7156394 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

森へ行こう(心とからだと子育てと)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

「手抜きすんじゃね… New! かめおか ゆみこさん

Comments

Freepage List

Profile


森の声



(私のブログはコピー・転載自由です。お知り合いに紹介してください。)
<子育てと幼児教育は総合芸術です>

子どもは丸ごと育ちます。
心だけ育てることはできません。
知性だけ育てることもできません。
言葉だけ育てることもできません。
からだだけ育てることもできません。
とにかく丸ごと育つのです。
ですから、
大人も丸ごと子どもと関わる必要があるのです。
そして、丸ごとの学びが必要なのです。


* * *

私は子どもの笑顔、子どもの笑い声が好きです。
ですから、私は子どもの笑顔見たさに、色々なことを考えたり、活動しています。
キーワードは、遊び、子育て、教育、シュタイナー、感覚、からだ、心、生命、造形、仲間作り。
(シュタイナー的ではありますが、シュタイナーの紹介を目的としたものではありません。シュタイナーに共感した部分で書いています。)

* * *

<学ぶ時間がないという人へ>

道を歩くだけしか出来ないのなら、道の歩き方を学びます。
仕事をすることしかできないのなら、からだの使い方、心の使い方、仕事の仕方を学びます。
立っていることしかできないのなら、立ち方を学びます。
生きていることしかできないのなら、呼吸の仕方を学びます。

あなたが今学ぶべきことは、あなたが今やっていることの中にあります。
ですから、本当の学びは“今、自分は何をやっているのか”という気づきから始まります。
その気付きにつながらない学びは、全て無駄です。

* * *

ワークの案内は「こちらで」紹介しています。

他に「ネネムの森」というホームページも運営しています。

これは私が茅ケ崎でやっている子ども対象、大人対象の様々な活動の紹介がメインです。
講演会やワークを主催して頂くときの条件なども書いてあります。
随時生徒を募集しています。 お問い合わせ下さい。

* * *
「わらべ歌」のCD付き冊子も出しています。

子育て関係の手作り冊子も出しています。

* * *

色んな地域、公民館、地区センターで気質、親子遊び、造形ワークショップ、からだ遊びワークショップ、お母さん達の勉強会(気質、子育て)、幼稚園の先生などの勉強会をやっています。
公民館や地区センタに企画を持っていったり、仲間を集めてお呼び頂ければワークの出前をします。お問い合わせ下さい。
みんな体験型のワークショップです。

検討して頂ける方は「こちら」をご覧になって下さい。どんなワークをいくらぐらいで呼べるのかが書いてあります。>

ただし、予算が難しい場合は、状況に応じて相談に応じます。お気軽にご相談下さい。

2019.01.18
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
世の中には様々な「人の性格を分類する方法」があります。

科学的な根拠はないし、現実と合ってもいないのですが、「血液型」によって性格を分類する方法は有名です。(分かりやすさが人気の秘密なんでしょう。)

他にも、ユングとかクレッチマーというような精神科医が考え出したものや、社会学者や、医者などが考え出した様々な性格分類もあります。

そんな有名なものでなくても、大勢の人と関わる仕事をしている人は、自分の体験から何となく「人にはいくつかのタイプがある」と感じ、人を分類するようになったりするものです。

ユングやクレッチマーも、心の病を抱えた大勢の人との関わりを通して、「人の心はいくつかのタイプに分類出来る」ということを発見したのでしょう。

そして、多くの人が「気質もそのようなものだ」と思い込んでいます。

そのため、気質の講座などをしても、みんなすぐに「私は何質でしょうか」と聞いてきます。

でも、「気質」は「人の性格を分類するための方法」ではないのです。

なぜなら「気質」は、「個」としての特性ではなく、「他者との関係性」の中で現れるものだからです。


ですから、同じ人でも、「Aさんと会っているときには多血質になり、Bさんと会っているときには憂鬱質になる」ということもあるのです。

また、日本では胆汁質だった人が、アメリカに行ったら多血質のようになることもあります。

日本では粘液質の人が、ドイツでは憂鬱質の人として扱われることもあります。

実際、あるグループでは憂鬱質のように消極的でも、別のグループでは胆汁質のように積極的になることもありますよね。

このように、人の性格や感情は、自分が関わっている相手や、その場の状況でコロコロと変わってしまうものなのですから、人の性格を固定的に分類することなど出来ないのです。

人間は他者との関係性によって、自分の状態が変化してしまう生き物なんです。

そんな「気質」は「色」に例えられることがあります。

実際、「色」もまた周囲の状況に応じて「感じる印象」が変わってしまいます。

黄色い地の上のオレンジは赤っぽく見え、赤い地の上のオレンジは黄色っぽく見えますよね。

同じオレンジなのに、どのような地の上に置かれるかで、色の印象が変わってしまうのです。

そして、黄色い地の上のオレンジは赤のような働きをし、赤い地の上のオレンジは黄色のような働きをします。

白い紙の上に置かれた赤い紙は黒っぽく見えますが、黒い紙の上に置かれた赤は、真っ赤に見えます。

モネのような印象派の人の絵は非常に美しいですが、だからといって美しい色を使っているわけではありません。

アップした写真を見れば分かりますが、原色のまま使われている色はほとんどありません。みんな適当にくすんでいます。

でも、アップでは「くすんだ青」でも、絵全体を見たときには、その周囲との響き合いで「美しい青」に見えるのです。

でも、同じ色が別の所では緑に見えたり、黄色に見えたりすることもあります。
機械にはそうは見えないのでしょうが、人間の感覚にはそう見えるのです。

「色」とはそういうものだし、「気質」もまたそういうものなんです。


だから、その色単体を取り出して「この色は何色です」と説明しても「絵」としては意味がないのです。

「気質」以外の性格分類では、その「色」単体を取り出して、「これは○色だ」と分類します。
でも、「気質」の考えで大切にしているのは、「その色が、それが置かれた周囲との関係性の中でどう見えるのか」ということなんです。


そして、「それが何色か」を判別することよりも、「その色が生かされる使い方をするためにはどうしたらいいのか」ということを考えようとするのです。

だから教育現場では非常に大切な意味を持った考え方なんです。

どんなにくすんだように見える色でも、生き生きと見えてくるような使い方をすることも出来るし、その逆に、どんなに明るくて鮮やかな色でも、場違いな使われ方をされてしまうこともあるのです。

ですから、「自分の気質について考える」ということは、「自分は周囲との関係性の中でどういう役割を果たしているのか」ということを考えることもでもあるのです。

それが、その人が今置かれた状況の中でのその人の色であり、気質なんです。

役に立っていなければ「自分の中の憂鬱質」を感じやすくなっているでしょう。そして、「自分は憂鬱質だ」と思い込んでいるかも知れません。

ちなみに、多血質は「黄色」、胆汁質は「赤」、憂鬱質は「青」、粘液質は「緑」に対応されています。

**************

茅ヶ崎で毎月1回のペースで「気質の勉強会」をしています。

この3月で2018年度のタームが一応一区切りになるので、4月からまた新しく「気質の勉強会」を始めます。
開催日は会場の都合によって固定していませんが、一応、土・日などの休日に行っています。時間は10:00~12:00です。参加費は2000円/回です。
会場はJR茅ヶ崎駅の近くの公共施設です。

<参加者募集中>です。お問い合わせは「ここ」までお願いします。






Last updated  2019.01.18 09:51:21
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.