6613289 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

森へ行こう(心とからだと子育てと)

PR

Favorite Blog

だらだら書きをオス… New! かめおか ゆみこさん

学力と知識と思考力 科学寅さん

大神神社にて夏越の… kie.さん

やっぱり日本酒が大… ジョージEZさん
あそびや! うぇいくさん

Comments

BW37@ Re:「気質とは何なのか」(人を分類するということ)(07/01) 拝見しました。ありがとうございます。 私…
mikage_yu@ Re[4]:(06/24) 森の声さんへ 私は何がつらいんだろうと…
森の声@ Re[3]:(06/24) mikage_yuさんへ 気質は「感覚的な特性」…
mikage_yu@ Re[2]:(06/24) 森の声さんへ そうなんです。 かなりの憂…
森の声@ Re[1]:(06/24) mikage_yuさんへ >以前は「あんたのため…

Freepage List

Profile


森の声



(私のブログはコピー・転載自由です。お知り合いに紹介してください。)
<子育てと幼児教育は総合芸術です>

子どもは丸ごと育ちます。
心だけ育てることはできません。
知性だけ育てることもできません。
言葉だけ育てることもできません。
からだだけ育てることもできません。
とにかく丸ごと育つのです。
ですから、
大人も丸ごと子どもと関わる必要があるのです。
そして、丸ごとの学びが必要なのです。


* * *

私は子どもの笑顔、子どもの笑い声が好きです。
ですから、私は子どもの笑顔見たさに、色々なことを考えたり、活動しています。
キーワードは、遊び、子育て、教育、シュタイナー、感覚、からだ、心、生命、造形、仲間作り。
(シュタイナー的ではありますが、シュタイナーの紹介を目的としたものではありません。シュタイナーに共感した部分で書いています。)

* * *

<学ぶ時間がないという人へ>

道を歩くだけしか出来ないのなら、道の歩き方を学びます。
仕事をすることしかできないのなら、からだの使い方、心の使い方、仕事の仕方を学びます。
立っていることしかできないのなら、立ち方を学びます。
生きていることしかできないのなら、呼吸の仕方を学びます。

あなたが今学ぶべきことは、あなたが今やっていることの中にあります。
ですから、本当の学びは“今、自分は何をやっているのか”という気づきから始まります。
その気付きにつながらない学びは、全て無駄です。

* * *

他に「生命を考える」というホームページと
「生命とからだ」(つながりの世界)というブログも運営しています。

前者は私が茅ケ崎でやっている教室関係の紹介がメインです。
後者は、「からだ」という視点を中心に、具体的なエクササイズとつなげてあれこれ書いています。

* * *

「わらべうた」の冊子(CD付き)、
子育て関係の手作り冊子も出しています。

2013年6月に書店から「子ども発見」という冊子を出しました。
詳細は「ここ」(5月28日のブログ)でご覧になって下さい。


* * *

「ガキ大将クラブ」のススメ(お母さん達へ! ガキ大将になろう)
「お母さん達の仲間作りワークショップ」を企画しませんか

* * *
色んな地域、公民館、地区センターで気質、親子遊び、造形ワークショップ、からだ遊びワークショップ、お母さん達の勉強会(気質、子育て)、幼稚園の先生などの勉強会をやっています。
公民館や地区センタに企画を持っていったり、仲間を集めてお呼び頂ければワークの出前をします。お問い合わせ下さい。
みんな体験型のワークショップです。

検討して頂ける方は「こちら」をご覧になって下さい。どんなワークをいくらぐらいで呼べるのかが書いてあります。>

ただし、予算が難しい場合は、状況に応じて相談に応じます。お気軽にご相談下さい。

*********
茅ヶ崎でやっている教室の生徒募集です。(湘南・茅ヶ崎周辺の活動)

○子どもの造形教室

○親子遊び(2才から)
○「遊びの会」
幼稚園児、小学生達が、大人や仲間と一緒に遊ぶ会です。月1回、土日の活動です。

○他のクラスもあります。

2018.07.20
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
現代人は「頭」と「心」と「からだ」を別のものとして考えています。

「人間」と「自然」を別のものとして考えています。

「生」と「死」を別のものとして考えています。

「子ども」と「大人」を別のものとして考えています。

「見える世界」と「見えない世界」を別のものとして考えています。

「命あるもの」と「生命がないもの」を別のものとして考えています。

「私」と「あなた」を別のものとして考えています。

「善」と「悪」を別のものとして考えています。

「光」と「闇」を別のものとして考えています。

でも、それは人間の脳が創り出した勝手な妄想に過ぎません。
そう考えると、世界が理解しやすくなるので、そう思い込んでいるだけです。
でもそれはこの世界の現実ではありません。

実際、科学は「生」と「死」の違いを説明出来ません。
その境界を見つけることが出来ないからです。

人は簡単に「善」と「悪」を対立させて物事を考えますが、「善」と「悪」の間にも境界はありません。

判断を下す人がいる方が「善」であり、その人と反対側が「悪」になっているだけです。

他のことでも同じです。

ではどうして、人はこのような妄想に囚われてしまうのかというと、それは「私」という「意識」が、他者から切り離されているからです。

心やからだまで含めた「現実の私」は「他者とつながった存在」なのですが、「私」という「意識」が他者と切り離されているため、「私」という存在そのものも他者と切り離されているかのような錯覚に陥ってしまっているのです。

また、人は一生その「私」の中に閉じ込められていて他の「私」の体験がないため、他の人の「私」の大切さも、自分の「私」との違いも分かりません。
だから平気で「自分の価値観」を相手に押しつけるのです。

(それを知るためには他者の「私の言葉」で語られた物語を読むしかありません。だから子どもたちにいっぱい物語を読んであげて欲しいのです。自分で読ませるのではなく、お母さんが語ってあげて下さい。自分で読むのと耳で聞くのとでは、人の異なったところに働きかけるのです。)


その「意識」は物事を理解するときに、「二つの相反するものを対立させる」という方法を使います。

意識は二元論的な方法でないと世界を認識出来ないからです。

<ウィキペディアから>
二元論(にげんろん、dualism)とは、世界や事物の根本的な原理として、それらは背反する二つの原理や基本的要素から構成される、または二つからなる区分に分けられるとする概念のこと。例えば、原理としては善と悪、要素としては精神と物体など。二元論的な考え方は、それが語られる地域や時代に応じて多岐に渡っている。

でも本来、二元的な世界は人間が世界を理解するための方便に過ぎません。世界そのものが二元的に出来ているわけではありません。

例えば、「生」と「死」の境界が曖昧でも、「生」と「死」を対立させることで「生きるということの意味」が見えてきます。

それはそれで非常に重要なことですが、でも、「生と死の間には境界がない」というのも事実なんです。

「意識」は「生と死がある世界」を生きていますが、「からだ」の方は、「生も死もない世界」を生きているのです。

「意識」は、「私」という「他者から切り離された世界」を生きていますが、「心」や「からだ」の方は「みんなつながった世界」を生きているのです。

そして、子どもたちはその「みんなつながった世界」の中で、その「つながり」から自分の育ちに必要なものを吸収し、命や、心や、からだを育てています。

それが「命や、心や、からだが生きている世界の現実」だからです。

でも、大人達は子どもたちを比較し、競争させ、群れを奪い、そのつながりを絶ち切ろうとばかりしています。

その結果、子どもたちは命や、心や、からだを育てることが出来なくなり、「私」という意識ばかりが強い状態になってしまっています。

そのような状態の子は、自他を対立的に捉えます。
善悪を固定的に考えます。
自分を守ることばかり考えます。
物事を自分中心にしか考えることが出来ません。

そして今、そのような大人が増えています。






Last updated  2018.07.20 08:57:25
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.