう世代…
森の声@ Re[1]:「心は支配も管理も出来ないのです」(03/25) 柳沢冶信さん >4月から、保育指針が変わ…

Freepage List

Rakuten Profile


森の声さん

本当の幸ってなんだろう?

フォローする



(私のブログはコピー・転載自由です。お知り合いに紹介してください。)
<子育てと幼児教育は総合芸術です>

子どもは丸ごと育ちます。
心だけ育てることはできません。
知性だけ育てることもできません。
言葉だけ育てることもできません。
からだだけ育てることもできません。
とにかく丸ごと育つのです。
ですから、
大人も丸ごと子どもと関わる必要があるのです。
そして、丸ごとの学びが必要なのです。


* * *

私は子どもの笑顔、子どもの笑い声が好きです。
ですから、私は子どもの笑顔見たさに、色々なことを考えたり、活動しています。
キーワードは、遊び、子育て、教育、シュタイナー、感覚、からだ、心、生命、造形、仲間作り。
(シュタイナー的ではありますが、シュタイナーの紹介を目的としたものではありません。シュタイナーに共感した部分で書いています。)

* * *

<学ぶ時間がないという人へ>

道を歩くだけしか出来ないのなら、道の歩き方を学びます。
仕事をすることしかできないのなら、からだの使い方、心の使い方、仕事の仕方を学びます。
立っていることしかできないのなら、立ち方を学びます。
生きていることしかできないのなら、呼吸の仕方を学びます。

あなたが今学ぶべきことは、あなたが今やっていることの中にあります。
ですから、本当の学びは“今、自分は何をやっているのか”という気づきから始まります。
その気付きにつながらない学びは、全て無駄です。

* * *

他に「生命を考える」というホームページと
「生命とからだ」(つながりの世界)というブログも運営しています。

前者は私が茅ケ崎でやっている教室関係の紹介がメインです。
後者は、「からだ」という視点を中心に、具体的なエクササイズとつなげてあれこれ書いています。

* * *

「わらべうた」の冊子(CD付き)、
子育て関係の手作り冊子も出しています。

2013年6月に書店から「子ども発見」という冊子を出しました。
詳細は「ここ」(5月28日のブログ)でご覧になって下さい。


* * *

「ガキ大将クラブ」のススメ(お母さん達へ! ガキ大将になろう)
「お母さん達の仲間作りワークショップ」を企画しませんか

* * *

<教室の生徒募集です>(湘南・茅ヶ崎周辺の活動)

○子どもの造形教室

○親子遊び(2才から)
○「遊びの会」
幼稚園児、小学生達が、大人や仲間と一緒に遊ぶ会です。月1回、土日の活動です。

○他のクラスもあります。

私は、これらの教室の他に色んな地域、公民館、地区センターで親子遊び、造形ワークショップ、からだ遊びワークショップ、お母さん達の勉強会(気質、子育て)、幼稚園の先生などの勉強会をやっています。
公民館や地区センタに企画を持っていったり、仲間を集めてお呼び頂ければワークの出前をします。お問い合わせ下さい。
みんな体験型のワークショップです。

2017.03.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
うさぎさんから

ずっと迷っていることがありますが、自分は本当はどうしたいのか、自分の本当の気持ちが分かりません。

今まで、どうするべきか、とか人がどう思うかばかりで判断してきたためか、いざ自分の気持ちに正直になろうと思っても分からないのです。
決断は迫られているのに自分の思いが分からないことに焦って困っています。

どうしたら自分の心の本音が分かりますか?
何かコツはありますか?


という質問を頂いたので、答えさせて頂きます。

現代社会にはうさぎさんのような状態の人が多いのではないかと思います。
だから、みんな何かに依存したがるのでしょう。

まず「心の本音が分かるコツ」なんてありません。また、「コツ」で分かるようなものは「心の本音」ではありません。

また、「頭」で考えても分かりません。「心」は考えて分かるようなものではないからです。
「頭」で考えるだけで世界のことが分かりますか。宇宙のことが分かりますか。

人は、考えるだけでは、自分がどんな表情で話し、どんな姿勢で歩いているのかだって分からないのに、目には見えない世界に存在している「心」のことが分かるわけがないのです。

うさぎさんは「自分」と出会ったことがないのだろうと思います。
(それは「自由」と出会ったことがない、ということなんですが、それは明日書きます。)

その理由はいくつか考えられます。

<子どもの頃に「自分」と出会う場や体験がなかった>
テレビやオモチャなどといった「物」に依存した生活をしていたり、一人で遊ぶことが多く、群れて遊ぶような体験がなかったり、からだや、感覚や、感情を思いっきり使うような活動をしてこなかったりすると「自分」が分からなくなります。

「自分」と出会い、「自分」が育つためには、「自分を写す他者」が必要なんです。それはまた「自分と対立する他者」でもあります。

お化粧をしたり、自分の顔や姿勢の状態を知るためには自分の状態を写してくれる「鏡」が必要ですよね。自分のものなのに、人は「鏡」なしには自分の顔も分からないのです。
それと同じです。

また、重いものを持ったり、走ったり、からだを動かしてみたりしないことには自分のからだの状態は分かりませんよね。

また、感覚や感情も、表現を通して使ってみないことには自分の感覚や感情の特性は分かりません。

例えば、「自分が色に対してどういう感受性を持っているのか」ということは、絵を見たり、お花を見ているだけでは分からないのです。
でも、絵を描いたりするとすぐに分かります。どういう色を選んだらいいのか分からないようなら、色に対する感受性は鈍いのです。

そしてそういう体験は「物に頼った一人遊び」では得ることが出来ないのです。

また、テレビやゲームやスマホは「自分」を忘れさせてくれます。だから、「自分」と向き合いたくない人や、「自分」を持っていない人ほどそういうものに依存します。
そして、小さい時からそういうものに依存していると、「自分」が育たなくなります。育つ必要がないからです。

そのような状態の人は情報を集めたり、周囲の意見や世間的な常識などを基にして色々な判断をしていますが、そういうものが通用しない、自由で個人的な状況の中ではどうしていいのか分からなくなります。「子育ての場」もそのような場です。

<小さい時から「自分」を隠して生きてきた>
上に書いたような状況は、お母さんやお父さんが優しくて、子どもに理解があっても起きます。
特に忙しいお母さんやお父さんは上に書いたような子育てをしがちです。そして、今ではそれが普通の子育てになってしまっています。

でも、それとは別のケースも考えられます。
それは、お母さんやお父さんが自分の価値観を子どもに押しつけるような子育てをしている場合です。

子どもが自分らしい感性で考え、行動した時に、お母さんやお父さんが大人の感性で一方的にそれを否定し続けていると、子どもは「自分」を隠して生きるようになります。

「あれやりなさい」「これやりなさい」「これをしてはいけない」と子どもの行動を管理していても、子どもは「自分」を隠すようになってしまうのです。

積極的に子どもを外に連れ出しても、色々な体験をさせても、それが押しつけなら、子どもは「自分の本音」を隠すようになります。

でも、この場合は、子どもの心が苦しいので、思春期が来る頃に、何らかの形で子どもはその「苦しみ」を表現し始めます。

その時に親がどういう対応をするかで、子どもの育ちは大きく変わっていきます。
「自分」を取り戻す人もいれば、そのままになってしまう人もいます。

<他人の評価を気にして生きてきた>
「あれやれ」「これやれ」と押しつけていなくても、大人が子どもの行動などを常に評価していると、子どもはその大人の評価に合わせて生きるようになります。

大人にとって都合の良いことを言ったりやったりした時には褒めて、子どもが頑張ったことでも、大人の気に入らなければ否定したり無視したりしていると、子どもは自分の価値観を捨てて大人の価値観に従って生きるようになります。

子育てのワークで「お子さんの長所と短所を教えて下さい」と聞くと、多くのお母さんが「お母さんにとって都合の良い子どもの行動や考え方」を「長所」として言い、「お母さんにとって都合の悪いこと」は「短所」にされてしまっていることが多いのです。

例えば「弟(妹の面倒をよく見てくれる)」「お手伝いをよくしてくれる」「一人で静かに遊ぶことが出来る」などなどを「長所」としてあげ、「言うことを聞かない」「わがまま」「下の子と仲良く遊ばない」などを「短所」としてあげます。

「親にとって都合がいいこと」が「長所」で、「都合の悪いこと」が「短所」なんです。

「毎日泥だらけになって遊んで素敵だと思います。それが我が子の長所です」と答える人は滅多にいません。(時々いますけど、少ないです。)

このような子育てをしていると、子どもは自分の価値観を育てることが出来なくなり、大人になってから自分の人生を自分で判断して生きることが出来なくなります。

<お母さんやお父さんがリーダーとして導いてくれない>
お母さんやお父さんがリーダーとして導いてくれない場合も、子どもは「自分」を育てることが出来なくなります。
「好きにしていいよ」と放り出されただけでは、子どもはただただ途方に暮れてしまうのです。

自分に自信がないお母さんが、よくこのような子育てをしています。

やさしくて、押しつけないし、評価もしないし、色々な体験をさせようともするのですが、基本的に自分は子どもと関わらないのです。

でも、「自分」を持っていないお母さんに育てられると、子どもも「自分」を育てることが困難になってしまうのです。(他者の手助けが必要になると言うことです)

<明日に続きます>





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017.03.27 09:21:14
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.